陸上

【陸上競技】ユニバーシアードで金メダル!そして世界陸上へ!大瀬戸一馬インタビュー


2015年8月2日(日)
法政大学多摩キャンパス

7月8日から行われた学生世界一を決める第28回ユニバーシアード光州大会に陸上競技部から大瀬戸一馬(スポ3)は長田拓也(経3)が出場し、ともに4×100mリレーで見事金メダルを獲得。長田が200mで6位入賞を果たした。
また8月22日から開幕する世界選手権北京大会の日本代表に両選手ともリレーメンバーとして選ばれ、さらなる活躍が期待されている。
今回は大瀬戸選手にユニバーシアードでの活躍、世界選手権への思い、現在の状況などを語っていただいた。

 

※この取材は8月2日(日)に行ったものです。

 

ooseto2 R
笑顔で取材に応じる大瀬戸

4×100mリレーで金メダルを獲得

―まずユニバーシアードを振り返っていかがでしたか
僕が日本選手団の主将を任せられていてプレッシャーもありましたし、なおかつリレーのみの出場だったので、そのリレーをしっかりやろうと臨みました。主将としての走りができたかはわかりませんが、結果がついてきて良かったなというのが一番の感想です。日本選手団の旗手の方が柔道の選手だったのですが、個人で銅メダル、団体で金メダル取っていてちょっと負けられないなと思いましたし、最低でも入賞はしたいなと思ったので良かったです。

―主将として臨んだユニバーシアードは、やはりプレッシャーがいつも以上にあったのでしょうか
プレッシャーも若干感じましたが、やはり責任感などいろいろと感じるものがありました。コーチは僕が主将ということで、全て連絡などを僕に任せていました。

―韓国での生活はリラックスして過ごすことができましたか
そうですね。選手村がとてもしっかりしていて、ご飯もおいしかったですし、部屋も7人部屋でルームシェアみたいな感じだったので楽しく生活もできましたし、とても良かったと思います。

―4×100mリレーで優勝を手にしましたが、世界一となったお気持ちはいかがですか
僕自身は高校時代から世界大会に出させていただいているのですが、最高成績がまだ銀だったので、金というのはやっぱり特別なものですごく嬉しかったですし、一番大きかったかなと思います。世界リレーから世界陸上までいろいろありますが、ちゃんとリレーで結果残せたというアピールができたのはすごく良かったなと思います。

―日本選手権からユニバーシアードまで十分な休みがなかったと思いますが、体調はどの程度まで回復できていたのでしょうか
日本選手権の前にけがをして、日本選手権はなんとかアドレナリンでいった感じがあったので、韓国に行くまではあまり練習ができませんでした。それでも現地に入ってからは試合まで1週間くらい間があったので、その間にうまく調整はできました。

―現地に入ってからの調整は練習が主だったのでしょうか
そうですね。がっつり走りはしませんでしたが、1週間あったので周りの選手よりはちゃんと走っていた感じでした。

―日本選手権直後には、ユニバーシアードでチームジャパンに勢いづく走りがしたいと言われていましたが、それは優勝という形で達成できましたか
金メダルを獲れたという面では、そういったコメントに合うかなと思いますが、僕自身決勝があまり走れなかったという悔やまれる部分もあるので半々の気持ちですね。チームメイトに救われての金メダルという感じだったので。

―予選のタイムは38.93でしたが、優勝への手応えはありましたか
もともと優勝を狙って臨んでいました。一番のライバルがアメリカと思っていましたが、そのアメリカが予選でバトンミスをして敗退したので、そこで優勝は絶対になりました。それに加えてタイムも大会記録を狙えたと思ったのですが、当日台風の関係ですごく風が強く、コンディションが悪かったというのは悔やまれる部分でした。

―決勝はコンディションが悪かった中で39.08というタイムでしたが、メンバーのみなさんはコンディションが悪い中でもタイムは意識していたのでしょうか
台風の影響を受けていたレースだったので、むしろバトンが心配でした。もともと大会記録を狙おうと言っていましたが、目標をシフトしてこの環境で確実に優勝するというのをチームの目標にしました。

