陸上
 

【陸上】第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 ―3年生コメント(後編)―

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走
2013年12月16日
法政大学多摩キャンパスグラウンド

箱根駅伝まであと3日。今シーズン、法大陸上競技部は三大駅伝の全てに出場する。10日に行われたエントリー発表で、3年生からは最多の6名が選出された。今回は関口頌悟(社3)、西池和人(スポ3)、森永貴幸(現3)のインタビューをお送りする。
エースとして法大を支える西池、「山男」として前回注目をあびた関口、昨年走れなかった思いをぶつける森永―。箱根駅伝にむけてのそれぞれの思いを伺った。


※この取材は12月16日に行われたものです

201312169 R
取材に応じる西池

関口頌悟「前回は前回。今回は今回で新たにやっていくだけ」

―現在の調子はいかがですか
箱根に向けての最終合宿も無事終えて、いよいよ上がっていくかなっていう。まあ今の所はいつも通り普通にきてます。調子もいつも通りって感じです。

―エントリー発表後の今の心境はいかがですか
選んで頂いたということでありがたいなと。選ばれなかった方も当然いっぱいいるのでその人たちの分もしっかり走らなきゃいけないということで本格的に責任感と覚悟が芽生えてきました。

―チームの雰囲気はいかがですか
若干主力に故障者が出てて必ずしも万全ではないんですけど、合宿でもみんなだいぶ良い練習ができていたので悪くない流れできてるかなとは思います。

―合宿での練習内容はどのようなものでしたか
箱根に向けて最後に少し距離を踏んだりとか。冬にしては少し暖かい所でやっていたのでこちらでやるよりもより質の高い練習ができて全体的に充実していたと思います。

―今年も5区を走られる可能性が強い思いますが、意識している選手はいますか
他大学の選手のことは気にしていません。自分の目標をしっかりやっていければ良いかなと思います。

―昨季の活躍で注目を集め、自分自信や周りの変化、期待を感じることはありますか
特別周りがどうこうっていうのは具体的にないんですけれども、ただ自分の中ではあの走りが基準になってくるなという風に思ったので今シーズン1年間そういうのを意識してレースに臨んできました。

―メディアでも多く取り上げられていましたが、プレッシャーに感じることはなかったですか
あくまでも前回の結果は前回の結果で、今回は今回で新たな気持ちでやっていくので気にはしてないです。

―1カ月後には最上級生となりますが、どのような4年生になりたいですか
今年の4年生が本当に親しみやすく接して下さって自分もすごくのびのびできたので、下級生にできるだけ親しみやすく接していけたらなと思います。その中で田子さんのように締める所は締めてという風にできれば良いかなと思います。

―学年によって色があると思いますが、今の3年生はどのような色ですか
今の4年生がわりかし全体でっていう雰囲気があるとすると、僕らは個人個人という感じです。

―オフの日の過ごし方を教えて下さい
オフが月曜日なんですけど基本的に授業に行ってて、空いている時間に治療に行っています。

―授業を真面目に受けているとよく耳にしますが
そう言って頂けるのはありがたいですけどちょいちょい寝てます(笑)

―朝練をして授業を受けてまた練習というのは体力面できついものがありますよね
1年目はやっぱりきつかったですね。ただまあ2年目3年目になってくると授業数も多少減ってくるので多少ゆとりはあるかなと。

―箱根駅伝で注目して欲しい点はありますか
特別これに注目してくださいっていうのはないんですけど、見てくださった方にぜひとも応援して頂きたいなと思います。

―箱根駅伝に向けて意気込みをお願いします
8位以内を目標として1年間やってきたので、達成できるようにチームに流れと勢いを作れる走りをしたいと思います。

◎プロフィール
関口 頌悟(社3=高崎高)
群馬県出身/身長165cm/体重56kg
5000m=14分13秒76/10000m=28分49秒23
前回は5区で8人抜きの好走を見せ一躍脚光をあびた。今季、関東インカレのハーフマラソン2位の成績を収めている。

