陸上

【陸上競技】第96回東京箱根間往復大学駅伝競走直前インタビュー 第5回 増田蒼馬、岡原仁志、佐々木虎一朗、松澤拓弥

箱根直前インタビュー
2019年12月15日(日)
法大多摩キャンパス

 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根)まで残すところあと2日。箱根を2週間後に控える今月15日に、箱根への意気込みや想いを伺った。今回は増田蒼馬選手、岡原仁志選手、佐々木虎一朗選手、松澤拓弥選手のインタビューをお届けする。

DSC 3945 R
 増田は最初で最後の箱根出走なるか

インタビュー

増田蒼馬

ー3年連続3回目のエントリーとなりますが今の心境は
今年は過去2年と比べても手応えを感じるシーズンを送れてきたので、今年こそは走りたいなという思いです。

ーコンディション面は
昨年までより試合とかの調整を自分なりにやるようにしたら、結構走れるようになって、試合前に持っていける自信はあります。

ー今年の駅伝シーズンを振り返って
全日本も上尾も自分の持てる力を出せたと感じていて、全日本も区間順位自体は悪いのですが、走った区間は他大学はエース級が多くて、そこに自分だったので、区間順位はしょうがないと思っていたのですが、自分が立てた設定通りには走れて、レース内容もしっかり走れて、タイムも落ちるところもなかったので、自分の力を発揮できたことは素直に良かったなと思っています。上尾ハーフでは全日本の時に区間順位が良くなくて、他の選手としっかり勝負する意識が足りなかったと思ったので、そこを意識して走ったらそれに伴ってタイムもついてきたかなという印象を持っています。

ー上尾ハーフでは監督に自らエントリーを志願しました。その後監督から何か言われましたか
「このくらいで走れる力はあるのだから、自信持っていこう」と言ってもらえました。

ー富津合宿を終えて
夏合宿終わってからずっと試合に出ていて、最低でも2週間に1回ほど走っていたので、一気にその疲労がきた感じだったので、状態に合わせながらやるべきことはやって、調子を合わせるのではなくて、その先を見据えて、箱根でしっかり走れるようにという内容で取り組みました。

ー見つかった課題は
ここまできたら課題というのはあまり見つからなくて、あとは箱根で自分自身のコンディションをいかに発揮できるのかが大事だと思っています。

ー手応えありそうですね
そうですね。今年に入ってから試合前の調整とか自分で考えたりしてて、監督にも言ってメニューを変えてもらったりしてたので、ある程度自分の力を発揮できる自信はあります。そこからどうさらに上乗せして調子を上げて、より自分の持っている力以上の走りをできるかが大切なので、自分の持っている力を出すのはもちろんなのですが、さらに上乗せした走りを箱根ではしたいと思います。

ー現在の取り組みは
昨年までは試合前だと疲労抜きを考えていたのですが、今年に入ってから調整とかで練習メニューを落とさないで、普段の練習と同じ流れで試合に臨んだ方が自分は試合に合うので、そういったことを意識してまだ半月前ですが、ジョグの量を落とさないで箱根本番に見据えて練習をしています。

ー4年生最後の箱根駅伝、これまでとはやはり違いますか
そうですね。過去の箱根は走れていなくて、昨年まではどこかチャンスあると思って、なんだかんだそう過ごしていたら、もう4年目で、もう最後ということで、「あとはないのだな」と去年の箱根が終わってから実感するようになったので、今年はより想いは強いです。

ー同じ4年生、佐藤敏也選手がエントリーから外れました
やはり彼は法政のエースで、走れないのは本人が1番悔しいと思うので、そこは箱根でしっかり目標を達成して、敏也がいなかったから目標順位を取れなかったということにはならないようにして、目標順位を達成して最後は敏也を含めて全員で笑顔で終わりたいと思います。

ー佐藤選手がいない中で、増田選手の役割はどうお考えですか
佐藤がいなくなって、その穴をしっかり4年生で埋めなきゃいけないと思っていたのですが、実際全日本を走ってみて彼がいない穴というのは大きいなと実感しました。全日本では正直、自分の力を発揮してミスなく走ろうと思っていたのですが、それだけではダメで、自分で稼いでチームに勢いをつけることが大事だと感じたので、今までの保守的な走りではなく、攻めの走りをして下級生たちに楽をさせてあげる役割を果たしたいと思います。

