陸上

【陸上競技】第51回全日本大学駅伝対校選手権 青木区間4位の健闘見せるもシード権獲得ならず、箱根に望みを託す。

第51回全日本大学駅伝対校選手権
2019年11月3日(日)
愛知県名古屋市〜三重県伊勢市

 新戦力台頭となった出雲路から約一ヵ月。法大は6位という目標を掲げ、伊勢路に挑んだ。
 今大会も三本柱の佐藤や坪井が故障の影響でエントリーメンバーから漏れ、主力が欠ける体制となった。結果としては総合11位で箱根に向け課題が多く残る大会となった。

DSC 8984 0 R
チームのために健闘の走りを見せた青木

試合結果

総合成績

順位 大学名記録 
1位 東海大 5時間13分15秒
2位 青学大 5時間14分59秒
3位 駒大 5時間15分04秒
4位 東国大 5時間15分35秒
5位 東洋大 5時間15分40秒
6位 早大 5時間17分04秒
7位 国学院大 5時間17分34秒
8位 帝大 5時間19分38秒
11位 法大 5時間20分14秒

種目別結果

区間選手名区間記録区間順位総合記録総合順位
1区(9.5㌔) 久納碧 28分18秒 13位 28分18秒 13位
2区(11.1㌔) 鎌田航生 31分57秒 8位 1時間00分15秒 10位
3区(11.9㌔) 増田蒼馬 35分08秒 15位 1時間35分23秒 12位
4区(11.8㌔) 田辺佑典 35分02秒 12位 2時間10分25秒 12位
5区(12.4㌔) 清家陸 37分40秒 12位 2時間48分05秒 12位
6区(12.8㌔) 岡原仁志 39分22秒 16位 3時間27分27秒 14位
7区(17.6㌔) 河田太一平 54分09秒 13位 4時間21分36秒 15位
8区(19.7㌔) 青木涼真 58分38秒 4位 5時間20分14秒 11位
                                                      ※総合順位に学連選抜は含めない

戦評

  駅伝戦国時代を迎える今、全日本大学駅伝対校選手権大会が幕を上げる。先月の出雲駅伝では、国学院大学が初優勝を果たし、更なる混戦を見せる大学駅伝。今大会も、大混戦のレースが予想された。2年連続シード権獲得を目指す法大は、佐藤敏也(4)坪井慧(4)ら主力メンバーが欠場、厳しい状況の中で学生3大駅伝2つ目のレースに臨んだ。

 1区は、今大会が大学駅伝デビュー戦となった久納碧(2)。1区では、小刻みなアップダウンをどのように利用するかがポイントであり、9.6㌔と最も短い区間であることからラストで勝負が決まる。久納は最後まで、先頭集団に必死に食らいつき、なんとか13位で2区の鎌田航生(2)に襷を繋げる。

 2区は、レースが一気に動く区間。今大会も、東京国際大の伊藤達彦が13人抜き、また11人が区間新を記録するなどハイレベルな争いを見せた。その中で、鎌田はしっかりとした自分の走りで、順位を3つ上げて10位で次に繋げる。

 中盤にかけて、順位を上げていきたい法大だったが、3区増田蒼馬(4)が順位を2つ落とす。その後、4区田辺佑典(3)、5区清家陸(2)も順位を上げることができず12位で通過する。

 そして、6区岡原仁志(4)。今大会は岡原にとって怪我からの復帰レースとなった。5割から6割の力しか出すことはできなかったものの「(岡原が)箱根には十分間に合う算段はつきました」と坪田監督が語るように、箱根までには確実に状態を整えてくるだろう。

 7区、河田太一平(1)を終え、15位と出遅れた法大。最終8区は、エース青木涼真(4)だ。幾度となく逆転を成し遂げてきた男に注目が集まる。その期待通り、青木は4人抜きを見せる。しかし、シード権の壁は高く、万事休す。法大は2年連続シード権獲得とはならず、11位に終わる。

 今大会は悔しい結果に終わった法大。しかし、戦力が整えば、駅伝戦国時代に割って入るだけの力は持っている。箱根4位以内へ。
もう一度、全国の法大ファンを沸かせてほしい。

