陸上

【陸上競技】第95回東京箱根間往復大学駅伝競走直前インタビュー 第2回 青木涼真、岡原仁志、強矢涼太

箱根直前インタビュー
2018年12月15日(土)
法大多摩キャンパス

 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根)まで残すところあと5日。箱根を2週間後に控える今月15日に、箱根への意気込みや想いを伺った。今回は青木涼真選手、岡原仁志選手、強矢涼太選手のインタビューをお届けする。

DSC 0152
 前回箱根5区区間賞の青木

インタビュー

青木涼真

–エントリーメンバー入りを受けて
今年は怪我なく間に合わせることができれば入れると思っていたのでとりあえず一安心です。

–エントリーメンバー入りは当たり前ということでしょうか
そうですね、やらなくてはいけない立場なので。

–去年との意識の違いは
去年は上りが初めてということで結果がどうなるか分からず、ある程度稼ぐ役割だなとは認識していた程度で手探りの状態でした。今年は区間賞という高いレベルを要求されると思うので気が引き締まる思いです。上級生という立場でもあるのでチームに勢いを与えていかなければならないので、例年より気合が入っています。

–富津合宿ではどのような練習をされましたか
昨年と同様、宿の関係で2回に分けたということで前半では高めの刺激を入れて、後半では仕上げという形でした。この合宿では自分の中で一番集中出来て質の高い練習ができるので、今年もしっかりと練習できたので良かったと思います。

–現在の調子は
昨年の合宿が去年一年間のピークになってしまって、箱根ではピークより落ちてしまったのかなと思っています。今年はピークが上がりきっていない状態でありながらも去年より質の高い練習を積め、ここからピークを上げていくことができるので、昨年より良い流れで来れていると思います。

–今のチームの状態や雰囲気は
例年より層が厚くなってきていて、今年は10人に入るのが大変なのではないかと思います。2年生では田辺、1年生では鎌田が出てきて、3.4年生の層が厚い中でエントリーメンバーに入れたことは今後に向けて良い流れではないのかと思います。

–3年生が多くエントリーされました
今年の箱根で僕と佐藤と岡原と松澤が走りました。1年生時から僕と佐藤はレギュラーの立場でやらせてもらっている中で、他のメンバーも走って結果を出してくれることは嬉しいです。4年生は層が厚いので抜けるとかなり穴が開いてしまいますが、頼もしい選手が出てきているので良いことなのかなとおもいます。

–今後の箱根へ向けた調整は
特に考えて決めているという訳ではないのですが、その日その日の体調であったり一週間の流れを把握し練習を組み立てていくことは得意なので、今回の箱根も気負わずに調整できたら良いなと思います。

–故障明けで挑んだ全日本では快走でした。スターターとしての手応えはありましたか
1区は全日本で懲りたといいますか、向いていないと思いました。僕自身は全日本の走りは満足していなく、もっと良い走りができたのではないかと考えています。僕の走りのタイプが1区は向いていなくて、遅れないでついていくという最低限の走りしか出来ないのかなと思います。区間賞などの走りができるのは単独走の時だと思います。なので箱根の1区に憧れはないです。

–今年も5区でしょうか
監督も外す気は無いと言っているので、覚悟を決めています。

–単独走が得意ということでどの位置でのタスキ渡しが走りやすいでしょうか
前に人がいたら走りやすいので、1位で来なければ有難いですね(笑)。抜く相手を残しておいてほしいです。

–7月頃にヨーロッパ遠征へ行かれていました
関東インカレの結果を受けて、関東学連の方で選考していただきました。東海大の館澤君だったり、2部の3000mSCで優勝した荻野君(神奈川大)などが選ばれて派遣で行きました。そこでは一週間の中で試合を3000mSC2本とペースメーカーをこなしました。3000mSC一本目は時差などがあり体調が優れない中でありながらセカンドベストくらいで走れました。もう一本の方でもベストが出せて、ユニバーシアードの標準も狙っていたのですがきれなくて悔しかったです。ペースメーカーも含めて世界を体感できたことは良かったなと思います。

