陸上
 

【陸上】第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 ―4年生コメント―

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走
2013年12月16日
法政大学多摩キャンパスグラウンド

箱根駅伝まであと2日。今シーズン、法大陸上競技部は三大駅伝の全てに出場する。10日に行われたエントリー発表で、4年生からは5名が選出された。今回は田井慎一郎(経4)、高梨寛隆(社4)、松田憲彦(社4)、脇坂曉史(社4)のインタビューをお送りする。
学生生活最後のレースとなる4年生に、箱根駅伝にむけてそれぞれの思いを伺った。

※この取材は12月16日に行われたものです

201312164 R
大手町で再び歓喜を!

田井慎一郎 「しっかりと自分の役割を果たし、楽しんで走りたい」

―現在の調子はいかがですか
あんまり良いとは言えないんですけど。ずっと上尾ハーフあたりのけがを引きずって今までやってきて、最近ちょっとずつ合流できるようになったんでまあまあかなっていう感じです。

―合宿では他の選手と同じ練習をこなしましたか
何回か別メニューでやらせてもらって、ちょっと痛いって感じる時は練習を抜けながらやってました。

―合宿を終えた後の練習については
合宿終わってからそんなに日にち経ってないんで、疲れを抜きながら体の状態を確認しているっていう段階です。

―箱根駅伝を間近に控えた今の心境はどのようなものですか
楽しみです。

―雑誌では一区を走りたいとのことでしたが
そのインタビューを受けた時は全日本が終わった後だったんで、走りたいっていうよりリベンジしたいっていう気持ちが強かったんですけど、今はどこでも任された所をやりたいなって思います。どこでも大丈夫です。

―学生最後の箱根駅伝に懸ける想いを教えてください
これまでチームに貢献できたことが全くないんで最後はしっかりチームに貢献したいっていうのと、今までの試合の中で一番楽しむことを忘れないで取り組んで行きたいと思っています。

―箱根駅伝の個人の目標として何か考えていますか
もちろん区間賞とかそういうのも目指したいとは思うんですけど、それよりも自分の力を出してその舞台を楽しみたいっていうのが一番あります。

―田子選手はどのような主将ですか
言うことも言うし自分でもしっかり取り組んでるんで、すごい前を引っ張ってくれる人だと思います。

―今まで陸上を続けてくることができたのはなぜだと思いますか
好きなんですかね、走ることが。

―寮生活はどのようなものでしたか
最初はここで4年間暮らすのはやばいなと思ってたんですけど、4年生になってみたら本当にあっという間で楽しかったなと思います。

―オフの日はどのように過ごしていますか
部屋でゆっくりしたり、みんなでカラオケ行くことが多かったです。

―学年問わず遊ぶことも多いのですか
はい、そうですね。同学年もよく行きますけど、縦の関係がすごい良かったんでよく行きました。

―最後に、箱根駅伝に向けて意気込みをお願いします
さっきとかぶるんですけど4年生としての役割をしっかり果たすっていうことと、最後の舞台を楽しんできたいと思います。

◎プロフィール
田井 慎一郎(経4=八千代松蔭高)
長崎県出身/身長170cm/体重54kg
5000m=13分56秒35/10000m=28分55秒77
3月に行われた立川ハーフでユニバーシアードまであと一歩の3位。出雲、全日本大学駅伝の両方に出場。

高梨寛隆 「田子はこの1年よくやってくれた。目標達成の為に自分のやれることをやる」

―箱根駅伝のメンバーに選ばれた時の率直な気持ちをお願いします
4年生で最後の箱根駅伝ということでまずはひと安心という感じです。でもチームの目標が箱根駅伝で8位ということでこれはまだ通過点だと思っていて、今は本戦でどれだけ力を出せるかを考えています。

―昨年10区を走りましたが、初めて走る箱根と1回箱根を経験している状態で挑む今回の箱根駅伝において気持ちの面で違いはありますか
去年走ってみて、今まで走ってきた試合とは大きさとか自分の役割が違いました。前回は自分たちの学年も初めて出るということでレースが終わったあと反省点などもいっぱいあったんですけど、今回はそういう反省点などを改善して挑めるので、そういう点で前回とは違うと思います。

―前回の具体的な反省点はどこでしょうか
前の9人の貯金のおかげで緊張した中ですけどシード権ぎりぎりで走るよりかは気持ち的に余裕があり、守りの走りをしてしまいました。今回はそういう反省点を生かした練習だったり試合ができたので、今回は積極的な走りをしたいです。

―冬の合宿はどうでしたか
あと1ヶ月で記録を大幅に更新できるような練習は積めないと思うので、とにかく自分の今の状態を考えながら基礎に振り返って体作りだとか、学校始まってから距離を詰む練習ができなかったので、そういう面でも良い練習ができたと思います。