Today's Pick Up

 青木涼真

「収穫が特に無くチームとしての見せ場もなく終わってしまった」と厳しい表情で振り返るのは、今大会アンカーを務めた青木涼真(4)だ。

出雲駅伝では主力が欠いた中で、青木は唯一の4年生として出場。三大駅伝初出場の下級生を引っ張ると共に、エースとして役割を全うした。今大会は青木の他に増田蒼馬と岡原仁志の4年生も加わり、2年連続シード権獲得に導くべく挑んだ。最終区は最も長い距離であったが、前方の選手をしっかりと捉えて走る。15位でタスキを受け取った青木は、4つ順位を上げる大健闘を見せた。区間4位に食い込み個人としては申し分ない走りをした青木だったが、チーム目標としていた6位となることは叶わず、またシード権獲得ともならなかったことから、「僕自身も全然合格でもないですし、大した走りはできなかった」と省みた。

2ヶ月後に迫った箱根駅伝。青木は「自分が区間賞を取ること」を最低条件とし、エースとしての責任と覚悟を見せた。4年間の有終の美を飾るべく、最後の箱根でリベンジを誓う。

DSC 8984 0 R

取材:近藤のぞみ・青木義貴・髙橋尚輝・守本咲希・須藤大樹・山岡菜月・小倉明莉・根本成・吉本侑樹

監督・選手インタビュー

坪田智夫監督

―レースを振り返られて
目標に届かなかったというのとシードにすら届かなかったので厳しいレースでした。

―惜しくも目標達成及びシードを逃す結果となりました
やはりミスがあると駅伝では勝負できないなというところではありますね。ただ、最後に青木で順位をひっくり返してくれたんですけど、やっぱりそれに頼っているようでは駅伝では勝負できないです。

―選手起用のポイントは
4年生が踏ん張って欲しいところではありました。特に3区の増田ですね。青木は走るのを予定していました。2区の鎌田が流れを変えてくれると思うのでしっかり3区で流れに乗せて欲しかったんですけども、そこがちょっと良くなかったという感じです。

―今日のレースプランは
1区、2区は予定通りというか良い走りをしてくれました。その中で4、5区はちょっと分が悪いというか流れが悪いのがわかってたのでその中でも良く踏ん張ってくれたと思いますし、青木で詰めてくれたのはわかっているんですけれども、負けは負けという感じですね。

―岡原選手は復帰レースとなりました
岡原は5割6割くらいでした。彼を5割6割くらいで使わなければいけないという選手層の薄さというのもありますし、彼は区間順位は悪かったですし、タイム的にももうひと伸びできませんでした。でもそこは想定してましたので、このあとですねようやく故障から癒えて練習の流れも持ってきてますので、箱根には充分間に合う算段はつきました。

―昨年1区起用の青木選手をアンカーに投入しました
アンカーは佐藤がいなかったり、4年生がいない段階では青木に締めてもらうしかないので、そういう形を取りました。

―佐藤選手や主将の坪井選手を温存する形となりました
温存というよりはまだけがが完全に完治していないという状況でした。まぁなんとか箱根にはギリギリ間に合ってくれるという状況ですので、なんとか箱根には万全の状態で挑めればなと思っています。

―箱根に向けて
出雲、全日本と負け負けときてますのでなんとしてもしっかりとした結果を残したいと考えています。

坪井慧 駅伝主将

 ―主将として、総合11位という結果をどのように受け止めていますか
出雲は流れが悪く、悔しい結果に終わったので、全日本はシード権、そして6位以内を目指そうという思いでした。前半の1、2区は上手く流れてくれて、ここから順位を上げてくれればという思いで見ていました。しかし、3区以降で上手く流れに乗ることができずにズルズルと後退していってしまいました。最後、アンカーの青木がしっかり走ってくれたのですが、中間層の選手が上手く走れなかったことが、今回の結果に響いてしまったのだと感じています。

―出雲が終わってから、チームの状況はどうでしたか
チーム全体としては、状態は上がってきていると感じていました。しかし、今回のレースでは、中間層の選手が力を出し切れず、納得のいく結果には届かなかったです。

―箱根駅伝まで残り2カ月を切りました。チーム全体としての具体的な課題はなんですか
今回のレースでは、アンカーの青木と2区の鎌田はしっかり走ることができていたので、主力以外の選手たちが、自分もやってやらないとという強い気持ちを持ってやっていかないといけないと思います。箱根までは2カ月を切っているので、チーム全体として気持ちを引き締めてやっていきたいです。

