陸上
 
 

【陸上】世界陸上韓国テグ大会直前特集~400mH・岸本鷹幸~

第13回IAAF世界陸上競技選手権韓国テグ大会
開催期間:2011年8月27日▶9月4日
開催地:大邱(テグ)/大韓民国

 本日27日から世界陸上韓国テグ大会が開幕!!9日間に渡り、夏にふさわしい熱い闘いが繰り広げられる!!法大からは岸本鷹幸(経3)が400mHに、小林雄一(経4)が200mと4×100mRに出場する。さらに法大OBからは金丸祐三(大塚製薬)が400mと4×400mRに出場。法大生・OBが合わせて3名も世界陸上に出場することで、法大ファンにとっても見応えのある大会となるだろう。今回は29日に予選を迎える400mH・岸本を特集。

1
アジア陸上

試合結果

岸本鷹幸400mHの今シーズン主な成績

月日

大会名

成績記録備考
 5月3日  静岡国際  2位  49秒27  世陸A突破
 5月22日  関東インカレ 優勝 50秒09  
6月12日  日本選手権  優勝  49秒28  世陸A突破
 7月8日 アジア陸上  予選2組1着 50秒50 予選通過
7月9日  アジア陸上  - -   失格
8月19日

ユニバーシアード

2位  49秒52  

400mH・岸本鷹幸 世界陸上も「平常心」で挑む!

 1週間程前の8月19日、ユニバーシアードで銀メダルを獲得した岸本鷹幸(経3)が
再び世界の舞台に挑む。男子400mHは予選(29日)・準決勝(30日)・決勝(1日)の日程で行われる。
 岸本は今シーズン49秒27を5月3日の静岡国際で叩き出し、翌月の日本選手権で実業団選手を抑えて優勝。早々に世界陸上日本代表の内定を得た。しかし、日本選手権後に左太ももが肉離れしているということが分かった。その後の7月上旬のアジア選手権でもテーピングを巻いての出場。難なく決勝に駒を進めるも、フライングで失格となり決勝レースを走らずにアジア№1の座はを逃した。だが、ユニバーシアードでは学生№1にはなれなかったものの、
49秒52で見事銀メダルに輝く。ただ、ユニバーシアードでも左太ももにはがっちりテーピングを巻いての出場。これが唯一の不安材料だが、世界陸上をメインに合わせてきているので、良い流れで臨めるだろう。
 岸本の強みは「常に平常心で臨める」ことだと本人も語る。そして目標に準決勝進出を掲げる。世界の舞台でもその強みを生かして緊張することなく、小柄ではあるが、パワフルなハードルを見せつけて欲しい。
 岸本は29日予選、午前11時25分~お見逃しなく。

プロフィール

岸本 鷹幸(きしもと たかゆき)
経済学部3年。1990年5月6日生まれ。
青森県・大湊高校出身。170cm・60㎏
自己ベスト:49秒27

フォトギャラリー

  • 1アジア陸上
  • 2関東インカレ
  • 3日本選手権
  • 4アジア陸上
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み