陸上
 

【陸上】日本選手権リレー 4×100mR、新チームで2位

第95回日本選手権リレー競技大会
大会日程:2011年10月28日(金)▶30日(日)
大会会場:日産スタジアム

10月28日から3日間、日産スタジアムで日本選手権リレーが開催された。今年法大は4継とマイルに出場。4継は小林雄一(経4)を抜いた新チームで準優勝を果たした。来季を見据えたチームでタイムも39秒89をマーク。大きな自信となったことだろう。また、マイルは8位入賞。決勝では岸本鷹幸(経3)を抜く新しいチームでの挑戦となった。

201110301
4×100mR 準優勝

試合結果

大会結果

種目成績選手名記録備考
男子4×100mR予選  1組2着  矢澤-小林靖-冨田-石川  39秒96  
男子4×100mR決勝 2位  矢澤-小林靖-冨田-石川   39秒89  
男子4×400mR予選  2組5着 岸本-吉岡-前野-野田   3分11秒41  
男子4×400mR決勝 8位  吉岡-野田-前野-大久保   3分12秒10  

コメント

苅部監督

ー4継を振り返って
上出来ですね。日本選手権という大きな大会で表彰台に立てたのは良かったです。小林(雄一)抜きである程度戦えたのが大きかったですね。タイムも予選から上げられたし、39秒8台とこのメンバーでのベストが出たのは満足しています。

ーこのメンバーが来季も走る
いや、まだわからないです。1年生も入ってきますし、リレーメンバーを狙っているのは他にもいますからこのメンバーで固定というわけではないです。矢澤はハードルもあるので、場合によっては違うメンバーが入ることは大いにあり得ます。そんな中でリレーメンバーはまだ競わせていきます。ただ、今日走ったメンバーが来季も中心になるとは思います。

ー走順については
矢澤以外は全カレを走っているので今回もという感じです。ある程度バトンも繋がっていましたし、富田も3走でバトンを練習できてきましたから。

ー何か課題はありましたか
そうですね。1走と2走のバトンパスが近かったのであそこをもう少し上手くやれればあと0.2秒くらいは縮められると思います。でも、予選からは修正できていたのでこれからの練習でさらに良くしていきたいです。

ー小林(雄一)選手の穴は埋まりそうですか
大丈夫だと思います。今回は中大がいるなかでこの走りと順位だったのでなんとかなると思います。

ーマイルリレーについて
もっと楽にいけました。岸本が300mを過ぎたあたりで足を痛めたのでこのタイムになりましたが、その他は自分の走りをしていたので10台はいけましたね。

ー岸本選手の状態は
まだちゃんとした検査をしていないので何とも言えないのですが、肉離れを起こしたとかいうのではないので大きな怪我ではないと思います。岸本を明日は走らせません。他の新しいメンバーで走ります。

ー明日にむけて
岸本が出ないので、厳しい戦いになるとは思いますが、新メンバーを試してみたいと思います。きっちり法政らしく終わりたいと思います。

矢澤選手

 ー今日のレースを振り返っていかがでしたか
動きは昨日の方がよかったです。でもタイム的にはよかったので、何かしらいいところがあったのではないかと思います。今の時点では満足しています。

ー2位という結果についてはいかがですか
優勝を視野に入れていたので、順位としては悔しいです。でも1位の中大との差はそんなになかったので、この冬にどれだけ頑張れるかが勝負だと思いますね。

ー39秒89というタイムについてはどうですか
今の時点ではいいタイムです。この冬に頑張ってトレーニングして、来年につなげたいと思います。

ー昨日のインタビューで疲れがあるということでしたが、今日の調子はどうでしたか
昨日1本走っていたので、やっぱり疲れは多少ありました。でも、4継は1人がダメだとチームがダメになってしまうので、しっかり切り替えて集中して臨みました。

ーこの4人で臨んだ大会は今回が初めてでしたが…
これからこのメンバーで4継をやっていくと思うのですが、いい出だしになりました。

ーこれからに向けて
まだ11月3日に大会があるので、ハードルでは最後となりますが、来年はロンドン五輪を見据えているので、そこでしっかりしたレースがしたいです。
関大線では小林さんが最後のレースなので、しっかりと花をそえたいと思います。来季は岸本さんと自分でみんなを引っ張っていきたいです。

小林(靖)選手

ー今日のレースを振り返って
新チームなので、まぁぼちぼちです。

ー全日本インカレから修正点などは
今までは1走だった小林雄一がいないので、しっかり調整して臨みました。234走は(全日本インカレ)から変わっていませんでしたし、動けてはいました。

ー予選より速いタイムでしたが
決勝だったというのはあります。歩数の変更などもあって予選が良い刺激になりました

ー関大戦の出場は
リレーと200m個人オープンで走る予定です。今季は前半(試合に)出ているので、終わりにしてもいいかなとも思っています。

ー来季に向けて
今季は前半は良かったんですけど、後半は良くなかったです。もう一回り成長できると思うので、冬季に練習し直します。リレーの方も良い練習をしていければもっと良くなると思います。

