陸上
 

【陸上】日本インカレ2日目 4×100mR法政記録で5位入賞!

天皇賜盃第80回日本学生陸上競技対校選手権大会
大会日程:2011年9月9日(金)▶9月11日(日)
大会場所:熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
     ハンマー投予選/熊本県民総合運動公園投てき場
 

 大会2日目。この日も最高気温34度を超す猛暑の中、見どころは110mHと400mH、それから100m決勝、4×400mR予選、4×100mR決勝と満載。大会1日目に熱中症で体調を崩した小林雄一(経4)だったが、この日も主将としてエースとして1走を担った。見事、法政記録を更新し5位入賞を果たす。また、110mH矢澤航(社2)と400mH岸本鷹幸(経3)は順調に決勝へと駒を進めた。入賞を狙える走幅跳の戸谷隼人(経4)は振わずベスト8には残れずに終えた。

201109101
4×100mR 5位

試合結果

個人成績(丸数字は学年)(DNS:棄権)

種目成績選手名記録備考
 男子110mH予選 4組3着  矢澤航② 14秒35  予選通過 
5組7着 川口逸人① 15秒02 予選敗退
6組5着  和田純弥③ 14秒45 予選通過
男子200m予選  4組3着

小林靖典②

 21秒44 予選通過 
男子400mH予選  1組1着 岸本鷹幸③ 50秒55  予選通過
 3組2着  前野景②  51秒02  予選敗退
男子110mH準決勝  2組1着 矢澤航② 13秒82 決勝進出
3組6着  和田純弥③  14秒45  準決勝敗退
 男子4×400mR予選 1組4着  藤田-吉岡-野田-岸本 3分08秒37 予選敗退
 男子4×100mR決勝  5位 小林雄-小林靖-冨田-石川   39秒65  法政記録
男子5000m決勝 西池和人① DNS
男子走幅跳決勝 14位 戸谷隼人④ 7m43  

コメント

苅部監督

ー110mH和田選手について
2回走れたことは評価できますね。ぎりぎりインハイ行ける選手だったので。
来年にも期待ですね。

ー矢澤選手のレースについは
まあ、普通ですね。
日本一、ユニバ代表としてプライドがある中できっちり勝って欲しいですね。

ー200m小林靖選手については
うーんよくんかったですね。キレがないです。腰を痛めてしまって、練習が積めていないんですよ。だから、調整だけで臨んでいるので。地力はあるので決勝はいっていて欲しいけど難しいと思いますね。

ー幅跳の戸谷選手については
足があってなかったですね。風のせいもあるけど。
(これが引退試合だったのでしょうか)
うーん。まだ何かしら出るかもしれないけどね。本人も悔しいより情けないと言っていましたし、自分の力を出せないままで終わるような選手ではないので。

ー400mH岸本選手の調子はどうでしょうか
疲れているね。本当は早くシーズン終わらせたいけど、大学1番を決める大会ですしね。

ーマイルが決勝に残れなかったことについては
3走野田が減速してしまって岸本に渡ったので厳しかったですね。残念です。

ーマイルメンバーについては
4年の藤田が400mHで出られないのでマイルシフトさせて徹しさせました。

ー400mH前野選手の走りは
ベストもだしましたし、良いタイムですね。来年の日本インカレ標準も切れましたし。
ハードルをどんどん変えてもっとやっていけばという感じですね。

ー4継惜しかったですね。
小林と話していけるということだったので、リスクはありましたが小林はラストですしね。小林自身、全カレで決勝いったのは初めてですからね。ただ、今回はしっかり法政記録出しましたしね。
(そうですね。)
ただ、中大、中京はもちろん強いですし、慶大も。順大は2人は院生ですしね。4・5番ってところですかね。今の力を出し切っても。ただ、小林は悔しがっていましたね。

ー明日、最終日の見どころは
明日はちょっと寂しいですが、障害3種目で、3発やって欲しいですね。
矢澤・岸本・末山。成田さんの時代にも400mHでけがダメで惜しい時がありましたので。ぜひ見たいですね。

小林雄一選手

―今日のレース振り返って
昨日熱中症で倒れてしまって、その影響はあまりなかったんですけどちょっと心配するとこはあったんで。まあいつもほどおもいっきりはなかったかなって感じですね。