―リレーメンバーについては予選と決勝でメンバーが変わりましたが、それはどのように決まったのでしょうか
予選で走った小池(慶應大)がけがをして、そのときに僕と長田がコーチに呼ばれました。理由は走れている二人でなおかつバトンを法大でやっているからということでした。決勝で走る4人はもう決まっていたのですが走順をどうしようかとなり、その相談は僕と長田とコーチ3人でして走順を決めました。

―その走順を決めるのにはすぐに決まったのでしょうか
2パターン用意されていて、どちらのパターンにするのかを二人で決めるというのは、勝手に決めてしまって良いのかなと少しプレッシャーはありましたが、わりとすぐに決まったのかなと思います。

―そのもう一つのパターンというのはどんな走順だったのでしょうか
予選で3走を走った諏訪選手(中大)を1走において、僕と長田は1、2走だったのをそのまま2・3走にずらしてアンカーは谷口選手(中大)のパターンです。メンバーには中大と法大しかいなかったので、いつもバトンをやっている中大は中大、法大は法大で2・3走だけ練習しようという形になりました。

―リレーメンバーの雰囲気はいかがでしたか
良かった方だと思います。決勝のメンバー4人は同期ですし、小池選手も1個下ですけどずっとジュニアのときから合宿などでも一緒になっているので、もともと仲が良かったですね。どちらかというと長田が今年急に来たのでちょっと入りにくい雰囲気あったかなと思うのですが、それでも僕も同じ大学ですし、諏訪選手とも東海地区で一緒にやっていたので馴染めた方なのかなと思います。

―ユニバーシアードで得た課題、収穫はありましたか
僕はユース、ジュニアでずっと世界大会に出場してきて、その代だと日本はリレーが世界で通用していたのですが、ユニバーシアードでも通用するということがわかりました。世界リレーで通用したというのもあるので、世界陸上に向けてうまくつなぐことはできたかな、自分の自信になったなとは思います。

 

初めての世界陸上へ

―世界陸上のメンバーに選出されましたが、決まったときはどのようなお気持ちでしたか
決まった瞬間はほっとしました。世界リレーで入賞したメンバーは日本選手権の決勝に残ればアドバンテージがありました。世界リレーに行くということが日程などとてもハードだったので、そこで結果を残せばアドバンテージをくれると言われていて、日本選手権で入賞すればメンバー入りだったのですが、日本選手権が正直けがなどで結果が8位だったので、不安な部分がずっとありました。

―日本選手権の決勝に残った段階ではまだ不安があったということでしょうか
そうですね。きちんと走っていれば選ばれるということでしたが、結果が8位でしかも結構後ろで走っていたので不安でしたが、なんとか選ばれて良かったです。

―いよいよ世界陸上が迫ってきていますが、それまでにどのような点を改善していく予定でしょうか
1週間ほど前からフォームを変えて、それが上手くいっているので、まずはそこをしっかり固めて、しっかり走れているということをアピールしてメンバー入りをさせてもらえるようにしています。

―なぜ新しいフォームにしたのでしょうか
あまり自分自身の調子が奮っていなかったところで、ふとやってみようと思ってやったら良かったので。

―ご自身のタイミングでフォームを変えたということでしょうか
そうですね。苅部監督は僕たちの気持ちを優先させてくださるので、自分でやっていきながらその中でアドバイスを苅部監督からいただいていました。

―新しいフォームは何を参考に作られたのでしょうか
もともと去年調子が良いときにやっていたフォームをちょっとやってみようと。それと、自分の中でちょっと腕振りについて疑問を持っていて、OBの小林雄一さん(NTN)がそういう腕振りをしていると前におっしゃっていたのを思い出して、もう一度やってみようかなと思ってやったら結果良かったという感じですね。

