陸上
 

【陸上】関東インカレ(第90回関東大学陸上競技対校選手権大会) 2日目

2011/05/15
関東インカレ 

大会2日目。初夏には暑すぎる日差しの中、選手たちはそれに負けない程の熱い闘いを繰り広げた。110mHの矢澤が接戦の末、見事準優勝を果たす。女子三段跳の坂本もまだ始めて1年程の三段跳で準優勝!同じく三段跳・戸谷は残念ながら7位で終える。また予選のマイル、3000mSCの末山田子は順調に決勝へと駒を進め、2週目へと繋いだ。

1
110mH矢澤選手 準優勝

試合結果

 個人性成績(丸数字は学年)

種目成績選手名記録
 男子100m準決勝  DNS 小林雄一④  -
 男子110mH決勝  2位 矢澤航② 14秒22
男子3000mSC予選  1組3着 田子祐輝② 9分08秒39
 2組2着 末山貴文④ 9分02秒27
2組7着 森永貴幸①  9分17秒57
 男子4×400mR予選 1組3着  吉岡-前野-野田-岸本 3分10秒26
 女子三段跳決勝 2位  坂本絵梨② 12m69
男子三段跳決勝 7位 戸谷隼人④ 15m33
 19位 松原聖一③ 14m13

コメント

苅部監督

ーまず矢澤選手の2位という結果についてはどうでしょうか
向かい風だったのでタイムはしょうがない。そんな中勝負して2位は妥当ですね。
優勝した選手が強いので2位は入れれば十分ですね。今の実力を考えるとよくやったと思います。
もしかしたら3、4位になってもおかしくないレースだったのでよくやったと思います。

ー女子三段跳の坂本選手については
最後越されて悔しかったですね。残念です。でも12m60台を3回跳んでいるので、よかったです。
まだ始めて1年なので、着地も下手だし、助走のスピードも遅いですしね。
勝って欲しかったという気持ちもありますけど、こんなレベルかと思うより、
簡単には勝てないということを知ることができて良かったと思います。

ー優勝した選手は1位の選手は12m86で最後の最後で超されてしまいましたが
13mを持っている選手なのでしょうがないですね。

ー同じ三段跳で戸谷選手は7位という結果に終わりましたが
もうちょっといけたかな。レベルの高い試合だったのでね。うーん、4、5番はいけたらよかったですね。

ー来週には幅跳びがありますが、戸谷選手は幅の方が得意なのでしょうか
そうですね、幅のほうが得意ですね。

ーマイルリレーについてですが、走順などはあれでほぼ確定なのでしょうか
全然決まってないですよ。まあアンカーの岸本は確定ですがね。

ー2走の野田選手はまだ1年生で400mも出ていましたが
よくないですね。400もベストより1秒遅かったので。
でもしっかりとリレーとしては役目、役割を果たしていましたね。

ー来週は400mHの岸本選手はやはり優勝狙いですよね。
400mHは確定ですね。転ばなければ優勝ですね。

ー4継(4×100mR)もありますが、何位狙いでしょうか
うーん一応3番を狙っているのですがね。中大、慶大、早大、法大が勝負ですね。
バトンがうまくいけば2位ですかね。でもやっぱり中大は抜けていますね。
100でも3人が決勝入ってましたからね。狙えるところで2、3番ですね。
来週は200小林もいますし。

ーあっ、そうですよね。調子はどうですか
いいですよ。

ー足の方がちょっと・・・
足に不安がわずかにありますがね。今日の100は我慢させました。
でも出ていれば勝ってもおかしくなかったですね。

ー来週の200は優勝でしょうか
うーんレベルが高いですからね。
実力で言えば中大の飯塚と慶応の山縣がいますね。
飯塚は200にかけていますし、山縣は今日の100で2位ですしね。
優勝したいですけど、実力が変わらないのでね。頑張ります。

成田監督

ー今日の総括をお願いします
今日はまあ予選だけなので。まあ順調です。

―個々については
心配していた末山がなんとか通ってくれたんでよかったです。
田子はがっちがちに緊張していたので、どうにか予選通過してくれてよかったで
す。
森永はちょっと力不足ですが…途中こけちゃったので、あれがなければもしかし
たらもう少しよかったかもしれないですね。

岸本選手(4×400mR・4走 1組3着)

ーリレーに関して全体的にみていかがでしたか
雰囲気も良く、みんなも走れていたので新しいチームにしては良いのではないかと思います。
 
ー個人的にはいかがでしたか
同じアンカーで前に日本で二番目位に早い人がいたので、上手く付いていけてよかったと思います。
 
順位やタイムについては満足していますか
今のところ予選なので、予選としては満足できるんじゃないのかと思います。
 
ー六大戦からリレーに関して何か特別な事はしてきたのですか
リレーに関しては何もしてないですね。
 
ー決勝ではどのような点が勝敗を分けると思いますか
1走が今日走り切れてなかったので、たぶん決勝ではもっとやってくれるのではないでしょうか。2走、3走は問題なくいつも通りの力を出してくれれば良いと思いますね。

展望

第1週目を終え、既に110mH矢澤、女子三段跳坂本が準優勝と表彰台に立っている。他、1500m皆川4位入賞と長距離陣もいい流れがつくれている。大会2週目は主将・小林が200mで、岸本が400mHでそれぞれ表彰台の頂を目指す!跳躍では三段跳に出場した戸谷が得意な走幅跳で挽回できるか。同じく走幅跳に出場する坂本にも期待!長距離陣は3000mSCで末山田子のダブル入賞以上に期待!最終日には注目のルーキー西池が5000mに出場。大学初レースはいかに!?さらにハーフマラソンには鍵谷品田田井が国立競技場神宮外苑を駆け抜ける。入賞を狙う!そして、4×100mR4×400mRは表彰台へ!!法大のバトンリレーに望みをかける!ぜひ国立へ足を運んで、大会2週目(21日・22日)法大の表彰台ラッシュを観てください。
                                          (白沢由紀)

 

フォトギャラリー

  • 1110mH矢澤選手 準優勝
  • 2女子三段跳坂本選手 準優勝
  • 33000mSC末山選手 予選通過
  • 43000mSC田子選手 予選通過
  • 53000mSC森永選手
  • 6三段跳戸谷選手 7位
  • 7三段跳松原選手
  • 8 Rマイル岸本アンカー 予選通過
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み