陸上
 

【陸上】第92回関東学生陸上競技対校選手権大会1日目 川端と矢澤が決勝へ駒を進める

第92回関東学生陸上競技対校選手権大会
5月18日(土)
場所:国立競技場

トラックシーズンのメインの大会の1つである関東インカレが今年もスタートした。今年は18、19日は国立競技場。25、26日は横浜の日産スタジアムにて開催される。  

201305181 R
女子400mで見事決勝進出を果たした川端

試合結果

個人成績       

種目成績選手名記録
男子100m予選 1組6着 石川直人 10.97
  2組4着 西垣直哉 10.79
  3組1着 大瀬戸一馬 10.63
男子400m予選 3組2着 伊藤健太 48.05
  4組4着 矢野琢斗 48.04
  5組5着 猪口悠太 47.57
男子400m準決勝 1組7着 矢野琢斗 49.00
  1組8着 猪口悠太 49.39
  2組5着 伊藤健太 47.92
男子1500m予選 3組12着 渡辺昴 4:04.35
男子110mH予選 1組5着 里地勇飛 14.85
  2組1着 矢澤航 14.07
  3組5着 山口裕之 14.66
男子110mH準決勝 2組1着 矢澤航 14.06
  2組7着 山口裕之 14.79
男子走高跳決勝 6位 高須賀俊徳 2m05
  DNS 笹嶋達也
  DNS 佐藤文哉
男子4×100mリレー予選 2組4着 西垣‐大瀬戸‐小林‐石川 39.92
女子400m予選 4組2着 川端涼夏 56.96
女子400m準決勝 2組3着 川端涼夏 55.90

 十種競技には今年も塩原と久山がエントリー。女子の400mでは川端が翌日の決勝に駒を進めたが、男子400mに出場した矢野、猪口、伊藤の3人が予選は通過するものの準決勝で3人共に敗退となってしまった。男子110mHは山口と矢澤が予選を通過するも準決勝で山口は敗退。矢澤は安定の走りで19日に行われる決勝へ駒を進めている。また、男子100mも西垣と期待のルーキー大瀬戸が19日の準決勝へ進出を決めた。そして、その西垣と大瀬戸に加え小林と石川の4人が出場した男子4×100mRでは見事に予選を突破。25日の決勝 に進出した。その他男子1500mの渡邊は12着のフィニッシュで残念ながら予選敗退。男子走高跳では笹嶋と佐藤が棄権する中、高須賀が6位と健闘を見せた。

 明日19日は100mの準決勝。さらに110mH決勝と女子400m決勝など表彰台のかかった戦いが繰り広げられる。さらに3000m障害や10000mなど長距離陣の活躍にも注目である。(天田小太郎)

選手コメント

西垣佳哉(100m、4×100mリレー)

―100m予選を振り返っていかがでしたか
リレーに比べてスタートがもたついてしまったんですけど中盤は修正出来て、後半は風にやられてしまったので、決勝はもう少しスタートから一気にいけたら良いと思います。

―タイムについてはいかがでしょうか
風を考えても遅いので、向かい風であっても10秒5、6台出せるようにしたいと思います。決勝はタイムより自分との勝負だと思います。決勝行けるか微妙なラインなのでタイムというよりは順位で。

―レース中意識したことはありますか
中盤加速で力を抜くわけじゃないんですけど、リラックスして腰をのせていくことを意識しています。

―リレーレース前メンバーで何か話し合いましたか
去年の関カレは予選9位で決勝に行けなかったので、とにかく決勝に行くことを皆で言ってました。組がきつい組だったので、とにかく決勝に行くことを意識してました。

―今大会のコンディションはどうでしょうか
1か月前の岩壁杯でけがしてしまって出れるか分からない状態だったので、ここにきて合わせてこれたということは自分のコンディションは良かったと思います。

―明日に向けて意気込みをお願いします
とにかく決勝に頑張って残りたいと思ってます。

大瀬戸一馬(100m、4×100mリレー)

―今日のレースを振り返っていかがでしたか
今日は100mの予選とリレーの予選を走らせてもらったんですけど、天候に恵まれず悪条件の中での走りだったんですけど予選を通過できたことは良かったと思います。しかし、まだ自分自身本調子で走れていないので、明日から修正していきたいと思います。

―大学に入ってから初めての大きな大会になると思いますが緊張などはありましたか
関カレは応援がすごいっていうので有名でいざ応援を受けてみると緊張したんですが、けっこう緊張を力に変えられる側の人間なので本当に後押しさせてもらえたなと思っています。

―大学と高校の大会の違いというものは何か感じましたか
レース自体 のレベルが高くて高校では簡単に勝てたレースでも予選から全力でいってギリギリの試合になったり、あと応援がすごくて全国大会ではないレベルでもこの雰囲気や緊張感でやらせてもらえるので、本当に高校とは違い1本1本集中できる環境があるなと思いました。

―今日見えた自分の1番の課題は何でしょうか
リレーにしても100mにしても後半の走りがまだ本調子ではないのでそこを上手くカバーしていくのと、後は速い選手の中で上手くメンタルを持っていけるかというところが課題になったと思います。

ー明日への意気込みをお願いします
目標は3位入賞なので応援よろしくお願いします。

 

フォトギャラリー

  • 201305181 R女子400mで見事決勝進出を果たした川端
  • 201305182 R矢澤は全体1位で決勝進出
  • 201305183 R山口は準決勝敗退
  • 201305184 R西垣は4×100リレーでは1走をつとめた
  • 201305185 R西垣は4×100リレーでは1走をつとめた
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み