陸上
 
 

【陸上】第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 ―2年生コメント―

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走
2013年12月16日
法政大学多摩キャンパスグラウンド

箱根駅伝まであと5日。今シーズン、法大陸上競技部は三大駅伝の全てに出場する。10日に行われたエントリー発表で、2年生からは藤井孝之(経2)、中村涼(経2)、佐藤和仁(スポ2)の3名が選出された。
今季、藤井は出雲駅伝でアンカー、中村は全日本大学駅伝で4区をそれぞれ担当し、ともに大舞台を経験。佐藤は夏合宿での練習がうまく積めたことにより、1万mで自己ベストを更新した。今後も成長が期待されるそんな3人にお話を伺った。


※この取材は12月16日に行われたものです
 

2013121616 R
前回の箱根駅伝で8区を任された藤井

佐藤和仁「後輩の活躍は火がつく。自分もやってやろうっていう気持ちになる」

―箱根まで3週間を切りましたが、現在の心境を教えて下さい
箱根のシードを軸に8位以内が今年の目標なので、それに向けて調整をしている感じです。主要区間か準主要区間を走りたいです。

―チーム内にライバルはいますか
全員がライバルです。

―今年は1万のベストを更新されていて調子の良いように感じますが、今年の自分の走りをどう考えてますか
夏に上手く練習をつめて、土台はある程度作れました。ですがその土台のわりに結果が出ないとい状況が続いていました。1年の頃に大きな試合に出ていなかったので、場数が少なくて、試合への合わせ方などがつかみきれず、経験不足感じていました。ですが今は徐々に上向いてきて、夏の成果が結びついてきています。

―今のチームの雰囲気はどのような感じですか
チーム一丸となって良い状態で良い方向に向かっている感じです。

―最近の練習で心がけていることはなんですか
メンバー争いに直結するので、1本1本が背水の陣というか、死に物狂いで取り組んでいます。1本1本が周りとの戦いでもあるし、自分との戦いでもあります。

―今年は駅伝で1年生の足羽選手の活躍が目立っています。後輩の活躍を2年生としてどう感じていますか
やはり悔しいです。そこまで大きく力の差は練習では感じていないけど、それでも試合で結果を出しているので、火がつきますね。自分もやってやろうという気持ちになります。

―4年生が箱根で最後のレースとなりますが、中でも田子選手はどのような主将ですか
本当に男らしいし、なるべくしてなったキャプテンだと思います。田子さんが作り出していく雰囲気だったり、練習だったりが田子さんの色がにじみ出ていて、良い方向に持って行ってくれる力のあるキャプテンだと思います。

―では最後に意気込みをお願いします
去年は目の前で同級生が走る中サポートしかできず、悔しい思いをしました。今年は走る可能性が去年よりは十分あると思うので、今年はその可能性を広げて、しっかり走ってチームに貢献したいです。


◎プロフィール
佐藤 和仁(スポ2=田村高)
福島県出身/身長170cm/体重60kg
5000m=14分20秒75/10000m=29分39秒83
昨年に続いてのエントリー入り。持ち味は「持久力を生かした泥臭い走り」。
 

中村涼「箱根で走れるようさらに気を引き締めていく」

―箱根駅伝まで1ヶ月を切りましたが、エントリーされた今の心境は
そうですね、エントリー16人には最初から入るつもりで今までやってきているので、問題はここから10人に入るっていうことで、さらに気を引き締めている状態です。

―現在の調子はいかがですか
そうですね、少し脚で気になる部分があるんですけど、調子自体は良いです。

―大学での競技生活も折り返しを向かえますが、振り返ってみてどうですか
1年生の頃は全くチームとして機能することが出来なかったので、今年はそれを踏まえて練習をやってきて、これからあとの2年はしっかりチームに機能してやっていきたいと思っています。

―ご自身の走りの持ち味は
今シーズンになって後半が強くなったのでそれを持ち味としてやっていきたいです。

―初めての駅伝レースとなった11月の全日本大学駅伝では、7区・区間9位という結果に坪田監督も合格点とおしゃっていましたが
設定したタイムよりは遅れていたので、満足とかは全くしていない結果になりました。

―全日本を通して得た収穫や課題はどのようなところでしょうか
全日本では1人で走る単独走になったんですけど、1人でペースを刻むことがまだ出来ていなかったので、今までの練習を見返さなければいけないという課題ができました。

―箱根で走ってみたい区間はありますか
力があれば10区を走ってみたいんですけど、自分でもまだ力があると思っていないので、今はもう少し距離の短い区間で。欲を言えば全区間走ってみたいです。