―坪井選手自身は箱根に向けてどのような気持ちで取り組んでいきますか
自分自身、キャプテンという立場でありながら、夏合宿で怪我をしてしまい、出雲、全日本の2レースに出走できませんでした。チームにも迷惑をかけてしまっていると感じています。今回のレースも、自分が走ってあげられていれば、結果も変わっていたと思っているので非常に悔しい思いをしています。箱根では、今回の悔しい思いを晴らせるように、残り2カ月しっかりと状態を上げて、最後チームみんなで笑顔で終われるようにしたいです。

久納碧

 ―今日のレースを振り返ってみていかがでしたか
思ったような走りはできませんでした。集団から離れるのが早かったと思います。もう少し粘ってラストまでいけたら、チームの流れも変わったのかなとゴールをした後に思いました。

―13位での襷リレーになりました
シード権との差を意識してました。できればシード圏内で襷リレーをしたかったので満足はいってません。

―コンディションは
夏合宿に少し怪我をしてしまって、出雲には間に合いませんでしたが、自分の中では大学に入ってきて1、2番くらいでいいコンディションでした。なので単純に自分が力不足だと感じました。

―どのようなレースプランでしたか
集団でついて行って、ラスト出し切るところまで出し切るプランでした。区間一桁で8位以上を目指してました。8から9キロメートルの区間で上り坂があり、そこで仕掛けることができると監督からも言われてました。しかし逆に先頭が仕掛けてきた時に、置いていかれてしまいました。

―シード権は獲得ならずの、11位でした
この11位も青木さんが最後にあげてのあげての順位で、チームとしてのうまく機能していなかったと思います。この11位は見た目の順位よりも、重く受け止めないといけないと思います。

―自身のこれからの課題は
今日走ってみて、先頭の選手たちとは格の違いを感じました。この箱根までの2ヶ月でどれだけ自分がレベルアップできるかを肝に命じて練習していきたいです。

―箱根に向けてのチームとしての調整は
4年生がそろいきっていない部分がありますが、これまで自分たち後輩が負担をかけてしまっていた分が回ってきていると思います。四年生に頼らないように、下級生たちが力をつけていく必要があると思います。

―箱根に向けた意気込みをお願いします
目標が4位なので、区間4位以内で走れるような力をつけるようにこれから頑張っていきます。

鎌田航生

ー出雲が終わってからの調子はいかがでしたか
出雲は結果が悪く終わってしまいました。その前の1万㍍で追い込みすぎたという反省点が出たので、出雲が終わってからは練習を少し落とし目にして、調子を戻すことを重点的に練習してきました。

ー今回のレースで意識したことは
周りが早い中でのレースだったので、ついていって前の集団に追いつくというレースプランでした。ですが、想定よりも前の集団が速く、追いつくことができませんでした。

ー昨年と同じ区間でした。レースを振り返って
昨年より1分以上速くなっていますし、タイムとしては悪くはないと思います。しかし、レースの展開として5㌔で離されてしまったことと、次の走者に渡すときに前の集団は見えましたが、そこに追いつけなかったことは反省点です。

ー今後重点的に練習していきたいことは
箱根は今回の2倍近い距離になるので、そこに向けての距離の転換を意識したいです。1回このレースで追い込んでいるので、一旦しっかり量を抜いて、けがをせずに調整を合わせていきたいです。そこから距離を踏んで箱根に合わせていきたいと思います。

ー箱根に向けての意気込みをお願いします
今回のレースも悪くはないですが、チームも含めて決して良い結果とは言えないので、チーム全体として今回のリベンジを果たせるように頑張っていきたいと思います。

増田蒼馬

―今日のレースを振り返って
後ろから強い大学が来るのはわかってたので、そこにやっぱハイペースになるので自分の走りをちゃんとしようと思って心掛けて、まあ現状出せる力というものは出せたと思いますが、完全に力負けした形です。

―監督からの指示は
次の田辺に良い形で渡せるように前と詰めて、しっかり単独にしないような形で渡してあげてって言われていた中でタスキ受け取ったときの立命館であったりとか、前から落ちてきた駒澤と微妙な差で渡してしまったのですごく申し訳ないです。

