その他

【卓球】平成29年度秋季関東学生リーグ戦 1部2部入れ替え戦 対日体大 攻めきれずまさかのの2部降格

平成29年度春季関東学生リーグ戦1部2部入れ替え戦対 日体大
2017年10月7日(土)
新座市総合体育館

秋季7位で入れ替え戦にまわることとなった法大。入れ替え戦の相手は日体大。主将の南波が自身最後の団体戦に実戦復帰し勝利を挙げるも、勢いに乗る日体大に屈し無念の2部降格となった。

DSC 1068
実戦復帰となった南波が勝利を飾った

試合結果

トータル試合結果

法政大学

2

シングルス

3

日本体育大学

0

ダブルス

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1 南波裕輝(営4) 3-2(11-4、10-12、11-6、7-11、11-7) 地崎大知

2

高取侑史 (法2) 1-3(12-10、8-11、2-11、6-11) 内村英司
3  矢野雅大(法3) 1-3(5-11、14-12、7-11、7-11)  藤田哲弘
4  青山昇太(営2)・高取 1-3 (8-11、6-11、11-2、5-11)  内村秀平・内村英
5 青山 3-0(11-4、12-10、11-8)  内村秀
6  大槻周瑛(法3) 1-3(13-15、9-11、11-9、4-11)  百瀬卓哉
7   藤森文人(法4)  村上知寛
 

戦評

誰がこの結果を予想していただろうか。昨春3位で古豪復活の狼煙を上げたものの、昨秋から3季連続の入れ替え戦行き。2季連続で1部の座を守ってきたが、今回は日体大の前に屈した。二度あることは三度なかった。
 
1番手で出てきたのは主将の南波裕輝(営4)。秋季リーグ戦後半は、目の病気の影響で出場することができなかった。今日が復帰戦。是が非でも勝利で後ろにつなぎたかった。しかし3セット連続で劣勢の立ち上がり。1セットこそ奪うが苦しい展開となる。4セット目では5連続得点などで気を吐くなど、2セット連取で逆転勝利を挙げた。
 2番手は絶好調の高取侑史(法2)。しかし試合前から落ち着かない様子を見せていると試合にも影響が出た。1セットを先取するもそこからは相手に押されてしまう。「受け身になってしまった」と3連取を許し敗戦。今季のチームを支えたエースの敗戦で嫌な雰囲気になると、相手の勢いに呑まれる。続く矢野雅大(法3)もミスから自滅し1-3で敗れる。
 流れを変えたいダブルス。今季難敵相手に勝ち越した青山昇太(営2)・高取ペア。百戦錬磨の二人のギアも上がらない。2セットを奪われた後の第3セットこそ11-2と力の差を見せつけたものの、4セット目はタイムアウトを境に流れが傾き、5-11で奪われた。
 1-3と残留へ後がなくなった状態で5番手で青山が登場。直前のダブルスでも戦った内村秀平を相手に圧巻のストレート勝ちで残留へ望みをつなぐ。
 
ここで試合開始から3時間が経過し、運命の2台体制が始まった。出てきたのは大槻周瑛(法3)と藤森文人(法4)。共にこの3季勝利から見放されてきた二人に、全てが託された。大槻は持ち前のフットワークを生かした戦いで第1セットをデュースに持ち込む。最終的にこのセットを落とすことにはなるが上々の立ち上がりを見せる。藤森は1セット目を奪われるも2セット目を取り返した。大槻は2セット目も落としたことで後がなくなるもその分「吹っ切れてプレーができた」と1セット取り返す。しかし4セット目は序盤からリードを許すと巻き返しきれず、このまま敗れた。隣の藤森は試合を優位に進め勝機を見出していただけに、残留をつかみきれなかった。
 
3季ぶりの1部昇格を目指す日体大の勢いに押され2部降格が決まった。2部降格。南波が「1番してはいけない」と語るほどあってはならないこと。今季は1部の強豪相手にも熱戦を演じてきただけに、来季こそと思っていた中で足をすくわれる形となった。4年生の南波、藤森にとっては最後の団体戦。そこで見せた気迫のプレーの数々は下級生たちの胸に刻まれたはずだ。今後目指すのことになるのは、最短昇格。そして来年の秋には1部の各大学と競り合う姿が見られるはずだ。(飯田翼)

選手インタビュー

南波裕輝 主将

ー今日の試合を振り返って
結構きついことを言うと、みんな下を向きすぎかなと思いました。勝とうってよりは上手くいかない自分に対してずっと悩んでいる気がしたので、それがこういう結果につながってしまうのかなと思います。 

ーご自身の試合について
久々の試合だったのですが、すごく難しい感じはありました。練習の中では結構良い感じかなと感じたのですが、試合になると、試合勘が取り戻せなくて苦しい試合でしたが、勝てて良かったです。

ー今季について
自分が前半負け越してしまって後輩とか色々な人にアドバイスをもらって、自分のなかで課題が見つかったのですがそれを少し克服できたのかなと思います。

ー眼鏡をつけてのプレーとなっていますが
視界からボールが消えるのでそれが本当に難しくて、あとは眼鏡がずれるところがコンタクトに比べて難しいところです。

ー今季好調だった高取選手が負けてしまいましたが
誰でも調子良い時悪い時があると思うので、今日がたまたま不調だったのかなと思います。しかも相手も向かってくる気持ちが強かったので仕方なかったのかなと思います。こういう経験を生かしてまた来年リーグ戦で頑張ってほしいと思います。

