陸上
 
 

【陸上】日本インカレ最終日(3日目) 400mH岸本・学生日本一に輝く!!

天皇賜盃第80回日本学生陸上競技対校選手権大会
大会日程:2011年9月9日(金)▶9月11日(日)
大会場所:熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
     ハンマー投予選/熊本県民総合運動公園投てき場

 迎えた最終日。障害3種目で表彰台が期待されていた中で日本王者の岸本鷹幸(経3)がやってのけた。ユニバーシアードや世界陸上の疲れが残る中、ラスト粘り勝ちをして、学生日本一に輝いた。110mHの矢澤航(社2)も優勝が期待されていたが、惜しくも及ばず準優勝。3000m障害末山貴文(現4)は序盤は抑え、中盤過ぎあたりから良い位置につけていたが障害で転んでしまい後退。10位沈んだ。フィールド種目では砲丸投の三村幸輝(経2)が5位入賞と健闘した。

201109111
400mH岸本鷹幸 優勝

試合結果

個人成績&総合成績(丸数字は学年)

種目成績選手名記録備考
 男子200m準決勝 2組8着  小林靖典② 21秒53 準決勝敗退
 男子400mH決勝  1位 岸本鷹幸③  49秒82  
男子110mH決勝  2位  矢澤航②  13秒88  
男子3000mSC決勝  10位 末山貴文④ 9分13秒46  
男子砲丸投決勝  5位 三村幸輝①  15m77  
 22位 古市裕磨③  14m27  
男子走高跳決勝 12位  佐藤文哉① 2m05   

コメント

苅部監督

ー三村選手の砲丸5位については
ランキングが10番くらいだったので、8番には入れれば上出来だったので、5位は良かったですね。後半3回はちょっとダメでしたが、まだ、発展途上なので。

ー小林靖選手はやっぱり厳しかったですか
やっぱり腰を痛めていて練習ができていなかったので。
(その腰のケガは何が原因ですか)
腰をぐっと入れた走りをしているので、簡単になおせないですし、それが彼の走りなのでね。何か考えていかないとだめですね。修正をしていかないと…。決勝に残れる力はあるので。

ー岸本選手はしっかり1位を獲ってくれましたね。
岸本はテグの疲れがあったのとにねやってくれましたね。テグへいった選手は他、小林や川面などは疲れが残っていましたね。その中で後半アップアップしていたけどちゃんと勝って立派だと思いますね、今日の走りを見ていて。

ー矢澤選手は悔しいですね。
そうですね。うーん、でも、力が拮抗しているので、ちょっとしたミスがああいう形になってしまうんですね。
(そのミスはどの辺で)
3,4台目で乗ってしまったか膝をあててしまったのが、敗因ですかね。まだ、絶対的な強さというのは付いていないですかね。

ー今シーズンの出来はいかががですか
十分だと思いますよ。13秒69でも走っていますし、昨日も、今日も13秒8台で走っていますし、去年よりは力は付いていますよ。日本を代表するハードラーになったとは思いますよ。
それで、凄い上手いハードルとミスの少ないハードルをしてスプリントの力を高めて他を寄せ付けない走りができれば名実ともにトップになれるかなと。今はまだ、力が拮抗していて、ちょっとのミスで負けてしまうので、ミスがあっても勝てるくらいの力は欲しいですね。

ー(話戻りますが)岸本選手は今シーズン大会づくしで大変だったと思いますが
成長の点ではどうでしょうか

安定して49秒台出せるようになったし、タイミングも上手くなってきたし、逆足も良くなってきたし、だいぶ成長しましたね。

ー来季の目標は
もう五輪なので出場はもちろんだし、なんとか準決勝で勝負できるような選手になって欲しいですね。今はまだ予選で勝負して準決勝に残るだったので、準決勝で勝負して決勝に残るくらいまで来てもらいたいですね。厳しいとは思うけどそのくいらいまでは。今のままじゃまだダメなのでもう1ランク上へですね。まだ国内レベルですね。

