陸上

【陸上】トラックシーズン開幕!陸上競技部インタビュー第一弾


2015年3月19日(木)
法政大学多摩キャンパス

陸上のトラックシーズン開幕して1ヶ月あまり。そして関東インカレまであと数日。
今回の取材の第一弾は苅部監督、猪口、川端両主将。
冬季の取り組みや今季の目標、意気込みなどを伺った。

 

 

2015031910
グラウンドで取材に応じる苅部監督

監督、選手コメント

苅部俊二 監督

―昨シーズンを振り返って
短距離は日本リレー選手権で4×100mリレーで優勝して、4×400mは2番で、リレーとしては形になってきたなという感じですね。インカレはちょっと駄目だったのですが、リレーはいい感じですね。あとハードルの1年生の金井(大旺)が世界ジュニアにも出てだいぶ形になっていますね。跳躍はちょっとインカレ等々で点が取れていなくて少し寂しいですね。

―今年の主将に猪口選手が選ばれた経緯は
後輩のめんどうもちゃんと見るし、力もあるしそういったことを総合的判断しました。

―冬場はどういったトレーニングをしてきたか
例年と変わらないですけど、去年のリレーの結果を継続していかないといけないなと思っています。1人メンバーが代わるので、それをどうするかを合宿などで見ていくことと、あとは個人で中々上位に入れていないので、関東インカレでしっかりと上位に入れるようにしっかり強化していく、という感じですね。

―リレーのメンバーで冨田智選手(14年度卒)が抜けるが代わりに入る選手は
新しく良い選手も入ってきていますね。候補は去年の補欠メンバーだった選手とあと1年生で良い選手が入ってきているので、彼らを上手く使ってという形ですね。法政二校もインターハイ勝っていて、そこのメンバーが2人上がってきているので、彼らにもとても期待しています。

―この冬季の期間で特に成長が感じられた選手は
長田(拓也)がいいですね、あと大瀬戸(一馬)もいいですね。ただ持病の腰があまり良くないですね。ただそれまでは凄く良い感じで調整できていますね。長田と大瀬戸は、大瀬戸は日本トップレベルなのですけれど、長田もあわよくばという感じですね。

―昨年日本代表も経験し、今年世界陸上も狙っていくうえで大瀬戸選手の状態は
この間まで凄く良くて、本当にどこまでいくのかという感じだったのですが、やはりここにきて調子が早く上がり過ぎてしまってという感じで、今少し落ちている状況なのですけど、むしろ今少し落ちていたほうがこれからシーズンに向けて上がってくるので、ずっと絶好調よりは良いかなと捉えています。

―昨年アジアジュニアを制するなど、1年生ながら好結果を残した金井選手の現状は
金井もそけい部を痛めていて、ちょっとハードルを跳べていないのですが、致命的なものではないので、彼には矢澤(航、13年度卒)の後を継いでもらわなければいけないです。13秒台はもうすぐに出るとは思いますね。

―矢澤選手も大学でともに練習されていますがそのことで金井選手への影響は
日本でトップの選手なので凄く良い影響があると思います。目標が近くにあるということなので。岸本(鷹幸、12年度卒)も金丸(祐三、09年度卒)も来てくれていますし、日本のトップの選手と毎日競えるということは非常に学生にとっては有益なことですね。

―昨年は1年生の金井選手が活躍したが、今年の新入生で期待できる選手は
幅跳びの佐久間(滉大)選手が断トツで本当にシニアでも代表クラスだと思いますね。彼に凄く期待していますね。ただもう1人、松添(基理)というインターハイで2位の選手も来ます。彼も佐久間選手の影に隠れていたのですけど、相乗効果で2人とも良いジャンパーになって欲しいですね。佐久間に関しては今年8m跳んでもらいたいなという期待はありますね。