―今日はどのようなレースプランで臨みましたか
メンバー見たときに自分より明らかに速い人が多かったので、自分が出せる今持ってる力を出し切ろうと思って、その中で最初自分つっこみすぎてしまうと後半落ちてしまう癖もあるので、前半抑えてしっかり粘って12㌔という距離を通して勝負しようと思ってプランを立てていました。

―出雲後の記録会で自己ベストを更新していらっしゃいました。調子は上がってきていますか
出雲記録走ってから1回その後落ちたのですが、全日本に向けては調子は上がっていました。

―その中で調整したことなどは
今年に入ってからは結構調整とか、昨年より一段と考えるようになって、普段より練習を落とさないような形でそのまま継続した感じでやった方が自分は走れるのでしっかり練習試合も積みつつ練習の貯めというものを作って、この伊勢路に万全の状態で臨むようにしました。

―昨年の出雲駅伝ぶりの駅伝出場でしたが
前後が下級生と、僕の後ろの区間が下級生ということで順位を上げず走りを楽にさせてあげたかったのですが、今回順位を2つ下げてしまって、前ともそれほど差を詰められない走りになってしまって本当に申し訳なかったと思います。

―区間順位15位という結果について
格上ばかりでしたが、4年生としてしっかり自分が持っている力以上のものを出して結果につなげたかったですけど、区間順位も悪く順位も落とす形になってしまったのは本当に悪い走りだったなと思います。

―チーム11位という結果について
11位という結果ですがそれについても最後の区間の青木に本当に負担をかける形になってしまって、ここまで出雲、全日本と2回続けても青木に頼りっぱなしの駅伝になってしまったので、残すもあと箱根だけですが、しっかり4年生がここから調子を上げて足並みもそろえて練習以上のものを本番で出せるようにして、4年生が中心となってチームをもっと引っ張っていきたいなと思います。青木とか敏也とか主力級だけじゃなくて、僕とか岡原とかそういった4年生がもっと頑張りたいと思います。

―今日を終えて改善点は
今日の走りだと完全に力負けしたなっていう印象で、抜かされた2人はペースが全然違いましたし、自分とは明らかにレベルが違う選手が多くて、箱根でしっかり勝負するにはそういったところともちゃんと勝負しないといけないなと思ったので、ここから期間ある訳じゃありませんが、その期間の間に試合にもっと上の選手と戦って自分はもっと区間順位で戦うんだという姿勢から見せていきたいなと思います。

―ラストイヤーです。目標は
ラストイヤーということで、4年生なので駅伝でもっとチームに、昨年の出雲で順位下げてしまって今回も順位下げる走りとなってしまったので、後輩たちをもっと走りやすい状況でタスキを渡してあげたいなという想いがあります。

―箱根へ向けて
昨年の出雲、今回の全日本と2回走らせてもらってどちらも本当に良い走りが全くできなくて順位下げてしまっているので、箱根駅伝こそはしっかり順位を上げて4年生として青木におんぶにだっこにならないようにしっかり走りたいと思います。

―応援してくださっている方々へ一言
駅伝走って順位下げることしかできていなくて、4年生としても今年としても過去4年間振り返ってチームに全く貢献できていないので、最後の箱根こそはしっかり順位を上げる走りをして法政大学に貢献して、ここまで育ててもらった恩も本当にあるので、その恩をちゃんと結果で恩返ししたいと思っています。

田辺佑典

―今日のレースを振り返って
タイムは去年の区間5位の岡原さんと同じだったのですが、各大学のレベルが高くなっていて区間12番といった結果でした。順位を上げれず、流れも変えれなかったので良くなかったのかなと思います。

―コンディションは
目標は区間5番以内を狙っていました。岡原さんのタイムを狙っていたのですが、それ以上に周りの選手が速かったです。

―チーム内でどのような役割を担おうと考えていましたか
4区は前半区間で大事なポイントだと思っていたので流れを作りたかったです。

―チームの結果を受けて
結局また青木の力で11番だったのですが、箱根で勝つには青木さん以外のメンバーが区間上位に食い込むことが出来ないと思います。なのでみんなで頑張っていきたいと思います。

―来年は予選会からのスタートです
それまでに層を厚くしていきたいです。今大会は佐藤さんや坪井さんといった主力が不在で、その中でも結果を出していかなければ予選会も通らないと思います。来年は青木さんがいないのでチーム全体で頑張らなければ上に行けないので、自分が中心になっていこうと思います。

