自転車

【自転車】第73回大学対抗選手権大会 1日目 昨年覇者が好発進! 連覇に向け視界良好!

文部科学大臣杯第73回大学対抗選手権自転車競技大会
2017年8月31日(木)
長野県松本市美鈴湖自転車競技場

ついに開幕した。文部科学大臣杯第73回大学対抗選手権大会(インカレ)が長野県松本市で4日間にわたって行われる。インカレ初日の今日は、昨年チャンピオンのタンデムスプリント、鈴木陸・高橋ペアやスプリントで上位進出が期待される鈴木玄などが登場し、順当に予選を突破した。明日の2日目からは競技数も増えるため、各所で白熱した戦いが予想される。

0X0A0022 R
全体2位の好時計で悠々と予選を通過した鈴木陸(左)と高橋

試合結果

スプリント 予選

順位名前(学部・学年)タイム備考
10位 鈴木玄人(人3) 10"726 1/8決勝進出
12位 昼田達哉(法1) 10"796

タンデムスプリント 予選

順位名前(学部・学年)タイム備考
2位 鈴木陸来(文3)・高橋綜一郎(営3) 17"231 1/4決勝進出

4km インディヴィジュアル・パーシュート 予選

順位名前(学部・学年)タイム備考
13位 鈴木良(経3) 4'52"574 予選敗退

スプリント1/8決勝 5組

順位名前(学部・学年)タイム備考
2位 昼田達哉(法1) 1/8決勝敗退

スプリント1/8決勝 7組

順位名前(学部・学年)タイム備考
1位 鈴木玄人(人3) 11"13 1/4決勝進出
 

戦評

 ついに1年で最も大きな大会、文部科学大臣杯第73回大学対抗選手権大会(インカレ)が開幕した。今日から3日間はトラック競技、最終日はロード競技というタイムテーブルとなっている。初日の今日は短距離種目の予選を中心に行われた。

スプリント予選
 インカレのオープニングを飾るのはスプリント予選だ。この種目には上位進出が期待されている鈴木玄と昼田が出場した。

 先に出走したのは上野恭哉(営2)との交代で出場した昼田。快調に飛ばしていき、12位。1年生ながら1/8決勝に駒を進めた。
 鈴木玄も10秒726の10位とまずまずの結果で1/8決勝に出場することとなった。

タンデムスプリント予選
 昨年王者の鈴木陸・高橋ペアは最終組から出走すると、息の合ったペダリングで周回し、2位。惜しくも日大を上回ることができなかったが、順当に予選を通過。明日の1/4決勝に進むことが決まった。

4kmインディヴィジュアル・パーシュート予選
 渡部将太(人3)との入れ替えで出場することが決まった鈴木良だったが、調整不足が響き後半に失速。タイムを伸ばすことができずに、4分52秒574の13位で予選敗退が決まった。

スプリント1/8決勝
 まず5組で出場した昼田だったが、全国の舞台で活躍する中大・山根の前に先行を許し、厳しい展開に。逆転することはできず、先着を許したことにより、1/8決勝で姿を消した。
 7組で出走した鈴木玄は、先行すると最終コーナーも先頭で突入し、そのまま差を縮めさせることなく先着。1位でレースを終え、明日の1/4決勝に進んだ。

 インカレということもあり、各大学の応援も盛り上がり賑わいを見せた初日。明日は短距離種目のみならず、ポイントレースやスクラッチといった中長距離種目も行われる。ここからさらに白熱が予想される今大会からは目が離せない。(橋爪優典)

選手コメント

鈴木良

―今日のレースを振り返って
補欠から正選手という形で走ったんですけど、調整不足と言いますか個人追い抜き(インディヴィジュアル・パーシュート)の練習ができていなかったということで言い訳になってしまうんですけどコンディションがあまりよくなくて、タイムが伸びませんでした。

―どの段階で出場が決まりましたか
3日前に言われて急遽という形ですね。

―レースでの戦略やペース配分などは
あまり突っ込まずに一定で回ろうとは考えていました。

―前半はいいペースで周回していましたが、後半に垂れてしまいました
練習不足でしたね。

―その中で収穫と課題は
やっぱり持久力が足りていないですね。明日の団抜き(チームパーシュート)に向けて足を追い込めたので、そこはよかったと思います。

―どのような形で臨みたいですか
団抜きは優勝を目指しているので、頑張りたいと思います。

―では、最後に意気込みをお願いします
優勝できるように頑張ります。

 

昼田達哉

―今日のレースを振り返って
(スプリントで)先行できずに相手も強かったので、悔しさしかないですね。

―スプリント予選はいかがでしたか
いつも以上の走りができたかなと思います。

―1/8決勝では中大・山根選手との対決でした
もう目上なので自分は思い切り行くだけだと思ったんですけど、先に行かれてしまって悔しいです。

―予選はタイムがよかったということで、1/8決勝で思うようにいかなかったのは先行できなかったことが大きかったですか
そうですね、思い切りがなかったですね。あと、経験が向こうの方が上でした。

―改めて振り返って収穫と課題は
場数をこなしていろんな戦法をちゃんと組み立てられるようにしたいですね。

―今後インカレで出場する種目は
今日で終わりですね。

―そうなると次のレースは全日本学生トラック新人戦・東日本大会でしょうか
そうですね。

―最後にそれに向けて意気込みをお願いします
新人戦では一個上と同級生しかいないので、しっかり戦えるような足を作って来年のインカレで山根さんをギャフンと言わせられるようにしたいです。

 

フォトギャラリー

  • 0X0A0022 R明日以降の戦いにも期待
  • 0X0A0010 R2人の息の合ったペダリングには注目だ
  • 0X0A0130 Rスプリント1/8決勝を快勝した鈴木玄(左)
  • 0X0A0109 Rレース前には精神統一を図る
  • 0X0A0058 R不完全燃焼に終わった鈴木良
  • 0X0A0081 R鈴木良は歯を食いしばり走行を続けた
  • 0X0A0099 Rレース後苦しい表情を見せた鈴木良
  • 0X0A9938 R昼田は強豪の前に散った

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み