ー2部リーグ降格となりましたが
全部主将の自分の責任です。チームを甘やかしてきたり、しっかりとまとめられなかったというか。ただ単にやっていれば良いのではなく、自分がきちんと注意しなかったのがこういう結果に繋がってしまったのかなと思います。 

ー最後のリーグ戦となりましたが
中学の時も高校の時も最後良い気持ちで終わりたいと思ってきたのですが、ずっと気持ち良く終われなかったですね。最後団体戦で悔しい思いをしたり、今回は2部に落ちるという一番してはいけないことをしてしまったし、複雑ですね。

ー全日学への意気込みを
現役の中で一番打ち込める学生最後の大会なので、本当に卓球を始めた頃から全国大会でランキングに入ることを目標にしてやってきて、まだ一度も入ったことがないので、ランキングに入りたいですね。特にダブルスとかだとチャンスあると思うので、大槻をしっかりと話をして頑張っていきたいと思います。

大槻周瑛

―今日の試合を振り返って
うちのほうが勝ちたいという気持ちが強すぎて、序盤から守りに入って消極的になってしまいました。気持ちの面で負けていたことがチームの敗因だと思います。

―試合前の心境は
あと1人とられたら負けという状況だったので絶対にとってやろうという気持ちで試合に臨みました。しかし、2セット目まで競って落としてしまって、ますますプレッシャーを感じて苦しい展開になってしまいました。

―対戦相手の印象は
初めて対戦する相手でしたが、バックハンドが上手い選手だと知っていたのでミドル攻撃を増やしていこうと思っていました。しかし、自分が焦りや緊張のせいで思うように体が動かせなかった反面、相手は落ち着いていて、そこが勝負を分けたと思います。

―3セット目に盛り返した要因は
後がなくなった場面で吹っ切れてプレーできた1セットとれたと思います。

―2部降格になってしまいました
来季への意気込みは来季は自分達が最上級生として重要な立場になるので、今日の悔しさをバネに強くなって1部でも勝てるくらい強くなれるように挑んでいきたいと思います。

―全日学の目標は
ベスト8を目標に頑張ります。

青山昇太

ー率直な今の気持ちは
4年生が最後だったので、やっぱり勝ちたかったです。すごい悔しい気持ちはあるんですけどこれが終わりではないので、2部にはなるんですけど、またここから頑張っていこうかなと思います。
 
ー今日の試合を振り返って
ダブルスではお互いにあまり調子が上がらなくて負けてしまいました。ダブルスというのは団体戦では重要な点なので、そこはしっかりと取りたかったです。シングルスは調子良くプレーができて、自分としてはレベルが少し上がったのかなと思います。
 
ー相手のダブルスは兄弟ペアでしたがやりづらさはありましたか
高校生の時、僕はパートナーが違ったんですけど、一度試合をしたことがあります。その時と比べると、今回は全然相手が強くなっている印象だったので、それを上回るくらい自分たちももっと成長しなくてはいけないと思いました。 
 
ーシングルスは後がない状況での出場でしたが
プレッシャーは 最近は調子が良くなかったんですけど、今回の試合は開き直って、自分のやりたいことだけをやろうと決めていました。なのでプレッシャーはあまり感じなかったです。 
 
ー今後の課題は
僕はサーブからの展開は得意なんですけど、レシーブからだとあまり点数が取れないです。そこを改善できれば、もっと上のレベルにいけると思います。
 
ーインカレへ向けて意気込みを
ダブルスのみの出場となってしまうんですけど、そこではランク入りは確実にしたいです。

高取侑史

―今日の試合を振り返って
今日は全体的に動きが悪かったです。とにかく受け身になってしまって相手にやられてしまいました。 相手が自分の弱い部分を攻めてきて、それに対して対応できなくなったのが今日の敗因かな、と思います。 

―兄弟ペアの強みは
自分たちの良さを出してきて、息の合ったプレーができるのではないかと思います。

―来年2部でプレーすることについて
今日の入れ替え戦で負けてしまったのは、僕の責任でもあるので2部では春季でまた1部に上がれるように頑張りたいです。 

―来年は3年生としてプレーすることについてのプレッシャーは
自分が勝たないと、チームが勝てないのは自分でもわかっているのでそのプレッシャーや責任を跳ね返すぐらいに強くならないといけないな、と今回の試合で強く思いました。

―これからのチームに期待することは
今日負けたことによって自分たちの実力がこんなものだったと認識したので、チームのみんなが一人ずつ努力しないと結局はまた1部に上がることもできないし、1部の人たちに勝てることはないと思うのでもっともっと一人ひとりが努力しないといけないと思いました。 

―全日学では
目標はベスト8以上ですけど、今の自分たちの実力では、まだまだ到底及ばないと思うのでこの期間でどれだけ追い込めるか、レベルアップをして成果を出していきたいです

 

フォトギャラリー

  • DSC 1068久しぶりの実戦復帰となった主将の南波
  • DSC 1302守りに入ってしまい攻めきることができなかった大槻
  • DSC 1088「自分が勝たなくてはチームは勝てない」と決意を新たにした高取
  • DSC 1173相手の変則的な攻撃に対応することができなかった矢野
  • DSC 1187相手の兄弟ペアに苦しめられた青山・高取ペア
  • DSC 1240力強いドライブで相手を寄せつけず勝利した青山
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み