陸上
 

【陸上】2014日本学生陸上競技個人選手権大会

日本学生陸上競技個人選手権大会
2014年6月20日(金)21日(土)22日(日)
湘南BMWスタジアム

 3日間にわたり湘南BMWスタジアムで行われた日本学生陸上競技個人選手権大会。 高い大会標準記録もあり、法大はトラック競技での出場がメインとなった。

 今シーズン好調を維持する大瀬戸一馬(スポ2)が200mで優勝。20.64の大会新記録もマークするなど、調子の良さを発揮した。また、大瀬戸は専門外の400mでも3位入賞の好走を見せる。短距離では100mの西垣佳哉も6位入賞。決勝は雨の降る中でのレースとなったが、健闘を見せた。女子では川端涼夏(スポ3)が400mで4位に入賞。あと一歩のところで表彰台は逃してしまった。

 ハードル陣では、400mHの岡田壮平(経3)が6位に入賞。「けがが治ってからだんだんとコンディションが戻りつつある」と話すように、予選と準決勝ではシーズンベストを記録。決勝ではタイムを落としたものの「昨年同様この大会から調子をさらに上げたい」と、今後の活躍を誓った。一方、関東インカレで出場全選手が決勝進出した110mHには5名が出場するも予選通過は2名、決勝進出は⁰名と本領を発揮できず。先日ジュニア新記録をマークした金井大旺(社1)は、期待された今大会のレースで予選最下位に沈む。「大学の高いレベルの練習や遠征で疲れが出始めている」と苅部俊二監督が語ったように、連戦の疲労で思うような結果は残せなかった。

 フィールド競技唯一の出場選手となった円盤投の花山優平(経4)。教育実習の関係からほとんど練習さえできず「ある意味で、どうなっても仕方ないと吹っ切れていた」と話す。しかし、これが精神面では良い効果をもたらしたか、5投目で49m49を投じ、4位入賞を果たした。

 ここからは海外遠征をおこなう選手や、強化合宿等で各選手等が自己鍛錬に励む夏が訪れる。「合宿や練習でしっかりと練習がつめれば、必ず成長ができる」と苅部監督が話すように、長い夏を乗り越え前日本インカレで活躍する選手を見られることに期待したい。(佐藤康平)

※更新サイトの不調により掲載が遅れたことをお詫びいたします

201406221
4位入賞の花山

試合結果

総合成績、もしくは競技名などを書く

種目成績選手名記録
男子100m予選 2着 西垣佳哉 10.52
同準決勝 2着 西垣佳哉 10.54
同決勝 6位 西垣佳哉 10.65
男子200m予選 1着 大瀬戸一馬 21.13
2着 長田拓也 21.25
同準決勝 1着 大瀬戸一馬 20.71
3着 長田拓也 21.34
同決勝 1位 大瀬戸一馬 20.64※大会新
男子400m予選 1組1着 大瀬戸一馬 47.15
1組― 猪口悠太 DNS
3組2着 伊藤健太 48.28
3組6着 本間大介 50.83
6組― 宮崎大宇 DNS
同タイムレース決勝総合結果 3位 大瀬戸一馬 47.40
4位 伊藤健太 47.62
男子110mH予選 1組7着 金井大旺 15.00
2組4着 山口裕之 14.27
2組7着 川島滉平 14.66
4組6着 里地勇飛 14.58
7組2着 川口逸人 14.28
同準決勝 3組4位 川口逸人 14.12
3組6位 山口裕之 14.22
男子400mH予選 3組2位 岡田壮平 52.45
4組2位 小林英和 52.96
同準決勝 1組4位 岡田壮平 52.12
2組5位 小林英和 53.18
同決勝 6位 岡田壮平 53.26
男子3000mSCタイムレース総合結果 17位 加藤巧記 9:17.81
19位 阿部泰久 9:19.59
男子円盤投決勝 4位 花田優平 49m49
女子100mH予選 2組7位 吉武志織 15.43
女子400mH予選 2組1位 川端涼夏 1:01.62
女子400mH準決勝 1組1位 川端涼夏 1:00.50
女子400mH決勝 4位 川端涼夏 1:00.28

苅部俊二監督

―今大会の総括を
いつも通り良い部分もあれば悪い部分もありました。収穫もあったし、課題もあったしということになりますね。

―大瀬戸選手の結果について
200mはよくやってくれました。ただ、もう少し記録も出るかなと思っていたので。良いタイムではありましたが100mのタイムを見るとまだまだいけるのではないかなと思います。今回のタイムは出ると予想していたので驚きはないです。400mは本人が走りたいといったので、練習の一環として出場させました。46秒台が出るかなと思っていましたが、そこまで甘くはなかったですね。

