陸上
 

【陸上】第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 往路での好成績はならず、勝負は復路へ!!

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走
往路:読売新聞東京本社新社屋前-芦ノ湖
2013年1月2日(木)

シード校として出場する第90回東京箱根間往復大学駅伝競走。チームとして定めた目標は昨年を上回る「8位以内」。エース西池(スポ3)や、成長著しいルーキーの足羽(現1)を故障で欠く厳しい状況のなか、シード権獲得のため、そして最後の目標を達成するための戦いが始まった。

今年も3人抜きを成し遂げた5区関口

試合結果

区間別成績

区間名前通過順位通過記録区間順位区間記録
1区 田井 慎一郎④ 11位 1時間3分13秒 11位 1時間3分13秒
2区 佐野 拓馬③ 13位 2時間14分43秒 16位 1時間11分30秒
3区 黒山 和嵩③ 15位 3時間21分27秒 19位 1時間6分44秒
4区 中村 涼② 14位 4時間17分11秒 6位 55分44秒
5区 関口 頌悟③ 11位 5時間37分46秒 6位 1時間20分35秒
※丸数字は学年を表す
 

大学別成績(上位12チーム)

順位大学名 往路記録 1位との差シード権との差
1位 東洋大 5時間27分13秒  
2位 駒 大 5時間28分12秒 59秒
3位 早 大 5時間32分22秒 5分09秒
4位 日体大 5時間33分45秒 6分32秒
5位 青学大 5時間35分04秒 7分51秒
6位 拓 大 5時間35分52秒 8分39秒
7位 明 大 5時間36分01秒 8分48秒
8位 大東大 5時間36分31秒 9分18秒
9位 東海大 5時間37分00秒 9分47秒
10位 日 大 5時間37分12秒 9分59秒
11位 法 大 5時間37分46秒 10分33秒 34秒
12位 帝京大 5時間39分23秒 12分10秒 2分11秒

戦評 

 一区を任されたのは田井慎一郎(経4)。大迫(早大)や山中(日体大)をはじめ実力者がひしめき、戦前からハイペースな展開が予想された今年の一区。レースが始まると、予想通り区間新記録ペースで進行していった。なるべくトップから離されたくなかった田井だが、だんだんと先頭集団から離され、1区中盤には15位集団の中につけることとなる。それでも最後は追い上げ11位でフィニッシュ。同様に一区を担当し「チームに迷惑をかけた」(田井)全日本のリベンジを果たした。
 続く「花の二区」を担当したのは佐野(経3)。高校時代は都大路区間賞獲得など、実力こそ折り紙つきだったもののここまで大学では駅伝出場なし。初の箱根で二区を担当するという大役となった。順位を2つ下げ、区間記録も16位と振るわなかったが、前を走る選手との距離は決して開かせず、こちらも田井に続きまずまずな走りを見せた。 昨年同様、ここからの巻き返しを図りたかったが、次の3区を走った黒山(現3)がまさかの大ブレーキ。昨年は4区で区間3位と好走し、シード権獲得の立役者となった黒山が区間19位の走りに終わったことは、チームにとっても予想外であった。結果順位は15位に後退してしまう。

 黒山からたすきを受け、後方からの単独走となった4区の中村(経2)は、初めての箱根駅伝にもかかわらず好走をみせた。平塚中継所時点では前を走る14位の帝京大との差が約1分あったが、区間6位となる走りで徐々にそれを縮めていく。最終的には後退してきた順大を追い抜き14位で小田原中継所へ到着した。
 そして舞台は5区へ。法大の5区はもちろん“山男“関口(社3)。中村の踏ん張りにより、前の走者が見える状態でたすきを受けた関口は、序盤から早いペースを保ち順位を上げる機会をうかがう。昨年のような驚異的な追い抜きはなかったものの、着実に前の選手を捉えていき、最終的には3人抜きの11位でゴールした。 
 「3区がすべてかなと思います」。坪田駅伝監督は往路終了後このように語った。だが同時に「うちの目標は8位以内、その思いが強いほど達成できると思う」と話す。ポイントにあげた6区は田子駅伝主将(経4)が務める。彼が一斉スタートの前方につけ、2年時(学連選抜で出場)に経験した6区で前を走る走者を捉えることができたならば、シード権獲得、目標達成は現実のものとなるだろう。復路は田子を含め9区松田(社4)、10区高梨(社4)と3人の4年生が走る。後輩たちに最高の置き土産を渡せるか否か。彼らの意地が、フィニッシュ時の法大の順位を決めるといっても過言ではない。(佐藤康平)

