陸上
 

【陸上】箱根駅伝直前特集~古豪復活を担う者達~第1回 1年生インタビュー

2012年11月25日(土)
場所:法政大学多摩キャンパス

箱根駅伝まであとわずか!3年ぶりに本戦復帰を果たした法大が2013年のお正月を盛り上げます!当日をより楽しむために、全6回の「箱根駅伝直前特集」をお送りします。第1回は1年生エントリーメンバーのインタビュー。フレッシュな走りに期待です!

201211201 R
藤井選手

 まだまだ未知数の可能性を秘めているのがこの学年だ。高校時代、都大路で4区2位の実力者・藤井孝之をはじめとし、全日本予選、箱根予選共に出場した中村涼、予選会後にBチームからAチームに合流した有井渉、そして佐藤和仁という面々がエントリーされた。1年生ながら4人も本戦に選出されたところに指導陣の1年生への期待が垣間見える。
 入学後未だ目立った成績こそ出していないが、着実に力をつけてきている。今後どこまで伸びるか非常に楽しみなメンバーだ。もちろん、本戦当日に出場するチャンスも十分にある。1年生は力が拮抗しているため、誰が選ばれるかは当日のお楽しみ。下級生のフレッシュな勢いで、法大に新風を送り込め!

インタビュー

※取材は11月25日に行ったものです。
佐藤選手は諸事情により取材ができませんでした。

有井選手

—現在の調子は
まあまあできている感じです。

—どんな練習をしているか
予選会に出ていないので、Bチームで練習をしています。ハーフマラソンに向けて練習をしていました。来週からAチーム(予選会出場組)に合流して練習します。

—強み、得意なところは
長い距離に対応する力があると思います。5000mより10000mが得意です。ハーフマラソンは1回だけですが、ハーフの方がいい記録で走っています。

—課題にしているところは
筋力がないところです。レース展開がきつくなってくると20kmでは粘れないので、そこが課題です。

—陸上をはじめたのはいつからか
高校1年のとき、部活として入りました。

—陸上の好きなところは
気分の良し悪しで走る感覚が違うところです。気分が良いときは気持ち良く走れます。

—箱根駅伝に出たいと思ったのはいつからか
大学に入るということが決まってからです。箱根に出ている有名な選手と戦いたいと思いました。

—法政を選んだ理由は
高校の先輩でもあった田井さんがきっかけです。高校の時から田井さんに走りについて教えてもらっていました。
また、西池さんも尊敬する先輩だからです。

—箱根出場が決まった時の気持ちは
チームとしても予選会の通過が目標だったのでうれしい反面、自分も予選会を走りたかったという気持ちでした。

—箱根駅伝、走るとしたら何区がいいか
まだ力不足ですが、いずれは1区を走りたいです。高校2年の時からずっと1区で、1区はレースの流れをつくることに加え、集団で走ることができるからです。集団で走るのは得意ですが、2区以降のことを考えながら走らなければならないとも思います。

—箱根駅伝への意気込みは
とにかく、任された区間を走るだけです。走るとしたら自分のできる仕事をしたいです。

◎プロフィール
有井 渉(社1=八千代松陰)
千葉県出身/身長176cm/体重56kg
5000m=14分39秒38/ハーフ=1時間05分46秒
1994年生まれは、チーム内最年少でのエントリーとなった

藤井選手

—予選会を振り返って
設定タイムは一番遅かったので、おじけずかずに落ちついて走ることができました。結果はよかったです。

—課題はありましたか
ひたすらついて、同じチームの先輩についていくだけでしたが、思ったよりうまくいかなかったです。給水をうまくとることもできませんでした。水をこぼしてしまって。コップに残ったほんの少しだけしかとれませんでした。あとは、後半もっと粘れるようになることです。昭和記念公園に入った12〜3kmから苦しくなってきました。ラスト5kmが課題です。

—強いところ、得意なところは
トラックは波がありますが、駅伝はわりと走れています。前の選手を追うのが得意です。

—弱いところや、苦手なところは
リズムが安定したペースで走ることです。抑えて淡々と走りたいのですが最初からつっこんでしまいます。つっこんでいって耐えることで自分らしさを出した走りをしたいです。

—箱根駅伝への思いは
小学校前から陸上をしていましたので、年を重ねるごとに夢から目標に変わっていった気がします。

—一番「夢から目標に」変わったと思った時
高校3年で全国高校駅伝に出たことで自信になりました。

—箱根出場が決まって、心境の変化は
今年初めて出させてもらったので、先輩たちへの感謝の気持ちです。先輩の喜んでいる姿を見て、出場を実感しました。

—箱根駅伝で走りたい区間は
任された区間をしっかり走るつもりです。

—箱根駅伝への意気込みを
どこの区間を任されても対応できるようにします。

◎プロフィール
藤井孝之(経1=倉敷)
広島県出身/身長165cm/体重56kg
10000m=30分51秒53/予選会=1時間02分01秒
1年生ながら箱根予選会ではチーム9位と奮闘。今後が楽しみな選手。

中村選手

―本戦まで約40日ですが心境は
まずはメンバーに選ばれて、しっかりと走れるように準備していきたいと思います。

―エントリーの周りは上級生ばかりだと思うが
あまり学年というのは気にしていないので、普通に頑張って力をつけていく感じですね

―プレッシャーは
ないです。

―予選会後体力不足を課題にしていたが
怪我もありましたけど、そのなかでも20kmは走ることができたので、感覚は前よりいいです。

―中村選手が目標にしている方は
あまり固定はしていないですね。その時その時で。

―1年生で予選会を走ったのは中村選手と藤井選手だけだが、二人の関係は
まあ普通ですね(笑)。普通の同い年の選手です。

―他にエントリーされそうな1年生は
そうですね、1年生はほとんど力が一緒なので、まだ誰が入るかというのはその時の調子で変わると思います。誰が入ってもおかしくないです。

―出場したときの個人目標は
希望区間は特にないので、任された区間を自分の力を出しきってしっかり走れるようにしたいです。
意気込みを
とにかく頑張って走りきります。

◎プロフィール
中村 涼(経1=京都外大西)
京都府出身/身長163cm/体重50kg
5000m=14分25秒32/10000m=30分31秒64/1時間3分18秒
シーズンを通して安定した走りを見せ、信頼も厚い期待の星。

佐藤選手

プロフィール
佐藤和仁(スポ1=田村)
福島県出身/身長170cm/体重60kg
5000m=14分20秒75/ハーフ=1時間6分32秒
福島なまりがまだ抜けない。ごはんはたくあんで食べる。
 

フォトギャラリー

  • 201211201 R藤井
  • 201211202 R佐藤
  • 201211203 R中村
  • 201211204 R有位
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み