ボクシング

【ボクシング】第71回関東大学2部リーグ戦 対慶大 今季初の全勝で一部昇格道確実か?

第71回関東大学2部リーグ戦
2018年6月9日(土)
後楽園ホール

開幕が始まって立大戦、明大戦と連勝し絶好調の法大。今季初の全勝という偉業を成し遂げ、一部昇格への道がさらに広がった。

IMGP3036 Rデビュー戦勝利の佐藤

試合結果

トータル試合結果

 

法政大学


慶應大学

試合結果

階級 勝敗選手名スコア対戦相手
LF 田中佳人(営2) TKO(2R2:20) 竹内大祐

F

杉本聖弥(法1) TKO(1R1:27) 宮ノ内龍ノ介
B 鈴木魁人(キャ3) 5-0(20-18、20-18、20-18、20-18、20-18) 江嵜洸弥
L 貫井侃偉人(法3) RSC(1R1:55) 矢野健太郎 
LW 山川宗一郎(文2) 3-2(29-28、28-29、28-29、29-28、29-28) 武智琉馬
W 佐藤脩斗(法1) 4-0(30-26、30-26、28-28、30-26、30-26) 重増耕太郎 
M 森脇唯人(法4) TKO(1R 0:55) 相馬一輝

 

戦評

 LF級はこの試合が今季初試合となる田中(営2)。試合開始から丁寧に左を打つ。更に強弱のついたパンチだったためにここぞの強打は非常に効果的で、2Rでダウンをとり、幸先の良いスタートとなった。F級は2試合目の杉本(法1)。試合開始から強烈な打ち合いを行い、自慢の強打で2度のダウンを奪いTKO勝ちとなった。

B級は昨年から拳を痛め、これが復帰戦となる鈴木(キャ3)。こちらも激しい連打戦を見せたが、メイウェザーを彷彿とさせる様なL字ガードで相手のパンチをしっかりとかわして幅の広いボクシングを見せた。額をけがするというアクシデントにも見舞われたが判定勝ちとなった。

L級では開幕戦で敗退を喫してしまった貫井侃偉人(法2)。第1ラウンド序盤から積極的に攻撃し、自身のスタイルとは異なる戦い方で試合を展開した。しかし要所要所で自慢の武器のフットワークで相手を翻弄し、RSC勝ちとなった。

LW級の山川宗一郎(文2)の試合は、積極的な攻撃展開が見られ、互角の勝負を展開し判定で僅差の勝利となった。W級の佐藤脩人(法1)はこれがデビュー戦となった。自慢のパワーで強いパンチを打ち、圧倒的な力で判定勝ちをおさめ、デビュー戦を見事勝利で終えた。

最後は勿論M級。エース森脇の登場だ。開始直後に相手を自身の圧倒的な圧力でコーナーまで追い込むと、一撃で相手をダウンさせ、1R55秒で勝ちをおさめ、文字通り秒殺を遂行した。

今季初の全勝となった法大。この勢いのまま日体大そして平国大を倒し、入れ替え戦を制して一部復帰へ繋げらるか今後の活躍を期待したい。(小山 祥奎)

監督・選手インタビュー

頴川徳夫 監督

 ー今日の試合を振り返って
今日初めて試合に出たメンバーもいますし、二年生の田中佳人君(営2)も今季初出場ということだったので、少し準備の段階においても早め早めに対応していきました。緊張が見られたのでもう少し早い形で行けたらなと思います。練習の段階ではコンビネーションブローや散弾打ちを練習してきたはずなんですが、十分出し切れなかった選手もいたのでそこが課題だなと思ました。

ー今日の選手たちの印象
田中君は比較的小柄ですが、相手に対して正面だけではなく、打った後も横に動いてボディーブローや顔面に綺麗に打ち分けることができる選手ですので、そういう意味では強弱が加わりバリエーションのあるボクシングができたと思います。
杉本君は大振りになってカウンターをもらってしまったらどうしようかなという緊張感もあったのですが、パンチをかわすのも上手な選手でしたので、そこは抜け目なくできたなと思ってます。ダイナミックなボクシングも重要なので新しい自分のボクシングができたのではないかなと思います。
鈴木選手は不運にも前回まで使わなかった理由としては拳を壊してましたが、それがやっと治ってリングに立ったということなのでそれがカットされたというのはチームとしてはキツイところなので早く治って復帰してほしいと思ってます。カットした部分が深かったので心配です。久しぶりの試合だったので相手に近づきすぎたなとは思いました。できれば自分の攻撃をした後は被弾しないで自分のボクシングをしていくように今後は二度としないようにアドバイスしたいと思ってます。
貫井君に関しては私も次のラウンドでという感じで見守ってましたが、どうも本人としては前回の悔しさが響いたので必ず倒すという気持ちで行ったようです。積極的に打つ点はボクシングでは重要なのでその点を持ち続けてほしいと思っています。
山川君は攻撃が得意なボクサーですので、いつも積極的なボクシングを求めています。正直そういう意味では1R2R足を止めて見合うシーンがあったのでもっと足を攻撃するために自分に有利なポジションに体を持っていくという意味で攻撃のステップを持って積極的に使えば恐らく今日のゲームもより有利な形で展開できたのではないかなと思ってます。少しやりづらさが私の目からは映ったので、足をもっと使い彼の攻撃のボクシングができるように明日から指導したいなと思っています。
佐藤君は非常に体のつくりとしては非常に頑丈な戴冠を持ってますので、パワーは十分にあると思ってますが、今日は狙いすぎたのかパンチを打つ機会があまりなかったと思いました。もっとスムーズにパンチを連続して打てるように少しメンタルの部分ではリラックスさせたり、どうすれば勝つのかという点をしっかり計画と実行が伴うように練習をさせたいと思ってます。
森脇君は全日本でチャンピオンになり、プレアジアで金メダルを取ってリベンジマッチでも金メダルを取り、ロシアの国際トーナメントで銅メダルを獲得しました。恐らく慶應の学生もそれを聞いて緊張していたのかなという風に思います。ただボクシングはリングに立てばそういうのは関係なく全力で勝ちに行くということなので、闘志は出ていたと思います。慎重になりすぎて手数が出なかった点があったと彼も言っていたので、そこのところをもう少しリズムにバリエーションを持ち単調なプレッシャーだけではなく、パンチの強弱を含めて単調にならないようにどんな相手でも全力でぶつかれるように今後も続けてほしいなと思います。

