陸上
 

【陸上】箱根駅伝直前特集~古豪復活を担う者達~第4回 4年生インタビュー

2012年11月25日
場所:法政大学多摩キャンパス

第4回はチームの「柱」となる4年生。前回大会に学連選抜のメンバーとして走った篠原義裕をはじめ、4選手がエントリー。彼らには走りの面ではもちろん、精神面でも下級生を支えていくことが求められる。

201211231 R
壮行会に参加する陸上部4年。左から篠原、大久保、大森。

「有終の美」飾れるか

「シード権獲得」の目標を掲げる法大。だが、ほぼ全員が初めて箱根路を走ることになる。その中で最も注目すべき選手は、前回大会学連選抜として経験を積んだのが篠原である。最終区である10区を任されたものの、実力を発揮できず個人区間順位は最下位に終わった前回の悔しさを今大会で晴らしてほしい。

篠原のほかに、法大として最後に出場した3年前に当時1年生でチームエントリーを果たした大森一輝、品田潤之、さらに浪人・一般入試を乗り越え唯一理工学部に所属している大久保圭がエントリー。

 箱根路を走るのはもちろん、法大のユニフォームを着て走るのも最後となる今大会。最上級生としてチームを支え、引っ張っていくことが求められる。しかし、それ以上に各選手が悔いの残らないレースを見せ、有終の美を飾ってほしい。

選手コメント

品田選手

—陸上を始めたきっかけは
小学校の先生に誘われて、たまたま始めたのがきっかけです。

—陸上を続けるうえで目標にしてきたことは
もちろん箱根というのは大きな目標だったんですけど、そのときそのときでずっと目の前にある課題を乗り越えるという感じでやってきました。

—今の調子は
いつも通りですね。別に何か問題もないです。

—今はどんな練習を
箱根を意識して、怪我をしないように、つなげていく練習をやっています。

—本選に向けての意気込みを
四年生で、箱根を走るのは最後のチャンスなので、いつも通りの力を出していけるように頑張りたいです。

◎プロフィール
品田潤之(経4=須磨学園)
兵庫県出身/身長167cm/体重53Kg
5000m=14分32秒05/10000m=29分44秒54/予選会1時間1分39秒
レース終盤でも表情を崩さない抜群の安定・安心感。

 

篠原選手

ー箱根の本選出場が決まって約1か月経つが、心境の変化は
最初はなかったんですけど、取材とかメディアが入ってきだしてから実感がわいて来たり、雰囲気的にも最近チームのみんなが箱根をしっかり意識してきて、いよいよ始まる、というのはあります。

―メディアからの取材というのはプレッシャーになるか
プレッシャーにはならないですけど、自分が発言したことにはしっかり責任をもっていかないといけないというのは感じます。

―シード権獲得という目標に向けて必要なポイント
やっぱり一人一人がしっかり走ってもらいたいんですけど、走る10人だけではなくて補欠に回ったメンバーだったり補助の人達一人ひとりひとりが、しっかり箱根駅伝でシードを獲るという目標に向かっていかないと、今のチーム状況では実現できないと思うので、しっかり残り少ない期間ですけど、心ひとつにしていきたいです。

―箱根の経験者として何か特別な意識はあるか
田子がチームから離れていて経験者は実質ひとりだと思ってるんですけど、前回の箱根では良い走りができなかったんですけど、その中でも得るものがあったのでしっかりそれを伝えていって、自分がした失敗を他の選手がしないようにできればいいと思います。

―箱根の経験者が少ない中で臨むことになるが、その中でどのようなことが必要になるか
経験がないといっても予選会であったり試合に出ているので、他の大学も出てるメンバーはそんなに変わらないと思うので、経験はしていないんですけどある意味挑戦的なかたちで挑めるというのは大きいと思うので、固くならずにほかの大学にくらいついていくぐらいの気持ちでやっていければ、おのずと結果はついてくると思います。

―これからの練習について
今週と先週試合に出てる人が多かったんですけど、来週合宿があってそこで一度追い込んで、もう一度追い込んで、あとは調整になっていくので来週が重要な練習になってくると思うので、全員がまとまってできればいいと思います。

―自身の箱根駅伝に対するイメージ
やっぱり個人としてはチームで走るのは最初で最後なので、本当にこういうメディアの取材を受けたり、広い道路を走ったりっていうことをする大会も多くないので、陸上人生においても箱根を走ったというのは大きな自信になったと思います。

―陸上を始めたのはいつか
中学校の時に始めたんですけど、元々小さいころから走るのが好きで、友達が陸上を始めて自分も興味を持ったのがきっかけです。

―箱根駅伝に出場したいと思うようになったのはいつか
箱根駅伝に出たいと思ったのは、やっぱり大学1年の時に法政大学としては出たんですけど僕はメンバーに入れなくて、メンバーの走っている姿を間近で見て自分も出たいと思うようになりました。高校のときは高校駅伝という高校の中で1番大きな大会しか考えてなくて、大学というものをあまり意識せずに生活してきたので、大学に入ってからです。

