陸上

【陸上】第94回関東学生対校陸上競技選手権大会 展望

第94回関東学生対校陸上競技選手権大会
2015年5月14日(木)~5月17日(日)
日産スタジアム

いよいよ明日から関東学生対校陸上競技会選手権大会(以下関東インカレ)が始まる。
今年の法大陸上部はどんな活躍を見せてくれるか。

 

 

 

 

 

 

201505132 R
昨年の関東インカレの大瀬戸(手前)と西垣。100mとリレーで活躍が期待される。

エントリー選手一覧

種目選手名
男子100m 大瀬戸一馬(3)、西垣佳哉(4)、長田拓也(3)
200m 大瀬戸、長田、川辺隼也(1)
400m 猪口悠太(4)、伊藤健太(3)、矢野琢斗(3)
800m 中村彩人(3)
1500m 福田兼士(1)、坂東悠汰(1)
5000m 足羽純実(3)、矢嶋謙悟(1)
10000m 中村涼(4)、足羽
ハーフマラソン 佐藤和仁(4)、藤井翔太(4)、細川翔太朗(2)
110mH 里地勇飛(4)、金井大旺(2)、川島滉平(2)
400mH 岡田壮平(4)、濱井涼介(3)、中矢光一(2)
3000mSC 阿部泰久(2)
走高跳 小川僚太(2)、芋川駿(1)
走幅跳 高野恭平(4)、佐久間滉大(1)、松添基理(1)
三段跳 酒巻陽平(2)
砲丸投 高橋剛志(3)、香山勇輝(4)
円盤投 沖見拓真(1)
やり投 望月雄太(2)
4×100mR 西垣、大瀬戸、長田、川辺、平山裕太(1)、村瀬翔太(1)
4×400mR 猪口、岡田、伊藤、矢野、本間大介(2)、片山雄斗(1)
   
女子400m 川端涼夏(4)
100mH 鈴木美帆(1)
400mH 川端
4×100mR 川端、内山恵梨子(2)、吉武志織(2)、斎藤杏里彩(1)、鈴木、田中芹奈(1)
4×400mR 川端、内山、吉武、斎藤、鈴木、田中

※数字は学年です。

 

展望

 いよいよ、明日から第94回関東学生対校陸上競技選手権大会(以下関東インカレ)が始まる。

 短距離陣の注目はやはり大瀬戸一馬(スポ3)だろう。大瀬戸は先日行われた世界リレー選手権大会(以下世界リレー)で日本代表として出場し、銅メダルを獲得している。大学短距離界では同じく代表であった桐生祥秀(東洋大)の実力がずば抜けているが、2番手争いは混戦だ。大瀬戸と同じく世界リレーに出場した谷口耕太郎、200mで好タイムを持つ直木雅文ら中央大勢、織田記念で桐生を破ったケンブリッジ飛鳥(日本大)、東京六大学陸上で優勝した小池(慶應大)などライバルは多いが、結果を残せるだろうか。

 金井大旺(スポ2)は110mHでは昨年のアジアジュニアを制しているが、この大会では決勝で失格となっている。今季はけがで出遅れているが、リベンジを果たし、表彰台を獲得できるか。
 400mHでは濱井涼介(社3)が成長を見せている。先日行われた法大記録会で50秒代をマーク。決勝進出、表彰台も十分狙えるタイムを残している。
 そして最も優勝が期待されるのがリレー種目だろう。男子4×100リレーは昨年日本リレー選手権を大会新記録で制した。そのメンバーから冨田智(14年度卒)が抜けるが、西垣佳哉(スポ4)、大瀬戸、長田拓也(経3)と3選手は残るため、今年も大きな期待が懸る。また新たに入るメンバーにも注目したい。1年生3選手がメンバー入りしているが、岩壁杯で3走を務めた村瀬翔太(経1)が有力か。ライバルとなるのは桐生擁する東洋大、選手層の厚い中央大、早稲田大だろう。昨年日本一の意地を見せられるか。
 男子4×400リレーは昨年関東インカレ、全日本インカレで予選落ちとなったが、日本リレー選手権では2位に入った。メンバーに大きな変化はないが、今年こそ決勝進出、表彰台を獲得して欲しい。加藤修也を擁する早稲田大は強敵だが、どこまで迫れるか。

201505132 R
昨年の関東インカレの大瀬戸(手前)と西垣。100mとリレーで活躍が期待される。

 長距離陣ではエースと言われる足羽純実(現3)が10000mと5000mにエントリー。2週間前に行われた日体大記録会で自己ベストをマークするなど、好調を維持している足羽。強豪校のエース級の選手が多くエントリーする中でどこまでの走りを見せられるか。6月に行われる全日本大学駅伝の予選会に向けて、今回の10000mの記録は1つの目安になるだろう。
 ハーフマラソンには主将の佐藤和仁(スポ4)、藤井翔太(経4)、細川翔太朗(経2)がエントリー。3年連続の出場となる佐藤は目標である入賞に挑む。細川は2月の神奈川マラソン、3月の立川シティマラソンとロードで結果を残している。今大会は初出場となるが、上位に食らいついてもらいたい。

201505131 R
六大学陸上で柳(早大)と競る足羽。他大学のエースとどこまで渡り合えるか。


 フィールド競技の注目はやはり走幅跳だろう。世界ジュニア5位の実績をもつ佐久間滉大(スポ1)は高校を卒業したばかりの選手ながら、大学でもトップクラスの記録を持つ。1年から優勝も十分狙えそうだ。また同じく1年の松添基理(スポ1)も東京六大学陸上を制するなど、存在感を放っている。ルーキー2人が学生跳躍界に旋風を巻き起こすか。

 女子では昨年の関東インカレで活躍した川端涼夏(スポ4)に注目。400mでは優勝、400mHでは3位と好結果を残した川端。ラストイヤーは2種目制覇が期待される。
 また今年は久々にリレーにも出場する。リレーもやはり川端が中心となるか。他大学の壁は厚いが、どんな走りを見せてくれるだろうか。

 今年は昨年までとは違い、4日間連続での開催となるため、選手には疲労も心配される。そんな中でどんな結果を残せるだろうか。法大の選手達の活躍から目が離せない。(佐々木岳)

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み