陸上
 

【陸上】4×400mR怒涛の追い上げで優勝! 六大学対抗陸上選手権

第45回東京六大学陸上選手権
大会日程:2012年4月15日(日)
大会会場:国立競技場

 4月15日、国立競技場で第45回東京六大学大会陸上選手権が行われた。法大は110mHで矢澤航(社3)が他を圧倒する走りを見せ優勝。田子祐輝(経3)も、3000m障害では自身初となる優勝を果たした。最終種目である4×400mRでは、昨年世界陸上に出場した岸本が力強い走りで優勝を呼び寄せ、会場を興奮の渦に巻き込んだ。

201204151
会場を沸かせたマイルリレーの4人

試合結果

個人&総合成績(DNS:棄権)

種目成績選手名記録

100m決勝

5位 石川直人 1093
DNS 西垣佳哉

----

400m決勝 5位 大久保俊甫 4952
8位 吉岡忠則 5065
800m決勝 4位 小宮佳治 15523
9位 水上景士郎 15733
1500m決勝 3位 渡邉昂 35581
7位 田中優大 40932
5000m対抗 5位 田井慎一郎 143248
6位 品田潤之 145629
110mH決勝 1位 矢澤航 1405(-2.0)
3位 和田純弥生 1450(-2.0)
3000mSC決勝 1位 田子祐輝

90152

5位 森永貴幸 92343
4×100mR決勝 3位 三村・石川・岸本・高澤 4135
4×400mR決勝 1位 岡田・前野・猪口・岸本 31138
走り高跳び 1位 笹嶋達也 195cm
5位 佐々木彰之介

185cm

走り幅跳び 2位 松原聖一 7.13m
4位 井上公佑 7.01m
総合順位 2位 134点(トラック:67点、フィールド:67点)

コメント

田子祐輝選手

ー3000m障害での優勝は初めてか
そうです

ー優勝しての感想は
先週の記録会が最悪だったので、軌道修正出来てよかったです

ー9分1秒52という記録について
シーズン初戦にしては普通です

ー今大会に向けて調整はどう行ったか
先週レースがあったので疲労を抜いて調整しました

ー今シーズンの意気込み
関東インカレで3位表彰台に入ることが目標です

三村選手

ー今日のレース(100×4R)を振り返って
アップ中にケガをしてしまった西垣さんの代わりで急遽出場することになったので、とりあえずいい走りが出来ればという気持ちでレースに臨みました。

ー今日の対校戦が大学での初レースでしたか
先週に国士舘での記録会があったので今日が初ということではないです。

ー大学に入学して間もないと思うのですが陸上部の雰囲気はどうですか
メリハリがとてもあるので、練習は楽しくもあり辛くもあります

ー高校の部活と大学の部活で違いを感じる事はありますか
大学の方が練習の質が高いと思います。具体的にいうと、今までの設定タイムが30秒のところを28秒で走ったりするところなどです。

ー大学での目標は
20秒台ランナーを目指しています。20秒90を切って日本選手権に出場したいですね。

ー今一番自分に足りないところはどの部分だと思いますか
200mを全力で走り切る体力がないところです。

ー最後に今後への意気込みをお願いします
関カレの決勝に残れるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • 201204151会場を沸かせたマイルリレーの4人
  • 201204152岸本の圧巻の走りに興奮冷めやらぬメンバー
  • 201204153優勝の喜びを分かち合う
  • 201204154前野から猪口へバトンが渡る
  • 201204155走り幅跳びで2位の松原
  • 201204156障害で初優勝の田子
  • 201204157圧倒的な速さを見せつけた矢澤
  • 201204158マイルリレーの一走を任された1年三村
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み