陸上

【陸上競技】第95回東京箱根間往復大学駅伝競走直前インタビュー 第4回 狩野琢巳、鈴木亮平、松澤拓弥

箱根直前インタビュー
2018年12月15日(土)
法大多摩キャンパス

 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根)まで残すところあと3日。箱根を2週間後に控える今月15日に、箱根への意気込みや想いを伺った。今回は狩野琢巳選手、鈴木亮平選手、松澤拓弥選手のインタビューをお届けする。

DSC 0187
 最終学年の狩野

インタビュー

狩野琢巳

 ―2年連続エントリーメンバー入りとなりましたが率直な感想をお願いします
去年は怪我明けということもあって、入ったことも驚きで入った実感もありませんでした。今年はしっかりと練習が積めた上で入ったので結果を残したいと思っています。

―去年は出走になりませんでした。今年の意気込みをお願いします
今まで結果を出していないので、みんなが驚く結果を出したいです。

―エントリーされた要因は何だとお考えですか
今まで練習が繋がっていなくて、繋がっただけでも評価は上がったのかなと思います。この間の仕上げの合宿で10000m+5000mのメニューで最後の5000mが14分24秒くらいで自己ベストと変わらないくらいで走れたので、練習でもしっかりとアピールできたからかなと思います。

―現在の調子はいかがですか
10000m+5000mで頑張ってしまい落ち気味ではあるのですが、試合になれば体が頑張ってくれると思います。

―今後の調整はどのようにされますか
メニュー自体は出されているのですが、あまり試合前に詰めたりすることは得意ではないので相談しながら自分にあったメニューをしていきたいと思っています。

―4年生のエントリー外の選手が記録会で自己ベストを更新されました。刺激は受けましたか
自己ベストを出した2人は怪我が多くて、1年生の時からプールで一緒に修行してきました。言うならば、陸上仲間というよりプール仲間ですね(笑)。プールの時から14分台を出したいと言っていたので、出してもらってすごく嬉しかったです。力になりました。自分も頑張ります。

―下りが得意と伺ったのですが何区志望ですか
去年までそのようなことを言っていたのですが、最近違うのかなと思い始めました(笑)高校の先生が得意と言ってくれていたのでそう思ってたのですが、どうなんですかね。得意なのかもしれません(笑)

―では6区志望でよろしいでしょうか
いや、7区でお願いします(笑)

―その理由としては
夏合宿に行った上りの練習では土井に続いて5番くらいでゴールできて、下りが得意と思っていたのですが思った以上に上りも走れました。上りも下りもそつなくこなせるのかなと思いました。平地でなくても、ある程度起伏があっても対応できるので7区がいいかなと思います。

―チームに対してどんな走りをしたいですか
最終学年なのでみんなに元気を与えられるような走りをしたいです。

―4年生は層が厚いですが、これまでどのようなアピールをしてきましたか
正直勝てるとは思っていなかったので、アピールはずっとしてきたつもりでした。今回外れてしまったメンバー含めてだれが16人に入ってもおかしくない学年だと思うので、自分としては出せる限りの最大限のパフォーマンスを毎回していました。特に一番上で走るということもなく、自分がタイムを出せるくらいの練習を永遠と続く続けていました。

―4年間で印象に残っている練習はありますか
城山ウォーク5周ですかね(笑)。みんなが合宿に行っている間に、残っているこの間ベストを出したプール仲間と一緒に朝の9時から永遠と山を歩いて、終わったのは午後の3時でした(笑)。

―他大学に負けない法政の良さは
仲が良いことですかね。同級生もとても仲が良いですし、自分は誇っています。

―箱根への意気込みをお願いします
昨年は走れなくやり足りなかったので、今年こそは入って最終学年として頑張ります。

―ファンの方へ一言お願いします
法政大学を応援してくださる方は、本当に全日本の時もそうですけど途切れなく応援してくださって力になっているので、箱根駅伝でも変わらぬご支援ご声援をよろしくお願いします。

DSC 0187

狩野琢巳(かのう・たくみ)
社会学部4年
1996年10月18日生まれ
177センチ・63キロ
出身校:東農大二(群馬)
1万メートル自己記録:29分35秒64

 

鈴木亮平

ー現在のコンディションについて

結構いいですね。まだ完全に上がりきってはいませんが、4年間の中で今が1番良いくらいの感じで走れているのかなと思います。

3年連続3回目のエントリメンバー入りですが

大学2年のときは走った10人とは力の差がだいぶあり走れなかったのは力不足だったからだと思います。しかし、昨年は全日本でアンカーを走らせてもらいましたが、直前に怪我をしてしまい2年連続走れませんでした。箱根駅伝に関しては2年間悔しい思いをしているので、今年最後ということなのでしっかり走れても走れなくても悔いの残らない結果を残したいです。

ー怪我の具合はどうですか

怪我は昨年の箱根前から6月のくらいまでしていました。6月上旬から徐々に練習も再開していき、練習を再開してからはしっかり練習を積めているかなと感じています。ただ、少し疲れが溜まってくると気になってきたりはしますが、問題なく順調にできています。

