卓球

【卓球】2019年度春季関東学生リーグ戦 1部 対日大、中大 2戦連続で激闘制し、Aクラス見えた!盛武が殊勲の2連勝!

2019年度春季関東学生リーグ戦 対日大、中大
2019年5月12日(日)
所沢市民体育館

開幕から3連敗を喫した法大。リーグ戦3日目では日大、中大と対戦した。日大戦では、1番手を務めたリーグ戦3勝と好調の青山昇太(営4)が、逆転負けを喫するも、1年生手塚のリーグ戦初勝利などで4-2と逆転勝利。今季チーム初勝利を収めた。続く中大戦では、マッチカウント1-2で迎えたダブルスの高取侑史(法4)・佐藤陽大(営2)ペアがフルセットの接戦の末今季初勝利を挙げ、2-2のタイに戻すと、続く手塚元彌(営1)と盛武大悟(国2)が接戦を粘り強くものにし、4-2で強豪の中大を相手に金星を挙げた。

DSC 1072 R
今日のヒーローは間違いなく盛武だ

試合結果

トータル試合結果:日大戦

4

法政大学

4

シングルス

1

2

日本大学

0

ダブルス

1

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1 青山昇太(営4) 2-3(11-8、11-5、9-11、5-11、5-11) 金光宏暢

2

手塚元彌(営1) 3-0(11-6、11-7、11-8) 福原明雄
3 高取侑史(法4) 3-0(11-9、11-5、12-10) 内藤雅明
4 佐藤陽大(営2)・髙取 1-3(5-11、11-8、8-11、8-11) 金光・福山善哉
5 佐藤 3-1(11-9、11-6、6-11、11-8) 石榑大河
6 盛武大悟(国2) 3-2(10-12、11-1、5-11、11-6、11-7) 三上貴弘
7 - 中野優(法3) - 相馬練
 

トータル試合結果:中大戦

4

法政大学

3

シングルス

2

2

中央大学

1

ダブルス

0

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1 中野 2-3(11-3、11-6、7-11、9-11、5-11) 浅津碧利

2

青山 3-2(11-4,4-11,9-11,18-16,11-9) 吉田大輔
3 高取 1-3(9-11、11-7,7-11,6-11) 一ノ瀬拓巳
4 佐藤・髙取 3-2(9-11,11-8,11-9,11-13,11-8) 一ノ瀬・弓取眞貴
5 手塚 3-2(11-6,7-11,8-11,12-10,11-8) 岩城友聖
6 盛武 3-1(9-11,11-9,14-12,11-9) 弓取
7 - 佐藤 - 小野寺翔平
 

戦評

日大戦

 現在3連敗している中、リーグ戦初勝利を目指して臨んだ日大戦。第1試合に登場したのはシングルスで3連勝している好調の青山昇太(営4)だ。1、2セット目は積極的な攻撃で連取。このまま順調にストレート勝ちかと思われたが、その後相手の攻撃に苦しめられ、まさかの逆転負けとなった。この流れを変えたい手塚元彌(営1)は2番手に登場。サーブやバックハンドで次々に得点を重ねていく。また、打ち合いでも相手を圧倒し3-0で大学リーグ戦で初の白星を挙げた。そして3番手の主将髙取侑史(法4)は異質型の内藤相手に1セット目から果敢に攻撃を仕掛ける。途中ミスがあり3セット目はデュースまで持ち込まれるが、何とかこのセットを取りきりストレートで勝利。このままの流れでいきたい法大はダブルス初勝利をかけて髙取・佐藤陽大(営2)ペアが登場。序盤は自分たちのミスが目立つが、徐々に攻撃が決まるようになり2セット目を取る。しかし相手も一歩も引かず、強烈なドライブを打ち込まれ逆転することができずに1-3で敗戦。4番手の佐藤はダブルス敗戦直後の試合だったが、一進一退の展開を繰り広げる。途中1セットを取られるも、その後は両ハンドの攻撃が冴え見事勝利を収めた。3-2となりここで勝負を決めたい5番手の盛武大悟(国2)は同じく2年生の三上と対戦。相手は1セット目からドライブやカウンターをどんどん決めてきたが、盛武も負けじと食らいつく。そして気づけばフルセットの接戦に。両者一歩も譲らない展開が続くが最後は盛武の気迫溢れるプレーが勝り、何とか勝利。法大にとって大きなリーグ戦初白星となった。(田篠瑞季)