西池和人「チームの流れを変える走りをしたい。区間賞も狙いにいく」

―まず、現在の調子を教えてください
上尾ハーフが終わってから少し疲労が出てしまったんですけど、なんとか箱根駅伝に向けてという気持ちでやっています。

―現在重点的に行っている練習はありますか
そうですね、とにかく箱根駅伝で8位以内という目標を達成するように自分の走りをしていこうかなという思いでやっていますね。

―出雲駅伝を改めて振り返ってみてどうですか
出雲は目標をシード権3番という形でやっていて、実力的にもかなり厳しいのは分かっていたのですが、そのなかで8番ということで、なんとかギリギリ耐えきったかなというレースでした。

―全日本はいかがでしたか
全日本は距離も伸びてきていますし、箱根駅伝のイメージもわいてくるレースだったんですけど、そのなかで12番だったというのは、箱根駅伝で8番に入るためには少し危機感の残るレースだったかなと、チームとしてはそういう思いで出雲と全日本は捉えていますね。

―前回初めて箱根駅伝に出場されて、改めてどのような舞台だと感じましたか
規模としては関東の学連の大会なんですけど、周りの反応だったりお客さん、観客の反応っていうのは全国規模で、どの駅伝大会よりも大きいものだと思うので、そういった意味では大学では1番大きい大学駅伝だと思います。規模的には全日本駅伝の方が大きいですけど、箱根っていう舞台はみんなが目指すものなのかなって思いはありますね。

―箱根駅伝を経験されてご自身に変化はありましたか
今まではとにかく1回走ってみたいなぁという思いだったんですけど、自分の走りたい区間を前回大会は走って、なんとかシード権っていう目標をチームとしても達成できて。これまでは箱根駅伝にチームとしても個人としても出たことがなかったので、目標もイメージも漠然としたものだったんですけど、今回からはそのなかでシード権であったり、4年目にはもっと上を目指すって思っていて、前回大会で経験したことはとにかく大きかったということと、シード権を目指すにあたって、どのようにしなければいけないっていうのがより明確になったことが、自分の中で変化したことですね。

―周りからの見られ方の変化は感じますか
箱根駅伝が終わってからの反応っていうのは他の大会でもたまに声かけられることもありますし、そういう面では周りの反応は今まで知らなかった人も(箱根を)きっかけにして知ってくれたと思いますね。

―現在のチームの雰囲気はいかがですか
とにかく8番以内を目標にしているので、それに向けて今年一年間やってきて6月の終わりに全日本(予選会)を通過したときよりも2つ駅伝終えてより良くなってきていると思います。あとはもうやることやるだけっていうのがチームの中であって、チームの雰囲気としては良い方向に向かっているのかなという感じはありますね。

―西池選手から見て、田子駅伝主将はどのような主将ですか
責任感は強く誰よりもやってくれていると思いますし、チームのこともしっかり見ていてくれていると思います。前回大会は田子さんは出場できなくて悔しい思いをされて、そういう思いも持って今年は最後という気持ちでチームを引っ張っていってくれていると思うので、箱根駅伝に対する思いも強い先輩だと感じます。

―箱根駅伝ではどのような走りをしたいと思いますか
今大会の走りっていうのは、ずっと駅伝シーズンが始まってからとにかく3つ(出雲、全日本、箱根)とも区間賞狙いに行くという思いがあったのでその思いだけは変えずにいこうと思ってます。出雲と全日本はダメだったんですけど、とりあえず箱根では流れを変える走りをしたいという風に思っています。もし良い流れであれば自分の前に走者がいたとしても、その良い流れをより良い流れに変えていきたいと思いますし、もし悪い流れできたとしてもそれを変える走りっていうのを自分のところでしたいと思いますし、それが自分の役割だと思うので、そういう思いを変えずにやっていきたいです。

―今大会はシード校として注目されると思いますが、その点についてはいかがですか
注目されるというのはありがたいことですし、そのなかで自分たちのやるべきことをやるだけだと思います。周りの評価っていうのは変わってきてはいると思うんですけど、そのなかで自分たちのやれることをやって結果を求めていくだけだと思っているので、あまり意識しすぎずにやっていこうと思っていますね。

―本番まで残りわずかですが、どのように調整していきますか
とにかくうまく箱根駅伝に標準を合わせていくだけだと思うので、あとは気持ちを整えてしっかりと持っていくことだと思うので、割と気持ちの面を強く持っていきたいなと思います。