ー課題としては重点的に取り組むことなどありますか
まだ逆足が上手くするのとあとはスプリント力ですね。400mが今おそらく46秒後半くらいなんですよね。46秒前半、5かうらいが出るようになればいいですね。

ー1年生の高跳の佐藤選手についてはどうですか
そうですね、3回目ちょっと惜しかったので。
でも1年生で全カレ出てやってくれたし、力はあるし上手いのでこれから来年強くなっていくと思いますよ。

ー最後小林選手について、1年間主将としてエースとして皆を引っぱてきたと思うんですけど、何か小林選手へ向けてお願いします。
小林は本当によくやってくれましたよね。
主将というところにいて引っぱてくれたし、今日もふらふらだったんだけど、話して4継はやると言ってくれてチームも応援してくれたし、日本代表を経験しているので、代表のノウハウとか選手はどうあるべきとかそういうことを話してくれるし。表現は下手なやつなんだけど、体で示してくれるというか態度示してくれるし。昨日も完全ではない状況で後輩に力を貸してくれるし。主将としてしっかり役割を果たしてくれましたね。今日もさっき後輩に向けて話をしてくれたし、すごく良い主将でしたね。

ー一番印象に残っているレースはありますか
去年のインカレはもう本当にとても嬉しかったですね。
今年の日本選手権も嬉しかったですけど。4年間通じて最高の思い出ですね。

ー世界陸上のときはやはり監督さんも緊張して見ていらしたんですか
そうですね、自分の時は全然しなかったんですけど、自分の学生がはしるとなつとね、小林は特にアジア陸上でケガしましたし、凄く細心の注意を払っていましたね。
(なんと言って送り出されたんですか)
ナーバスにならないように悪かったわけではないが、いいよいいよと言って一方的なことを言って、プラスのことを言って。あまり言ってはいけないことかもしれないけど、レースを楽しんで、自分の走りをしてこいという話をしましたね。ありがとうございました。

成田駅伝監督

ー末山選手、悔しかったですね。でもレースの展開としては良かったですよね。
はい良かったですね。最初抑えてあとのびるという。

ー今日最初はどのような指示を出して臨ませたのでしょうか
もうそんなに速くならないので、出た時に合わせていくしかないという感じで。流れの中で最後あげるとうような指示を。

ー調子は夏合宿からどうだったのでしょうか
合宿の疲れが残っていたんですが、調整の中でだんだん良くなっていたので、多少は大丈夫だと思っていたらこれだからね。
(ということは、あのアクシデントがなければ、かなり良い所までいけましたよね。)
そうですね。狙えましたね。良いペースでいけていると思って見ていましたね。残念です。

ー西池選手については昨日5000棄権となっていましたが、まだケガのためでしょうか。
やっとケガから復帰したところだったので。また、ここで無理して走らせると全日本の予選会のようになってしまうので。もうちょっと我慢させて。
(ということは西池選手はまだあまり練習が積めていないということでしょうか。)
ようやくつくり始められているというところですね。
(箱根予選の方には出場は)
本当は走らせたくないですが、チーム状態からいってつくらざる負えないかなと。合宿が3個目入っているので向こうへ行ってから、話をしながら、つくるかどうか決めていけたらと。

ー近藤さんや鍵谷さんなど主力選手の方は調子はどうでしょうか
もう、練習はちゃんと積めています。去年よりはしっかりできています。

ー特に調子の良い選手は
田子がいいですね。
(このあたりはもう箱根予選もしっかり出てきますか)
そうですね。この辺りがしっかり頑張ってくれないと。

ーメンバーはもうほぼ決まっているのでしょうか
上の方はもうほぼ決まっているんですが、要するに下の方4、5人ぐらいをどうするかですね。
(というと上の方は…)
4年生4人の末山・鍵谷・近藤で、田子が走れているので。
(近藤さんは今、調子どうなのでしょうか)
近藤は1回体調崩したけど、今はいいですね。

