陸上
 

【陸上】男子200m優勝 小林雄一選手インタビュー

「優勝は狙ってました。」
インカレ男子200m決勝で、見事優勝を飾った小林選手への特別インタビュー。

関東インカレでは決勝に進んだものの足の怪我で悔しい結果となった小林。今回は追い風の後押しもあり自己記録を大きく更新した。このレースでは世界ジュニア200mで金メダルに輝いた中大の飯塚翔太もエントリーしており強豪揃いであったが、スタート後勢いよく加速するとそのまま一気にゴール。圧巻の走りで見事優勝に輝いた。

1

試合結果

男子200m個人成績

順位選手氏名

大学

タイム
1 小林 雄一 法大 20.52
2 飯塚 翔太 中大 20.7
3 高瀬  慧 順大 20.74
4 秋元 延大 順大 20.85
5 堀江新太郎 立命大 21.06
6 川村 卓也 順大 21.07
7 河合 元紀 中大 21.1
  川面 聡太 中大 失格

―優勝おめでとうございます。この結果については
ありがとうございます。追い風参考ですが、優勝狙っていたので良かったです。

―20秒52というタイムについては
世界標準A突破だったので自信になりました。追い風ですが大満足です。

―法大のトラック競技では久しぶりの優勝でしたが
金丸さんが卒業してから低迷していたので、それを打破できて嬉しいです。

―決勝前の心境は
準決勝がいい形で終われたので、そのイメージをもったままとは思っていましたが
まあ何も考えず無心でした。

―予選、準決勝はどのようなレース展開にしようと考えていましたか
予選はアップ不足で後味の悪いレースになりました。準決では予選で悪かったところを修正して持ち味を生かせたので良かったです。

―苅部監督が昨日、スタートを調整するといっていましたが
アップの段階で監督に見てもらって、修正してしっかり加速出来ました。

―それ以外に何か指示はあったのですか
リラックスして走れと

―5月の関東インカレの時に足を怪我していましたが、足の調子は
ちょっと気になりますが、夏季の間に回復はしていたので、不安はありましたが勝ちたいという気持ちが強かったです。

―夏はどのようなことを重点的に取り組みましたか
怪我をして走れなかったので、スピードを落とさずに長い距離をこなしました。

―次のレースはいつに?
大きいレースは今年はこれが最後で、次の来年の日本選手権になるので、しっかりトレーニングをして調整していきたいです。

 

フォトギャラリー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み