ーチームの雰囲気は
合宿ですごく充実した練習ができて、強度の高い練習でも全員がまとまって練習を終えることができたので、雰囲気としては良くなっていると思います。

ー走りたい区間は9区ということですが、その理由は
正直走りたい区間は復路全般にはなるのですが、9区は特に去年当日変更で外れてしまった区間でもあるので、特に思い入れは強いです。

ー復路を主に走りたい理由は
やはり全日本は前半区間を走ったのですが、自分としては突っ込むことが得意ではなく、どちらかと言えば1人で走ることの方が得意なので、復路でしっかり自分のペースで走りたいと思っているので、復路がいいです。

ー個人の目標は
チーム目標が総合4位なので、個人としては区間5位以内を目標にしています。

ー「ここだけは見てほしい」というようなアピールポイントはありますか
えー(笑)走りを見てくれるなら、本当にそれだけで感謝します。

ー卒業後は陸上を続けられますか
続けないです。一般就職します。

ー本当に箱根がラストなんですね
そうですね。個人で気が向いたら走ろうかなとは思っています。競技としてやるのは最後です。

ー最後の箱根駅伝に向けて意気込みをお願いします
4年間、駅伝でチームに貢献できていないので、最後にしっかり走って、今まで受けた恩とか、同期や後輩への感謝を含めて、チームに勢いづけられるような走りをしたいと思います。

ー最後にファンの方々へ
今まで情けない走りしかできていないのですが、最後こそいい走りして応援してくださる方々へ感謝の想いを伝えたいと思います。

DSC 3945 R

増田蒼馬(ますだ・そうま)

経済学部4年

1997年10月23日生まれ
168センチ・53キロ
出身校:島田(静岡)
1万メートル自己記録:29分30秒01

 

岡原仁志

メンバー入りを受けての心境は
今年はけがもありましたが、無事メンバーに入れて良かったと思います。

ーけがの時期は
6月から9月の間です。結構長引いてしまい、なかなか苦労しましたが、何とか戻って来れたという感じです。

ー全日本では復帰レースとなりましたが、その後の調子はいかがですか
全日本は本調子ではなく、満足のいく走りができませんでした。今は練習も積めて状態も上がってきているので、何とか(箱根に)間に合うかなと思います。

ー富津合宿で行ったことは
調整でしたが中身のつまった練習で、去年と同じぐらい消化できたので、状態はよくなってきていると感じます。

ーこの1年間はけがの時期もありましたが、振り返ってみていかがですか
最初は結構順調で、ハーフと1万で自己ベストを更新できましたが、けがもあり苦労した1年だったと思います。最後に箱根で結果を出して終われたらなと思います。

ー夏場の過ごし方は
走れていなかったので、補強に取り組みました。

ーその時期の経験から得たものは
精神的に鍛えられたのと、走ることではできない補強を行い、違う筋肉を補えられたのは良かったと思います。

ー苦労したことは
やはり心肺機能や足の筋肉は結構落ちてしまい、復帰してから戻すのに苦労しました。

ー出雲、全日本を結果を振り返って
4年生が走れなかったことが敗因だと思っていて、下級生は頑張ってくれていたので、4年生が変わらないといけないなと思いました。

ー下級生の活躍をご覧になっていかがですか
今年は4年生のけがが多かったので、その分下級生が駅伝で頑張ってくれたので、本当に頼もしくなったなと思います。

ー箱根に向けて4年生同士で話し合ったことは
何回も学年ミーティングを行いました。けがが多かったり、なかなか4年生が練習でチームを引っ張ることができなかったので、練習面以外でも4年生がまとまっていくという話をしました。