冨田選手

ーレース前のコンディションは
特に悪くはなかったです。

ー昨日の予選と比べて今日の決勝のレースの出来は
昨日は少し動きが悪かったんですけど、個人的にもチーム的にも今日はいい走りができました。

ー今日のタイムには満足していますか
小林(雄)が抜けての39秒89だったので、いいタイムで走れたと思います。

ー走順になにか意図はありましたか
バトン合わせのスケジュールがなかなか合わなかったので、1走だけ順番を変えて走りました。

ー国体で熊本県代表として江里口さんからバトンを受け取っていましたが、何か感じたものはありましたか
怖いぐらいのスピードで走ってきたんですけど、それに合わせてバトンを受け取れたので、今日のレースには落ち着いて臨むことができました

ー関大戦を終えてからのシーズンオフで重点的に強化したいところはなんですか
自分の場合スタートがいいと、いいレースになることが多いので、スタートを伸ばすこと。あと200mで後半疲れてしまうことがあるので体力をつけるのと、長い距離も走れるようにすることです。

石川選手

ー決勝を振り返って
ベストが出て良かったです。個人的にも大学入って初めての表彰台だったので嬉しかったです。

ーこのタイムについてはいかがですか
なかなか良いと思います。大きい大会でこういった記録が出たのは自信になります。

ーこのメンバーでの手ごたえは
おそらく来季もこのメンバーが中心にリレーは走ると思うので手ごたえはありました。

ーメンバーのなかでのキーマンは
まあ、全員だと思いますが、小林靖、富田あたりが中心になると思います。矢澤はハードルの方があるのでリレーに専念というわけにはなかなかいかないと思いますが、矢澤にも期待しています。

ー今日のバトンパスについては
ほとんど上手くいきました。ただ、1走と2走のところでつまってしまったところはあります。

ーオフはどんなところを練習していきますか
個々の走力を上げる事が大切なので、小林(雄一)さんの穴を埋められる様に底上げをしていきたいです。

ー走順について
2,3,4走は全カレでも走ったメンバーで、1走に矢澤が入った感じですね。富田が3走で走れてきているのでこの走順はベストだと思います。

ーリレーでは久々のメダルですが
かなり久々ですね。若いメンバーでメダルを取れたのは嬉しいです。

岸本選手

ー今日を振り返って
ケガをしてしまってチームに迷惑をかけてしまいました。

ー足の調子は
走る前までは痛くなかったんですけど、走り終わって痛めたんで良くはないですね。

ー明日のレースは出場は
出ないです。他に任せます。

ー日本インカレからの修正点はありますか
特にないです。

ー国体では優勝ということでしたが
日本選手権と似たようなレベルでモチベーション持っていくのは難しかったんですけど、勝てたには勝てましたが、タイムが全然良くなかったので、素直に喜べないです。

ーシーズンも終盤ですが疲れなどは
疲れはあります。今年はあっという間に終わりました。

ー来季へ向けて
来年はオリンピックシーズンにぬるので、オリンピック出場できるように頑張ります。

吉岡選手

ーお疲れさまでした。今日のレース前のコンディションはいかがでしたか。
最近練習をつめていたので、調子を落としていましたがまずまずの走りができたと思います。

ーレースを振り返っていかがですか。
練習しないなかで臨んだのでまずまずのレースだったと思います。

ー調子を落とした、とおっしゃっていましたが「けが」などをなさっていたのですか。
いえ。疲労があるなかで走っていたので調子を落としていました。しかし4日前から練習を落とし、今日のレースに合わせることができました。

ー今回のレースで見つかった課題はありますか。
やっぱり、周りの選手に前半先に行かれてしまうのでスピードをつけることが課題だと感じました。

ー今回のレースの前にどのようなところを重点的にトレーニングしましたか。
長い距離を走るようにしていました。400mや500mのレペを本数を増やすなどして積極的に取り組みました。

ー決勝に向けての意気込みがあればお聞かせください。
岸本さんがけがをしているので1走になるかもしれないのでいい流れで(次の走者へ)持っていけたらと思います。

前野選手

ーレース前のコンディションは
一ヶ月練習してきたので悪くなかったが、少し足が重かったです。

ー今日のレースを振り返って
練習を積んできたが、チームに貢献できなかった。

ー全日本インカレからの修正点は
ストライドを大きくしたのと、ひたすら走り込みました。

ー決勝に向けて
今日よりチームに貢献できるように頑張ります。

野田選手

ーレース全体を振り返っていかがでしたか
前半はまずまずだったんですけど、後半疲れて抜かされてしまいました。

ー全体の8位ということでの決勝進出ということになりましたが……
まぁこれ以上下がることはないので、上を目指して頑張るだけです。

ー最後100メートルは接戦となりましたが、どういう気持ちでしたか
できれば追い付きたかったです。でも実力で負けてました。

ー最後に明日へ向けて意気込みをお願いします
少しでも上を目指して頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 2011103014×100mR 準優勝
  • 201110302矢澤ー小林靖
  • 201110303矢澤選手
  • 201110304矢澤選手(前)、石川選手(後)
  • 201110305岸本選手
  • 201110306前野選手
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み