バドミントン

【バドミントン】春季リーグ開幕直前! 選手インタビュー(男子編) 

2015年4月8日(水)
法政大学多摩キャンパス体育館

昨シーズンは全日本インカレで団体戦準優勝、秋季リーグ戦でも2位と惜しくも優勝を逃す結果となった男子バドミントン部。悔しい思いを胸に、昨年末に佐野拓磨(経4)を主将とする新体制が始動した。
本記事では、来たる春季リーグ戦でのタイトル奪還に燃える男子バドミントン部にインタビューを行った。
DSC 00861
左から順に、関口、桐田、佐野、西川選手
 

   佐野拓磨主将

 

ーまずは去年1年を振り返って

去年はチームに貢献できなかったことに悔しさがありました。ですが今年はキャプテンなので、しっかりチームに貢献できるよう自分を中心として、一丸となって優勝したいと思います。

ー昨年の秋季リーグ戦で団体2位となり、インカレでも準優勝を果たしましたが、これらの結果についてどう思いますか
あくまで目標は優勝なので、2位は自分の中で嬉しいという気持ちはないですね。インカレ準優勝というのは他の大学から見ればすごいかもしれないですけど、自分達はあくまで優勝を目指しているので、嬉しい結果ではなかったです。
 
ー自身でインカレ後に強化した点
ウェイトとかを強化しましたね。練習ではロビングの正確さや(球を)奥まで高く打ったり、隅に打つよう意識して練習しました。
 
ーそれらの技術は昨年と比べて改善されましたか
目に見える結果はまだわからないですけど、ロビングなどは普段の練習から打っているので、今までとは違い良くなっている感じですね。
 
ーオフの時にはどうしていますか
好きなだけ寝て、そこからゴロゴロしたり録画しているドラマとか見たりしています。
 
ー昨年度主将であった堀内選手が引退して、そこからチームにどのような変化がありましたか
やはり、 堀内さんの存在が大きかったのはチームにありましたね。ただ、今年のチームは特にすごい選手はいないですけど、堀内さんが抜けたことで、みんなで団結してやり、自分達がやらなきゃいけないという気持ちが一層強くなったと思います。
 
ー今年、主将を務めて実感していること
家に帰って風呂に入る時や布団に入るときに次の日の練習メニューを自分が考えないといけなかったり、シングルス・ダブルスの内容を毎日考えたりしているので…。そういうことを実感しています。
 
ーどのようにして法大男子バドミントン部を引っ張っていきますか
自分は堀内さんと違い結果のある選手ではなく、実力で引っ張っていくのは難しいので、周りと話し合いながらいきたいですね。
ですが、何かあったらしっかり自分が試合に勝つことで下もついてきてくれると思うので、そうやって引っ張ろうと思います。
 
ー今のチームの状態
新しい1年生が入り、僕らが最上級生になって最初は気持ちが浮ついていた部分があり、どうなるかなと思いましたね。ただ、合宿も経て気持ちもみんな付いてきたので心理的にはいいかなと思います。
 
ー今年の新入生についてはどう思いますか
シングルスの桐田とは自分と同じシングルなので、お互い切磋琢磨できるような関係でいけたらいいなと思いました。
 
ー今年の抱負
リーグ戦も優勝したいですけど、最終的にインカレで優勝して監督やコーチを胴上げしたいですね。
 
ー応援している人に向けて一言
頑張っただけでは意味がないと思うので、しっかり目標に向けて練習し、勝利を得て頑張ります。

 

関口直挙(経4)

―昨年はどのような一年でしたか

団体戦で使ってもらえるようになって、勝てたことが良かったですが、インカレに出ることができず、良い経験になりましたが悔しかったので、良い年でもあり悪い年でもありました。

 

―団体戦に出るためにどんな練習をしてきましたか

パワーが無いので、ウエイトをするように心がけました。

 

―現在の課題は

ラリーができても、攻める力が足りないかなと思います。

 

―克服するために何が必要だと思いますか

ラリーの中でスピードを変えるなどの工夫が必要で、今までやってきたことではないですが、ラリーを続けることを軸に、練習の中で意識して攻め方を探すことが大事かなと思います。

 

―パワーを付けたいと考えたきっかけは

常に考えています。他の人に比べてショットが遅くて、相手が引いてくれなくなってしまうので、他の人のプレーを見ていて、不足している部分ではあると感じています。

 

―先輩が抜けられた後の意識の変化

主将だった堀内さんがすごいキャプテンだったので、優勝するために何をしなければいけないかということを考えて、そのためだったら自己犠牲も払うような人だったので、堀内さんの存在が大きかったですけど、それは去年までのチームカラーであり、堀内さんになろうとするのは違うと思うので、今年はみんなで助け合うようなチームだと思います。

 

―自分のチーム内の役割は

四年生でもあるので、上の学年が勝たないと下(の学年)も思い切りできないと思うし、安心できないと思うので、勝つことが大前提です。その中でも試合に出る人がやりやすい環境を作ることも役割だと思います。

 

