陸上

【陸上】第94回関東学生対校陸上競技選手権 2日目

第94回関東学生対校陸上競技選手権 2日目
2015年5月15日(金)
日産スタジアム

陸上の関東インカレの2日目。この日は多くの決勝種目が行われた。
注目の男子100mでは長田が2位、大瀬戸が5位入賞。2人も出場したリレーでも3位と結果を残した。
またルーキー松添が走幅跳で3位と健闘。多くの選手が自己ベストを更新し、充実した2日目となった。

201505159 R
100mでベストを更新し2位に入った長田

試合結果

種目別結果

種目名前記録順位結果
男子100m準決勝 長田拓也(経3) 10.39 2組2着
  大瀬戸一馬(スポ3) 10.60 2組3着
  西垣佳哉(スポ4) DNS - -
同決勝 長田 10.35 2位 -
  大瀬戸 10.44 5位 -
男子400m準決勝 矢野琢斗(スポ3) 46.69 1組2着
  伊藤健太(経3) 46.89 2組7着
同決勝 矢野 48.90 8位 -
男子110mH準決勝 金井大旺(スポ2) 14.14 1組3着
同決勝 金井 14.26 6位 -
男子3000mSC予選 阿部泰久(理2) 9.16.97 2組9着
男子走幅跳決勝 松添基理(スポ1) 7m74 3位 -
  高野恭平(スポ4) 7m57 8位 -
  佐久間滉大(スポ1) 7m49 10位 -
男子砲丸投決勝 香山勇輝(経3) 15m26 10位 -
  高橋剛志(現4) 14m90 11位 -
男子4×100mR決勝 平山裕太(経1)-大瀬戸-長田-川辺隼也(スポ1) 39.37 3位 -
女子400m準決勝 川端涼夏(スポ4) 56.31 2組5着
 
※()は学部、学年です。結果欄の☆は決勝進出、○は準決勝進出、●は敗退。

戦評

 今日最初に登場したのは110mH準決勝に出場した金井大旺(スポ2)。けががまだ完治しておらず、練習を積めていない中14.14で3着に入り、決勝進出を決めた。だが午後に行われた決勝ではスタートで遅れ、6位に終わった。
 女子400mでは川端涼夏(スポ4)が出場するも、序盤からスピードに乗ることができず、連覇のかかった種目ではあったが準決勝で姿を消すことになった。続く男子400mでは矢野琢斗(スポ3)が自己ベストを更新して、決勝へ進む。だが決勝では後半のびきれず入賞とはならなかった。
 今日唯一の長距離からの出場となった3000mSC予選。阿部泰久(理2)が出場するも先頭についていくことができず、決勝進出は叶わなかった。

 フィールド競技では走幅跳の松添基理(スポ1)、高野恭平(スポ4)が3回までの跳躍でトップ8に残った。高政和也(順大)が8m03の大会新記録を叩きだした中で、松添はファールをしても最後まで攻めの形は変えなかった。結局1本目に跳んだ7m74で、1年生ながらも3位という好成績で終え、成長の感じられた大会となった。昨年のインターハイを制し、今大会でも期待の懸かった佐久間滉大(スポ1)は思うような跳躍ができないまま終わってしまった。投てきでは砲丸投の香山勇輝(経3)、高橋剛志(現4)が出場するが共に入賞へは手が届かなかった。

201505154 R
高野も自己ベストで8位入賞。

 2日目最も盛り上がりを見せたのは男子100m。準決勝では前日のけがの影響で西垣佳哉(スポ4)が棄権。だが大瀬戸一馬(スポ3)、長田拓也(経3)は危なげない走りで決勝へ駒を進める。決勝では注目の桐生祥秀(東洋大)が棄権し、表彰台への可能性は両者とも大きく高まった。結果は長田が2位、大瀬戸は5位となった。長田は15日だけで自己ベストを3回更新する大躍進を遂げ、1位とは僅差で敗れたがこれからに向け大きな一歩となった。一方で大瀬戸はけがの影響もあり、本来の走りはできなかったにも関わらず5位という結果を残した。
 100mのレース終了後に行われた4×100mリレー決勝は1走の西垣が抜け、表彰台を目指すには不安要素もあったが、1年生の平山裕太(経1)、川辺隼也(スポ1)が奮闘し、見事3位を勝ち取った。アクシデントがあった中で好結果を残したことは、リレーチームにとっては大きな収穫となったはずだ。