ーあと3年生は品田さん辺りは
その辺がまだどうなるかわからないんですよね。しっかり走れるかどうかを見きわけないといけないので。

ーこの合宿でけっこう絞っていくとう感じでしょうか
練習見ないとわからないので、それを見てですね。

ー実際箱根予選は何位ぐらいとか目標は
うーん、これはもうやってみないと分からないので。ただ、厳しいと言えば、厳しいんですが。
(でも、去年よりは)
練習もしっかりできているので、練習通りに走ってくれれば。毎年同じようなことをやっているので。

ー箱根予選まで練習内容としては
合宿が終わったらもう調整に入っていくという感じです。今年はレースをやらせないで。
(最後の合宿はまだ走り込みを…)
多少は走り込みを。最後ですしね。
お疲れ様でした。

岸本選手

-決勝を振り返って
まずは,勝ててよかったなという感じですね。

-体調はどうでしたか
体調は全然良くなかったですね。走る前に熱中症みたいな感じになってしまったので,初めは棄権しようかと思ったのですが,走るだけ走ろうと思ってでました。

-体調が悪い中での優勝でしたが
そうですね。勝てるかどうかわかんなかったのですが,意地もありましたし勝てて良かったですね。

-昨年準優勝からの優勝でしたが
狙ってはいなかったですけど,周りが必然的に金を取ると思っていたので期待に答えられてよかったという感じですね。

-プレシューはありましたか
いや,全然なかったですね。

-4年生が大きい大会は今回が最後でしたが
4年生全体というか,最後小林(雄一)さんとリレーを一緒にでたかったのですが,自分達のマイルの方が決勝に残れなかったのが残念ですね。次の選手権リレーでは,小林さんと走れるので頑張りたいです。

-小林(雄一)選手はどんな存在でしたか
いや,もう無くてはならない存在ですね。

矢澤航選手

ー今日を振り返って
今日は調子の面でも気持ちの面でも優勝に向けて、準備は整っていたつもりだったんですけど、走る前も強気でいましたし、リラックスできていて、楽しむこともできました。負けた理由としては、相手が全部上回っていたのかなと思います。

ー学生チャンピオン、日本チャンピオンとして臨んでの2位という結果でしたが
学生チャンピオン、日本チャンピオンということは考えずに、先輩に強豪の方々がいらっしゃったので、挑戦者という気持ちを忘れないでいこうと思っていました。7、8月と調子も上がっていなかったので、6月の2本勝ったぐらいで自分がてっぺんにいると思ってしまうと、甘さというか余裕が出て来てしまうと思っていたので攻めの気持ちを忘れずにできました。

ー調子としては6月に比べるとやはり高くなかったということでしょうか
6月はやはり世界陸上のことがあったので、どうしても先輩方と一緒に行きたいという気持ちが強かったのもあって、ピークが6月だったのかなっていう感じはありました。ユニバーシアードがあって、自分に何が足りないのかということを考える時期もありましたし、それを全カで試せたっていうのは大きな収穫でした。

ー13秒88というタイムについては
優勝の記録も13秒80なのでタイムとしては仕方ないのかなっていうのはあります。タイムよりレース展開での動きであったりがまだまだだなという感じですかね。

ー今回見つかった課題などはありましたか
今回は今まで武器だったスタートがあまり噛み合わなかったという部分であったり、レース中に調子が良いとハードルの間が詰まってしまって走りにくくなるんですけど、それをどう修正していけるかという修正力をつけていかないと今のレベルから上に上がっていかないと思うので、それをしっかりこの冬で身につけたいと思います。