コメント

坪田智夫駅伝監督

―往路の総括をお願いします
3区がすべてかなと思います。でも、それ以外は想定通り走ってくれました。1区のあの厳しいレース展開の中、田井が全日本の反省を活かして、まとめる走りをしてくれました。本当にいいタイムで走ってくれたと思います。佐野に関しても目標のタイムに比べれば若干悪いんですが、順位をキープしたままよく走ってくれました。ですが、3区(の黒山)は大きい舞台も経験してて、信頼もしていたので、まさかですね。練習の状態も悪くなかったので、しっかりまとめてくれるのかと思ってたのですが。
でもその後、4区の中村が初めての箱根だったのにあれだけの走りをしてくれたので、よく頑張ってくれたと思います。欲を言えばもう少し上の順位でゴールしたかったのですが、まあ「駅伝」というものを見たのかなと。悪いまま終わらないで、そこを中村がしっかり切ってくれましたし、明日もう一回気を引き締めて、1つでも上の順位でゴールしたいと思います。
 
―明日に向けて
明日は設定したタイム通りに走ってくれれば結果はついてくるという状況です。うちの目標は8位以内なので、その思いが強いほど達成できると思いますので、しっかりともう一度気を引き締めて復路スタートから大手町のゴールまで頑張りたいと思います。ポイントは6区(の田子)ですかね。やはりスターターが崩れてしまうとあとから盛り上げることはなかなか難しいので。あとは4年生ですね。9区10区の4年生(9区:松田、10区高梨)がしっかり締めてくれれば結果はついてくると思います。
 

5区・関口頌悟

―今日のレースを振り返っていかがですか
追わなければいけない展開になって、気負いすぎてしまって、入りが速くなってしまったかなと思います。去年に比べると風もなくて走りやすく、その分前半リズムに乗れてたんですけど、下りになった時に向かい風にあって、そこで切り替えにてこずってしまったかなというのはありますね。
 
―目標タイムは
目標タイムは78分台と自分の中で掲げていたので、そこから考えると1分半~2分くらい悪かったです。リズムが崩れてしまったのが一番の反省点だと思っています。
 
―監督からの指示は
特別はありませんでした。自分のリズムで行けと言われたんですけど、ちょっと気負い過ぎてしまったので、自分のリズムというよりかは突っこんでしまったかな、と。
 
―西池選手の欠場による心境の変化はありましたか
特別ありません。12月の頭からちょっと彼が走れてなかったので、彼がいなくても戦わなきゃいけないという気持ちはもう箱根前からありました。出雲でも全日本でも、西池がいなくてもという話は坪田監督とずっとしていたので。彼がいなくてもしっかりと8番以内に入れないと、彼に対しても失礼なので、しっかりやろうという気持ちは変わりませんでした。
 
―明日の復路の選手に向けて一言お願いします
自分で本当はシード権内にゆとりを持って入りたかったんですが、11番という結果になって申し訳ないです。ですが、皆しっかり練習出来てるので、信じて大手町で待ちたいと思います。
 

1区・田井慎一郎

―レースを振り返っていかがですか
区間1ケタぐらいで来たかったので悔しいです。先頭が高速レースになることは予想していたので、そのままついていくのではなく、トータルで速くということを意識しました。

―監督からの指示は
良い状態ではなかったので、後ろからついていって最後に上げていくようにとのことでした。

―どのような思いで臨まれましたか
チームが主導権を握れるようにとの思いでした。

―けがの状態は
ごまかしながら走っていました。

―2区以降の選手へメッセージを
ふがいないレースをしてすみません。頑張ってシード権につなげてほしいです。

 

フォトギャラリー

  • 201401021 R今年も3人抜きを成し遂げた5区関口
  • 201401022 R悪い流れを断ち切った4区中村
  • 201401023 R初の大学駅伝で2区を走った佐野
  • 201401024 R実力を出し切れずに終わった3区黒山
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み