ー箱根への影響は

大丈夫です。

ー直前合宿でどのような練習をしましたか

富津では1回目と2回目と2度合宿がありました。1回目はそんなに叩くわけではなく例年通り8割くらいで体をロードに慣らすという形の練習でした。2回目はエントリーメンバー発表の直前だったので、箱根前叩くのも最後かなと思って挑みました。2回目の合宿では、今年の中で1番良い練習ができたと思います。

ー自身の強みを教えてください

強みはロードでの長い距離での単独走だと思います。なので箱根は後半区間になればなるほど自分の強みが発揮されてくるのかなと思います。

ー個人の目標を教えてください

僕はしっかり競技をやるのが大学までなので、箱根駅伝は最大の目標になります。この最高の仲間と一緒に最高の結果でみんな笑顔で終えたいです。

ー希望区間は

1番希望しているのはアンカーです。

ー法政のキーマンを教えてください

まぁ、狩野ですね。狩野は怪我をしている期間も一緒だったので1年から練習の流れも似たような感じでずっと一緒にやってきていますが、やっぱり彼は怪我しなかったら強いなとずっと思っていました。最近になって練習が繋がってきて全日本も走って、最近の練習でもすごい良く走れているので彼の走りによって大きく左右するのではないかと思っています。

ー他校で意識している大学があれば教えてください

特に今はそういうのは考えていなくて、自分たちの今の力を全て発揮すれば自然と結果はついてくると思います。あまり他校というよりもしっかり自分にフォーカスして自分たちのやるべきことをしっかりやっていきたいです。

ー最後の箱根駅伝への意気込みをお願いします

僕は今年エントリー3回目でまだ1度も走れていません。地元でも応援してくださっている方がいらっしゃって、これまで怪我をしている間もそういう方だったりチームの仲間に励まされてここまで頑張ってこれました。最後なので、しっかり結果で恩返しをしたいです。

ー応援してくれる人たちへのメッセージをお願いします

怪我が多くて、すごく苦しんだ時期の方が走れていた時期よりも長く、メンタル的にしんどいときが何回もありました。それを乗り越えてこれたのは、応援して復活を待ってくださる方々がいたからだと思っています。しっかり最後走りで見せたいと思います。

DSC 0173

鈴木亮平(すずき・りょうへい)
経済学部4年
1997年1月22日生まれ
180センチ・64キロ
出身校:酒田南(山形)
1万メートル自己記録:29分48秒84

 

松澤拓弥

 ー昨年に引き続きメンバー入りとなりました。今の心境はいかがですか
箱根前の出雲と全日本では、調子が上がらずエントリーできなかったのですが、今回エントリーされて自分にもまだチャンスがあるので、ここから楽しみだなと思っています。

ー出雲や全日本の時期に重視して行っていたことは
その時は全然調子が上がって来なかったので、少し練習を減らし、監督と相談しながら少しずつ回復するような練習メニューを組み立ててやっていました。

ー現在のコンディションは
夏合宿が終わってから調子が上がってきていて、今も上がってきている状態なので、箱根に向けては良い準備ができていると思います。

ー直前合宿で重点的に行ったことは
昨年は相当調子が良かったので、どんどん前に着いて行き、行けるところまで行くと決めてやっていました。ですが今年はまだ調子が上がっている途中だったので、追い込むというよりは自信を持てるように練習をこなすイメージでやりきりました。

ー世田谷ハーフを振り返って
チームトップという目標は達成できましたが、タイムが遅かったので、駅伝での他大との勝負を考えると、自分はまだまだ力不足だと感じました。

ー今季は同期の3年生の活躍が目立ちました
去年までは駅伝に出ていなかった坪井などが活躍しているのもありますし、ずっとチームを支えてくれている青木や佐藤も強くなっているので、刺激を受けて自分も頑張れています。

ーご自身の強みは自分は
粘り強い方だと思います。前回の箱根でも、周りが自分より一回りもふた回りも強い選手の中で食らいついて行けたので、今年もそういった走りができればなと思います。

ー3年生としてチームを盛り上げていこうという雰囲気はありますか
3年生は全体的にやる気がめちゃくちゃあるというよりは適当な感じなんですけど(笑)。その中でも最近はみんな調子が上がってきているので、今まで通りやろうという感じです。

ー松澤選手から見たチーム全体の雰囲気は
今年は大畑キャプテンを中心に、それから坂東さんも調子が上がっているのもあり、チームの雰囲気は良いと思います。

ー目標の総合5位について
チームの強さや状態としては、近年で一番良いと思います。また今年の4年生もかなり強く、このチームでいられる今年こそ、5位を達成するチャンスだと思うので、しっかりみんなで狙っていきたいと思います。

ー希望区間は
前回は4区を走りましたが、今年の自分の力や役割として考えたら7区や8区かなと思います。

ー最後に意気込みをお願いします
出雲、全日本とチームに貢献できなかったので、箱根では区間上位で走り、チームに貢献できるように頑張りたいと思います。

DSC 0136

松澤拓弥(まつざわ・たくや)
社会学部3年
1997年9月7日生まれ
173センチ・57キロ
出身校:中京(岐阜)
1万メートル自己記録:29分50秒26

フォトギャラリー

  • DSC 0187
  • DSC 0173
  • DSC 0136
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

1koスポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み