―10区を志望する理由は
最後そこで順位が決まるので責任感はあるんですが、走ってみたいです。

―箱根に向けての個人の目標は
まずは走って、チーム目標に貢献出来るようにしっかり頑張っていきたいです。

―改めて意気込みをお願いします
とにかく頑張ります。

◎プロフィール
中村 涼(経2=京都外大西)
京都府出身/身長163cm/体重50kg
5000m=14分17秒73/10000m=29分22秒27
全日本大学駅伝で駅伝デビュー。今季は5000m。10000m、ハーフで自己ベスト更新。
 

藤井孝之「ライバルに勝ち、順位を上げて活躍したい。」

―今シーズンを振り返っていかがですか
練習は結構前線の方でやってきたんですけど、いまいち試合で結果を残せていなくて。納得のいく結果を出せた試合というのはないんですけど、それでも練習とか、普段坪田さんが見てくれていて、遠征とか、大きな試合でも使っていただいているので、箱根駅伝では今度こそ活躍したいです。

―出雲駅伝はアンカーでしたが、プレッシャーなどはありましたか
自分ではないと思ってたんですけど、こういう結果になってしまったということは、(周りの雰囲気に)のまれてしまってたっていうのはあると思うので、全然いい結果ではなかったです。

―知らないところでプレッシャーを感じていたといことでしょうか
そうですね。まさか自分がアンカーに選ばれるとは思っていませんでしたし、三大駅伝走れるだけでも光栄でした。周りの選手は同じ舞台に立つことがないくらい雲の上のような存在の選手ばかりで、それにちょっともの応じしてたのかもしれないです。

―今季成長した部分はありますか
主に練習になるんですけど、走りで他の選手を引っ張る力がすごいついたんじゃないかなって思います。それと同時に一人で走る力っていうのもついたと思います。

―逆に課題となる部分はどのようなところですか
試合で結果を出せていないので、そこが課題です。練習で自分の方が走れているのに、試合で負けたっていうこととかあったので。そういうので悔しい思いもしましたし、課題というか、今季振り返って駄目だった点です。

―試合で結果を残せていないというのはご自身ではどのようなことが要因だとお考えですか
そうですね、踏ん張るところで踏ん張れなかったり、試合にピークを持っていけなかったり、1番は気持ちの面だと思いますね。

―箱根で4年生は最後のレースとなります。4年生の存在はどのようなものですか
4年生にはお世話になっていて、フレンドリーな人が多いです。よく話しかけてくれますし、練習でも引っ張ってくれますし、最後はみなさんに花を持たせて上げたいと思います。

―中でも、田子駅伝主将はどのようなキャプテンですか
田子さんは選手全員を見てくれていますし、結果が出せていない選手でもちゃんと評価するというか、「○○はよく頑張っている」って言っている話もよく聞きますし、そういった意味ではチームの隅々までよく見ていると思います。プライベートでは陽気っていうか、テンション高くて面白いです。ムードメーカ的存在でもありますね。

―箱根まで2週間ですが、今の心境は
自分今使ってもらえるかわからないので、1回1回の練習に集中してます。故障して出遅れてるので、部屋でセルフマッサージしたりとかしてて、結構緊張感の抜けない毎日です。

―今回は同じ2年生の中村、佐藤両選手も今回エントリーされましたが
1年間を通して、自分は今はちょっと故障してるんですけど、普段は故障しないんですよ。1年間故障しなかった中で1番一緒に走ってきたのがその2人なので、当然2人が選ばれたことも納得がいきますし、自分よりも前を走っていたこともありますから、切磋琢磨できる仲ですね。

―希望区間はありますか
絶対選ばれないと思うんですけど5区ですね(笑)それか今年走った8区で。今年は目標が順位を上げることだったんですけど、順位も上げれず、下がりもせず、区間も12位で。1ケタ目指してたんですけど、だめだったんで、そのリベンジができればと思います。基本往路が走りたいです。

―目標とする選手はいますか
目標というか、他大学にライバルがいます。同じ高校の選手なんですけど、中央の徳永照選手と、駒大の馬場翔大選手なんですけど、同じ高校で、3人で仲良くて、3人でチーム引っ張ってて。その2人は僕よりちょっと速いんですよ。だから、大学に来て、その2人と同じ舞台に立って勝つっていうことが目標です。

―最後に箱根駅伝の意気込みをお願いします
順位上げて活躍したいです。TVに映りたいです(笑)やっぱり元気な姿を地元の人たちに見せてあげたいです。近所の人とか応援してくれる人とかいっぱいいるんで。画面を通して元気な姿をみせれたらなと思います。


 

◎プロフィール
藤井孝之(経2=倉敷)
広島県出身/身長165cm/体重56kg
5000m=14分26秒36/10000m=29分46秒98
前回の箱根では1年生で唯一の出場。今年の出雲駅伝ではアンカーをつとめた。

 

 

フォトギャラリー

  • 2013121616 R前回の箱根駅伝で8区を任された藤井
  • 2013121617 R佐藤は前回走れなかった悔しさをぶつける
  • 2013121618 R全日本で大学駅伝デビューの中村
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み