―関東インカレ後は疲労を気にしていた
試合が多いので、それは否定できないと思います。ですが、試合をうまく練習として使っているので、200mと400mを走ったりもそうですが。

―110mH陣は残念な結果に終わった
もうちょっといけるかなと思ったのですが。残念でしたね。関東インカレで決勝に残った3人もいたので、そこまで甘くはないということでしたね。金井は先日ジュニア新記録を樹立しましたが、大学に入って、高校時にそれほど良い環境でやっている選手ではなかった分、その面の疲れや連戦の疲労だと思います。うまく疲労を抜いてやらないと壊れてしまう可能性もあるので、ここからそこは慎重に取り組んでいきたいと思います。(記録について)13.6とか13.7は出せるかなとは思っていましたが、あれだけいい結果を残せたのは驚きでした。それに優勝していますしね。

―花田選手が4位入賞を果たした
教育実習で練習もできていない中自己ベストをだしてくれて、インカレに向けて良いスタートを切ったかなと思います。

―長距離は来週の大会に合わせての出場か
そうですね。来週の大会で結果を出してくれないと当然本戦に出られなくなってしまうので。西池も上がってきましたし彼には期待が持てますね。ただ、関口が教育実習で練習を詰めていないのでそこが心配です。4組という一番高いところですがやるしかないので。あとは1年生が二人エントリーしていますので彼らがどうなるか、楽しみな反面不安でもあります。細川が結構走れているので。1年生でああいったトップの選手たちだけが走る大会に出場して、そこで力が発揮できるのかどうか。高校も低いレベルでやってきて、大舞台を踏んでいませから、この状況でだせたら大したものだと思います。

―夏の練習について
猪口(400mH)と大瀬戸はヨーロッパへ遠征に行かせます。そこで2試合ほど出場して、経験を積ませます。あとは強化練習期間を7月下旬に儲けます。地元で国体閃光がある選手に関しては、帰省させてそれに備えてもらいます。長距離は合宿ですね。合宿をしっかりやれるかやれないかで、一回り大きくなるかなれないか大きく変わってしまうので。私は行きませんが、頑張ってほしいと思っています。

西垣佳哉

―今日のレースを振り返って、ご感想をお願いします
今シーズン入ってまだ去年のような調子を戻していないので、その中で課題をもったレースということで臨んだんですが、予選・準決勝は今の調子からするとこんなものかなという感じだったんですけど、決勝は勝負を意識し過ぎて堅くなった部分があったんですが、それでも得るものがあったレースだったと思います。

―課題というのは
やはり勝負を意識し過ぎて起きるメンタル面の強化であったり、中間疾走での二次加速の部分の課題です。

―今日のレースで得たものは何ですか
準決勝から決勝にかけてのアップの仕方や、こういう動きをすればこういう結果になるというような失敗の経験をすることが出来ました。

―決勝で10565位という結果について
全く満足はしていません。10秒4台がベストなので、少なくとも10秒5台前半は出す予定ではいたんですけど、こんな時もあるかなという感じです。

―ご自身のコンディションはいかがでしたか
悪くはなかったです。悪くはなかったんですが、やはり今シーズン入って良くても動かないというのが起きているので、これから秋口に向かって練習を積んでいく予定です。

―特に対戦を意識した選手などはいらっしゃいましたか
同期ということで大東文化大学の梨元選手を意識はしていました。あと準決勝であまり差がなかったので早稲田大学の竹下選手。この二人には勝つつもりで臨んでいました。

―次回のレースに向けての意気込みをお願いします
とにかく今の自分の状態からの脱却。ベストコンディションで臨んで、自己記録を更新するというよりかは今は殻に籠っている状態なので、この状態からの脱却が目標です。

川端涼夏

(6/21終了時)

―今日のレースの感想
予選はちょっと思ったようなレースができなかったんですけど、準決勝はとりあえず前半突っ込もうと思って5台目まではけっこう良いタイムでいけたので良かったと思いました。ただ、1台目と後半の走りに修正が必要かなと感じたので、明日の決勝までには修正していきたいです。

―スタートから好調のように思えたが個人的にはどう思ったか
タイム的にはそんなに良くなかったのですが、流れが作れたスタートになったかなと思います。

―レースに関して何かプランはあったか
準決勝は前半の5台目までをしっかりいこうかなと思いました。そのあとはもう来たら飛ぶという感じだったので。とりあえず、前半の5台目までをしっかり飛ぶようにしました。