最後に一言
第3節ということでこの後日体大はしっかり怪我無く勝ち、平国大にも勝ち一部に返り咲きたいと思っています。一部に帰るだけが目標ではないですが、一部になると9名対9名になり学生がリングに立つチャンスが増えますし、最高峰の舞台で戦うというのもいろんなチャンスが増えてきますのでぜひそこに戻っていきたいなと思ってます。法政かくあるべきと考えると、やはり一部にいるべき大学だと思ってますので、そこにしっかりと学生と共に歩んでいきたいと思ってます。

田中佳人(営2)

—今日の試合を振り返って
久々の試合でしたが落ち着いてできた事と練習してきたことが発揮できたので良かったなと思います。

—パンチの強弱
今までは同じ力とテンポでパンチを打っていたので、強いパンチを打てるように練習しました。

—ダウンについて
自分のボクシングをやった結果、ダウンにつながったので、意識はしてなかったです。

—今季の目標
緊去年は県予選を通過してないので、そこを勝ってキャプテンの森脇さんに続けるように全日本やその先でも活躍できるようになりたいです。

—最後に一言
去年は最終戦で負けてしまったので、今年は勝ってチーム一丸で一部昇格できるように頑張っていきたいと思います。

杉本聖弥(法1)

ー今日試合振り返って
一試合目は内容が駄目で二戦目でれなくて動機が二人出ていたのですが、一人が負け、もう一人が負傷してしまったので、自分としては3戦目でしっかりと倒して1年生を盛り上げられたらなと思って練習してたので、今日は倒せてよかったなと思いました。

ー打ち合いについて
試合前は全然でしたが、リングに上がったら熱くなってしまい打ち合いました。

ー左について
あまり意識はしてないのですが、よく左フックやボディが強いとは言われます。

ースタイルについて
状況に応じて対応できる自分しか持ってないスタイルだと思います。

ーダウンについて
パンチが当たってダウンをとれたという感じですね。手数は出していて一回目にダウンをとったときは次は終わりだなと思ったので終わらせにいきました。

ーほかの一年生について
前の試合の方が自分が出れなかったので、次出たら絶対に倒そうとは決めていました。

ー今季の目標
出る試合は負けないのは当たり前でバンバン倒していきたいと思ってます。

ー最後に一言
これからもっと練習して強くなります。

 

森脇唯人(法4)

ー試合を振り返って
不完全燃焼でした。

ー試合展開について
今日は相手の選手が格闘技経験があると情報を仕入れたので、駆け引きを意識していましたが、ゴングが鳴ると足を使って逃げられている感じがしたので、そこは想定外の展開でした。

ー相手を追い込んでから
相手の選手はサウスポーだったというのがゴングなるまでわからなかったので、やりづらさはありました。

ー最後の一撃について
まだ自分の中では甘いフィニッシュでした。綺麗なボクシングを意識しすぎたのでもう少し強引なボクシングをやっても良かったなと思いました。

ー一年生の試合について
初めての後楽園ホールで最後まで気持ちで負けてないなというふうに客観的に見て思いました。やはりそこで相手が後楽園ホールで経験があっても絶対に気持ちで負けないという意識で試合に臨んだと思うので、その辺に関してはよかったなと思います。

ー主将として一言
目標は一部昇格唯一つなので、このまま個々の意識を一部昇格という一つの目標に向けてみんなで頑張りたいなと思います。

 

フォトギャラリー

    • IMGP2394 R久々の出場で勝利した田中
    • IMGP2534 R連打で2度ダウンを奪った杉本
    • IMGP2591 R得意の強打で相手を翻弄した鈴木
    • IMGP2741 RTKOを奪い、今季初勝利の貫井
    • IMGP2807 Rパンチに定評のある山川
    • IMGP3259 R開始早々に勝利した森脇
 
 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み