–夏は怪我の影響で練習が積めませんでした
夏合宿は得意ではなく、陸上人生で夏合宿をガンガンできた年がないです。今年はやらなすぎかなと思ったのですが、春シーズンでの試合の経験値は他の選手よりかなり稼げているので穴埋め出来ればいいなと思いました。しかし箱根前の調整期間では、他の選手よりしっかりとやらないといけないなとは思っています。

–今年の箱根では走り終わった後に余力が残っていたと仰っていました。今回の箱根でのレースプランは考えておられますか
前回は失敗しないで区間上位ということを念頭に入れていたので、最初から攻めずに抑えめで入って後半あげるというレースプランでした。今回はある程度突っ込んで入って後半粘る走りができるようになってきていると感じているので、前回よりはタイムを意識して走ろうと思っています。

–山上りに向けた練習は
特にはないんですが、グラウンドが改修工事で使えません。いつもはグラウンドでジョグしていたのですができなくなってしまい、今は学校の周りを走っています。アップダウンがあるので走っていれば勝手に練習になるのかなと思います。

–山の神と言われることについてのプレッシャーはありますか
そのあだ名自体はそこまで好きじゃなくて、僕も一学生なのでそう言われても持ち上げすぎだろとは思っています(笑)。強いて言うなら法政の山の神くらいで呼んでほしいです(笑)。

–エース区間の二区で勝負したいなどはありますか
周りが強い中で走りたいという欲がなくて、出雲や全日本は距離が短いのでいいのですが、箱根は長い距離なので誤魔化しがきかないのでまだ早いのかなと思います。来年はいけるという自信がつけばいいかなと思います。

–四年生が卒業されたらエースとして活躍されると思います。既にエースとしての自覚はありますか
佐藤と僕が次の一番手になると思うのですが、佐藤より自分が優っているとは思っていなくて、だからといって佐藤にエースの座を譲ることもしたくないので2人で引っ張っていきたいです。

–箱根への意気込みをお願いします
あまり構えすぎずに走れば結果がついてくると思うので、後は体調管理や調整などをしっかりとやっていきたいです。

–ファンの方へ一言お願いします
箱根は10人で走りチーム一体となって走るものなので、チーム全体を応援していただけたら嬉しいです。法政大学の名前を背負って頑張るので、全区間応援していただけたら嬉しいです。

 DSC 0152

青木涼真(あおき・りょうま)
生命科学部3年
1997年6月16日生まれ
167センチ・55キロ
出身校:春日部(埼玉)
1万メートル自己記録:29分30秒64

 

岡原仁志

ー現在のコンディションについて
悪くないです。

ー昨年の箱根駅伝を振り返ってみてどうですか
昨年はチームとしては目標を達成できましたが、個人としては悔しさが残りました。

ー昨年は7区11位でしたが、今年はどのように考えていますか
今年はたぶん往路を走ると思いますが、どの区間であっても5番以内を目指して走りたいです。

ー希望区間はありますか
3か7区を走りたいです。

ーどのくらいの順位、タイムを考えていますか
タイムはコンディションによって違うので考えていませんが、順位は区間5番以内が目標です。そして、順位をキープ、もしくは上げていくような走りをしたいです。

ー今シーズン9月の日体大記録会で自己ベストを更新しましたが
調整なしで出てあまり合わせていなかったにも関わらず自己ベストが出たので、そこに関しては力がついてきたのかなと思います。

ー出雲、全日本を振り返ってみてどうですか
出雲は悔しさが残りました。しかし、全日本では結果が出せたのでとりあえず状態は上がってきていると思い安心しています。

ー今年の急成長の要因はどう考えていますか
特に変わったことはしていませんが、上のチームで練習ができるようになり練習の強度が上がったからだと思います。

ー自身の強みを教えてください
今年になってスピードが付いてきたのでラスト勝負は負けないと思います。

ー直前合宿ではどのような練習をしましたか
そんなにガツガツ追い込んではいませんが、試合を想定したペースで走ることができて状態も上がってきています。

ー同期には実力ある選手が多いですが
ライバルとして刺激を受け合いながら走れているのでお互い良い関係だと思います。

ー法政のキーマンは誰ですか
大畑さんです。

ー応援してくれる人へのメッセージをお願いします
家族や中学、高校、大学の友達が期待してくれているので、その期待に応えられる走りをしていきたいです。

DSC 0142

岡原仁志(おかはら・ひとし)
経済学部3年
1997年11月15日生まれ
177センチ・57キロ
出身校:広島国際学院(広島)
1万メートル自己記録:29分47秒