―自分の持ち味が1番出る区間はどこだと考えていますか
10区だと思います。

―やはり1度走った区間であるという点が大きいですか
前回走ったときの反省点を生かせるという部分もありますし、1回走ったことがあるという点でも走りやすさとかが違ってくると思います。

―10区という区間は自分がストップしてしまったら今までのたすきリレーが全て終わってしまうというプレッシャーがあると思います
どういう区間配置になっても16人のメンバーなら誰でも前の9区間を任せられると思っているので、4年生として最後しっかり走りたいという思いと、前の9人をしっかり信じて、悪いことを考えずに自分の力をしっかり出したいと思います。

―高梨さんにとって箱根駅伝とはどういう存在ですか
地元が茅ヶ崎ということで、ちょうど3区と8区の地点なんですけど、沿道で毎年見ていて、小さい頃はすごい速い人達が走っているなと漠然と思っていて、中学校の頃から陸上を始めて本格的に意識し始めました。大々的に注目されていてすごく大きな大会だと思うんですけど、それ以上に自分の中ではオリンピックに匹敵するくらいの大会だと思います。そういう大会に2度も人生の中で走れるチャンスが来るとは大学入った当初は夢のようなことだったので、すごい嬉しいです。

―田子選手について、主将としての面と、ひとりの同級生としての面で高梨選手にはどう映っているか教えてください
キャプテンとしてここ1年間やってきて、それまでの僕たちが見てきたチームっていうのは本戦に出場できないチームだったんですけど、今年はシード権を持ったチームということなので、キャプテンとしてすごく考えた部分があったと思うんですけど、主将として本当にここまでよくチームをまとめてきてくれたので、田井とか松田とか走りの面からサポートする存在はいるんですけど、チームを救う存在としては田子が主将だったからこそ全日本の予選も突破でき、三大駅伝に出場できたんじゃないかと思っています。同級生としては、盛り上げ役で同級生からも慕われているので、そういう人柄の部分もあったからこそチームをよくまとめられたのだと思います。

―では最後に学生生活最後のレースとなる箱根駅伝への意気込みをお願いします
10年間陸上をやってきて、大学入って3年の前半まで思うような走りができなかったりという中から、しっかり這い上がってきてここまでやってこれたので今までやってきた集大成のことをしっかり本戦で発揮して、チームの目標である8位以内を達成できるように自分のやることをしっかりやっていきたいと思います。

◎プロフィール
高梨 寛隆(社4=法政二高)
神奈川県出身/身長174cm/体重55kg
5000m=14分36秒12/10000m=29分56秒08
前回は10区を担当し、シード権獲得が決まるゴールテープを切った。幼いころから憧れていた箱根路に2年連続のエントリー入り。

松田憲彦 「シード権を獲得して後輩たちへの置き土産を残して、華やかな引退を迎えたい」

―今の調子はいかがですか
順調に、上り調子できています。

―冬合宿ではどのような練習をされましたか
合宿と今季の成績、トータルでメンバーを決めると言われていました。一番決め手となった5km×3本の練習があったのですが、その練習では関口君と競って1秒差で負けてしまいました。けれども、逆に1秒差で抑えられたというのは、自信になったかなと思います。

―関口選手はどのような存在ですか
やはり、5区で頼れる存在です。尊敬できる後輩だな、と思います。

―特に冬合宿で意識された部分は
箱根駅伝はロードで走るっていうのがありますので、トラックレースとは違ったロードのイメージを持ちながら走りました。

―これからどのような練習を中心に行っていきますか
どれだけ力を引き出せるか。ということを考え、自分のやるべきことを集中してやっていきたいと思います。

―今季を振り返っていかがですか
駅伝シーズンになってから、いい調子になってきたので、不安とかはなくやれると思います。

―田子主将はどのような主将ですか
グイグイ、俺についてこいって感じで。本当に、ついていくだけだなと思いました。そして、ちょっと迷ったりしているところは僕らで支え合っています。

―高校の時から同じチームの高梨選手はどういう存在ですか
そうですね、7年間の付き合いになりますけれども。ずっと、背中を追いかけてきた仲ですね。最初(高校)入学したての頃は、5000mのタイムが30秒以上も速い選手でした。大学で並べればいいな、くらいの感じで見ていました。今でもそれは変わらないですね。大学で続けようと思ったのも、高梨が続けるっていう理由もありますし。じゃあ、二人で「法政二高、頑張っているところ見せようぜ」って話をずっとしていたので、励まし合って、スポーツ推薦にどうやったら勝てるんだろう?ということも話していました。だから本当に特別な存在ですね。僕にとっては。