―この大会に向けてどのように調整したか
大会続きだったので、疲労を抜くことに重点を置いて練習してきました。

―監督から何かアドバイス等は受けたか
特に受けてないですけど、「大丈夫だからいってこい」という感じで言われました。ただ、今日監督は来ていなくて練習の時に話していたんですけど…。明日、監督の前で良い成績を残せたらいいと思っています。

―明日の決勝に向けて一言
タイムがどうなるかわからないですけど、58秒台を目指して自分のベストが尽くせたらなと思います。

(6/22終了時)

―今日のレースを振り返って
前半から攻めきることができませんでした。納得のいくレースができず、悔しかったです。

―今日の天候について何か影響はあったか
少しバックストレートの風が強く、そこでレースがくるってしまいました。

―今日の体調について
大会続きで疲れがたまっているというのもありましたが、動きはそんなに悪くはなかったのでもう少しタイムが出るのではないかと思っていました。

―これからどのような練習を中心にしていくか
前半をどんな状況でもしっかりと走れるようにするのと、後半少しまだ足が合わないのでそこをやっていけたらなと思っています。

―今後の目標
58秒台を出せるように頑張りたいです。

大瀬戸一馬

(6/20終了時)

-今日の予選、準決勝のレースを振り返って
自分の主な専門は100mにしているのですが、今回は200mと400mに出場するということで、ある意味挑戦の試合と位置付けています。まずは予選、準決とそれなりに良いタイムが出せたので良かったです。満足かと言われると、ちょっと(違う)という感じですね。

-準決勝は追い風参考記録ながら、2071というタイムでした(ベストは2080
出来れば公認で出せればと思って臨んでいたので、追い風参考でもその程度かなと、ちょっと残念なところです。

-明日以降への意気込みを
明日が3日間で1番の鬼門なので、まずは200m決勝。まだ200m決勝を出るか出ないか、出ても全力で走るか、ちょっと流すか、迷っている部分があります。記録を狙いたいという気持ちがあるので、多分出るとは思います。200mを上手く走って、400mなんて滅多に走らないので、それもしっかり走っていきたいと思います。自分は昨年400mを1本走って、それが初めての県大会レベル(福岡県国体最終選考会)でした。そして今回が初めての全国レベルなので、400mを自分がどのくらい走れるか全くわからないです。なので、しっかり挑戦したいと思います。タイム次第では、もしかすると決勝進出もあるので、しっかり上を目指して、ひとつひとつ頑張っていきたいなと思います。

(6/21終了時)

200mで優勝されましたが感想は
そうですね、僕自身初めて全国で200mのタイトルが取れたのですごく嬉しいです。

―大会新記録と自己ベストが出たが、今回のタイムについては
走りの流れも良かったので、20秒7が出ればいいかなと。大会新を目標にやっていたのでまさか20秒6まで出るとは思わなかったです。風など好条件に恵まれたので、そういった点でもついてたなと思います。

―今回は風の影響でバックストレート側へ走る状況だったが、普段のレースとの違いは
そうですね、やはり気持ち的には違いました。それが良かったのか悪かったのかはわからないですけど、いつもと違う雰囲気でのレースでした。

―今日は400mでも自己ベストですが、このタイムについては
200mの決勝から1時間後で正直きつかったんですけど、準決勝に残れればいいかな、くらいの気持ちで走ったんで、ベストが出て自分でもびっくりしました。

200mの決勝から1時間しか空いてないという話がありましたが、疲れなどは残っていましたか
相当疲れました。いつも400mを走った時は残り150mくらいからきついなと思い始めるんですけど、今日は(スタートから)150mくらいできつかったです。でもそのわりには最後まで上手く走れたんで、明日に繋がる良いレースができたかなと思います。

―普段は100mへの出場が多いが、今回400mに出場した意図は
そうですね、今シーズンもずっと100mメインでやっていて、僕としてはメインは100mなんですけど、200mも400mも短距離なので、将来的には100mでやっていくつもりですけど、200mも400mもしっかり走れる選手を目指していたので、こういった大会でちょっと出てみようかなと思い、400mに出場しました。

―今大会の結果やタイム次第では(インカレなどの)大きな大会で今後400mに出場することはあるか
今のところはないです。今は100mメインでやって200mも、という感じで考えています。

 

フォトギャラリー

  • 2014062214位入賞の花山
  • 201406222決勝進出を果たした400mH伊藤
  • 201406223大瀬戸は二種目で活躍
  • 201406224100mで入賞の西垣
  • 201406225400mH6位の岡田
  • 201406226川端は表彰台を逃した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み