ーその上で今のチーム状況は
出雲と全日本が終わった後は厳しい状況かなと思ったのですが、今は箱根に向けてチーム一丸になれていると思います。

ー4年目になりご自身の意識面での変化は
今までは、チームのことよりも自分が強くなることを考えていましたが、今は常に全体のことを考えて、チームのためにできることはないかということを考えています。

ー箱根のメンバー発表の際に監督からお話はありましたか
特にはなかったんですけど、状態は上がってきているから頼むぞということを言われました。

ー箱根の希望区間は3区ということですが
前回も3区を走らせていただいて、満足のいく走りはできなかったので、リベンジしたいです。

ーご自身の強みは
他の選手と比べてスピードには自信があります。3区はスピード区間なので、そこで自分の持ち味を出せたらと思います。

ー具体的な目標は
3区で区間一桁では走りたいです。

ーそのために必要なことは
前回は後半の10㌔で失速してしまったので、そうならないようにしっかりレースプランを立てることが大事かなと思います。

ー他大学で対戦したい選手は
特にはいないです。前回の自分のタイムを超えていければと思います。

ー4年生として迎える箱根はこれまでと何か違いますか
今までは失敗しても次がありましたが、今回は最後なので、やはり結果を残して終わりたいと思います。

ー昨年の箱根経験者が多く卒業されましたが、その中でどのようにチームを勢い付けたいですか
坂東(悠汰)さんや大畑(和真)さんが抜けてしまった穴は大きいと思いますし、今年も佐藤敏也がいなくてチーム状況は結構厳しいと思いますが、全員が100%以上の力を出せば補えると思うので、自分も昨年以上の走りをして貢献したいと思います。

ー総合4位を目指すにあたって意識する大学は
帝京大や国学大、駒大あたりのどこかを崩さないと4番には入れないと思うので、その辺りの大学を意識しています。

ー法大のキーマンは
1年生の河田ですね。1年生から主要区間を走らせて苦労させてしまいましたが、1年目であそこまで走れる人はなかなかいないので、頑張ってほしいです。

ー箱根に向けて意気込みをお願いします
今まで青木に助けられていた部分とかが大きいので、自分みたいな立ち位置の選手がしっかり区間一桁で走って、チーム目標である総合4位を達成できるようにしていきたいです。

ー最後にファンの方々へ一言お願いします
全日本は失速して迷惑をかけてしまいましたが、最後は結果を出すので、応援のほどよろしくお願いします。

DSC 4008 R

岡原仁志(おかはら・ひとし)
経済学部4年
1997年11月15日生まれ
178センチ・60キロ
出身校:広島国際学院(広島)
1万メートル自己記録:29分09秒16

 

佐々木虎一朗

ーエントリーされて現在の心境は
やはり4年目で初めて、かつ集大成ということで自分自身の走りや持ち味をしっかり出せたらいいかなと思っています。

これまで出場した三大駅伝は2年前の出雲駅伝、チームは途中棄権で佐々木選手は白襷で走りました。当時の心境は
正直あまりよろしくはなかったですね(笑)前の走者までいい流れできていたのはきていたのですが、途中棄権してしまったということもあって、自分自身の走りをしようと思っていました。監督からもギリギリの指示もなくて、自分自身の判断でスタートする形になったので、最低限の走りはして、区間順位だけは出るので、10位あたりを目指して走りました。

ー今回の箱根を走れば、それ以来になります。当時と比べて成長した点は
意識というのが大きくて、流れという部分を繋いできたりだとか、練習の面でも、自分自身が引っ張らないとチームというのはついてこないので、そういった部分はしっかりしようと思うようになりました。

ーこの1年間を振り返って
出雲、全日本に関しては状態があまり良くなくて、出場することはできなかったのですが、現段階に関しては少しずつ右肩上がりの部分もあるので、箱根駅伝にしっかり合わせていきたいと思います。

ー状態がよくなかったとは具体的には
大きな怪我はないのですが、調子の悪さというのは大きく影響して、夏以来いまいち走れていなかったかなという感じです。

ーそれを踏まえて富津合宿はいかがでしたか
富津合宿に関しては自分の中ではいい感じに消化できたのかなと思っています。やっぱり、強めの練習以外でも、ジョグなのですが、いいテンポでできていたので状態は結構上がっているのかなと思います。