2015051511 R
3位に入り、表彰台で笑顔を見せるリレーメンバー

 明日は200mや400mHなどの予選が始まる。長田や大瀬戸などここまで多くのレースに出場している選手は疲労が出始めるころとなり、けがが一番の気がかりとなる。選手たちは体力を温存、回復に努め、レースに臨んでほしい。(羽根田萌)

 

選手コメント

長田拓也

―100m2位という結果でしたが、今の心境は
予想していない順位でした。桐生選手(東洋大)が棄権するとなったときに表彰台いけるかなという感じはありました。走っているときも隣に橋元選手(早大)がいて、それを抜かせば2位に入るんじゃないかと思って最後頑張ったので、結果的に1位とちょっとの差(2/100秒差)でしたけど、そこは予想していなかったので2位はとても嬉しいです。

―走り終わった後にガッツポーズが出ましたが、そのときは優勝だと思ったのでしょうか
それはないですね。みんながスタンドですごく騒いでいて『ああ、じゃあこれ表彰台いったな』と『よしっ』と思ってしました。そのあとリプレイを見たら意外と(タイムが1位と離れていない)っていう感じでした。優勝というのはあまり意識していなかったです。

―決勝のタイムが10秒35でしたが
自己ベストだったのですが、目標が今季10秒2代を出したいなと思っているので、とりあえずはまず10秒35を出すことができて良かったと思います。ですが、ここからどんどん上げていくことができればいいなというタイムです。あとはこのタイムが出せたことで日本選手権のA標準きれたので、そこが大きかったなというのはあります。

―予選も10秒36、準決勝も10秒39というタイムでしたが、これはいけるのではないかなという思いはありましたか
あんまりなかったですね。準決勝も全体で見たら僕の力で見るとたぶん6~8番手くらいのつもりでしたし、準決勝はすごく緊張していてちょっとがちがちになってしまったのですが、それでも決勝は自信を持って臨めました。

―同じ決勝に出場していた大瀬戸選手については、どのように意識していますか
やはり彼は僕らの世代でいうと1番の選手なので、入学したときからずっと上にいて目標とする存在でしたが今回は(大瀬戸選手が)けがであまり詰めることができなかったので、いつか万全の彼と戦って勝ちたいとは思っています。

―今日のコンディションは
今日は思ったより昨日の疲れが残ってなくて、いけるかなという感じで、調子は良いと思っていました。

―関東インカレに臨むにあたって強化、改善していた部分はありましたか
スタートからの加速部分で、大瀬戸の動きを見て参考にして、加速の段階の部分を修正していました。

―先日、苅部監督が冬から成長している選手に長田選手を挙げていたが、ご自身でもそのあたりから伸びているなとは感じていましたか
ここ最近はその感じはありました。春先は順調にいってはいるがまだ不安があって4月の岩壁杯あたりで結果が出始めて、そのあたりから自信はありました。  

―4×100mリレーについて、3位という結果はどのように感じていますか
西垣さんが抜けてしまって、正直良くても5位くらいかなと思っていたので3位に入ることができて、それも2位と僅差(1/100秒差)だったのでそこはすごく嬉しく思いますし、1年生が良くやってくれたと思います。

―西垣選手が抜けて問題はなかったのでしょうか
問題はなかったとは言えませんが、それでも今のメンバーで本当に良くやってくれたなと思います。

―今日のレースから、これから強化、改善していく部分は見つかりましたか
スタートからの加速は良くなりましたが、スタートで出て10メートルのところでどうしても離されてしまう部分があるので、そこは改善していきたいなと思います。あとは後半競ったときに今日はケンブリッジ選手(飛鳥、日大)にやられてしまったので、僕の強みである後半ももっと磨いていけたらいいなと思います。

