陸上

【陸上競技】駅伝シーズン到来!4人がデビュー戦 エース青木がチームをけん引、アンカー河田の力走光り10位と大健闘!

第31回出雲全日本大学選抜駅伝
2019年10月14日(月)
島根県出雲市

   法大3本柱の坪井と佐藤を欠いたなか挑んだ出雲路。6人中4人が駅伝デビュー戦となるも、ルーキー河田を筆頭に好走を見せた。結果は総合10位で昨年から2つ順位を上げ、駅伝シーズン開幕戦を好調な滑り出しで終えた。

S  6946881 R
チームをけん引した青木

試合結果

総合成績

順位 大学名記録 
1位 國學大 2時間09分58秒
2位 駒大 2時間10分06秒
3位 東洋大 2時間10分09秒
4位 東海大 2時間10分18秒
5位 青山大 2時間10分51秒
6位 立命大 2時間13分11秒
7位 帝京大 2時間13分49秒
8位 順天大 2時間14分04秒
10位 法大 2時間14分20秒

法大成績

区間選手名個人記録(区間記録)総合記録総合順位
1区(8.0㎞) 鎌田航生(2) 24分47秒(14位) 24分47秒 14位
2区(5.8㎞) 田辺佑典(3) 17分06秒(10位) 41分53秒 11位
3区(8.5㎞) 青木涼真(4) 24分20秒(7位) 1時間06分13秒 8位
4区(6.2㎞) 人見昂誠(2) 18分42秒(15位) 1時間24分55秒 11位
5区(6.4㎞) 清家陸(2) 18分54秒(10位) 1時間43分49秒 11位
6区(10.2㎞) 河田太一平(1) 30分31秒(8位) 2時間14分20秒 10位
 

総評

 今年も大学駅伝の季節がやってきた。初戦の出雲駅伝。箱根駅伝総合4位の目標になんとしても勢いを付けたい今大会は、青木涼真(4)と鎌田航生(2)以外が三大駅伝初出場と、フレッシュな布陣で挑んだ。

 1区は2年生、鎌田が勢いよく出走した。鎌田は序盤からトップ集団にくらいつく。しかし、およそ5㌔付近でトップ集団との間に差が生まれてしまうが、大幅に遅れることなくトップとの差約1分半の14位で中継所へと駆け込み、田辺祐典(3)にタスキをつなぐ。  

 田辺は、今季関東インカレの3000㍍障害で入賞するなど頭角を現してきた。その結果が自信となり今回は堂々とした力走を見せる。勢いに乗った田辺は順位を上げ、11位へ。上位浮上への望みを青木へと託した。  

 今回4年生で唯一の出場となった青木は、先日の1万メートルで自己ベストを更新するなど、好調さをのぞかせ出雲に挑んだ。実力者が集う8.3㌔のこの区間では、各校のエースがハイレベルなレースを進める。2区の田辺から11位でタスキを受け取った青木は、実力通りの安定感を見せ、徐々に前を捉えていく。混戦となる中、エースとしての意地の走りで最終的に順位を3つあげ、8位で人見昂誠(2)へ。

 目標である6位に迫る位置でタスキを受け取った人見は、前との差を詰めていきたいところであったが、なかなか縮まらず。粘りを見せるも後半から苦しい走りとなり、順位を落とす結果に。11位で同学年の清家陸(2)につないだ。波のようなアップダウンが続く5区では、そこでの対応力が求められる。清家は難しいコースに屈することなく安定した走りを見せ、最後まで淡々とした表情で走り切り中継所へ。ルーキーの河田太一平(1)にタスキを託した。

 今大会に出場した21チーム中、唯一の1年生アンカーである河田は、駅伝初出場ながら粘り強さを見せる。最も距離の長いこの区間では、各校のエース級が名を連ねる中、動じることなく積極的にレースを進める。最後は順位を1つ上げる大健闘を見せ、10位でゴールした。

 坪井慧(4)や佐藤敏也(4)といった主力を欠き、下級生中心チームの出場となった今年最初の駅伝。目標としていた6位こそ届かなかったものの、エースの青木が力を発揮しチームを引っ張り、ルーキーの河田が大健闘を見せるなど新たな収穫もあったはずだ。選手層の厚みの増した盤石な布陣で次は全日本、伊勢路へと挑む。

Today's Pick Up

 青木涼真

 今年もやはりこの男がチームを引っ張る。

 先日、1万メートルの自己ベストを更新するなど今大会に向けて調子を上げてきた青木涼真。後輩たちを引っ張る「4年生の意地」を走りで見せた。ともに3000㍍障害で凌ぎを削る2区、田辺祐典から11位でたすきを受け取ると、持ち前のきょうじんな脚力をもった力強い走りで快走。順位を3つ上げて4区、人見昂誠へとたすきを繋いだ。区間新の記録にあと一歩及ばなかったが区間7位の上位成績。しかし青木は「区間記録が6人出たということで相当悔しい」とコメント。決して満足はしていないようだ。