―今日会場入りした際、マスクをしていましたが
最善の策です。笑
ちょっとテグの時からせきが止まらなくて、それもあったのでまあ一応。最後まで万全の体調で望もうかなっていう。

―まだテグの疲れも
あんまり体では感じないんですけど、あったんじゃないかと思います。こういう結果だったので。

―今回200mにはエントリーしてませんが
そうですね、まあ100mで頑張ろうかなっていう気持ちだったんですけど。まあでも出れなかったんで、個人種目は実際なしになっちゃいましたね。

―4継に関してですが、39秒65は法政記録
そうですね、一応法政記録なんですけど、あっさり出ちゃったんで。もうちょっと出るかと思います。

―順位的には悔しいですか
もちろんこれで納得はできないし、やっぱり1走の僕がしっかりペースを作らなければいけない立場だったので…変な話、大きさ違いますけど世界陸上を思い出してしまったっていうか、9番目だったので。

―世界陸上では1走でフライングへのプレッシャーは
それもありましたけど、やっぱり200mでああいう結果だったので、それをどう自分の中で払拭してくかっていうのもあったんですけど…。
あのくらいしなきゃたぶん自分の中で吹っ切ることはできないだろうなって思って。

―タイムはチームベストでしたよね
はい。シーズンベストですね。3、4走で目立ったミスではないんですけどバトンミスがあって、でもその少しのミスで落ちてしまうようではだめだっていうのはみんなで話しましたね。

―リレー前にチームで話し合われたことは
正直な話、決勝進出をみていたわけではないので、普通に走れば(予選は)通るだろうっていうのは話したんですけど…。それが甘かったのかどうかっていうのはわからないんですけど、特に予選でどうこうしようっていうのはなかったですね。しっかり個人で走ろうっていう。

―200mからリレーまで1日ありましたが気持ちの面でどう立て直したんですか
たらればになってしまうんですけど、200mのアップの時点では体は日本選手権の体くらいには戻ってたので自信はあったんですけど、その中でもああいう結果だったんで、みんなは200mだめだったけどリレーよかったからいいんじゃないって言うんですけど、むしろ逆で、リレーが走れたんだったらなんで200mは走れなかったんだっていう。まあ変に言うとリレー終わってから色々考えましたね。200m終わってからは前向きに考えるしかなかったんで。先輩方3人も後押ししてくれましたし、そういう面では前向きに行けたんですけど、まあリレー終わってからですね、そういう自分の弱さを考えたのは。

―会場の雰囲気は
いやもう全然違いますよ!そこらへんまで観客席で。笑
全日本じゃない、やっぱ。でもああいう大会で走れたってことは今までないし、ほんと走っただけになっちゃったんですけど…まあ何かし自分の中で今、試行錯誤してますが影響あったと思うんで、絶好来年にいきてきます。

―個人(200m)の方は後半失速してしまいましたが
そうですね、まあでも本来の自分のレースではなかったってこと…そういうことができないってことはまだ2流3流の選手なんだって思いましたねやっぱ。
女子男子合わせて短距離種目で今回ラウンドに進めなかったのは僕だけなので、そういう弱さが出てしまうのは問題外ですし情けないです。

―ベストな状態と何が違った
1番の原因は試合から離れていたので、試合感がなかったっていうのは言い訳になってしまうんですけど…。あとは前の組にボルト選手が来てるのを見て、ちょっと気負いしてしまったっていうのはありましたね。自分の中での試合での色んなルーティーンがそこで崩されてしまったので、やはりその時点でもう負けは確定していましたね。

―世界で得たものは
得るものも多ければ失うものも多かったんですけど。笑
もう根本的に体が弱いっていうのはありましたね。今回100m優勝したブレイク選手が二日前に9秒8台で走ってるので、1本や2本走ってる自分がもうこの大会で疲労があるとかそんなこと言ってるようではいけないと思いましたね。
根本的に体をつくっていかないといけないと感じました。

―監督からはなんと
まあ色々ありました。笑
きついこともあれば慰めもあって。このままじゃだめだっていうのはしっかり一致したんで、これから練習してまあ来年どうするか…。

―まだ競技は続けられますよね
はい、もちろん。

―まだ日本選手権リレーがありますが
またさらに法政記録を更新していい形で終われたらなと思います。

戸谷隼人選手

ー今日を振り返って
一番最後に一番やってはいけない失敗をしてしまったなというのが正直な感想です。

ー今日の7m43という記録についてはいかがですか
あまり良くはないですね。去年のレベルであれば入賞はできたんですけど、周りもレベルが高かったですし、条件も良かったのでベスト出たかなとも思います。