中大戦

 日大戦で今季初勝利を挙げた法大。連勝を狙う中大戦でトップバッターに抜擢されたのは、今季初出場の中野優(法3)だ。序盤からパワフルな両ハンドの攻撃で相手を圧倒し、瞬く間に2ゲームを奪う。勢いそのままにストレート勝ちを収めるかと思われたが、開始直後の5連続失点が響き、第3セットを落としてしまう。するとここから潮目が変わり、相手にリードを許す展開に。必死に食らいつくも、立て続けに3ゲームを落とし、逆転負けを喫してしまった。続く2番手では青山が登場。序盤から一進一退の攻防を見せるも、第4セットで先にマッチポイントを握られてしまう。しかし、ここを我慢強くしのぐと、フルセットの熱戦の末に逆転勝利。エースの意地を見せマッチカウントをタイに戻した。続いては高取が3番手として出場。中大の一ノ瀬との主将対決も、流れを握ることができずに苦しい展開に。第2セットこそ奪ったものの、最後は押し切られ、1-3で敗北。リードされて迎えたダブルスでは日大戦から引き続き、佐藤・髙取ペアが出場。終始拮抗した展開のまま試合が進み、フルセットへ。最終セットでは2度の4連続得点などで中盤以降に相手を突き放し、このセットを奪い、3-2で試合を制した。ダブルスの今季初勝利でマッチカウントを2-2とした法大。日大戦で勝利を挙げた手塚がここで登場。気迫のこもったプレーを見せ、4年生選手相手にも一歩も引かない展開を見せる。威力のあるバックハンドを武器に、要所で勝負強いプレーを見せた手塚は、3-2のフルセットでこの試合を制した。先に王手をかけて迎えた6番手。法大からは盛武が送り出された。盛武は、第1セットこそ失ったものの、粘り強く相手に食らいついていくプレーで流れを引き寄せると、その後の3ゲームを連取して試合を決め、法大にリーグ戦2勝目をもたらした。この勝利で通算2勝3敗とした法大。5試合を終え4位に浮上と、Aクラス入りが視界に入ってきた。(片山和貴)

選手インタビュー

髙取侑史 主将(法4)

―連勝となった今日の試合を振り返って
日大戦では、ここまで連敗で降格もある状況だったので、とにかく頑張るしかないということをみんなに伝えていて、そうした中でみんながチーム一丸となってプレーできたのがよかったと思います。中大戦では、相手の選手は格上の選手ばかりだったので、向かっていこうと伝えていたんですけど、それが結果として表れたので、とてもよかったです。

―2連勝で残り2試合、Aクラス入りも見えてきました
今日2勝できたからといって、まだ全然落ちる可能性もありますし、この次の2戦でAクラス入りも全然あり得るので、次の試合までに、チーム全体でしっかり調整やミーティングをして、調子を上げて、勝ちたいと思います。

―下級生の活躍については
特に盛武は専大戦の最後の試合で負けて、かなりメンタルもやられていると思ったんですけど、そうした中で日大戦だったり中央戦だったりと、それを乗り越えて勝てたことは、僕自身も本当にうれしいですし、彼の成長にもつながる1日だったと思います。手塚や佐藤も、僕と青山だけでなく、自分たちが引っ張るんだという気持ちをもって、プレーしていたので、その点は本当に良かったかなと思います。

―ダブルスは中大戦で今季初勝利を挙げました
正直、ここまでダブルスが負けてきていて、中央大学のダブルスは実績もありますし、格上のダブルスなんですけど、それでもそういう選手たちに果敢に攻めていって勝利できたことは自信にもつながりましたし、明治戦でセットオールデュースで負けたときはかなり緊張した状態だったんですけど、今日は冷静にいつも通りのプレーを心がけることができたので、勝利につながったかなと思います。

―残り2試合の抱負をお願いします
勝ってAクラスです!

