その他

【卓球】平成29年度春季関東学生リーグ戦 1部 対中大 後半戦スタートも悪い流れを断ち切れず4連敗

平成29年度春季関東学生リーグ戦 対中大
2017年9月15日(金)
所沢市民体育館

リーグ戦前半を3連敗と厳しいスタートを余儀なくされた法大。後半戦初日は強豪校・中大との対戦。1番手に井手口裕史(国2)がリーグ戦デビューするも、相手エース定松祐輔の前になすすべもなく敗戦。悪い流れのまま前半のシングルスをすべて落とすと、ダブルスが勝利して一矢報いたものの最後は力負け。4連敗となり残留に黄色信号が灯る結果となった。

DSC 0287
今季初勝利はまたもお預けとなった

試合結果

トータル試合結果

 0

法政大学

0

シングルス

4

4

中央大学

1

ダブルス

0

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1 井手口裕史(国2) 0-3(2-11、8-11、5-11) 定松祐輔

2

藤森文人(法4) 1-3(9-11、11-6、5-11、5-11) 一ノ瀬拓巳
3 青山昇太(営2) 2-3(11-6、11-9、7-11、4-11、8-11) 弓取眞貴
4 青山・高取侑史(法2) 3-1(11-5、11-8、9-11、11-4) 弓取・伊丹雄飛
5 高取 2-3(5-11、12-10、12-10、9-11、6-11) 宮本幸典
6 - 中野優(法1) - 伊丹
7 - 矢野雅大 - 高橋徹
 

戦評

 秋季リーグ戦もいよいよ後半戦。前半戦では強豪を相手に3連敗を喫した。入れ替え戦を回避するためにも、勝利をつかみ取りたいところである。 今回の対戦相手は中大。昨季はストレートで敗れた強敵である。とにかく1勝を挙げたい法大は、がらりと変えたオーダーでこの戦いに挑んだ。
  1番手に登場したのは、今回が関東学生リーグ戦初出場となった井手口祐史(国2)。序盤より流れがつかめず、狙い通りの試合展開へ持っていくことができない。第2セットでは8-11まで食らいつく健闘をみせるも、最後はストレート負け。初勝利を挙げることはかなわなかった。
 次に登場したのは藤森文人(法4)だ。試合開始より、持ち味である積極的な攻めを見せる。第1セットは9-11で落としたものの、第2セットは11-6で見事に奪った。このまま勢いに乗りたいところであったが、後半になるにつれて攻めきれない場面が目立つようになる。第3、4セットともに相手に及ばず。悔しさの残る敗退となった。
 3番手は青山昇太(営2)。序盤はコース取りがうまくいき、順調に点を重ねた。11-6で第1セットを先取する。続く第2セットは相手の調子も上がりはじめ、6-9とリードを奪われる。しかし、そこから青山の強気な攻めがさく裂。怒涛の5連続得点を決め、11-9で第2セットを奪った。しかし、その後は相手に連続で得点を重ねられ、流れに乗り切れない展開が続く。次第にミスも目立ち始め、勝負はフルセットへともつれこむ。なんとか粘るも、8-11で最終セットを落としてしまった。
 早くも後がなくなってしまった法大。運命は青山・高取侑史(法2)ペアに託された。第1、2セットを危なげなく連取。第3セットを惜しくも9-11で落としたものの、第4セットではいい流れをキープ。連続で得点を重ね、11-4で勝利を挙げた。 次はダブルスに引き続き、高取が登場。ダブルスの勝利の勢いのままにいきたいところであったが、なかなかペースがつかめない。第1セットを5-11で落としてしまう。第2セットは序盤よりリードしていたものの、相手に追い上げられ、10-10の同点に。しかし、そこから焦ることなく点を決め、12-10でセットを奪い返した。続く第3セットは、7-10で相手のマッチポイントととなる崖っぷちの状況に。しかし、そこからの切り替えがうまかった。思い切りの良い攻めで5連続得点を決め、見事に逆転してみせた。しかし第4セットでは、序盤こそリードを奪ったものの、中盤より攻めきれない展開が続き、相手に7連続での得点を許してしまう。そこから粘りを見せたいところであったが、力負け。勝負は最終セットへ。後がない法大に比べ、余裕のある中大の思い切りの良いプレーに押され、2-9にまで点差をつけられてしまう。高取も4連続で得点を重ね、粘りを見せたが、惜しくも力及ばず。6-11で奪われ、勝負がついた。

 圧倒的な力の差を感じさせられる試合ではなかっただけに、悔やまれる敗戦となった。残るは3戦。正念場はここからだ。なんとしてでも勝利をつかみ、入れ替え戦回避を目指したい。(飯島愛未)

選手インタビュー

井手口裕史

―試合を振り返って
初めての試合で自分の力が出せるかというところが大事だと思っていました。そのなかでサーブからの展開は練習したところが出てよかったんですけど、レシーブからが課題でそこから崩されたのでそこが敗因だと思います。

―リーグ戦初出場の試合でしたが監督や先輩にはどのような言葉をかけられましたか
先輩からは自分の持っているものを全部出してこいと言われました。

―対戦相手の定松選手に対するプランは
1ヶ月ほど前に国体予選で対戦していて、かなり惜しい試合だったので作戦はあったのですが、相手がこの前とは違ったプレーだったのでそこは相手のほうが上でした。

―後半戦最初の試合の一番手として出場しました。どのような気持ちで試合に臨みましたか
前半戦でよくない流れだったので、普段使っていない選手を起用することで流れを変える意図だと思ったのですが、あっさりと負けてしまったので、明日からの試合で勝てるように頑張りたいと思います

―今後に向けての意気込みを
あと3試合あるので、勝っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 0287青山はフルセットの末敗れた
  • DSC 0087リーグ戦初出場となった井手口
  • DSC 0139気迫のこもったプレーも高校時代の後輩に敗戦
  • DSC 0376ダブルスは成長を見せ続けている
  • DSC 0495今日は勝利することができなかった(高取)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み