 最上級生となり走る姿にはさらに頼もしさを増した青木。「4年生の僕が締めて、デビューしやすいレースに出来ればと思っていました」と後輩たちを引っ張るその姿はまさに『エース』と呼ぶのにふさわしい。しかし「今大会には課題が多い。自分が描いているエース像にはまだ届かない」と青木の目指すエース像はまだ先にあるようだ。そして、「もっと強くなれると実感できるレースだった」とさらなる成長を期待できる一言を放ってくれた。

 ここまで青木は関東インカレ2連覇や、箱根駅伝5区区間賞など、多くのドラマを作ってきた。「僕がしっかりと走って全日本からもう一回上を目指せるチームにしたい」。駅伝ラストシーズン。いったい今季はどんなドラマを見せてくれるだろうか。

 S  6946880 R

選手インタビュー

青木涼真

 ―今回の目標としていた区間順位は
調子は良かったので区間賞を狙おうと監督から言われていました。なので自分自身も区間賞を狙っており、最低でも3位以内を目指していました。

―実際走ってみていかがでしたか
タイムは区間記録を狙っていて、結局及ばなかったのですが順位は上げることができそれなりには走れたのかなと思います。区間記録が6人出たということで相当悔しく、僕も前の集団に着いていたら間違えなく区間記録を出すことのできた自信はあります。しかし、一人で走ってもそれぐらいのタイムを出さなければ自分の目指しているエース像に届かないと思います。なので今回のレースは課題が多く見つかり、もっと強くなれると実感できるレースでした。

―三本柱が欠けた中で挑んだ今大会でした
4年生の元気がない状況はあるのですが、それ以上に下級生の勢いがあります。今回出たメンバーは合宿も良い練習ができていて、僕も期待していました。今回のレースはデビュー戦となる選手が多く、4年生の僕が締めてデビューしやすいレースに出来ればと思っていました。しかし4年が僕一人ということで不安があり、その中で坪井から「4年生1人にしてごめん。頼んだ」と連絡がありました。なので4年生のためにも僕がしっかりと走って全日本からもう一回上を目指せるチームにしたいと考えています。

田辺佑典

 ―目標としていた区間順位は
5番以上はとりたかったです。結果的には順位をあげれたことは良かったのですが、チームが勝つための結果を出さないといけなかったのかなと思います。

―駅伝デビュー戦でしたがどんな意気込みで臨みましたか
緊張しまくりでした。初めての駅伝なんですが、後ろに青木さんがいたので楽しめればと思っていました。

―3000mSCのメンバーでたすきをつなぎました
青木さんがいてくれることに安心感がありました。しかし、頼りすぎていた部分はありました。今後は自分がチームを勝たせるという意識で走りたいです。青木さんにタスキを渡せたのは本当によかったです。

―夏はどのように練習を積みましたか
4年生が全体の練習に参加する人が少なく、青木さんも2次合宿の練習に毎回参加しているわけではなかったので引っ張る人がいない状況でした。なので2.3次合宿は僕と糟谷が引っ張る形だったので、今後の試合の結果に出せればいいのかなと思います。

―全日本駅伝もメンバー入りを果たしました
今回は監督やトレーナーさんにも最低限の仕事と言われたので、今度は良い仕事をしたと言われるようにがんばります。

―今後の意気込みをお願いします
チームを勝たせられる存在になりたいです。青木さんがいたので今大会は安心できたのですが、自分が勝つために貢献できるような選手になりたいです。

鎌田航生

 ーレースを走られてみていかがでしたか
結果としてはあまり良くない走りで、不満足な結果です。

ーレース展開としては
区間一桁を目指していたのですが、展開が思ったよりスローで後半ペースが上がっていく所でうまく対応できなかったと思います。

ー5㎞あたりで前に出られました
少し出るのが早かったかなと思います。もう少し後ろで粘って待機しておけば良かったのかなと思います。

ー見つかった改善点などは
スローになるのかなと思っていたので、最後の勝負で切り替えていこうと思っていました。しかし、4.5km辺りでも思ったより展開がスローに進んでいたので焦りがありました。拓殖大の選手が前に出たときに過剰に反応して、その際足を使ってしまったかなと思います。

ー法大記録会では自己ベストでした
ピークが合いすぎてしまい、出雲への調整が上手く出来なかったと反省しています。全日本や箱根ではそこの反省点を生かしていきたいです。

ースターターということでどのような役割でしたか
前と離されずに区間上位でつなぐことが重要な役割だと考えています。

ー期待の後輩は
内田や河田です。内田は怪我が多く大学生活は苦戦しているのですが、スピードはあるので距離に適応できればいいなと思います。河田は体が丈夫で体力があるので、距離に関して問題なくいけるのかなと思います。

ー全日本に向けた意気ごみをお願いします
去年や今回の出雲のリベンジということで積極的な走りをしたいです。そして結果を残してチームに貢献していきたいです。

ー応援してくれる方に一言お願いします
まだまだ未熟ではありますが、今後法政を背負ってくエースになりたいので応援をお願いします。

人見昂誠

ーレースを走られてみていかがでしたか
初駅伝ということで緊張してしまったこともあり自分の力を出しきれなかったです。チームの足を引っ張ってしまったので、チームには申し訳ないなと感じています。