―これからの目標は
まずは日本選手権があるので、日本選手権で決勝に残ることを目標にして、その後は全カレがあるので、全カレは全カレでまたもっと高い目標を見つけて、まずはタイムとして10秒2代を狙っていきたいです。

―明日のレースについては
明日は予選一本なので、正直ベスト三本並べて身体疲れていると思うのでできるだけ力は温存して、難なく予選は通過できるようにしたいと思います。

 

 大瀬戸一馬

―100m5位、リレーで3位という結果についていかがでしたか
僕自信100mの予選でけがをしてしまって、あまり状態が良くない中でのレースでした。100mの5位については、1、2点取れればいいなくらいの感じだったので、この結果はとても嬉しいです。しかも長田が2番に入ってくれましたし。でもけががなければ調子も上がってきていたので、優勝もなくはなかったなと思うのが悔やまれる部分ではあります。でも総じて良かったかなと思います。ここで2部落ち争いから抜けたと思うので、100mに関しては良かったです。 4継も僕のけがと1走の西垣さんのけがで急遽(組んだメンバー)でしたが、この1年と3年で組んだことで、来年もいけますし、良い経験ができるなと思ってやりました。タイムもすごく良いですし、3番にも入れたので良かったです。しかも1、2走のところは初めてで、ぶっつけ本番でバトンが駄目だったので。少し不安もあり、バトンも上手くいかなかったのですが、タイムも良かったですし、来年のためになるのでリレーに関しても良い結果だったと思います。

―大瀬戸選手は先週まで世界リレーに出ていました。コンディションの調整が難しかったのでは
調整はしにくかったのですが、世界リレーで周りからの評価が上がり、それでSEIKOゴールデングランプリで藤光さん(謙司)も結果残していましたし、(コンディション調整は)言い訳にできないなと。逆に世界リレーで結果を残したからこそ、個人でも結果残したいなという気持ちがあったので、気合いれて大会に入りました。調子も良かったのですが、けがをしてしまったということで、なんとも言えないですけど。難しい状態の中でしっかり調子を持ってこれたことは、これからに繋がることだと思いました。

―予選でけがをした中でも100m決勝は準決勝よりタイムが上がりました
準決勝は力感的には8割5分くらいで走りました。50mくらいで決勝には残るなと思ったので、足の方が心配だったので、それ以上は出さずに無理せずレースをしました。決勝は足の具合も準決勝より良いのでないかと思ったので、9割くらいまで上げたので、タイムも上がりました。主観ですけど9割くらいの力で10秒44を出せたのはすごく大きいなと。予選も最後流して10秒32だったので、今自分は調子が良いのだと感じられたのはこれからの自信になりますね。

―100mでは同学年の長田選手が2位に入りました
そうですね、練習から調子も上がっていましたし、ゴールした時はチームメートとして嬉しかったです。リレーでも同じチームで走れるので頼もしいですし、すごく良いことだと思うのですが、僕もずっと自分の学年の中で日本のトップを走ってきたので、学校内で負けられないなと。練習でも一緒に走りますし、自分にも良い意味で影響があるなと思いますね。今回は素直におめでとうと言いたいです。でもこれからは負けません。そういう感じですね(笑)

―西垣選手、大瀬戸選手のけがなど、万全でない中で結果を残したリレーには収穫も多かったのでは
1走とアンカーは1年生ということで、大学陸上デビューでこんな大きな大会で走ることもなかなかないので、2人にとってはすごく良い経験ができたと思いますし、来年に繋がると思います。1年生が入ってきて、1年生内でもメンバー争いがあって奮起すると思うので、チームにとってこの結果が良い方向にいくんじゃないかと思います。

―優勝した中大の2走が世界リレーで同じく代表だった谷口選手(耕太郎)でしたが
中大もけが人もいましたが、メンバーが揃って充実していましたね。谷口も調子が良さそうでしたね。ただレーンが離れていたので、むしろ1個となりの早稲田の方を気にして走ったという感じでした。ただ今回は中大など他大学との勝負というより、自分たちのレースをすることをメインに考えていましたね。