ーその中で見つかった良かった点や今後の課題を教えてください
良かった点は調子が上がったということですね。今までは力んで走っている部分があったのですが、吹っ切れたというか気楽に走れるようになりました。課題としては自分自身少し浮き沈みがあるかなと思うので、ここから箱根まで3週間ほどなので、1日1日体調を確認しながら生活したいなと思っています。

ーチームの雰囲気は
自分の中では結構いい雰囲気なのかなと思っています。夏場はいまいちだったのですが、駅伝を積み重ねていくことによって一体感だったり、富津合宿で、例年よりもいいペースでできていたので、チームの状況、雰囲気としてもいいのかなと思います。

ー今大会、佐々木選手の役割はどのようにお考えですか
自分自身あまり欲を出しすぎると走れない部分があるので、自分の任された役割をしっかり果たして、走れなかった人の分まで自分自身の走りで恩返しだったりをできたらいいなと思います。

ーラストイヤーの箱根駅伝、手応えは
自分の中で結構あるかなと思っています。

ー走りたい区間は
復路だったらどこでもいいです。復路は自分自身全部対応できるかなと思っています。往路だと自分自身スピードがあまりないので、じっくりペースを刻める復路なのかなと思います。

ー増田蒼馬選手も同じことを言っていました
往路は結構花形なので、ある程度スピードある人は往路に固まるんですけど(笑)増田選手には往路走ってほしいなと思いますね(笑)

ー個人としての目標をお願いします
まずは、堅実な走りをするということ。自分自身任された区間を全うして、4年生の集大成として、そして来年再来年の後輩たちに向けても自分の走りをしていきたいと思います。

ー「ここだけは見てほしい」というような佐々木選手のアピールポイントは
きつくなってから、ガッツのある走りができるのではないかと自分の中では思っていますので、そういった気迫あふれる走りを見てほしいなと思っています。

ー卒業後は陸上は続けられますか
実業団などでは続けない形で、普通に就職します。今回が人生で最後の大会かもしれないです。

ー最後の箱根駅伝に向けて意気込みをお願いします
自分自身陸上人生最後だったり、4年目最後の箱根駅伝ということもあって、自分の人生としても箱根駅伝に出るのも一つの目標ではあったので、最後に大輪の花を咲かせられるように、ここ3週間だったり、箱根駅伝ではしっかり走ってきたいなと思います。

ーファンに向けて一言
気迫あふれる走りを見てください。応援よろしくお願いします。

DSC 4026 R

佐々木虎一朗(ささき・こいちろう)
スポーツ健康学部4年
1997年4月7日生まれ
169センチ・52キロ
出身校:東北(宮城)
1万メートル自己記録:29分29秒87

松澤拓弥

―メンバー入りした今の心境は
夏合宿の中盤で故障してしまっていてそれでメンバー入れるか不安だったんですけど、復帰して入ることができて安心しています。

―故障していた期間にやっていたこと
いろんな病院に行ったりしたのですが、原因がわからなくてその治療方法もわからないという感じだったので、とりあえず心肺機能などを落とさないようにバイクとかプールとかをやって体力を維持するようにしてきました。

―富津合宿を終えて
昨年よりも状態は良いかなという感じなので、走るとなっても問題なくいけると思います。

―昨年より状態が良い部分とは
昨年は結構疲労でいっぱいいっぱいになってしまっていたのですが、今年は故障して休んでいた時期もあったということで疲労も抜けていて、なおかつ動きも良いということなので昨年より良い状態なのかなと思います。

―昨年は箱根出走となりませんでしたが、この1年を振り返って
昨年は出れなかったっていうのは自分の中で本当に悔しい出来事で、今年は箱根に出るために本当に頑張ってきてあと一歩というところなので最後まで頑張りたいと思います。

―希望区間が9区、10区とのことですが理由は
やはり長い区間になりますし、9区、10区っていうのは1人で走る場合がかなり多くなってきて、その長い距離を1人で走れる安定感っていうのが重要だと思うんですけど、やっぱり自分の売りっていうのは安定感にあると思いますし、そこを4年生がしっかりとまとめることによってチームとしても良い方向にいくんじゃないかなと思ったので9区、10区で仕事ができればいいなと思っています。

