陸上
 

【陸上】総合18位...他校との厚い壁 全日本駅伝予選会

2010/06/27
全日本大学駅伝予選会

6月27日、東京・国立競技場において第42回全日本大学駅伝競走対校選手権大会の関東学連選考会が行われた。小雨が降り熱帯のような暑さの中それぞれが必死の走りを見せるも、東海大など強豪との力の差は大きく総合は18位。強豪以外にも確実に勢いをつけている他校との距離を痛感したレースとなった。

キャプテンも語るように、これからの合宿などでどれくらいチーム全体の強化ができるかが鍵となりそうだ。箱根予選会まであとわずか。しかし彼らならきっとチームを変えることができるはず。法政の底力を信じて応援し続けたい。

20100627-01
<1組目>皆川雄太

試合結果

全日本大学駅伝予選会成績(丸数字は学年)

出場組選手名順位記録
1組 皆川雄太③ 38位 32分19秒93

賀上弘基②

40位 32分56秒69
2組 山本洋輔④ 23位 31分36秒17
田井慎一郎① 38位 32分36秒14
3組 鍵谷亮③ 35位 31分46秒32
品田潤之② 37位 31分58秒82
4組 清谷匠④ 31位 30分52秒51
末山貴文③ 18位 30分11秒72
総合成績18位4時間14分18秒58

監督・選手のコメント

清谷選手

―今日のレースを振り返っていかがでしたか
最初いきすぎてしまいました。全体的に全然だめでした。

―今日のレース前の調子はいかがでしたか
あまりよくなかったです。練習も積めていなかったです。

―長距離陣全体の調子はいかがですか
雰囲気が良くないです。その責任は僕にあると思います。
雰囲気が良くないのが結果にでしまっているのでそこを直していきたいです。

―この夏に取り組んでいく課題はありますか?
一人ひとりが意識を変えていきたいです。合宿もあるので走りこんでいきたいです。
一人ひとりが駅伝に出るという気持ちを持っていかなければいけないです。

成田監督

―今日のレースを振り返っていかがでしたか
ひどいと言うしかない。ひどくてもいいが、まったく我慢してない。離されたら離されっぱなし。我慢したのは山本、末山の二人ぐらい。頑張るところがないとこういう結果になってしまう。

―一年生の走りについてはいかがでしたか
力がない。あそこまで悪いとびっくり。まだ本当の自力が付いてない。夏どこまで鍛えられるか。体力が全然ない。

―近藤選手の欠場について
練習できるようにはなったが、故障気味で練習していたもので、結果も出ないし、そういうことならいっそ治していまおうと。それで出しませんでした。

―この夏に取り組んでいく課題はありますか?
抵抗力があるチームにしていかなければいけない。そこらへんを精神的にどう鍛えていくかでしょうね。

 

フォトギャラリー

  • 20100627-01<1組目>皆川雄太
  • 20100627-02<1組目>賀上弘基
  • 20100627-03<2組目>山本洋輔
  • 20100627-04<2組目>田井慎一郎
  • 20100627-05<3組目>鍵谷亮
  • 20100627-06<3組目>品田潤之
  • 20100627-07<4組目>清谷匠
  • 20100627-08<4組目>末山貴文
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み