ー今後の目標としては
今季あと2本大きい試合があるのでしっかり自分の走りをすることと、来季はロンドンがあるので、欲をいうと行きたいという気持ちがあるんですけど、まだ行くレベルに達してないので、とりあえず岸本さんに先越されないようにしたいなっていうことで冬場はいつも以上に頑張りたいです。

ーユニバーシアードを経験値してみていかがでしたか
世界とのレベルの差を痛感した試合で悔しいというよりも何が足りないのか探しても冷静に考えられないくらいコテンパンにやられてしまいました。経験としては良かったんですけど、壁を感じた試合でした。

ー国際舞台の難しさを感じたということですかね
そうですね。自分の走りやパフォーマンスが思ったとおりできないという中で、どう走っていこうかということを考えきれずに中途半端の気持ちで走ってしまった部分があったので、良くなかったと思います。

ー7月の取材の際には小林選手、岸本選手から大きな影響を受けているということでしたが、世界陸上を見ていかがでしたか
前までの世界陸上はすごいなーだったんですけど、今年見た世界陸上はまだレベルは遠いと思いますが、少し近くなってきたので、憧れじゃなくてここに立ちたいという強い気持ち持てたという部分では今までとは違う世界陸上だったのかなと思います。

ー小林選手なのですが、全日本インカレという大きな大会も終わって、大会も残り少ないと思いますが主将としていかがですか
引っ張っていってもらって、キャプテンとして結果も残していますし、チームのことも考えていますし、ただ今まではそれに甘えていた部分があったので、いなくなったら、岸本さんや自分が引っ張っていかないと代わりやそれ以上になれないと思うので、いつまでも甘えてられないなと感じています。

ー卒業する4年生へ一言
卒業する方々は本当にお世話になったので感謝の気持ちでいっぱいです。

三村幸輝選手

―今日の試合を振り返って
ちょっと不完全燃焼かなって。思った通りの記録が出なかったので。16m投げたかったんですけど、15m70なので。ほんとはまだまだいけると思ったんですけど。

―具体的にはどれくらいを狙っていた
16m30~50行けたんじゃないかと。体の動かし方を中心に調整していて、上半身がなまってしまって、思い通りに調整できなかったので。

―法政では山田さん以来の入賞ですが
山田さんを越えられるように、学生の間に日本記録を出したいです。

―今日見つかった課題は
上半身から下半身の繋ぎですね。連動性というか、体のパーツをうまく使うことです。冬季それをうまく仕上げたいです。

―来季に向けて
来年は17m半投げて優勝したいです。

 佐藤文哉選手

―今日の調子はどうだったんですか?
めちゃめちゃ良かったです。あまりにも調子が良かったので、跳ぼうと意識しすぎて空回りしてしまいました。

―では自分の中ではもっと良いスコアを出せるという感覚がありましたか?
そうですね。メンタル面が弱かったです。

―1年で全日本インカレに出るということで、緊張などもあったのでしょうか?
多少はあったんですけど、緊張というよりも人の跳躍を見すぎて気持ちが落ち着きませんでしたね。大学に入って周りの選手が凄い人ばかりだったので圧倒されてました。

―特に意識した選手などはいたんでしょうか?
同じ1年で東海大の本吉ですね。あいつに勝つことが目標でした。

―本吉選手は2m19㎝で2位でしたが?
本吉とは高2の頃からライバルだったので、今回差を広げられて…少し落ち込んでます。

―今回の大会に向けて、夏にはどのような練習をしていたんでしょうか?
夏にはほとんど練習はしていないです。ほとんど調整をしていました。

―軽部監督やコーチの方から何か指示はあったんですか?
特にはなかったですね。1年なので思い切りやれ、とは言われました。

―この大会で見つかった課題などは何かありましたか?
筋力アップですね。跳躍の前に流れてしまったり潰れてしまうことが多くて、これからはそういうことがないようにしないと。上背がないのでスピードをもっとつけて思い切りよく跳べるようにしないといけないとも思います