―坪田監督から何かお話などは
故障してしまったことが一番なんですけど、「焦らずにやっていけばいいよ」っていうことを言っていただきました。富津合宿に入る前はあまりまだ体力とかが戻ってきていない状態だったんですけれど、焦らずにやることによって少しずつ状態を上げてこられたので、今この16人に入ったのは坪田さんのおかげなのかなと思います。

―4年生になってから成長したと感じる部分は
後輩のことを気にかけることが増えたというか、3年生の時とかはあまり後輩とか気にせずに自分のことだけやっていればいいっていう感じだったんですけど、4年生になってチームをまとめる立場ということで後輩の状態についてだとか、ベストを出したらどこが良かったんだろうって話し合ったりとかっていうことはするように心がけていました。

―後輩を気にかけていたとのことですが、期待する選手などは
16人のメンバーに入っているんですけど、3年生の須藤っていう選手です。寮外生で昨年まではそんなに力がある選手って訳じゃなかったんですけど、今年に入って練習を多くこなしてきたというか、上に食らいついていく走りを見せてくれて一気に力も付いてきたので、注目していただければ良いなと思います。

―チームをまとめる立場ということで、他に最高学年として今までと違うところは
上級生がいないっていうことが大きくて、今までは自分たちがうまくできていなくても上級生がなんとかしてくれるだろうっていうのがあったんですけど、自分たちで全部やらないといけないっていうことで不安とかは結構ありました。

―現在のチーム状況は
富津合宿を終えて最後のポイントのきつい練習があったんですけれど、それが例年以上の出来で全員ができていて、チームの状況としてはかなり良いのかなと思います。

―4年生のミーティングの中で話したこと
4年生ということで自覚を持たなきゃいけないっていうことで、当たり前のことを当たり前にしていくっていうことは一番に出たんですけれど、やっぱり勝負に関することとか、駅伝当日とか頑張るのは当たり前なので、どういったところで他のチームと差をつけられるかっていうところで普段の生活であったりとか、そういったところをどんどん詰めていくために、まずは4年生が手本になれるようにしていこうという話をしました。

―書いていただきました色紙に『克己』という言葉を選んだ理由は
高校の頃の校訓というか、チームの指標みたいなものが『克己』という言葉で、高校の頃の監督にはかなりお世話になりましたし、原点を振り返ることによって力を出せるんじゃないかなと思ったのでその言葉を選びました。

―チーム目標が『総合4位』とのことですが、その中でのご自身の役割とは
9区、10区というところで自分が区間5位以内の走りをすることができれば、なんとかチーム目標『総合4位』っていうところにいけるんじゃないかなって思っています。

―試合前のルーティン『余計なことをしない』とは
試合前になったからストレッチを多めにやったりだとかお風呂に長く入ったりだとか、例えば何かを食べたりとかそういうことをせずに普段の生活と変わらないことをして変わらない状態でいくっていうのが自分の中の決め事というか試合前のルーティンです。

―箱根駅伝へ向けての意気込み
4年生っていうことで大学としても最後ですし、自分はこれから競技を続けるわけでもないので、8年か9年位続けてきた陸上競技生活も最後となるので、そこで学んだことっていうのを全部出し切れるような走りができたらいいなって思っています。

―ファンの皆さまへ一言
いろんな方の支えがあってこそできる駅伝だと思っていて、そういったところでチーム全員で恩返しができればいいなって思っているので、ぜひ応援していただければ嬉しいです。

DSC 4018 R

松澤拓弥(まつざわ・たくや)
社会学部4年
1997年9月7日生まれ
173センチ・53キロ
出身校:中京(愛知)
1万メートル自己記録:29分50秒06

フォトギャラリー

  • DSC 3945 R
  • DSC 4008 R
  • DSC 4026 R
  • DSC 4018 R
 

 

 
 
 
 
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

202002173

 

 

定期購読の申込み