―改めて、箱根駅伝への意気込みをお願いします
今年はチームとして昨年8位以内という目標があるので、それに向けて自分はやるべきことをやるだけですし、そのなかでチームとしての位置づけ、自分の位置づけを考えた走りをしたいのと、やはり今年の経験によって来年より良い結果を求めていきたいと思っています。やるからには来年勝ちたいと思っているので、その目標を達成できるようなイメージだったり、チームの状況をつくっていければいいと思っているので、今年は勝負の年です。でも今年のチームは今年しかないので、今年の目標の8位以内をとにかくもぎ取る思いでやっていきたいです。

―個人としての目標はいかがですか
とにかく駅伝をやる上で全部区間賞狙っていくっていうのは思っていたので、できることはやって狙いにいきたいと思います。その上でやれることをやってチームに貢献できたらなと思います。

◎プロフィール
西池 和人(スポ3=須磨学園高)
兵庫県出身/身長169cm/体重49kg
5000m=13分37秒93/10000m=28分39秒04
今季は1万mでベスト更新、上尾ハーフでも2位に入り、好調を維持。

森永貴幸「気持ちが高まってきてる。どの区間でも攻めの走りをしたい」

―今シーズンを振り返っていかがですか
そうですね、特に目立った結果は出なかったんですけど、故障がなかったので、そういう部分では成長したなと思います。1年間通して安定して走れているとは思います。

―今年1万、5000m、ハーフで自己記録を更新されましたが
ベストは出たんですけど、まだまだタイムを出していかないといけないと思っていますし、1万に関しては、まだ30分切ってないですし、今年29分30秒は切ることは目標にしていたので、まだ全然目標に届いていなくて。まだベストは出たんですけど、まだ納得はしていないです。

―どのようなところが課題になりますか
課題は全然積極的でないので、消極的なレースになってしまうことが多いので、そこが1番の課題ですね。あとはラスト粘れないで押していけないっていうのが課題ですね。

―同学年の西池、関口両選手の活躍についてはどう思いますか
前回の箱根もそうでしたけど、やっぱりすごいなーって。でも自分たちもそこを抜くくらいの気持ちでやらないといけないと思うので。すごいって思いつつも、いつかは抜かしてやるって思ってます。

―箱根で4年生が最後のレースになります。4年生の印象というのはどのようなものがありますか
みんな優しくて、面白くて、いい先輩たちです。いろいろ話したり遊んだりしてくれて本当にいい先輩たちです。やるときはみんなしっかりやるので、尊敬してます。

―その中で田子駅伝主将はどのような人ですか
しっかりしてて、自分は田子さんの人柄にあこがれてまして、チーム全体もしっかり見てますし、目標に向かって、本当に背中で引っ張ってる感じで。本当に尊敬してます。

―オフの日は何をされてますか
特に何もしないっていえば何もしないんですけど、基本寝てます(笑)たまに買い物に行ったり、テレビみたり。あんまりアクティブじゃないと思います。

―家にいるのが好き?
そうですね。出るのが基本面倒ですね(笑)

―では改めて、メンバーに選出されたときの心境は
前回の箱根も選んでいただいたんですけど、前回故障で、走れなかったので、今回は選んでいただいたからには走ってやるっていう気持ちでいます。気持ちが高まってきています。

―希望する区間などはありますか
10区走ってみたいです。自分で締めたいですね。最終区間なのでプレッシャーは大きいと思うんですけど、それに変えられないゴールした時の喜びもあると思うので。8位以内をしっかり目指して走りたいです。

―調子の方はいかがですか
よくもなく、悪くもなくですね。箱根に向けてこれから上げていきたいです。

―最後に箱根駅伝の意気込みをお願いします
チームの目標が8位以内なので、それを大切に、どの区間を任されたとしても攻めの走りで走りたいと思います。


 

◎プロフィール
森永 貴幸(現3=西京高)
山口県出身/身長167cm/体重56kg
5000m=14分24秒20/10000m=30分05秒44
今季は5000、1万、ハーフで自己ベスト更新。前回はエントリーされたが、故障で走ることはなかった。

 

フォトギャラリー

  • 201312169 R取材に応じる西池
  • 2013121610 R西池は前回の箱根で1区区間3位
  • 2013121611 R今回も好走が期待される関口
  • 20131213 R「前回の悔しさをぶつける」と森永
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み