陸上
 

【陸上】第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 ―3年生コメント(前編)―

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走
2013年12月16日
法政大学多摩キャンパスグラウンド

箱根駅伝まであと4日。今シーズン、法大陸上競技部は三大駅伝の全てに出場する。10日に行われたエントリー発表で、3年生からは最多の6名が選出された。今回は岩﨑瑛(経3)、黒山和嵩(現3)、佐野拓馬(経3)のインタビューをお送りする。
前回はエントリーから漏れ、努力を重ねてきた岩﨑、前回の好走はまぐれではないことを証明したい黒山、けがを乗り越え完全復活を誓う佐野―。箱根駅伝にむけてのそれぞれの思いを伺った。


※この取材は12月16日に行われたものです

2013121613 R
箱根への思いを語る黒山

岩崎瑛 昨年の悔しさバネに…「チームとしても個人としても勝ちにいく」

―現在はどのような練習をされていますか
今の段階は追い込みの時期なので負荷の高い練習をやっています。

―16人のエントリーの中に入って心境の変化はありますか
やっぱり去年はエントリーにも入れずに、本当どん底だったんですね。今年はその悔しさをバネに反省を生かして努力を積み重ねて、少しずつ夏から結果が出るようになって、なんとかメンバーには入ることが出来ました。心境の変化はやっぱり走るのを楽しまなきゃいけないなと。やっぱり勝負の世界なので。

―夏から結果が出始めたということでしたが、何かきっかけはありましたか
夏合宿に連れて行ってもらって、今まで1・2年生の時の練習は全然ついていけなかったんですけど、今年の練習は調子が上がってきて全部こなすことが出来て、秋先から少しずつなんですが自己新が出るようになりました。

―具体的に、結果が出るようになった要因を教えてください
やっぱり色んなものを犠牲にしてここまでコツコツやってきました。買うものにしても陸上のことを考えたりとか、どうやったら結果が出るのかとか、食べ物もいろいろ買ってきたりしましたね。

―現在のコンディションはいかがですか
調子は悪くはないですね。

―チームの雰囲気はいかがですか
みんな箱根に向けて意識が高くなっているように見えます。

―田子主将はどのような主将ですか
人間的にすごい人で、今まで出会った先輩の中で1番リスペクト出来るし、本当に親分的な先輩ですね。

―陸上を始めたきっかけを教えてください
小学校の時にマラソン大会があって、結構後ろの方だったんです。やっぱり前で走りたい、1番になりたいと思って市内の陸上クラブに入りました。小学校3年生の時です。

―ご自身の走りの強みを教えてください
ラストとかのスピードですね。

―箱根駅伝はご自身にとってどのような大会ですか
僕にとっては小学校からずっと見続けてきた大会のなかで夢の舞台です。

―いつ頃から箱根駅伝が目標になりましたか
高校入ってからすぐ高校の監督さんに進路を聞かれて、大学に行きたいですと答えたので、高校に入る前からですね。

―箱根に向けて意気込みをお願いします
勝ちにいきたいです。チームとしても、個人としても。あとは地元が佐賀なんですけど、佐賀を元気にしたいです。


◎プロフィール
岩﨑 瑛(経3=鳥栖工業高)
佐賀県出身/身長172cm/体重55kg
5000m=14分27秒79/10000m=30分24秒10
夏から調子を上げ見事エントリー入り。ラストのスピードに注目!
 

黒山和嵩「9、10位では駄目。なにがなんでも”8位以内”を取りたい」

―今の調子をお聞かせください
良いとはいえないのですけど、悪いとも言えないです。去年とほとんど同じような感じで。普通って感じです。

―プレッシャーはありますか
そうですね。感じてますね。今年の箱根が予想以上に走れましたので。来年もしっかり走って、今年の力がたまたまじゃないってことを証明したいです。

―監督とは現在、どのようなお話をされといますか
前回は2年生で上級生が多くいました。ですが今回は3年生で上級生。失敗はできないし、いつまでも先輩に頼っていられない。自分がチームを引っ張る気持ちがないと、ということを言われています。

―上尾ハーフの結果についてはいかがですか
悪すぎました。目標タイムが64分ちょうどぐらいだったんですけど、44秒ぐらい(64分44秒)かかってしまって。タイム的にも内容的にもダメなレースでした。

―具体的にはどのような課題が挙げられますか
今年の箱根は20kmなかったので、今のところ、20kmを超えるレースで結果を出せていないです。自分の力不足だと思っています。一番はスタミナ不足が課題です。

―冬合宿ではどのようや練習をされていましたか
みんなで30km走やったり、1000mインターバルとかです。一番きつかったのは、16kmの単独走です。箱根は一人で走ることが多いので。

―やはり、スタミナを重視したのですか
そうですね。箱根も1区以外は一人で走る場合が多いので。いかに、一人で周りがいなくてもしっかりペースを繋げられるか 、に焦点を当てました。あとは、合宿が最後のロードを走る練習でしたので、感覚をつかもうと心がけました。

―これからどのような練習を行っていきますか
特に変わったことはしなくて、距離走やインターバルをしていきます。

―箱根駅伝は4年生が最後のレースとなりますが、中でも田子駅伝主将はどのような主将ですか
法政らしい、背中で語りグイグイ引っ張っていく主将です。部活の時はもちろん、私生活でもかなりお世話になりました。本当にいい先輩です。田子さんがキャプテンでよかったなあと自分が思っています。非常にキャプテンシーの高い人だと思います。