ー調子としては良くはなかったんでしょうか?
悪くはなかったんですけど、助走を合わせるという技術が最後の最後でうまくできなかったので、こういう結果に繋がったのかと思います。

ー学生最後の大会としてはいつになるんでしょうか
今日になってしまうので、集大成として臨んだんですけど、結果出せなくて自分の中で不甲斐ない内容と結果でした。

ーこの4年間を振り返っていかがでしたか?
日本選手権で入賞できましたけど、学生の試合でなかなか入賞できなくて、陸上部一員としてあんまりチームに貢献できなかったかなと思います。もう少し貢献したいというのがあったので、最後の全カレ賭けてたんですけど、それができなくて残念です。

ー記憶に残っている試合は
4年生の関東インカレです。結果は良くなかったですけど、4年生として、跳躍のキャプテンとしてしっかり2種目入賞できたというのは大きな自信になりましたし、結果は悪かったですけど、後輩にそれなりの結果を示せたという点では4年間で良かったのかなと思います。

ー下級生に向けて一言
来年の跳躍チームも苦戦すると思うので、今の3年生を中心に関東インカレ、全日本インカレに向けて頑張ってほしいなと思います。今年は自分しか跳躍チームでは入賞できなかったので、複数入賞できるように期待したいと思います。

ーこの先の競技生活は
まだ未定です。続けたいという希望はありますが、どうなるかわからないので、できる限り続けていきたいなと思ってはいますけど、一応学生の試合としては今回が区切りという形になります。
 

和田純弥選手

ー今日を振り返って
タイム的にも決勝に残れる持ちタイムではなかったので、挑戦者のつもりで最初からがっつくつもりでした。予選通ったことは良かったんですけど、準決勝でスタミナ不足だった点が決勝に繋がらなかったのかなと思いました。予選もマックスで走らないで余力を残して走らないと準決勝も通らないと改めて感じた部分で、まだ一年あるので来年の関カレ、全カレに標準合わせてまたもう一度頑張りたいなと思いました。

ー全日本インカレは今まで経験は
去年まであともう少しの部分で標準タイム突破することできなかったので、今年の7、8月に標準を突破して、出させていただくチャンスをもらったので、期待に応えたかったんですけど、それに応えられなくて残念です。

ー全日本インカレを経験していかがでしたか
一番に思うことは走力、技術面共に実力不足だなという点がありました。これを冬季練習で改善することが一番の目標で来年関カレ、全カレで決勝残りたいと思ってます。

ー今大会で見つかった課題などはありますか
スタートの飛びだしのタイミングと三台目まででいかに前に出れるかです。矢澤と比べても三台目までで少し差がついてるので、同じ学校にもお手本になる選手がいるので、その選手に近づきたいと思いました。

ー矢澤選手は良い刺激になっているということですか
矢澤がいることによって、自分の結果に満足せずにコツコツと練習で積み重ねていくことができるので、あいつがいることには感謝しています。

ー今後の目標としては来年の関カレ、全カレで決勝に残るということでしょうか
そうですね。あとは、少しでも矢澤に近づけるように努力したいです。

ー四年生に向けて
三年生には岸本という偉大な選手がいるんですけど、あいつだけじゃないんだということを今後見せられるように頑張っていきます。

ー卒業する四年生や同じハードラーの方々へ一言
今までこうして頑張ってこれたのも先輩たちがいたというのもありますし、竹中さんは今回一緒に出たかったんですけど、出ることができなかったので、その分も来年関カレ、全カレで、きちんと結果を残して恩返ししたいと思います。

岸本鷹幸選手

-400mHの予選に関して
無難に予選を突破できたという感じですね。

-調子に関しては
いつも通り良いというわけではないですけど,まあ,悪くはないですね。

-大会が続いていますが
そうですね。疲れがないわけではないですが,出させてもらっているので,そういうことも言っていられないですね。

-マイルリレーに関して
みんなけっこう走れていたので,ギリギリのところで予選に落ちてしまったので,そこは悔しいですね。自分自身も関カレの時よりかは,足を引っ張らなかったのかなと思いますね。でも,3走と4走のバトンパスの時,他の大学がぶつかってくる事故があったので,それがなければというのもあるのですけど。