―今大会までの調整は
高島平があり、練習で出たのですが良い感じに走れました。他の河田や久納や蒼馬さんも良い感じで走れていたので、良い感じで調子を上げれていたのかなと思います。

―今後のレースは
世田谷ハーフに出場します。どういった意図かはまだ伝えられていないのですが、結果を出せるようにしたいです。

―箱根に向けた意気ごみをお願い致します
箱根では区間上位をとって、チームの流れを変えられる走りをしなければシードも厳しいと思います。なので箱根までの約2か月で結果を出し、調子を上げていきたいです。

岡原仁志

―今日のレース振り返ってみて
7、8が結構、主力を置いていたので、6区までの自分でシード権内まで1分半差くらいまで追いつきたかったんですけど、失速する形になってしまってチームに迷惑かける結果になってしまったと思います。

―復帰レースとなりました
イメージ通りの走りが出来なくて苦しい走りだったんですけど、今はけがなく走れているので箱根までには万全な状態に戻したいと思います。

―けが明けから今大会に向けての調整は
足治ってからは1日でも早く体力を取り戻そうという気持ちだったんですけど、ちょっとガタが来てしまって調子も上がらずという感じでそこを調整していきたいと思います。

―今年はラストイヤーということで駅伝にかける思いは
後は箱根だけになってしまって、出雲、全日本と目標を達成できていないので最後はチーム目標を達成して笑って終わりたいなと思います。

―箱根に向けて
ここから2ヶ月間、1日も無駄にせずに努力していきたいと思います。

青木涼真

ー今日のレースを振り返って
厳しいことを言うと、収穫が特になくチームとしての見せ場もなく終わってしまったので本当に反省点しかない駅伝だったなと感じています。

ー出雲からの調整は
僕は出雲の後、あまり疲れを感じていなかったので全日本でもっと良い走りをするために仕上げるというか、強度をあまり落とさず高めの状態で臨みました。他の選手はけっこう疲れが溜まっていたみたいで疲労を落としながらという感じで調整をしてきました。

ー出雲より4年生が多く出場していたが、4年生の中で特に意識したことは
今回は2人(4年生が一緒に)走ってくれたんですが、このままじゃいけないというか。最低条件として4年生がいることがあると思っていて、4年生がしっかりと区間上位で走りチームに勢いをつけて下級生に楽をさせるというのが4年生の仕事だと思うのでそういう点を考えたら4年生の僕らがするべきことはできていなかったのかなと思います。

ー襷を受け取って4つ順位を上げたが、今日のコンディションと個人のレースを振り返って
悪条件でのレースは得意なので中継所で襷を受け取った時くらい暑ければ、もっと前が崩れてきて拾えたんじゃないかなと思っていました。でも僕が走った区間に他の大学のエースの選手がいればシード権まで順位を引き上げていただろうなということを考えると、天候とかに頼っているようでは僕としても上のステージに上がれないなと思います。シード権まで詰めることはできたんですけど、結局シード権を取れなかったらどんな走りも同じなので僕自身も全然合格でもないですし、大した走りはできなかったなと感じています。

ー総合11位という結果を受けて
後は箱根しかないのでこんな順位で箱根が終わってしまったら僕たちの4年間が無駄になるというか、何をしてきたんだということになるのでここから上方修正して、箱根では目標はぶらさず4番を狙ってここからまたやっていきたいと思います。

ー箱根に向けて意気込み
チームの目標を達成するためには僕が区間賞をとるということが最低条件だと思うので、ここからは区間賞と区間新記録を狙って集中して取り組んでいきたいなと思います。

※清家選手・河田選手につきましては後日追記板います。

フォトギャラリー

  • S  453246996 R1区久納 スピード型ランナーの久納はチームに勢いを与える走りに期待がかかる
  • S  7135852 R3区増田 最初で最後の箱根出走なるか。最高学年としての力強い走りに期待だ
  • S  60874756 R4区田辺 次期エースとしての自覚が芽生え始めた田辺
  • S  29950008 R6区岡原 怪我明けの復帰戦となった今大会。箱根では主力としての走りに期待がかかる
  • S  34512902 R7区河田 1年生ながらの駅伝出走。大型ルーキーの存在が今や法大にとって欠かせない
  • DSC 8984 0 R8区青木 4つ順位をあげた青木。絶対的エースとして箱根での活躍に期待だ
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  87621673スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み