ー目標としていた区間順位は
7番以内を目標にしていました。しかし気負いしてしまい、15位という低い区間順位となってしまいました。

ーデビュー戦となりました
調子も良くて、デビュー戦ということで挑戦する気持ちで挑みました。しかし大学駅伝のレベルの高さを痛感しました。

ー出雲前には法大記録会にも出場されていました
あまり自分の思った走りはできず、調子は良くなかったです。しかしその後の1-2週間で状態が上がってきていたので出雲には調子は合わせていたとおもいます。

ーエントリーされた要因は
4年生が故障ということで、自分にチャンスが巡ってきたと思います。その中でも戦え無ければ、箱根や全日本でも勝負できないと思うので危機感を感じました。

ー3000mSCのメンバーでたすきをつなぎました
トラックシーズンは関東インカレで3人入賞して、良い流れで来ていたのでそのメンバーでたすきを繋げることに特別な思いがありました。しかし田辺さんと青木さんの良い流れを途切らせてしまったことは申し訳ない気持ちです。そしてそこが弱い所だと感じました。

ー今後どのように後輩を引っ張っていきたいですか
結果で後輩に背中を見せていかなければいけないと思います。この駅伝で後輩に頼るのではなく、チーム全体に良い流れを作ることが必要だと感じました。

ー応援していただいている方に一言お願いします
結果が良くても悪くても応援していただいているので、恩返しできるようにがんばっていきたいです。

清家陸

ーレースを走られてみていかがでしたか
デビュー戦ということで何もわからない状況ではあったのですが、他大学の選手に歯が立たず力不足を痛感し、課題が多く残るレースだったと思います。
一方で自分のペースを守れて走れたことと、前と差を詰めることを意識して走れた点が良かったと思います。

ーチームの中でどのような役割を果たそうと考えていましたか
しっかりと流れを崩さず、6区の河田が走りやすい位置で繋ごうと思っていました。

ーエントリーされた要因は
去年の自分はメンバーに入る様な選手ではなかったです。そこから今年変われたなと思った点は気持ちの面で大きいなと感じます。夏合宿を通して自分の練習をこなすだけではなく、先を見通して他大学と勝負できる様にすることを意識していました。そういった気持ちの変化がエントリーメンバー入りにつながったのかなと感じます。

ー全日本にむけた意気ごみをお願いします
長い距離になるほど力が発揮できると思っているので、全日本や箱根で怪我せずに練習を積んでいきたいです。

ー今後の練習としては距離を踏む練習ですか
距離は夏でしっかりと踏めているので、今大会で他大学とのスピードの差を体感したので今後は他大学の選手に対応できるスピードをつけたいです。そして体幹などといった補強も組み直して行なっていきたいです。

ー今後の意気込みをお願いします
全日本や箱根は絶対に走りたいです。そして、そこでいかにチームに貢献できる走りができるかが大きいのでしっかりと怪我せず練習していきたいです。

河田太一平

 ーレースを走られてみていかがでしたか
コースは2回起伏があったもののそこまではきつくないのかなと思っていました。実際走ってみて、修正点や改善点が見つかったレースとなりました。

ー今大会が駅伝デビュー戦となりました
走る前は緊張していたのですが、走ったら緊張が解けて気持ち良く走れたと思います。

ー今大会はどのような気持ちで臨まれましたか
なるようになれという気持ちで走れたのが良かったと思います。一応タイムが30分30秒位だったので目標ぐらいだったのかなという感じです。

ー同級生からは連絡などありましたか
前日に連絡があったので、緊張が和らぎました。

ー一年生は層が厚いと思いますがどのように活躍していきたいですか
他の選手はスピードがあるのですが、自分は体力だと誰にも負けない自信があります。なので体力と体の丈夫さを生かし、練習を継続的に続けていきたいです。

ー夏の練習を振り返って
結構、練習を積めたと思います。先輩たちとも走ることが出来たので、勝負ができるくらいにはなれているのかなと思います。

ー全日本駅伝のエントリーメンバーにも選出されました
まだ選ばれるかはわからないですが、自分の中では走るつもりでいます。次は、今大会の後半落ちてしまった等の修正点を無くしていければと思います。

ー法政大学に入学を決めた理由は
自由なところと、最近上り調子なので決めました。僕の高校の他2人が明治大と中央大ということで、監督からもどうせならMARCHレベルにすればと言われていたので法政大に決めました。

ー入学してみていかがですか
寮生活がきついです(笑) しかしだいぶ慣れてきたとは思います。練習面では、圧倒的に距離を踏むなと感じました。夏合宿だと3倍近く走りました。

ー今後どのように活躍していきたいですか
やはり長い距離が僕の強みではあるので、全日本や箱根で活躍していければなと思います。

※人員不足のため写真が少なくなり申し訳ありません。

フォトギャラリー

  • S  6946891 R開会式の様子
  • S  6946881 Rエースとして順位を上げた青木
  • S  6946889 R駅伝デビュー戦となった人見
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み