バドミントン

【バドミントン】関東大学バドミントン秋季リーグ戦 第3戦

関東大学バドミントン秋季リーグ戦 第3戦
2015年9月19日(土)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

男女ともに1勝1敗で折り返した後半戦。男子は昨秋および今春のリーグ戦で敗れている明大と、女子は専大と対戦。男子は第3シングルスの最終ゲームまで勝負がもつれるも、西川裕次郎(社2)がこれに勝利し、2勝目を挙げた。一方、女子も専大に対し勝利し両チームとも2勝1敗とした。

nishikawaonsep19
西川の勝利がチームを勝利に導いた

試合結果

総合試合結果(男子)

法政大学

3

-

明治大学

2


詳細結果(男子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス ● 関口直挙1-2澁谷勇希(21-16,16-21,18-21)
第2シングルス ○佐野拓磨2-0岡野伸哉(21-13,23-21) 
第1ダブルス  ●日光凌・西智寛0-2高野将斗・宮嶋航太郎(13-21,10-21)
 第2ダブルス ○藤野琢人・河崎駿輔2-0小林俊也・櫻井恵介(21-18,21-13) 
 第3シングルス  ○西川裕次郎2-1水間陽介(21-11,15-21,21-11)

総合試合結果(女子)

法政大学

3

-

専修大学

2

詳細結果(女子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス ○窓場由加奈2-1福永彩(22-20,13-21,21-13)
第2シングルス   ○前田悠希2-0道野京耶(22-20,21-15)
第1ダブルス  ●樋口帆渚実・長谷川由季0-2福永彩・芝野真由(10-21,15-21)
第2ダブルス  ○窓場由加奈・宮浦玲奈2-0森瑞希・吉森朱里(21-14,21-12) 
 第3シングルス ●上野亜実1-2芝野真由(15-21,21-16,15-21) 

 

戦評

男子

  先日行われた東日本インカレで優勝を果たした明大との戦いとなったが、マッチカウント3-2の逆転勝ちを収めた。

 第1シングルスには、関口直挙(経4)が出場。立ち上がりに苦しむも、同点に追いついてからはスマッシュなどの決め球で点を稼ぎ、第1ゲームを奪う。このままその勢いに乗っていくかと思われたが、続く第2ゲームは苦戦する。中盤まで競り合うもインターバル後から、ラリーで競り負けてしまうなど攻めていくことができず、落としてしまう。何とか勝利をつかみたいものの、ファイナルゲームも後半に逆転され、もう一度点を取り返しにいくも最後はネットに引っかけるミスで試合終了。初戦を制することはできなかった。

 次の第2シングルスに登場したのは、今年リーグ戦初出場となった佐野拓磨主将(経4)。序盤から丁寧なショットを続けていく。相手のミスを誘っていきながら点を重ね、21-13で第1ゲームを終える。次の第2ゲームでは、11-3とインターバル前までは圧倒的な強さを見せる。しかしその後は、相手も反撃を見せる。鋭いプッシュやスマッシュで攻められ、佐野はコートに返すことができない。流れを完全に持っていかれ20-20と追いつかれるも、最後は相手のミスに助けられ23-21とストレートで勝利した。

 第1ダブルスの日光凌(現3)・西智寛(経2)ペアは、先日ユニバーシアード代表にも選出された高野・宮嶋ペアと対戦する。第1ゲーム序盤、相手に食らいつくもミスや相手の動きについていけず、苦戦。このセットを落としてしまう。第2ゲームも、インターバル後から相手のショットが冴え、最後も6ポイント連続で取られてしまい攻めきることができないまま終わってしまった。

 1-2ともうあとがない場面で回ってきた第2ダブルスは、河崎駿輔(経3)・藤野琢人(経3)ペア。序盤速い球でのラリーが続くが、しっかりとものにしリードする。後半追い上げられるも相手のミスを誘い、21-18と第1ゲームを切り抜ける。第2ゲームは、中盤12-13と逆転されるも、そこから「1点しっかり取ってまたもう1点」と確実にシャトルを返していき気づけば9ポイント連取し勝利を決めた。

 これにより、法大の勝利は最後の第3シングルス西川裕次郎(社2)に託された。第1ゲームは、相手に緊張があったのかヘアピンミスやサイドアウトでポイントを取っていく。西川もスマッシュなどで攻めていき、一挙7得点連取などの好調を見せ21-11でゲームを先取する。「どんどん点数を取られて差が開いてしまった」と相手の波にのまれ続く第2ゲームを落とすも、第3ゲームは、序盤からスマッシュなど勢いのある攻めで8ポイント連取するなど、相手を追いつめていく。そのままショットを決めていき、最後はスマッシュを叩きつけ勝利を手にした。

