その他

【卓球】平成30年度秋季関東学生リーグ戦 2部 対東洋大 またもストレートでの快勝劇!圧倒的な実力を見せつけ昇格ロードをばく進!

平成30年度秋季関東学生リーグ戦 対東洋大
2018年9月15日(土)
所沢市民体育館

1部昇格を狙う法大が、初戦、第2戦と2連勝して迎えた第3戦の相手は東洋大だ。法大は1番手の青山昇太(営3)のストレート勝ちなど、前日の快勝の勢いのままに勝ち星を積み重ねてゆく。3番手で登場となった松山佳樹(法1)もリーグ戦初出場の重圧の中、見事にストレート勝ちを収めると、続くダブルスも素晴らしいコンビネーションを見せる。この試合も4-0でのストレート勝ちを収めた法大。相手に対して4試合を通じて1セットも与えないという圧倒的な力を見せつけての快勝となった。

20180915matuyama2R
リーグ戦初出場初勝利を飾った松山

試合結果

トータル試合結果

 4

法政大学

3

シングルス

0

0

東洋大学

1

ダブルス

0

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1 青山昇太(営3) 3-0(11-6、11-4、11-6)   坂本紫信

2

 髙取侑史(法3)   3-0(12-10、11-5、11-5)  村北知規
3  〇   松山佳樹(法1)   3-0(11-8、11-8、11-9)   星野智樹
4 佐藤陽大(営1)・髙取   3-0(11-7、11-7、11-6) 高橋宇内・星野 
5 -  佐藤  -  安藤草太
6  -   盛武大悟(国1)  -   菊池真登 
7 -  中野優(法2)  -  石川聖大
 

戦評

 秋リーグ2日目の対戦相手は東洋大。昨日に引き続き法大が目指すのは勝利、そして1部リーグ昇格である。

 今日の1試合目は昨日に引き続き青山昇太(営3)だ。序盤から得点を決め2セットまで難なく進んだ。3セット目では途中相手との激しいラリーから5点を奪われたが相手のミスから逆転し、ストレート勝ちを決めた。続く2試合目は青山と並ぶ法大のエース髙取侑史(法3)。1セット目は同点が続きデュースまでもつれ、相手の攻撃に苦戦したが2セット目、3セット目では安定感を見せ、勝利した。3試合目は春、秋リーグ共に初出場の松山佳樹(法1)。対戦相手である星野智樹も1年生であり1年生どうしの対戦となった。両者一歩も譲らない白熱したラリーが続き、一進一退の状態が続いたが3セット目は鋭い攻撃で先制し、勝利を収めた。ダブルスは公式戦では昨日初出場を飾った髙取・佐藤陽大(営1)のペアだ。前半は相手に得点を決められるなど少々危険な場面もあったが、佐藤の積極的な攻撃や、髙取も安定したプレーを見せ、昨日よりも息の合った試合を披露し、相手を封じ込めた。

 昨日に引き続き4連勝のストレート勝ちを手に入れた法大。現在負け無しのこの最高の状態を維持し、1部リーグ昇格という目標を達成してほしい。(桑原美穂)

選手インタビュー

青山昇太

ー今日の試合を振り返って
今日の相手は格下だったんですが、そういうところでしっかり勝てたので、明日の2試合も頑張りたいです。

ーダブルスの印象は
僕と髙取よりも、髙取と佐藤の方が息が合っていると思うので、僕はサポートに回って2人には頑張ってもらいたいです。

ー1年生が全員勝利したが
今年の1年生はレベルが高く、しっかり自分の実力を出していけば勝てると思うので、残り2試合も頑張ってほしいです。

ー初出場の松山選手の活躍について
松山に関しては僕たちもすごく期待していて、大学に入ってからはまだあまり勝てていないんですが、実力はあると思うので勝たせてあげたいです。

ーダブルスを解消して髙取選手と前半に出られるようになったが
僕と髙取が前半に出るというのは、相手のチームにとって嫌なことだと思うので、僕たちがしっかり前半でとって後の後輩たちにつなげていけたらいいと思います。

ー明日の試合に向けて
明日の2試合は1番大事な試合なので、しっかり勝って1部に昇格したいと思います。

 

松山佳樹

ーリーグ戦初出場でした
昨日の夜にオーダーが発表されたんですけど、初めてでご飯が食べれないくらいに緊張していました。

ー今日の試合を振り返って
対戦相手の星野選手の(高校時代の)先輩が法政にいるので、どんな感じなのかを教えてもらっていました。今日も練習で試したり、対策していたので、出だしからバッチリ合っていい感じにプレーできました。

ーどのような対策を
相手のサーブはフォア前とバック側のロングサーブの2つが主でした。それをツッツキをしたら相手が打ってきたり、バックに行きすぎると相手がいい球を返してくるので、コースをずらすように言われていました。相手に打たせないようにフリックとかを混ぜて、ラリーになってもフォアとバックで散らしていったら結構いい感じに進められました。

ー試合前にメンバーから声をかけられましたか
めちゃくちゃかけてもらいました。応援がカバーするから、困ったら後ろを向いてと言ってくれて、それで心の持ち方が全然違いました。

ー自身のもち味は
もち味はバックハンドです。今日はめちゃくちゃ良く振れていて、自信につながったので、これからもっと練習して安定性を高めていきたいです。

ー全日学には谷選手とのダブルスで通過されました
1回戦目は0-2で負けてて最初から結構厳しかったです。でもそこから3セットまくって
勝って、その流れのまま格上の選手にも勝てました。自分にも谷さんにとっても自信になったので、法政もそんな感じでどんどん上にいけたらと思います。

ー今後の自身の目標は
団体戦に使ってもらえるような選手になって、出たら勝って帰ってきたいです。それでチームの雰囲気も良くできればと思います。あと今年の全日学はシングルスで通れなかったので、来年は絶対に通るっていう気持ちでこれから練習していきます。

 

フォトギャラリー

  • 20180915aoyama1R1番手の青山は積極的なプレーを見せて、ストレート勝ち。
  • 20180915aoyama2Rエースである青山の快勝はチームに勢いをもたらした。
  • 20180915takatoriR2番手の髙取は今日も圧倒的な安定感でストレート勝ち。
  • 20180915matuyama2Rリーグ戦初出場初勝利を飾った松山
  • 20180915matuyama3R松山は初出場ながらも気迫のこもったプレーを見せた。
  • 20180915matuyama1Rベンチは今日も力強い声援で選手たちを盛り立てた。
  • 20180915doublesR試合を重ねるごとに成熟度を増している佐藤(写真左)・髙取ペア。
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み