-では,かなり勿体無いという感じですね
そうですね。ものすごく勿体無いレースでしたね。あれがなければ,絶対通っていたと思いますね。

-話は変わりますが,ユニバーシアードに関して
タイムに関しては無難かなという感じでしたね。

-良くもなくという感じですか
でも,決して悪いわけでもなく,世界の舞台で銀取れたのは自分としては評価しても良いのかなと思います。

-状態が良ければ金も狙えましたか
よかったとしても,タイム的に無理でしたね。内容は少し悪い中でも,自分のレベルで戦えました。順位的には満足しています。

-次に,世界陸上について
そごかったですね。全てが初めての体験でレースにしても,アップ場にしてもそうだし雰囲気が全く違いましたね。

-やってみて,楽しくできましたか
ものすごく楽しくできましたね。緊張も全くしなかったです。

-準決勝進出が目標で達成できましたが
そうですね,記録があまり良くない中での目標達成だったので,気持ちよい目標達成ではないですけど,一応いったかなという感じですね。

-その時の足の状態も良くはなかった
はい,変わらずという感じでした。今日もガチガチですね。でも,悪化はしてないので徐々に良くはなってきています。

-世界陸上で刺激になったことは
走っている時全てが刺激になりました。レース全体でこれが世界かという感じでした。

-世界への気持ちは強まった
そうですね,ロンドンにも出たいという思いは強くなりました。でも,まずは日本代表にならないといけないので,そこからですね。あの舞台で戦って,世界への思いは強くなりました。

-明日の決勝に向けて
世陸でも日本選手権でも結果を残せているので,ここでも結果を残したいです。

小林靖典選手

-200mを振り返って
そうですね。まず,決勝を見ていて自分のベストで表彰台に上れるレベルで,(ランク)上位の人もいなかったので狙えたのかなと思いました。少し腰を痛めたせいで,長い距離を走れていなくて,後半走りきれなかったですね。まあ,自分の練習不足なので来年はもっと練習して上位にいけるよう頑張りたいです。

-では,調子自体もあまりよくなかった
そうですね,調子自体は悪くなかったです。今はどこか痛いわけでもないので,やっぱり練習で長い距離を走れてなかったので体力的にもたなかったという感じです。

-初の全カレでしたが
去年は上で見ていて,出たいなと悔しい思いでいました。今年の関カレで良いタイムが出て,上位にいたので若干天狗になっていたのかなと思います。でも,そう言う意味(今回成績が良くなくて)で,逆に良い大会になったのかなと思いますね。

-得たものはありましたか
やっぱり,やり直しをしなくてはいけないと感じました。今回のような怪我は初めてだったので,怪我で潰れていく選手はたくさんいるので,ここからどうするかが課題なので,ここで一回落ちて挫けないでこっから上がっていければ,またどうにかなると思います。

-リレーについて
予選はそんなに良くはなかったですけど,決勝は,まあ順当なタイムも出て,このタイムは一応法政記録なので,主将(小林雄)がこのような大きな大会が最後だったので,法政記録に名前を載せられたのは良かったです。まあ,妥当ですね。

-しかし,順位の方はどうでしたか
そうですね。5位はきりたかったですね。今後は主将がいなくなってしまうので,その穴をどう埋めていくのかが大きいですね。まあ,目標は小林さん抜きで勝つということですね。

-4年生について,どういった先輩でしたか
法政らしい先輩方でしたね。良い意味であまりキツイ事も言わなく,すごい楽しく一緒に部活できました。ふざけられることも,真面目にやることもできましたし,ちゃんと教えてくれたので,いなくなってしますのは大きいですね。

-なかでも,小林選手は大きかった
そうですね。多分練習には来ると思うのですが,やっぱり寮にいないと生活が変わってしまって,同じ時間に練習が出来なくなってしまうかもしれないので,1年生に関しても引っ張っていってくれたのも小林さんで,リレーもバトンのことなど考えてくれたのも小林さんで,自分も小林さんを目標にしているのもあって,キツイの一言ですね。

 

フォトギャラリー

  • 2011091014×100mR 5位
  • 201109102走幅跳・戸谷 14位
  • 201109103400mH岸本 決勝へ
  • 201109104110mH矢澤 決勝へ
  • 201109105110mH和田 準決勝
  • 2011091064×400mR予選
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み