 法大は3-2で明大を下し、チームは2勝1敗でリーグ戦を折り返した。次戦の相手は法大と同じ2勝1敗の早大。苦しい戦いが予想されるが、今日多く見られた連続ポイントで、相手が勢いに乗る前に仕掛けていくなど常に攻める気持ちで戦い、早大から勝利をもぎ取ってほしい。(羽根田萌)

女子

  第3戦の相手はここまで2戦2敗の専大。敗れれば入れ替え戦も見えてくる試合だが、見事勝利した。

 第1シングルスは今リーグはじめてシングルスを戦う窓場由加奈(人4)。そんな初陣も奥へのショットを使って相手を動かしリードを奪う。しかし終盤にかけてミスも目立ち始め差を詰められていく。そして守っていたリードをついに追いつかれ、20-20のデュースに持ち込まれる。しかし窓場はアウトを2つ正確に見極める。22-20と第1セットをものにした。しかし第2ゲームは序盤からミスで相手に流れを掴まれる苦しい展開。4-11で折り返す。その後もどんどん波に乗る相手を止めることができなかった。最後はプッシュを打ち込まれ13-20で最終ゲームへ。最終ゲームは序盤から壮絶なショットの応酬。窓場は相手のネット前ギリギリのシャトルにも食らいついていく。相手のアウトにも助けられ11-8とリードを奪う。互いにクロスヘアピンを決め合うなど拮抗したラリーが続くが、16点目のネットインで流れを引き寄せた。21-13で勝利。両者のテクニカルなショットが随所に見られた好ゲームだったが、窓場が競り勝ち、法大が先手を奪った。

 第2シングルスを任されたのは前田悠希(営2)。接戦となるもコースをつくドライブとカットが効き11-7とリードを奪う。その後も一進一退の攻防。取っては取られる展開の中、17-20と先にゲームポイントを奪われてしまう。しかしここからクロススマッシュなどで5連続ポイント。一気に逆転し、第1ゲームを取る。第2ゲーム、前田は初歩的なミスも見られたが、丁寧にコースをついたショットでリードを奪う。中盤以降も相手のネットミスで得点を稼ぎながら、冷静にショットを打ち分けた。結局、前半のリードを保ち21-15で勝利。法大が勝利に王手をかけた。

 第1ダブルスは樋口帆渚実(営4)・長谷川由季(法3)ペアが出場。4-1と良い出だしを見せるも、アウト、ネットのミスが続いてしまう。7-11のインターバル後もリードを広げられ、さらに余裕を見せる相手に完全に流れをを渡す形となる。最後は6連続失点で第1ゲームを奪われる。第2ゲーム、何とか悪い流れを断ち切ろうと強打を続けるもリードを許す。後半も粘り続けてチャンスボールを捉えるらしいプレーも見られたがなかなか連続得点を奪えず、ストレート負けを喫した。

 第2ダブルスは窓場・宮浦玲奈(国2)ペアが出場した。競ったゲームを、宮浦の強気のショットで5連取、9-6と主導権を握る。インターバル後も鋭いスマッシュと素早いタッチで相手のレシーブを崩し続ける。21-14。2人の攻めのバドミントンで第1ゲームを奪った。第2ゲームでも2人の勢いは衰えない。窓場の豪快なスマッシュなどで、果敢にシャトルを打ち込み11-6のリードで折り返す。その後ら宮浦には少しミスも見えたが、リードを保ち続ける。窓場はシングルスの疲れを見せることなくプレー、2人は終始ゲームをコントロールした。21-12で勝利。専大からの勝利を確定させる。

 さらに勝利を収めたい法大。続く第3シングルスを任された上野亜実(人3)は立ち上がりこそ接戦となるが、インターバル後はバックを攻められ苦戦するラリーが続いた。流れを止められす14-21で第1ゲームを奪われる。第2ゲームでも中盤に12-14とリードを先行されてしまう。しかし上野はここで屈しなかった。カット、ヘアピンの前に揺さぶるショットで逆襲。なんとか第2ゲームをものにした。だが第3ゲームでも不本意なプレーが続いた。インターバル後の9-11から自身のミスと相手のスマッシュで4連続失点。この連取が響き、逃げ切られた。15-21で敗戦。第3シングルは専大に譲った。この結果マッチカウントは3-2となった。

 春季リーグで敗れた専大からの貴重な白星をあげた法大。窓場を第1シングルスに起用し先勝、狙い通りのゲーム運びとなった。ゲームカウントの差から秋季リーグの優勝は厳しい、としながらも「インカレにつながる試合をしたい」と語った窓場主将。一つ先の目標へ向けて、チームは残り2戦に全力を注ぐ。(高津勇佑)

監督・選手インタビュー

宮康二監督(女子バドミントン部監督)