―新しいフォームはこのまま続けていく予定なのでしょうか
はい。今のところそれが一番いい形かなと思うので。

―法大では現在強化週間ということですが
きつい走り込みというのをメニューとしてやっていますが、その中でもしっかり自分の新しいフォームを意識しながら走り込みをやっています

―現在のけがの状態はいかがでしょうか
万全ではないですが、だいぶ良くなってきています。

―先日のトワイライトゲームス(7月26日に開催)では、シーズンベストの10秒28で優勝をしましたが、やはり手応えはありましたか
そうですね。新しいフォームをその3日前くらいにやって結果的にはまったレースだったので、自分がやっていることは間違いじゃないということを感じました。また、世界陸上代表のリレーメンバーは6人選出されてその中の4人しか走れないので、その4人になるためのアピールができたかなというのがあります。

―トワイライトゲームスで優勝したときのお気持ちは
めちゃくちゃ嬉しかったですね。めっちゃガッツポーズしちゃって後から振り返るとすごく恥ずかしいです。小さい大会などでは優勝していますが、記憶がある中では、たぶん大きな試合で優勝したのは高校以来だと思うので、相当嬉しかったですね。しかも渾身のレースができたので気持ち良かったです。

―レースでは長田選手も出場していましたが
今回長田が2連戦で前日にも試合で走っていて、そこで結構走れていましたが、疲れもあるし、僕もやっと走れるかなと思っていたので、ここでそろそろ一矢報いないと今年ぼろ負けしてるなと思っていました。ここはちょっと勝たせてもらいたいなと思って臨んだので、勝てたのは良かったです。それでも長田がまだ万全ではないので油断はできないなと思っています。

―ハキーム選手(城西大城西高)や長田選手など、ここ最近大瀬戸選手と同世代またはそれよりも若い世代の選手が力をつけていますが、その点については意識していますか
僕は中3のときから世代トップで走ってきて、それが今年一番危ぶまれているので、まずはそこが少し不安というか頑張らなきゃというのはすごく思っています。若い世代はハキームもですが今年インターハイ100mで優勝した大嶋健太君(東京高)も結構すごくて、一個下には桐生(東洋大)がいて、インターハイチャンピオンの中では僕が一番いま上位でやっている方かなと思っているので、良いところを見せていかないと、先輩として引っ張っていくぐらいの力をそろそろ出していきたいなというのがあって、ちょっと焦っています。不安は大きいです。

―トワイライトゲームスでシーズンベスト10.28を出しましたが、今年自己ベスト(10.23)更新は
絶対にします。いつもできるとは思っているのですけどね。たぶん大丈夫です。春先からユニバーシアードが終わるくらいまで、まあまあでは走れていましたが、自分の中では全体を通して大して走れていなかったところで、やっとトワイライトの一週間前から走れるようになってきて今日も結構走れました。後は試合で走るだけかなと。トワイライトも条件が風は良かったのですが、タータンがあんまり良くなかったというのがあったので、きちんとした競技場で走ればベストも狙えんじゃないかなと手応えはあります。そろそろ出したいですね。

―最後に世界陸上に向けて改めて意気込みを
まずは4人のメンバーの中に入って、しっかり世界で勝負したいなと思います。できればメダルを獲るメンバーの中に入りたいなと思っています。

 

(取材:羽根田萌)

 

※長田選手のインタビューは後日掲載いたします。

 

 

ooseto1 R 

大瀬戸一馬(おおせと・かずま)

スポーツ健康学部3年
福岡県・小倉東高校出身。 
自己ベスト:100m 10秒23、200m 20秒64
今シーズンの主な個人成績:織田記念 200m5位/関東インカレ 100m5位/日本選手権 100m8位/トワイライトゲームス 100m優勝

フォトギャラリー

  • ooseto2 R笑顔で取材に応じる大瀬戸
  • ooseto1 R世界選手権へかける思いは熱い
  • ooseto1日本選手権では振るわなかったが、最近は復調気味だ
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み