 

強矢涼太

ーエントリーメンバーに選ばれた感想を
3年目にしてやっと16人に入れました。16人に入れただけでは意味ないので10人に入ってしっかり(箱根駅伝を)走れるように、ここから勝負だと思っているので気を引き締めていきたいと思います。

ーエントリーメンバーに選出された際に監督から何かかけられた言葉などは
今年はしっかり走れて記録も残せるようになってきたので、特に個人的に言葉はいただいてないんですけど、自分の力通り発揮していければ良いかなと思います。

ー初の箱根駅伝となりますが
今年は夏からも練習が増えてきて自信があるので、初めてということで全然慣れてない舞台ですけど、力を発揮できる自信はあるのでしっかり調整していきたいです。

ー走りたい区間などは
贅沢を言って選べる力は今はないのでしっかり任された区間で今持っている力を精一杯発揮して走ることが目標だと思います。

ー駅伝シーズンが始まる前はどのような練習を
夏は距離消化をメインに練習を行ってきてその中で秋になるに連れて、長い距離のスピードであったりを磨いてきたと思っています。

ー先日行われた合宿ではどのような練習を
ロードに慣れるという目的の合宿であったのでロードの感覚をつかめる良い機会になったと思います。

ー最近のコンディションは
去年のこの時期はけがとかでコンディションは良くなかったです。でも今年は夏からずっと今まで調子の良い感じでもってこれたと思います。

ー今年の記録会や上尾ハーフなどを総括すると
夏終わってから日体大記録会と上尾ハーフで自己ベストを両方とも更新できました。今までは夏合宿で走れていても秋に結果を出すことができなかったので今年は結果を出すことができたので良い試合になったのではないかなと思います。

ーその上で今ある課題点としては
ハーフでは前半は良い感じで走れて記録としても目標通りだったのですが、後半のペースの落ち込みが激しかったのでそこが今の自分の課題かなと思っています。

ー残り半月ほどとなりましたがどのように課題点を克服していきますか
今から急激に力を伸ばすことはできないので今持っている力を100%発揮できることがこの残りの期間にできることかな思います。

ー箱根駅伝を直前に控えました。緊張などはありますか
いつもの試合とは違って、まだ二、三週間後なんですけど、箱根っていうことを見据えてプレッシャーを大分感じています。

ー今のチームの雰囲気などは
ピリピリした感じはなく、みんな自分の感覚通りにできてこれています。雰囲気は悪くないです。Bチームのみんなも上をサポートしようという気持ちが伝わってきているのでチームの雰囲気としては悪くないと思います。

ー今大会のチームのキーマンは
この一年間、先頭に立って引っ張って来てくれたキャプテン(大畑和真駅伝主将)の走りがみんなの走りに勢いづけてくれるのではないかなと思っています。

ー個人の目標は
最低でも区間一桁の順位で走って、総合目標が5位ということなので5位付近での区間順位で走れるようにしたいです。

ーファンへ一言お願いします
今まで自分はチームに迷惑をかけることが多かったんですけど今年こそは活躍した姿を見せたいと思っています。

DSC 0048

強矢涼太(ごうや・りょうた)
経済学部3年
1998年1月6日生まれ
168センチ・52キロ
出身校:高崎健康福祉大学高崎(群馬)
1万メートル自己記録:30分00秒14

フォトギャラリー

  • DSC 0152
  • DSC 0142
  • DSC 0048
 

 

 

スポーツ法政 最新号

 121

 

定期購読の申込み