―幅跳びで高校の1、2位の選手が入ってくるが、法政として跳躍(幅跳び)を強化していくということなのか
元々強化はしていたのですが、大学の推薦枠の問題があって跳躍を1人しか取れないので、なかなか強化は難しいですよ。投てきも1人しか取れないですし。潤沢に枠がある大学ではないので、どこかに特化していくのは難しいです。跳躍種目は4種目あって、その各種目に1人ずつという感じなので、強化はしているけれど、まんべんなく点を取るのは凄く難しいです。幅跳びに特化していくわけではなく、トップの選手を取っていくという形ですね。それでたまたま幅跳びが強いだけで、戦略に取らないと偏ってしまいますので。

―今年苅部監督ご自身も陸連の強化委員の短距離部長に復帰された。法大のみならず日本の陸上界の強化も期待されますが
代表を持つということは重責があるので、それだけの責任を重く受け止めていますけれど、ロンドン五輪までは私がやっていたので、2年空いてまた私にということで、やるべきことは理解しているつもりです。2020年に向けた強化を長期的にしていかないと、2020年に失敗する可能性もあるので、そこを見据えた強化をやっていかなきゃいけないなと思っています。

―法大の監督として今年の意気込みを
少数精鋭なので、インカレの上位で入るのは難しいので、個々がしっかりと力を発揮していくこと、1人でも多く世界で羽ばたくような選手が出てくれたらなと思います。ユニバーシアードも今年ありますし、狙える選手が何名かいますので、世界陸上もアジア選手権もあるので、インカレは大事な大会ではあるのですが、インカレを目指すというよりもっと上の大会を目指して欲しいというのはありますね。そういうところで法大をアピールしていく、まんべんなくではなくて突出した選手を出していくというのが、今までのスタイルでそういう色を出していきたいですね。あとは女子が増えたので、アピールできたらなと思いますね。今まで1人、2人だったので。ただそれでも結果を残しているので、今年3人入ってくるので、それほど強い選手ではないのですが、ここで法政の女子が頑張っているぞというのをアピールできたらなと思いますね。

 2015031910
グラウンドで取材に応じる苅部監督

 

猪口悠太 主将

―主将になって心境の変化はありますか
前に比べて周りをよく見るようになったことと、練習に対しての自分の気持ちの入れようというか主将だからもう少し頑張らなければいけないというのは自分のなかで変わりました。

―主将として全体に対して一番心がけていることは
やっぱり環境というのが大事かなと僕は思っています。みんなが楽しく、でもきついところはきつく、気持ちよく練習したり試合に臨んだり、普段の生活も寮内の生活もあんまり困らないようにというのは主将になってからは心がけています。

―チーム全体としてはどう思われていますか
良い感じでできていると思います。先輩後輩関係なく練習でお互いの良いところ悪いところなど、こうしたほうがいいんじゃないのかとかそういうのを言うことができる環境にあるので、今年は単距離チームとして良いシーズンになるのではないかなと思っています。

―個人として昨年を振り返ってみて一年どうでしたか
1回ぐらいタイム出せたのですが目立った成績を残せなかったのであまり良いシーズンではなかったです。

―現在の課題は
練習でできていることが試合でできていないというのがひとつありますね。あとは試合で本数を重ねると疲れてあまり走れなくなっているので本数を重ねられないというのが課題です。

―どのような練習を中心に始めていますか
冬季は昨年走る前に俺走れるのかなとか距離に対する不安があったので、今年はあまり僕の適性ではないのですが長い距離を走るということを昨年に比べて積極的に入れています。

―昨年は200mのほうが走りやすかったということでしょうか
そうですね。400mの選手なので200mもなんとか走れるだろうというのと、スピードがある程度あるので200mのほうが気持ちてきには楽でした。

―現在の調子は
沖縄合宿でけがをしてしまって少しずつ治ってきて今日もまあまあ走れたのですがあんまり良くはないです。   ―レースのときに意識していることはありますか 前半のスピードが僕の売りだと思っているのでそこは失くさないようにというのはずっと心がけています。

―4×400mリレーについてのメンバーは
固定はしていませんが昨年とあまり変わらないです。

―リレーではどのような練習をおこなっていますか
バトンでジョグをしたり、バトンを持って走ったりですね。昨年と練習メニューは変わらないのですが3本あったら1本目はマイルを意識して1レーンで走ったりみんなで一緒になって走ったりなどマイルを少し意識して走るような内容に今年はなっています。