―私生活でお世話になったとは
寮の部屋が近かったので、田子さんの部屋に行ってマッサージやったりとかです。先輩みんな関わりが深いのですが、田子さんは特に1年の時の小さな駅伝大会でたすきを繋いだりしていました。全日本でも私が3区で田子さん4区でたすきをつないだので。そういった意味では、3年間言葉じゃ言い表せないほどお世話になっています。

―箱根で走りたい区間はありますか
3区か4区です。

―やはり、4区の短い区間で持ち味を生かしたいということですか
そうですね。前回のいいイメージがあるので。あと、やっぱり面白いコースなので、もう1回走ってみたいです。前回は悪天候だったので、他のチームの人も苦戦している人が多くて、助けられたというのもあります。天気とかが悪くなくても4区でどれくらい走れるのかを試してみたいです。3区も、なかなか面白そうなコースなので、そういった意味では、走ってみたいと思う気持ちはあります。

―3区のどういった所が面白いと思いますか
下りと直線のコースが好きだからです。3区は下りが基本のコースで、後半とかずっと海沿いで10kmぐらい直線だから、気持ちいいだろうなと思って(笑)

―もし、4区を走ったとしたら、特に頑張りたい所はどういったあたりですか
川があって橋があるのですが、そこで落ちてしまうと一気に抜かれてしまいますので、最後3kmそこまで必死で走って我慢できるかだと思います。

―では最後に箱根駅伝への意気込みをお願いします
今年は、総合8位以上っていうのを目標にしていたので、シード権とっても9位と10位じゃ目標達成にならないからなんとしても8位以内をとりたいです。


◎プロフィール
黒山 和嵩(現3=京都外大西高)
京都府出身/身長168cm/体重53kg
5000m=14分15秒54/10000m=29分21秒09
前回は4区を走り区間3位となり、シード獲得に貢献。レース前はゲン担ぎとして極力面白いことを考えるようにしているとのこと。
 

佐野拓馬 けがを乗り越えてのエントリー「やれることはやったから楽しんで走る」

―箱根まで3週間を切りました、今の率直な気持ちを聞かせてください
3週間という限られた時間の中でできるのは、調整して合わせることだけなので、それをしっかりと行いたいと思っています。

―調整はどのようにされていますか
合宿を終えてある程度疲労が残っていますが、走りとしては悪くないので、うまく疲労を抜きつつ本番に向けて良いイメージをしていきたいと思っています。

―今季は前半にケガがありましたが
左足の外側を4月から6月に痛めてしまいました。3月に自己新記録を出したり(日体大記録会の5000m)走れている中でのケガだったので、気持ち的にも萎えたりはしました。ただ、自分に落ち込んでる暇はないので、その中でもできることをしっかりとやっていこうと練習に取り組んでいました。その後、6月の中旬からよくなり始めて、そこからはだんだんと強度を上げていきましたね。

―けがの間はどのような練習を行っていましたか
経験上、筋力が落ちてしまうことは分かっているんで、心肺に負荷をかけたり筋力を落とさないように努力してました。けがで一番精神的に追い込めたんで、メンタル面の成長には特につながっているのかなと思います。

―その後10月の日体大記録会では1万mで自己ベストを更新しました
日体大記録会では記録を出すという意味合いで走ったというよりかは、ある程度練習という意味で3分でしっかりと押していくという意識だったので。あまり自己ベストをだしたという感覚ではありませんでした。

―11月末の上尾ハーフの記録についてはいかがですか
1時間2分台というのは自分の中で想定していなかったので、記録としては良かったなと思います。ただ、それも集団走の中で誰かに引っ張っていってもらったものなので。箱根は1人で走ることになると思うので、上尾での経験を箱根に活かしていけたらと思います。

―法政には同窓の西池選手がいますが、彼はどのような存在ですか
高校からの付き合いなので。西池には一度でいいから勝ちたいなとは思っています。

―今年はチーム内での切磋琢磨が激しいと聞いています。佐野選手自身はどう感じていますか
経験上みんな自己ベストも伸びていますし、強度の高い練習というのもできてきているとは思いますけど、自分が目指すところはもっと上にあるので。チームがそういう状況の中でも、自分がしっかりと走りで見せていけるように努力していきたいと思います。

―具体的な目標は
記録でいえば1万mは28分台を出したかったのですが、今年はもう記録会や大会がないので。あとは箱根でしっかりとした走りをするだけですね。やることはやってきたんで、あとは去年は知れなかった部分も楽しんで走りたいと思います。


◎プロフィール
佐野 拓馬(経3=須磨学園高)
兵庫県出身/身長164cm/体重50kg
5000m=14分17秒78/10000m=29分58秒18
前半はケガにより思うように走れなかったが、11月の上尾ハーフでは好記録で上位に入る。

 

フォトギャラリー

  • 2013121613 R箱根への思いを語る黒山
  • 2013121614 R前回エントリーされなかった岩﨑だが、今回は見事にメンバー入り!
  • 2013121615 R上尾ハーフでの経験を活かしたいと語る佐野
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み