バドミントン

【バドミントン】第70回全日本総合選手権 混合ダブルス 西川・宮浦ペアがベスト16の成績を残す

第70回全日本総合選手権
2016年11月28日(月)~12月4日(日)
代々木第二体育館

上野亜実(人4)と中峰信太郎(日体大)、西川裕次郎(社3)と宮浦玲奈(人3)がそれぞれタッグを組み、予選から混合ダブルスに出場。上野・中峰ペアは岡村洋輝・鈴木成美(埼玉栄高校)を相手に終始流れを奪えず本戦出場は叶わなかったが、一方の西川・宮浦ペアは予選からストレートの快勝で本戦出場を決めた。1回戦では藤巻嵩寛(ACパルセイロBC)・牧野美咲(七十七銀行)ペアを相手にフルゲームに及んだ熱戦を制し2回戦進出。2回戦は峠畑亮太・篠谷菜留(日本ユニシス)ペアの熟練されたコンビネーションを前に第1ゲームを奪われるが、第2ゲームを逆転で奪い返す。最終ゲームでは入りこそ勢いを持って挑んだものの、終盤で力尽き敗戦。2回戦敗退となったが今年の法大勢最高成績となるベスト16という結果を残した。

IMGP2898 R
西川(写真右)・宮浦ペアは法大勢最高成績となるベスト16という成績を残した

試合結果

混合ダブルス

選手名結果
西川裕次郎・宮浦玲奈  ベスト16
中峰信太郎・上野亜実 予選1回戦敗退 

戦評

 2回戦から登場した上野亜実(人2)は中峰信太郎(日体大)とペアを組んでの出場。岡村洋輝・鈴木成美(埼玉栄高校)の高校生ペアとの対戦は厳しい試合となった。 序盤からミスショットが目立ち、いきなり7連続ポイントを許してしまう。その後も嫌な流れを断ち切ることはできず、第1ゲームは16-21で相手に軍配が上がった。
 切り替えて臨みたい第2ゲームだったが、こちらも終始相手にリードされる展開に。相次ぐミスで思うようにラリーを続けることができないまま試合は進んでいく。終盤は勢いに乗った岡村の鋭いショットに振り回され、9-21と大差をつけられ無念のストレート負け。相手に与えた点の多くが、自分たちのミスによるものだっただけに悔しい敗戦と言える。本選出場はならなかった。(下河辺果歩)

 西川・宮浦ペアは予選で相対した小林廣哉(鳥取県体育協会)・高橋真理(Cheerful鳥取)ペアを21-18、21-13とストレートで下し、順調に本戦出場を決めた。
 本戦1回戦の相手は実業団に所属する藤巻・牧野ペア。1ゲーム目から積極的に攻めていき、両者譲らぬ展開の中、緩急をつけた攻撃で4連続ポイント。先にゲームポイントを握る。しかし、相手も意地を見せる。デュースとなるも、最後は相手のシャトルが大きく逸れ、22-20で1ゲームを奪った。
 第2ゲームも勢いそのままにプレーする。インターバルを奪い、このまま勝利かと思われた。しかし、ミスにつけこまれて8連続失点。流れを完全に奪われ、このゲームを16-21で落としてしまった。
 最終ゲームはポイントの奪い合いに。西川の強打とドロップ、宮浦のプッシュで攻める。18-17から西川が打ったシャトルはネットイン。運を味方につけると、強打で相手を21-18で打ち砕き、勝利を収めた。

 2回戦は日本ユニシスの峠畑・篠谷ペアとの対戦となった。  テンポの速い相手の攻撃に押され、なかなか得点できない状況が続いた第1ゲーム。食らいつこうとするも徐々に点差は広がり12-21でこのゲームを終える。
 続く第2ゲームも序盤は相手ペースの試合展開に。しかし、後半になるにつれ相手にミスが目立ち始め流れが法大に傾き出す。この好機を逃すまいと、西川の強烈なスマッシュが次々と決まり一挙5得点。21-19と見事な逆転劇で勝負を最終ゲームに持ち込んだ。
 この勢いのまま勝ちきりたい第3ゲーム。だが、やはり経験豊富な相手の壁は高かった。序盤こそリードを奪ったものの、巧みに左右に打ち分けられたショットに対応できず、6連続失点。終盤に粘りを見せたが、その差を埋められることはできず、12-21で敗戦。2回戦敗退となった。   
 敗れはしたものの、強敵を相手に堂々たる戦いを見せた西川・宮浦ペア。今後2人は互いに男子主将、女子主将としてチームを引っ張っていくことになる。頼れる主将たちの下、始動する新チームの活躍に期待したい。(石川大悟)