―新入生について注目している選手はいますか
村瀬(翔太)ですね。練習を見ていても結構仕上がってきているのかなと思います。

―今年の目標は
最終学年ですしキャプテンなので関東インカレはメダルを取って、できれば優勝できれば一番いいかなと思っていますけど三番以内には入りたいですね。タイム400mは46秒0、45秒台が出ればいいなと思います。

201503199
主将としての決意を語った猪口

 

川端涼夏 女子主将

ー昨年一年間を振り返って
昨年は前半戦は結構良い感じで日本選手権も入賞することができて、自分の成長を感じられた前半戦だったかなって思うんですけど、後半はちょっとタイムも伸びなくて走りも納得いくものができなくて、色々経験できた一年だったかなって思います。

ー苦しかった時期はありましたか
私は400メートルハードルで歩数とかで自分の調子が分かってくるのであまり足が合わなくなったりとか、タイムが上がらなくなった時とかは少しきつい時期はありましたね。

ーその中で見つかった収穫や課題は
自分の走りが変わってきたなかでそれに合わせる力というのがまだ付いてなかったかなって感じる部分もあったり、疲労の抜き方っていうのを自分の中で見つけていかないといけないのかなっていう発見はありました。

ー今年度の目標は
今年度は前から目標にしていた58秒台を出すことを一番の目的にしています。タイトルとかでいうと、関カレでは二種目優勝することを目標にして、日本選手権では決勝に進んで成績を残せたらいいなって思います。

ー昨年の関東インカレでは400メートルで優勝し、連覇と期待されますが
あまり連覇とかは考えていないんですけど、400メートルで優勝して400メートルハードルでは3位だったので、そこらへんはあまりプレッシャーとか感じないように自分のベストな走りができたらいいなと思います。

ー昨年は好成績が続きましたがその要因は
やっぱり冬季を結構詰めたっていうのは効いてるなって思ってて、あとは走り自体も良くなっていましたし、ハンドリング等も色々と自分なりに考えて改善できてきていたので、まだ完璧とは言えないですけど、自分の走りにあってきたかなっていう前半戦だったのでそこが良かったかなって思います。

ー女子選手が少ない中で普段どういった練習をしていますか
400系の人は私しかいないのでほとんど男子と一緒に練習するっていう感じなんですけど、男子と走ることでタイムも練習の質も上がってきますしその中でも自分の中での目標タイムとかは見失わないように、男子の先輩方はすごい方が多いので色々と意見を聞いて自分なりに意見を聞いて走りにつなげようとしています。

ー女子選手も今年度から新たに入部されますが女子だけで練習したりはしますか
たまに女子だけっていうのもあるんですけど、100、200の人が多いのでその人たちがやる練習しても多いのでそこはみんなで競い合ってやっていけたらいいなって思います。

ー自身のフォームにこだわりや理想像はありますか
そんなにこだわりとかはないんですけど、自分にあった走りができるように心がけていて、私は結構ストライドが広い走りをするので、そのストライドが狭くならないようにって意識はしています。

ー重点的に取り組んでいる練習方法や調整法はありますか
ほとんどメニュー通りにやっているんですけど、女子は長い距離を走ることが多いので体力をというか、心肺系のメニューをやっていると思います。

ー注目の新入生はいますか
女子は入ってきても3人なのでみんなに注目してもらいたいんですけど、今回から女子はリレーが始まるので是非リレーの方は頑張りたいなと思います。男子の方は、跳躍陣で跳躍陣での子がいいと聞いたので期待しています。

ーラストイヤーにかける思いは
あまり昨年度の成績を気にせず、ラストシーズンなので大学の最後を締めくくれるいい成績を残したいなと思います。

 201503198
今年は法大女子にも注目だ

 

今後の掲載予定

坪田智夫駅伝監督、佐藤和仁駅伝主将、大瀬戸一馬、足羽純実、坂田昌駿、金井大旺、佐久間滉大

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み