―明日の200mには出場するのか
未定です。明日次第です。僕自信出たい気持もありますけど、今回はちゃんと調整をしているというわけではないので。あくまで日本選手権をメインに考えているので、そのために明日どうするか、という感じですね。

―明日200mに出場するとしたらどんなレースをしたいか
まずけがを悪化させないというのが第一の目標です。そのような状態でもしっかり走りたいですね。準決勝には残れる実力はあると思うので、無理せず準決勝に残る、というのを考えています。無理しないでも準決勝に残るくらいでないと日本では勝負できないので、これから200mもやっていきたいと考えているので、そういったレースができればと考えています。

 

松添基理

―3位という結果で終えましたが、今の心境は
順位はやっぱり優勝を狙っていたので、その点については満足していませんが、上(1位、2位)が少し強すぎたのかなっていうのはあったので、まあ3位で少し満足はしています。

―大会新記録を高政選手(順大)が出したときはどのように感じていましたか
8メートルって見た瞬間は『まじかっ』と思いましたが、逆に流れができていたのでそれに乗っかって自分もやろうと思って頑張りました。

―7m74という記録については納得していますか
そうですね。1本目に7m74跳んで安心して、2本目からしっかり狙おうと思っていきました。でも1本目にしては良かったと思います。

―その後ファールが多かったですが、それは攻めた結果ということでしょうか
はい。2本目以降のファールは、しっかりと攻めた結果のファールだったので、次に繋がる良いファールだったなと思いました。

―コンディションについては
コンディションについては、MAXで昨日の夜からもうずっと興奮しっぱなしで、すごく良かったです。わくわくして楽しみで楽しみで仕方なかったです。

―東京六大学対校陸上から何か意識して練習してきたことはありましたか
六大で一本うまい助走ができて、それがすごく良くて、その跳躍はファールだったのですが、それに近づけていこうと思って今日まで練習してきました。今日も結果それを超えることができたので、しっかりとベストは跳べたと思います。

―今日の跳躍をふりかえって、何か課題は見つかりましたか
ばらつきが少し目立つ試合になってしまったので、そこをしっかりと精度を高めていけたらいいなと思います。

―これからの目標は
こんな間近で8メートルを跳ばれて、やっぱりすごく負けた感じになってしまったので8メートルという数字を目標としてこれからもやっていきたいです。

 

金井大旺

―6位という結果について
スタートで少し遅れて、前に出られてガチガチになってしまいました。5台目くらいでハードルの上に足が乗ってしまって、それで(スピードが)止まってしまいました。後半も加速できずに終わりました。

―タイム(14秒26)について
練習もあまりできていなくて、けがもまだ完治していないんですよ。1週間前くらいから練習を始めたくらいで、ほとんど練習を積むことができなかったので、その中でも決勝に行けたので、これを通過点にして日本インカレで結果を残せるように練習していきたいと思います。まずはけがを治して練習をやっていきたいと思います。

―隣のレーンを走ったのが日本王者で今大会優勝した増野選手(元太、国際武道大)でしたがプレッシャーは
プレッシャーとかは特に感じていませんでしたね。

―決勝ではスタートが上手くいかなかったが、準決勝ではスタートが良かった
そうですね。準決勝は予選でちょっと体が動いていなかったんですけど、スタートを修正したので前半は良かったですね。

―次出る大会は
一応水戸招待レースに出るつもりです。

―次の大会までにどう修正していくか
修正するというよりは練習を積むことで、ある程度レース全体として良くなると思うので、まずは練習を積むことですね。

 

フォトギャラリー

  • 201505159 R100mでベストを更新し2位に入った長田。
  • 201505155 R1年生松添が3位に入り、法大の今大会初の表彰台を獲得
  • 201505152 R阿部は上位についていけず予選敗退
  • 201505157 R川端は決勝進出はならず
  • 201505156 R金井は6位と悔しい結果に
  • 201505158 R決勝では振るわなかったがマイルリレーにも期待が懸かる矢野
  • 2015051510 R3走の長田(前)と大瀬戸。リレーで3位の立役者だ。
  • 201505151 R砲丸投の香山は入賞ならず
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み