陸上
 
 

【陸上】天皇賜盃第83回日本学生陸上競技対校選手権大会 兼 第28回ユニバーシアード競技大会日本代表選手選考参考大会

天皇賜盃第83回日本学生陸上競技対校選手権大会
2014年9月5日
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

戦評

厳しい残暑の残る中、陸上の全日本インカレが熊谷で開幕した。

 最初に出場したのは10種競技の久山陽大。100mに出場し11.14を記録し、830点を獲得。その後も安定した成績を残し、初日4種目終わった時点で7位と入賞圏内につけた。
 続いて登場したのは女子400mの川端涼夏。関東インカレでこの種目を制しており、予選突破は有力と見られたが組3位で予選敗退。全国のレベルの高さを痛感する結果となった。その後行われた男子400mには伊藤健太、矢野琢斗、岡田壮平の3選手が出場したが3選手とも予選通過はならず。こちらも厳しい結果となったが、川端、岡田は明日の400mHにもエントリーしており、この悔しさを晴らす好結果を出して欲しいところだ。
 男子100m予選には大瀬戸一馬と西垣佳哉が出場。大瀬戸、西垣ともに予選を通過し迎えた準決勝。西垣はスタートで飛び出すものの、終盤で逆転され準決勝敗退。大瀬戸も大会前に足を痛めた影響もあり、本来の力強い走りが見られなかった。なんとか明日の決勝進出を決めたものの、決勝進出者の中で最下位のタイムということもあり、厳しい戦いが予想される。
 法大の1日目最終種目は男子4×100mR。西垣-大瀬戸-冨田智-駒塚祐輔のメンバーで出場。1走の西垣が飛び出し、終盤までトップを保つものの、ラストの直線で慶大に逆転され2位という結果に。だがタイムで上位に入り、明日の決勝進出を決めた。主力の長田を欠き、大瀬戸も本調子でない中でこの結果を残したことは大きいだろう。
 厳しい戦いが続いた法大のインカレ初日。だが明日は短距離2種目の決勝や、法大のお家芸とも言えるハードル種目があり、また長距離ではエース西池和人が5000mに出場予定など注目競技が多く行われる。残念ながら今日は見られなかった表彰を、明日は多く獲得することに期待したい。(佐々木岳)

201409041 R
不調の中奮闘の大瀬戸

選手・監督コメント

大瀬戸一馬

-100mを振り返って
1週間前にかかとを怪我してしまって、今週練習を積めてないせいか調子はあまり良くなかったんですけど、なんとか決勝まで滑り込めたので合格点かなと。明日調子を取り戻して頑張りたいです。

-足の怪我と今日の暑さは走りに影響したか
そうですね。かかとの部分は全然走れていない状態だったので影響はあったんですけど、暑さは特に気にならなかったです。なんとか持ち前の勝負強さでやってこれたかなと思います。

-今年の夏は海外のレースにも出場していたが、そこでの経験は今大会に繋がっているか
そうですね。今季は色々と経験させてもらった部分は各所に出てると思いますし、自分の中でも具体的な将来の目標というのも決まってきたので、その点ではそれに向けた練習もできますし、いい経験だったと思います。

-その将来の目標とは
もちろん日本代表として走って行きたいんですけど、その中でも今年世界リレー出させてもらった時に、他の3人が速くて自分が1走だったんですけど、ちゃんと実力でエース級として世界で1走としてリレー代表になりたいなと。そのためには100mでも代表争いに入らないといけないですし、入れてもらえたではなく1走を自分から走る、といった選手になりたいと思います。

-明日の決勝は準決勝で好タイムの山縣選手とのレースになるが
そうですね。山縣さんは自分の中でも憧れの選手ですし、凄いなと思うんですけど調子さえ戻せば2番争い、3番争いに入れるはずなんで、調子は悪いですけどなんとか戻して、今のところ通過は1番悪いですけど、なるべく良い順位を狙っていきたいと思います。

-4継の走りについては
100があまり良くなかったので、主観ではよくわからないですけど、自分としては走れているんじゃないかなと。とりあえず決勝にも残れましたし、その点では良かったかなと思います。ただバトンが1、2走のところで自分のミスが出てしまったので修正して、明日は上位を狙いたいと思います。

-4継では長田選手が欠場されたが
長田くんはエースなので、出来ればいて欲しかったんですけど、エース不在のなかでも、しっかり上位を狙っていきたいなと思います。自分の走りをしっかりして、今のメンバーで上位を狙っていきたいです。

-明日の種目の目標と意気込みを
明日が1番ハードな日になるのでしっかり1つ1つ集中して、200mはまず予選通過、100mと4継は自分の走りをしっかりしてなるべく上位を目標にして目標を達成していけたらと思います。

冨田智

-今日のレースを振り返って
自分は2週間くらい前に肉離れをしてしまい、やっと昨日走れるようになっての今日だったので、足がもつかどうか不安でした。ですが何とかスムーズにつなげたと思います。(怪我をしてから)全開で走るのをやめておこうとなって、昨日なんとか間に合ってのぶっつけ本番の復帰戦でした。最後のインカレなので足が痛くても出ようと思っていました。

-タイムについて
いつもの4走がいないのもありましたがバトンが1・2走間で詰まったり、受け渡しの時に3走の自分がまだ全力で走ってなかったという点では、まだタイムは出せるのかなという感じです。

-今日のレースはいつものリレーメンバーとは違いましたが
いつもの4走のアンカーである2年生の長田くんという、今シーズン調子の良い選手が怪我をしていて、今日は駒塚くんという人になったため少しタイムに差があったかなと思います。長田くんが怪我をしたのが1週間くらい前だったので、その時点で「駒塚でいこう」というふうになっていました。駒塚くんは今シーズンの岩壁杯(4、5月?)という大会で僕と3、4走をしていますが、バトンは今日がぶっつけ本番でした。それでも彼は良くやってくれたと思います。

-明日の決勝への意気込みをお願いします
自分にとって最後のインカレになるのですが、気負わずに、リレーは得意なので楽しく走ろうかなと思います。

西垣佳哉

‐今日の100㍍のレースを振り返って
今シーズンはずっとシーズン始まってか10秒5台で低迷していたので、この大会は負のスパイラルから抜け出そうとしていて、結果的には準決勝おちなんですけど、10秒4台を二本出せたのは良かったと思います。

‐高速レースでしたが
今年に入って日本選手権や小田記念を経験していたので高速レースはそんなに苦ではなかったですし、むしろ楽しめました。 

‐レース中意識したことは
調子が悪かったので、新しい走りというわけではないんですけど、今まではスタートも倒れ込む感じで、スススっと走っていく感じだったのを変えて、一歩一歩ガツガツ進んでいく走りにして、そういうスタートをしてみました。

‐リレーについてですが、スタートダッシュが良かったように思えました。
正直なことをいと、一本目二本目はこけてしまって、そこで少しミスをしてしまったところもあるんですけど、100メートル二本走って調子は良かったので中盤は盛り返すことができて良かったと思います。

‐リレーメンバーはいつもとちがうメンバー編成でしたが
アンカーは走力が乏しいところがあるので、自分と大瀬戸どれだけ差を作れるかということを意識しました。

‐今日のレースから得た収穫や課題は
四継で言えば出だしのところでこけてしまったことと、大瀬戸とのバトンが少しつまり気味だったのでそこを修正すれば良くなると思います。

フォトギャラリー

  • 201409041 R不調の中奮闘の大瀬戸
  • 201409042 R100mと4継に出場の西垣
  • 201409043 R400mH出場の岡田
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み