―監督とはどのようなお話をされていますか
出雲、全日本と一応主要区間を任せてもらったのですが、その位置づけを説明してもらいました。「一人でも安定して走れるところを買っている。」と言われましたので、箱根でもそれが生かせればなと思います。

―プレッシャーは感じてますか
プレッシャーは常にあります。今年の箱根駅伝ではプレッシャーに呑まれました。それがいい経験になったので、それをプラスにやっていけたらなと思います。

―学生最後の箱根駅伝への思いをお聞かせください
一度経験したとはいえ、あこがれの舞台というのもありますので、そこでリベンジを果たしたいという気持ちはあります。

―上尾ハーフの際、リベンジという意味で希望は9区だとおっしゃっていましたが、9区のどこに力をいれたいですか
15kmの給水ポイントから、残り8kmは平地なのですが、本当に長く感じるのでそこでどれだけ一人で(ペースを落とさず)押していけるかっていうことがカギになりますね。

―箱根駅伝への意気込みをお聞かせください
そうですね。やはり、中学校のころから憧れていた夢の舞台なので、そこで区間8番以内の走りをして、9区で活躍して、シード権を獲得して後輩たちへの置き土産を残して華やかな引退を迎えたいなと思っています。

◎プロフィール
松田 憲彦(社4=法政二高)
神奈川県出身/身長178cm/体重58kg
5000m=14分18秒75/10000m=29分35秒80
前回は9区を担当、今季は自己ベストを連発。ゲン担ぎとして、右手にその日の目標を書いてレースに臨むそう。

脇坂曉史 「自分自身が高めることができた4年間。精一杯走る覚悟がある」

―箱根駅伝のメンバーに選ばれた時の率直な感想をお願いします
自分が選ばれた理由としては合宿の結果が良かったから選ばれたと思っていて、選ばれなかった4年生の分までしっかり走ろうと思いました。

―上尾ハーフでの結果は自分自身どう見ていますか
64分台は出ると思って練習していたので、65分40秒という結果には満足はしなかったです。

―脇坂選手にとって箱根駅伝とはどんな存在ですか
高校まで野球部だったので、大学に入って駅伝をやるということは他の人から見たら異色だと思うんですけど、自分は大きい大会で自分の力を発揮したいというのがあったんで、箱根はそれを最大限に発揮できる場所だと思います。

―自分の持ち味が1番発揮できる区間はどこだと思いますか
復路が4年生として走るべき区間だと思うので、10区を自分の中では走りたいと思います。

―箱根駅伝が学生最後のレースとなりますが、今までの約4年間を振り返ってみてどんな思いが今ありますか
先ほども言ったとおり野球部だったので大学から陸上をやるというのは高校までの部活と違ってスポーツ推薦の方がいっぱいおり、レベルの高い環境の中でやれるっていうのは自分にとって良い経験でしたし、箱根という大きな目標に向かって打ち込んでいくことによって自分自身も高めていける。そんな4年間でした。

―野球から陸上へ転換する時にきっかけとなったものは何ですか
もともと走るのが好きだったので、自分の高校に伝統行事で72km走るというのがあったんですけど、そこで1位になったことによって自分は長い距離を走るのに向いているのではないかと思いました。

―先生から薦められたわけではないということですか
そうです。学校も自分で受験して入りました。

―田子選手について、主将としての面と同級生としての面で脇坂さん自身はどのような人物だと思っていますか
主将としては、チームのこと本当によく考えていて、言いたいことは自分としての考えをしっかり持っていて、チームを良い方向に導いてくれる良い主将だと思います。同級生としては、自分が陸上部に入って右も左も分からない1番最初の時に声を掛けてくれた選手で、見た目は強面な感じもするんですけど、本当に気さくで一緒に頑張っていこうと言ってくれるようなそんな同級生です。

―では最後に、学生として最後のレースになる箱根駅伝に向けての意気込みをお願いします
絶対に外れない自信があるので、最後まで任されるか分からないですけど、もし任されたら外れてしまった人の分まで精一杯走る覚悟はあるので応援よろしくお願いします。

◎プロフィール
脇坂 曉史(経4=北見北斗高)
北海道出身/身長178cm/体重59kg
5000m=14分40秒37/10000m=30分18秒71
高校までは野球部に所属。大学から陸上部に転向。4年間の努力が実り見事エントリーメンバー入り。

 

フォトギャラリー

  • 201312164 R大手町で再び歓喜を!
  • 201312165 R取材中には笑顔を見せた高梨
  • 201312166 R前回3区を担当した田井
  • 201312167 R「駅伝シーズンになって調子がいい」と松田
  • 201312168 R脇坂は最初で最後の箱根路に挑む
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み