―今回の全日本インカレなどもありましたが、大学1年目のシーズンはどうでしたか?
全く満足はしてないですね。ほとんど自分の跳躍ができませんでした。冬にあまり練習できなかったのが響きました。

―冬に練習ができなかったというのは、何かケガなどがあったのですか?
いや、特にそういう訳ではないです。単純に高校で引退してからダラダラしてしまって…(笑)

―今回の大会で引退される四年生の方々についてもお伺いしたいのですが
跳躍ブロック長の戸谷さんがいなくなるのは痛いですね。今回跳躍ブロックで全カレに出たのはボクと戸谷さんだけでしたし、ずっとブロックを引っ張ってくれていたので、本当に痛いです。

―部長だった小林選手については?
世陸にも出ていましたし本当に尊敬しています。自分も小林さん、岸本さん、矢澤さんのように、日本を代表する選手になりたいです。

―今後のことなのですが、来年は新入生も入ってきますが、先輩として、あるいは選手としてどのような姿勢で行こうと思いますか?
戸谷さんが抜けた分、自分がブロックを引っ張って行くんだという自覚を持っていきたいです。ブロックの中で一番良い成績を残して、後輩達から「ああなりたい」と思われる選手になりたいです。

小林雄一選手

―インカレ総括
去年よりは勢いがなかったかなっていう感じはあったんですけど…まあそれは僕出てなかったのもありますし、客観的に見て4年生がもっと頑張れたんじゃないかと思います。
戸谷も末山も優勝できなかったし、まあ僕も不慮の事故というか決勝行けなかったのもあったんで、もうちょっと4年生が力を見せれればなというのはありました。

―4年間で1番印象に残ったレース
今年の世界陸上と日本選手権がやっぱり1番印象に残ってますね。結局4年目が一番内容濃かったと思います。自信もついた時もあれば失ったときもあったし、得るものもあれば失うものも大きかったし、やっぱそういうことがあって、1回0に戻せるっていうのはたぶん自分の気持ちの中でもいいことだったと思うし、まああとの期間は日本選手権リレーとか関大対抗戦とかあるんで、あとは何もプレッシャー感じずに学生の大会楽しく走れるようにってことは思ってます。

―4年間で辛かった時期
やっぱ去年の日本選手権ケガして出れなかったことが一番辛かったですね。まあでもそういう時でも周りに後輩も同期もいてくれたし、励みになるなと。

―法政陸上部で成長したこと
こんな自分でも主将を任されて、まあ主将って名前だけかと思ったんですけど、周りをまとめなきゃっていうこともあったし、周りの目を気にすることもあったし、自分がどういう人間になればいいのかっていうのは色々考えられたことだったと思うので、責任感っていうのは、まあ1年生から3年生までは自由にやらせてもらったんですけど、4年生になってからは責任感っていうのもありましたね、やっぱ。

―まとめ方で気をつけた点は
とくにまとめる場はあまりなかったんですが、こういう場では一致団結してっていうのはありました。いい結果を出せばそれに着いてこれるように、っていうのはありました。

―同期に対して
4年間やってきて、続けていくのは僕だけだと思うので、仲間がいなくなってしまうというのは正直寂しいというのもありますし、その分僕は続けられる身として、そいつらの分も頑張っていこうという気持ちはあります。

―後輩へ
問題ないんじゃないですかね。岸本も矢澤もいますし。ちょっと短距離は手薄になってしまうと思うんですけど、これから僕も法政に残るし、それでまた短距離一致団結して、来年今日以上の結果を残してもらいたいですね。

―ということは卒業後も練習は法政で?
はい。一応法政にしようと思ってるんですけど、まだ明確ではないです。

フォトギャラリー

  • 201109111400mH岸本鷹幸 優勝
  • 201109112110mH矢澤 2位
  • 201109113砲丸投 三村 5位
  • 2011091143000mSC末山 10位
  • 201109115走高跳 佐藤 12位
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み