―箱根駅伝ファンにどのような走りを見てもらいたいか
やっぱり法政大学の襷が箱根に帰ってくるのも3年ぶりっていうのもあって、世間にアピールというのもありますけど、自分自身も最後に元気な姿とかを知り合いとかお世話になった方とかに見てもらいたいので、しっかり頑張っていきたいと思います。

◎プロフィール
篠原義裕(現4=西京)
山口県出身/身長170cm/体重52Kg
5000m=14分28秒98/10000m=29分13秒59/予選会1時間1分23秒
エントリー選手で唯一の箱根経験者。チームを支える。

 

大久保選手

―本戦が近づいた現在は
10000m記録会でもセカンドベストを出すことができて、勝つ自信がついたかなと思います。

ー陸上を始めたきっかけ
中学校の運動会で、味をしめたことですかね。陸上部に勝つという壮大な目標があって、クラスの友達には卓球部の奴には無理だよと言われていたんですが、結局ギリギリまで競ることができて、負けたんですが彼に勝ちたいという思いからあれよあれよといううちにここまで来てしまいました。

ー箱根への憧れは
浪人中に勉強をサボって箱根を見に行ったときに、たまたま法政の先輩と話す機会があって。浪人でも力なくても、法政ならがんばれるよと勧めてくれて。それで本格的に目指しました。勉強サボってなかったらここにはいないですね。運命的な出会いでした。

―憧れの選手は
僕が1年の時のキャプテンの福島選手です。

ー長距離の好きなところ
頑張れば記録に結びつくところですかね。頑張った分だけタイムも伸びるので分かりやすいです。あとは、30分なり28分の間に何が起こるかわからないところです。

―チームにはどのように貢献していきたいですか
4年生でラストですし、いぶし銀じゃないけど、まとめられる走り、安定感のある走りができればなと思います。

ー箱根で注目してほしい点
理工学部にもこんな奴がいるんだよってことを知ってほしいです。

◎プロフィール
大久保圭(理工4=七里ガ浜)
大阪府出身/身長171cm/体重50Kg
5000m=----/10000m=30分22秒65/予選会1時間5分21秒
理工学部出身のいぶし銀ランナー。

大森選手

―陸上を始めたきっかけは
始めたのは中学校くらいです。もともと運動は好きじゃなかったんですが、親が昔陸上をやっていて、そのときの顧問の先生が自分の入った学校の校長先生になっていて。たまたまなんですけど。それで誘っていただいて、陸上部に入りました。

―陸上をやっている上で目標にしていたことは
その都度、目指しているものが違いましたね。中学のときはあまり強い学校ではなかったんですけど、高校では強豪校と言われるところに入ったので全国大会を目指していましたし、大学では箱根を目指してやってきました。

―陸上をやっていて一番嬉しかったことは
特に高校で、全国大会で7位に入れたことは嬉しかったです。そのおかげで大学にも推薦で入ることができましたし。

―箱根を走るとしたら、どう走るかイメージはできているか
走るとしたら区間は分かりませんが、復路を走れればいいなとは思っています。あまり勢いの無い選手なので。冷静につないでペースを大事にした走りができたらいいな、と。

―本選へ向けての意気込みを
走る可能性はそんなにはないと思います。正直、今のメンバーの12人はみんな力がありますから。もし予選会でしっかり走っていられれば変わっていたのかもしれませんが…。でも、チームとして、上の10人だけでは戦えないですし、補欠のメンバーでも、何かがあったときには自分の力を発揮できないといけないので、自分が率先してそういう姿勢を見せていけたらな、と。それに、下の方の選手が食い込むぞという気持ちでやっていれば、なんというか、上の選手たちも刺激になるというか、チームとして押し上げられていくと思うので、頑張っていきたいですね。

◎プロフィール
大森一輝(経4=那須拓陽)
栃木県出身/身長173cm/体重58Kg
5000m=----/10000m=30分05秒64/20km=1時間02分10秒
予選会には出場していないが、本戦出場も大いにありえる

 

フォトギャラリー

  • 201211231 R壮行会に参加する陸上部4年。左から篠原、大久保、大森。
  • 201211232 R品田選手
  • 201211233 R篠原選手、大久保選手
  • 201211234 R大森選手
  • 201211235 R予選会を通過し安堵した表情を見せる
  • 201211236 R全身で喜びを表現する篠原
  • 201211237 R後輩と抱き合う大久保
  • 201211238 R予選会で男泣きする大久保を囲むメンバー
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み