バドミントン

【バドミントン】第62回東日本学生選手権団体戦 女子 明大相手に僅差で敗北 無念のベスト8

第62回東日本学生選手権大会
2019年8月31日(土)~9月1日(日)
北海道総合体育センター

2回戦まで順調に勝ち進んだ法大は、準々決勝で明大と対峙。春リーグでは3-2で勝利したが、今大会ではあと一歩及ばず敗戦。ベスト4進出とはならなかった。

DSC 1474 R
主将としてチームを牽引した伊東

戦評

 昨年、一昨年と無念のベスト8に終わった今大会。今年度春リーグで2位という好成績を収めたことから、昨年を上回る成績が期待されたが、明大を相手に僅かな差で敗北しベスト4進出とはならなかった。

 1回戦を快勝し迎えた2回戦では作新大と対戦。第1シングルスには伊東佑美(営4)が出場したが、この試合では伊東らしくないミスが目立った。ラインオーバーなどにより失点を重ねると、試合はファイナルゲームに突入。このゲームでもミスは続いたが、カウントが16-19になった後は持ち味の粘り強いプレーで長いラリー戦を制し、5点連続得点に成功。主将がチームに勝ち星をもたらした。
 続く第2シングルスには森優紗が登場した。森はキレのあるスマッシュを武器に得点を重ねると、第1、第2ゲームを勢いのまま奪取。1年生ながらに勝利を収め、チームの期待に応えてみせた。
 続く第1ダブルスには今野聡子(人3)・山口萌(人2)ペアが登場し、21-12、21-15と危なげなくストレート勝利する。白星3つを獲得した法大女子は、勝負どころである3回戦へと駒を進めた。

 3回戦では今年度春リーグで僅差で勝利した明大と戦った。
 第1シングルスには2回戦に引き続き伊東が出場。2回戦ではミスが多く見られたため調子の悪さが懸念されたが、この試合では本来のプレーを取り戻していた。丁寧な配球で相手選手を前後左右に動かし翻弄すると、点差としては僅かながらも伊東がリードした状態に。21-17、21-18と接戦となったがリードを保った伊東に軍配があがり、ストレート勝利となった。
 第2シングルスに出場した岡部天(国3)が敗北し、ここまでで法大と明大は互いに勝ち星が1つという状態となった。そんな中第1ダブルスには今野・山口ペアが出場。第1ゲームでは序盤に4点ほど点差をつけられ、それを最後まで埋めることができずに先制を許す。続く第2ゲームでは息のあったプレーで攻撃を決め、一歩リードした状態に。しかし徐々に追い上げられ、14-14で並んでからはサーブミスやラインオーバーなどにより逆転を許してしまう。16-19となった後に今野がスマッシュやヘアピンショットを決め18-20となったが、マッチポイントを決められ敗北となった。

DSC 1525 R

 第2ダブルスには春リーグで常勝した清水一希(人4)・鈴木優香(国4)ペアが登場。1点を争うシーソーゲームとなったが、流石のコンビネーションで相手ペアを翻弄。着実に点を重ねると、21-17、21-17で勝利を収めた。
 勝敗を決する大一番にはルーキーの森が投入された。森は緊張やプレッシャーを感じさせない落ち着いたプレーを見せ、丁寧な配球で相手選手のミスショットを誘うものの、スマッシュを決めようとしてラインオーバーしてしまうなどのミスも見られた。第1ゲームを落とし、第2ゲームを取り、迎えたファイナルゲーム。森のプレーが功を奏したのか相手選手のミスも多かったが、最後は強気のプレーで攻めきれられ、13-21で敗北した。

DSC 1858 R

 僅差で敗れ、今年もベスト8で幕を閉じた東日本団体戦。春リーグでは勝利した相手なだけに悔しさが残る。なぜ負けたのか、考え調整していくことが今後の勝利へとつながっていくだろうが、時間はあまり残されていない。秋リーグが既に今月中旬に控えている。
 残された僅かな時間の中で、競りながらも勝てるチームへと成長できるのか。勝負の秋が始まろうとしている。(村井美咲)

監督・選手インタビュー

伊東佑美

ー東日本団体戦を振り返って
最近東日本ではずっとベスト8止まりでしたし、今回は春リーグを結構いい感じで終わることができたので、今年こそは優勝したいと考えていました。そのためにも今日勝って明日の試合に臨みたかったのですが、みんな力を出し切ったなかで負けてしまったのでとても悔しいです。

ー対明大戦で第3シングルスに森さんが起用された理由は
春リーグの最後の方で試合に出てましたけど、その時に物怖じしないで攻めるプレーができていましたし、最後まで攻め続ける姿勢が応援していてもチームの雰囲気が良くなるという点で、起用されたのではないかと思います。

ー今回明大に負けた敗因は
春リーグも僅差の試合で、そのなかで私たちが相手よりも我慢できていたのかなと思います。しかし今回も精一杯戦ったなかで負けてしまったので、まだまだ何が問題だったのかわからないという状態です。ただ、何が足りなくて負けてしまったというのは確かだと思います。
あとは、今回は2-2という状況で1年生に試合をさせてしまったので、もっと私たちが勝つことで楽に試合をさせてあげたかったなと思います。申し訳ないです。

ー今のチーム状態について
そうですね、悪いわけではないと思います。春リーグは勝っても負けてもおかしくはない状況で勝てて、今回は勝っても負けてもおかしくはない状況で負けてしまった。明大についても、入れ替え戦を経て強くなったという印象を受けました。

ー夏の間に取り組んできたこと
夏合宿を長野でやって、基本的にゲームを中心に取り組んできました。あとは、団体戦に向けて雰囲気作りにも取り組んできました。

ー今後に向けて
今日の反省を引きずっていては個人戦でも上手くいかないと思うので、今日しっかり反省していいところは伸ばして、悪いところは個人戦で修正するなりして、いい感覚をつかんで東日本を終えたいと思います。そして東日本の後の大会をいい状態で入っていけたらと思います。特に団体戦ではチャンスがあと2つ残っているので、優勝目指して頑張っていきたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 1474 R主将としてチームを牽引した伊東
  • DSC 1495 R2回戦での森の勝利に沸く選手たち
  • DSC 1648 R今大会でも勝ち星をあげチームに貢献した鈴木(左)・清水ペア
 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み