―リーグ戦に向けて意識することは

どこのチームも優勝する可能性もあるし、最下位になる可能性もあって、シビアな勝負になると思います。一本のミスがチームの勝敗につながっていくので、一本をいかに大事にしていくかという練習の中での取り組みが大事だと思います。

 

―今年の抱負

法政大学に入ってから監督を一回も胴上げできていないので、とりあえず春季のリーグ戦で胴上げできるように、そして良いスタートを切れるようにしたいと思います。

 

 

 西川裕次郎(社2)

 

ー去年1年を振り返って

去年は先輩たちを追う気持ちが強くて、ついていくだけの年でしたね。ですが、今年は1年生も入ってきたので、接戦とかも負けられないし、引っ張っていく気持ちでやらないとダメだと思います。昨年とは違った1年となると思いますが、絶対負けないようにしていきたいです。
 
ー去年の全日本インカレの団体戦では、2度に渡り法大に勝利をもたらすなど活躍しましたが、これが自身で大きな転機となりましたか
2-2で廻ってきた場面で勝てたというのは、自分にとってけっこう大きかったと思います。リーグ戦でもそういう場面があるかもしれないので、そういうところに生かしていけたらいいと思います。
 
ー2年目となりますが、昨年と比べて技術面で変わった点などありますか
技術面はあまりないですが、精神面で自信が付き、勝ち方も見えてきたので、これらも生かしていけたらいいですね。
 
ーどのようなチームにしていきたいですか
去年は堀内さんがいて、みんなついていく形だったんですけど、 今年はみんな実力があまり変わらないので、みんなで練習の雰囲気を高めあってやっていけたら強くなるのではと思います。
 
ー今期のチーム内での自身の役割
シングルス・ダブルス両方をやらせてもらっているので、それに恥じぬようにしていきたいですね。ずっと勝っているようなイメージをみんなに持ってもらえるようにしていきたいです。
 
ー佐野主将の印象
話しやすい人ですね。去年と比べて、学年が上がったというのもあるんですけど、自分のやりたいメニューを言ったら入れてくれたりする人なのでいいと思います。
 
ー自身の特徴
自分は周りから見たら変わったプレーをするんですけど、ラリーできるのも特徴の一つなので、しっかり粘って自分の武器である左利きを生かして決めていきたいと思います。
 
ー一方で課題などは
態勢が崩れた時にミスが目立ってしまうので、そういう部分を直していきたいです。
 
ー自身の今期の目標
団体戦では去年よりも、チームに勢い付けるような試合をしたいです。個人戦は全日本総合(選手権)の出場を逃したので、そこまで出れるようにダブルス・シングルスで頑張っていきたいと思います。
 
ー春季リーグ戦に向けて一言
全試合キツくなると思いますが、チームの雰囲気をいい状態でリーグに持っていけるよう 自分が盛り上げる役としてしっかりやっていきたいです。
 
 

桐田和樹(経1)

―法大の雰囲気はどのように感じていますか
自分たちで考えて練習していて、とても雰囲気も良くて入ってきてとても驚いています。

 

―そこが高校と一番異なる点になっていますか
高校は言われてやらされている練習が多くて、大学は自分で考えながら練習していますね。

 

―現在の調子は
まだ大学に入って大学生のプレーについていけていない部分があるので今から慣れていけたらなと思います。

 

―現在の課題、強化していきたい部分はありますか
ミスが多いことです。大学生はラリーを続けないと勝てないのでそこを強化していきたいです。

 

―強化していくためにどのような練習を中心に行っていますか
つなぎだったり、2対1で決まらなくても自分からミスをしないよう我慢していく練習をしています。

 

―法大に入学した理由は
昨年のインカレで団体2位ということと自分の教わっていた監督が法大OBだったということで勧められて決めました。

 

―実業団ではなく大学進学を選んだ理由は
やっぱり実業団を辞めたあとも大学に行っていた方がいろいろと有利なこともあると思うので大学行ってから実業団へいこうと思っています。

 

―大学ではシングルスとダブルスどちらもやっていくなどは決めているのでしょうか
どちらもやりたいですがシングルスを頑張りたいと思っています。

 

―自分の武器は
身長が高い方なので上からのスマッシュなどが武器かなと思います。

 

―団体戦に出場することになったらチームにおいての役割、どのようにチームに貢献していきたいかなどはありますか
1年生ですが、出場できる試合があったら全て勝てるようにして、4年生の先輩たちはどの試合も最後になると思うので、先輩たちに「こいつ使って良かったな」って思ってもらえるような役割にしたいです。

 

―休日はどのように過ごしていますか
練習で結構疲れている日があるので家で寝るか、ガットを張るなどそういうのしかしてないですね。

 

―今年の目標は
1年生ですが、団体も個人もインカレで優勝していきたいです。

 

 

フォトギャラリー

  • DSC 00861左から関口、桐田、佐野、西川選手。
  • DSC 00741佐野拓磨主将
  • DSC 00761関口直挙選手
  • DSC 00811西川裕次郎選手
  • DSC 00781桐田和樹選手

 

最近の記事