盛武大悟(国2)

―今日は2試合とも最後を締める役割となりました
おとといの専大戦では、負けてしまったのは自分のせいだと思っていて、悪くなかったんですけど攻めきれなかったのが一つあったので、今日はしっかり打ちきろうと考えて今日臨んだことがよかったと思います。

―今日は特にたくさんの応援がありました
沢山の方々が来てくださるのは本当にありがたいと思っていますし、観客席に挨拶をしてから試合に入るということは意識した部分でもあったんですけど、来てくださる人に失礼が無いようにそういう試合をできたらいいなと思いました。

―好調なチームの中での自身の役割については
格上の相手も多いと思うので、向かっていくだけだと思います。自分の中では勝敗もそうなんですけど、それ以上に盛り上げようというのが自分の中でのテーマとしてやっていたので、盛り上げるということを大事にやっていきたいと思います。

―今日の2連勝でAクラス入りも視界にとらえました
今日の2試合で自信もついたので、それを生かせるように頑張ります。

佐藤陽大(営2)

ー今日の試合を振り返って
まず1試合目の日大戦で、ダブルスでは昨日の反省を生かして台上をしっかりやろうと話していたんですけど、勝負所でのレシーブで迷ってしまって負けてしまいました。シングルスはしっかり自分が勝たないとだめだと思っていて、結果勝ちきることができたので良かったです。中大戦ではダブルスを取って後半に回したらもしかしたら勝てるかもと思ったので、相手も強かったんですけど自分たちも良いプレーができて勝つことができました。

ー1試合目ではダブルスで負けた後にシングルスが回ってきたが、どのような気持ちで試合に臨んだか
ダブルスは2人で考えてやるけれど、シングルスは1人なので全部自分で考えてやらないといけないんですけど、自分が勝ったらその後も勝ってくれると信じていたので、あまり意識しないで試合できました。

ーダブルスは初勝利だったが、苦しい場面で2人で話したことは
技術的には、台上で止めて相手に振らせてからカウンターしようという感じでした。自分も今日は両ハンド入っていたので、最後は振るしかないなと思って振りました。

ー今日の団体2連勝でAクラス入りも見えてきたが
駒沢と筑波は結構重要な試合なので、負けたらもしかしたら落ちるかもしれないし、3日間空くんですけど、ダブルスをもう少し調整してダブルスも取れる計算に入れて、シングルスも台上の処理とかを磨いて勝ちたいと思います。

ー次戦に向けて
駒沢はまだ1勝もしていなくて、向かってくると思うので自分たちも負けないように頑張ります!

手塚元彌(営1)

ー今日の試合を振り返って
昨日までの3試合で1勝もできていなかったので、チームとしても自分としても2勝できたので良かったです。

ー負けの流れで回ってきた日大戦の時の心境は
1番の人が惜しくも負けてしまったので自分はしっかり切り替えて、今までの明治、専大戦では青山さんが勝った流れで自分が負けてしまってたので、今回は逆に自分が勝てるようにと1セット目から気持ちを込めてやってました。

ー中大戦でのシングルス4試合目のプレッシャーは
やっぱり中大戦も1番の先輩が惜しく負けてしまったので、辛い状況ではあったんですけど、ダブルスで勝って良い流れで自分に回ってきたので、自分も中大に勝つというのがやっぱり大切だと思い、頑張れました。

ー大学リーグ戦での初勝利の感想は
明治、専大戦でも勝たないといけないという思いはありました。いろんな面で慣れてないということはあったんですけど、だんだん少しずつ慣れてきて勝てるようになれたのかなと思います。

ー次回への意気込み
優勝というのはやはり厳しくなってしまったのですが、より上位になれるように次の駒澤、筑波戦でしっかり2勝したいです。

フォトギャラリー

  • DSC 1072 R今日のヒーローは間違いなく盛武だ
  • DSC 0679 R切り込み隊長として抜群の働きを見せる青山
  • DSC 0783 R頼れる主将の勝利でチームは勢いづいた
  • DSC 0744 Rリーグ戦初勝利含む2連勝と勝利に大きく貢献した手塚
  • DSC 0896 R中野は今季初出場となったが、惜しくも勝利を逃してしまった
  • DSC 0851 R主軸としてチームを引っ張る活躍を見せる佐藤
  • DSC 0821 R強豪ペアに勝利したダブルスの活躍が法大の勝利を引き寄せた
  • DSC 0925 R劣勢を跳ね返す粘り強いプレーが光った盛武。

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

1koスポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み