選手インタビュー

西川裕次郎

ーミックスダブルスを振り返って
相手は実業団選手なんですけど、それなりに戦えたんじゃないかと思います。そんなに練習という練習はしてなくて、期間は3日間くらいです。大会中も練習は全然してなかったですね。  

ーミックスダブルスをやってみた感想は
個人個人でやることを確認したらある程度試合にはなりましたし、上も目指せるのかなと思いました。自分は他にシングルスやダブルスも出場しますが、それらをやるにしても、ミックスをやったことでなんらかのいいかたちが出てくると思いますし、そういう点は良かったと思います。  

ーミックスダブルスを経験してシングルスやダブルスに活かせそうなことというのは
ミックスダブルスは大きな動きを速くやらなければいけないので、普通のダブルスでもそういったイメージをしっかり持てばもっと速い展開にも持っていけると思います。狙うところもしっかり決めなければいけないわけですから、シングルスでもそういったことは活かされると思います。  

ー先ほどの試合について、劣勢のなか第2ゲームを取れた要因は
自分たちで流れをつくりだしたというか、サーブ周りからちゃんと点数を取りにいけるかたちをつくれたので、ああいったかたちのまま3ゲーム目の最後までいけたら勝てたんじゃないかなと思います。  

ー3ゲーム目で失速した原因は
相手はずっとミックスダブルスをやってきて慣れている分、色々なかたちをつくったりスピードを上げたり、そういう場面での引き出しが相手のほうが多かったので、自分たちはそれに合わせるだけになってしまいましたね。  

ー会場については
最初の1試合目とかはちょっとやりにくいなと思ったんですけど、慣れてきたらそんなに影響されず、普通にできました。  

ー相手選手との体格差にやりづらさはありませんでしたか
(峠畑選手は)法政のOBなんですよ。なのでずっと知っていて、対戦するということもわかっていました。やっぱり脅威も感じますし女子からすると怖いと思うんですけど、自分は慣れているので、色々考えてやっていましたね。上から打たせたら怖いんですけど、自分たちが攻めてるかたちだったら怖さも何もないので、そういう攻めの場面をもっと多くつくるべきでした。  

ー種目は違いますが西川選手自身、去年と同じくベスト16という結果でした
1回戦は抽選なので運の部分もあって、そこで勝ってベスト16からどれだけ勝負できるかっていうところが大事だと思います。そこを一回超えられないとそのままの選手で終わってしまいますし、一度超えられればどんどん上を目指せると思うので、そういったことを意識して来年ベスト8以上を目指せるようにしていこうと思います。  

ー法大勢としては最後まで残ったのは宮浦・西川ペアというかたちになりました
ミックスダブルスは前だったらダブルスの延長線上って感じだったんですが、今だったらオリンピックなどで注目の競技になってきていますし、そういう点でもうもっと多くの人がミックスダブルスに出られるようにしていかなければいけないと思います。  

ー先日の男子ダブルスについて、試合内容を振り返って
相手は今までずっとやってきてる相手でしたし、やり方もわかってたんですけど、相手のほうが優勢になる場面を多くつくってしまったかなと思います。低い展開になると思っていたので、自分がどんどん前に詰めて入っていって、藤野さんに打ってもらうっていうかたちだったんですが、1ゲーム目も2ゲーム目も終盤で自分が前に入れないかたちになって、レシーブが劣勢になって相手に決められるっていうかたちになってしまって。そこが敗因だと思います。  