ー今日の試合を振り返って
窓場が実は調子が悪いんですよね。それで先週の試合でも、シングルスで出られなかったんです。ただ、今日は(リーグ戦で)山場だったので、無理して行かせたんですけど、窓場がよく頑張って勝ってくれましたね。それで流れができて最終的には3-2で大事な試合が勝てたので、窓場が頑張ったと思います。

ー窓場選手の勝利が選手の気持ちを鼓舞したと思われるのですが、監督としてはどのように思いますか
やっぱ、調子が悪いなかでキャプテン(窓場)があれだけ頑張っていますからね。ただ、自分からみたら他の選手は「もっともっと出来るでしょ」と思える場面が正直多くありました。それで「試合に出ている以上、責任があるからやることをしっかりやってほしい。しっかりやって負けたなら力の差だからしょうがない」と選手に伝えました。やるべきことをやらないで「出るだけで満足」という試合をされたら、出てない選手に失礼ですしね。なので、あまり自分では言わないんですけど明日につなげるハッパをかけたという感じですかね。

ー第1ダブルスの1ゲーム目インターバル前後に監督が積極的に身振り手振りで指導している場面がありました
窓場に関してはもともとシングルス寄りのプレーヤーなのであまり言うことがないんですけど、宮浦に関してはダブルスでラケットをカチャカチャする悪い癖がありますからね。そういう時にしっかり前に出るだとか、ラケットを見て止めるべきだとかということを言いました。まあ、基本的なことなんですけどね。

ー一方、樋口・長谷川ペアの調子が良くないように思えますが...
正直良くないですね。さっきもハッパをかけたんですけど、自分からみたらできることをしっかりやってないように思えます。もっともっとできることがあるので、そこの辺が改善されるといいですね。

ー0-5で敗れた早大戦から今戦まで1週間ありましたがどのように立て直しましたか
それはやっぱり気持ちを変えることだけですね。「1つ負けたけど、まだリーグが始まったばっかでしょ」ということを選手に言いました。まあ、0-5は史上初らしいですけどね。窓場が出れば勝てたかもしれないですけど、調子の問題もあり勝俣(莉里香、営2)に変えてますからね。それで1敗しただけなので、残り3試合強く戦っていくように気持ちを切り替えるようにしました。

ー3-2で勝利したことについてはどのように思っていますか
ここで負けてたらやばかったですね。下手すると入れ替え戦も考えなきゃいけないですし...。ただ、今回勝ったことで当たり方をみてると、うちはもしかしたら次もいけるかもしれないし、最終戦の筑波大は厳しいかもしれないですけど、なんとかいけるかもしれないし...。一方、専修は早稲田と筑波が残っているので勝つのは難しいように思われますね。そう考えると、いま2勝しているので最下位はないのかなと思ってます。なので、明日は思い切って勝ちにいきたいですね。

ー青学大戦に向けて一言お願いします
窓場の調子もあり、厳しい試合になるとは思いますが、次の(全日本)インカレの方も視野に入れてやらなければいけないので...。明日は勝ちにいくんですけど、インカレのことも視野に入れてやっていきたいと思います。

窓場由加奈主将(女子バドミントン部主将)

-今日の試合を振り返って
相手も2敗してて、ここを負けてしまうと自分たちも入れ替え戦への道が見えてきてしまうので、絶対に負けられないという思いがありました。なので、自分が第1シングルスで出て流れを作るという団体戦にしたいという監督の話があって、自分がトップで勝って前田につなげ、あと一つ誰かが取ればと思っていたので。本当は5-0で勝てれば良かったんですけど、この勝ちを次につなげていきたいです。

ー今リーグ初めてのシングルスとなりましたが
東日本(インカレ)の個人で優勝して、誰を相手にしても向かってくると思っていたので、そこで勢いに押されてしまわないようにということを意識しました。自分のプレーをするだけと思って、リラックスしてプレーできたと思います。

ー床や足元を気にする場面がありましたが
シューズの裏がめくれていたみたいなんです。試合が全部終わってから気づきました。明日は接着剤でくっつけてやります(笑)

ーダブルスでは攻め勝ったという試合になったと思いますが
自分たちはレシーブにまわったら結構押されてしまうので。自分は結構レシーブで上げていくタイプなんですけど、宮浦は攻めて攻めてやっていきたいタイプなんです。なので、自分が宮浦の型にはまれるように、あんまり上げないでやりやすいようにやらせてあげようと思いました。

ー早大戦に敗れてからのチームは
一週間だったので、ますは気持ちを切り替えるということ。あとはこの専大戦に向けて自分が負けてしまうとチームも負けてしまうと思っていたので。強い気持ちが逃げてしまわないように気持ちをつくった一週間でした。