ー今大会を通し課題点としてあげられることは
課題はいっぱいあるんですが、自分はレシーブをできる自信はあるんですけど、打つことはそんなにできないので、1年間で上から攻める球をもっと極めて練習していきたいと思います。  

ーこれから西川選手はキャプテンを務めることとなります
インカレ優勝とリーグ戦優勝を全部目指してやっていくなかでも、須賀さんから教えてもらった礼儀や挨拶など、そういうことを自分が下に伝えて、それが法政の伝統として残るようにしていかなければいけないと思います。4月まで試合がないのでみんなだらけてしまったり気持ちが切れてしまったりするんですけど、そういう部分が今後の試合の差になってくると思うので、そこをもっと張り詰めて今まで自分が3年間やってきた以上に詰めてやっていきたいと思います。  

ー冬の間に何をするということは具体的に決まっていますか
それは明確に決まっています。自分が監督と話し合って。法政はレシーブがあまりできないので、レシーブの強化であったり、あとはランニングだったりダッシュであったりトレーニングであったりフィジカル面。そういう場面をもっと増やして、そこを中心として打つ練習、という形でやっていきたいと考えています。  

ー来季からの法政をどのようなチームにしていきたいですか
バドミントンは大学で終える人がほとんどなので、そう考えると新しく入ってくる1年生にもちゃんと礼儀や挨拶の部分を教えて、自分たちが教えてもらったことをどんどん下に教えていかなければいけないと思います。強くなっても周りからはそこを見られると思うので、そこだけはちゃんと崩さないようにやっていきたいです。  

ー4年生に向けて
自分は自己中心的なときもあって、大変だったと思うんですけど、一緒にバドミントンができてよかったです。4年生の背中を見て自分も成長できたので、これからも様々な場面で活躍してください。

宮浦玲奈

ー今日の試合を振り返って
全然自分たちより上の選手だったんで、向かっていくだけだと思ってやっていました。  

ー相手選手の印象は
タッチが早くて前衛と後衛のコンビネーションがすごいよかったなというのが1番の印象です。  

ー第2ゲームでは見事な追い上げがありました
向こうがちょっと気が抜けたところにしっかり付け込めて、あとは西川がすごく上がってきてくれたので私よりは西川がすごかったので西川のおかげです。  

ー接戦をものにした1回戦については
やっぱりしっかり勝たなきゃいけない相手だったと思うので、しっかり勝つことができてよかったです。  

ーミックスダブルスの練習はどのようにされていたのですか
西川が女子の練習に来てくれて練習していました。  

ー女子ダブルスにも出場されましたが
ミスで負けてしまったので、春リーグはしっかりそこを直していきたいと思いました。  

ーインカレ優勝のプレッシャーはありましたか
そんなに感じないでできたのでよかったです。  

ー今大会を振り返って
やっぱり全日本でもしっかり勝てるような選手になりたいので、来年はまた出直して行けるように頑張りたいと思います。  

ー今大会で引退となる4年生へメッセージをお願いします
今まで引っ張ってもらってきたので、次はしっかり自分たちの代が引っ張って行こうという気持ちで頑張ります。  

ー主将として今後はどのようにチームを引っ張っていきたいですか
チームみんなをまとめて、同じような気持ちで戦えるようにやっていきたいです。  

ー来季の目標を
まずしっかり体作りをして、春リーグに備えて一戦一戦戦っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • IMGP2898 R西川(写真右)・宮浦ペアは法大勢最高成績となるベスト16という成績を残した
  • IMG 2911 Rスマッシュを打つ宮浦(写真右)
  • IMG 2915 R男子部・女子部それぞれの次期主将同士のペアとなった
  • IMG 3796 R短い練習期間にもかかわらず息の合ったコンビネーションを見せた
  • IMG 3899 R本戦1回戦突破を決め喜びをあらわにする
  • IMGP2883 R強打を打ち込む西川(写真奥)と次の攻撃に備える宮浦
  • IMG 2926 R中峰・上野ペアは悔しい予選敗退となった
  • IMG 2941 R結果は敗戦だが楽しげにプレーをしていた上野(写真左)
 

最近の記事