ー残り2戦に向けて
優勝はもう厳しいと思うので、入れ替え戦にいかないように、ということと、インカレにつながる試合をしていければいいなと思います。

藤野琢人・河崎駿輔

-今日の試合を振り返って
藤野:第2ダブルスということで1-2と負けていて、どうしても勝たなければいけない状況で、そこで引かずにできたことは良かったです。それでも圧倒的に流れがきている感じではなかったので、そこがまだ足りないところだと思います。
河崎:1-2で回ってきてすごく緊張していましたが、始まる前に藤野がしっかり声をかけてくれ、最初のサーブもきちんと入ったのでそこで波に乗れたのかなと思いました。先週の日体大戦のときに自分たちが第1ダブルスで負けてしまったけど、今日第1ダブルスだった日光・西が第2ダブルスで勝ってくれたので、今日はその借りを返そうと、という気持ちも持ちながら臨みました。

-第1ゲームでは、後半接戦でしたが相手のプレーで苦しめられたものはありましたか
藤野:自分はドライブが得意で、ドライブで詰めた後に少し安心してしまって...。それで2人が詰めていて早く対応できなかったのが点数を取られた部分なので、そこを対応していかなければならなかったと思います。
河崎:後半になってきて、どうしても点数が欲しくてちょっといつもより急いで打ってしまいました。苦しめられたというよりも自分たちで相手に点数をあげている形になり、自分で自分の首を絞めていたのかなと思います。

-第2ゲームでは12-13と逆転されてから9ポイント連取で勝利しましたが
藤野:連続で点数を取れ始めてからはそこで一旦休んでしまうとどうしても相手に勢いを乗らせてしまうので、1点しっかり取ってまたもう1点と2人でやっていきました。その結果が勝因につながったのかなと思います。
河崎:最後は自分のサーブだったのですが、ずっとサーブがよく入っていました。12-13の後、同点になったときに藤野がサーブ打つ前に取りに行くぞと言ってくれたので、そこからもっと気持ちが一つになって勢いに乗れたのかなと思います。

-ご自身の調子について
藤野:調子が良くても悪くてもコートに立ったらやらなきゃいけないので、そこはあまり深く考えないように、できることをやりました。
河崎:東日本インカレからあまり日が経たずにリーグ戦だったので、あまりモチベーションが上がらず練習でも決して良いと言える調子ではなかったですね。ただ、今日は本当に藤野が一回一回声をかけてくれたり間を空けてくれたりしてくれて、本来の自分たちの調子ではないにしても東日本インカレのときくらいには調子を近づけることができたと思います。

-早稲田戦にむけて意気込みを
藤野:第1ダブルスで自分たちよりも強い相手と思ってしまう中でも、引くことはないと思うので逆に向かっていけるし当然勝ちにいくつもりで頑張ります。
河崎:1年生の時から何度もやっている相手で、すごく強いのはわかっているので一球一球に気持ち込めて死ぬ気で取りにいこうと、チーム・監督に恩返しできるように頑張りたいです。

西川裕次郎

-今日の試合を振り返って
以前、練習試合をして1回勝っている相手でやりにくい気持ちがあったのですが、自分から攻めていけて良かったです。

-2-2の場面で試合が回ってきたが、プレッシャーはありましたか
1年生ときに2-2で回ってくることを経験していたので、たぶん相手より余裕はあったのですが勢いに飲まれやすいので...。自分自身の余裕をしっかり作れるように次からは優勢に試合を運んでいきたいです。

-第2ゲームは取られてしまいましたが...
相手に突かれて自分が劣勢になってしまい、そこからどうしようかと考えている途中にどんどん点数取られて差が開いてしまいました。

-ご自身の調子は
そんなに悪くはなかったのですが、2ゲーム目も最初からどんどんいけたら3ゲーム目みたいにできていたなと思います。

-相手の印象は
ネット前が結構キレたり後ろからの球も良かったです。自分は低い球での展開が得意でそういう展開にしようと思いました。風もあったりしてネットも短くキレないし自分もやりやすいようにできたかなと思います。

-早大戦にむけて意気込みを
相手の方がもしかしたら強いかもしれないですが、勝てない相手ではないので、今日の3ゲーム目みたいに自分からの試合ができればいいなと思います。

フォトギャラリー

  • nishikawaonsep19西川の勝利がチームを勝利に導いた
  • madobaonsep19苦しみながらも、第1シングルスを制した窓場
  • madobaandmiyauraonsep19窓場(写真右)・宮浦(写真左)ペアは終始試合の主導権を握った
  • sanoonsep19佐野主将は今シーズンリーグ戦初出場だったが、見事勝利を飾った
  • fujinoandkawasakionsep19藤野(写真右)・河崎(写真左)ペアは明大戦の逆転勝利に貢献
  • sekiguchionsep19第1シングルスを任された関口
  • maedaonsep19前田はストレート勝ちを収めた
  • higuchiandhasegawaonsep19苦戦が続く樋口(写真奥)・長谷川(写真手前)ペアだが、今後の巻き返しに期待したい