バドミントン

【バドミントン】平成29年度関東学生選手権 女子 宮浦・勝俣ペアが圧倒的な強さを見せつけ優勝!勝俣もシングルスで準優勝!

平成29年度関東学生バドミントン選手権
2017年6月6日(火)~6月24日(土)
千葉商科大学ほか

シングルス、ダブルスともに多くの法大勢が勝ち上がった。昨年のインカレ王者宮浦玲奈(国4)・勝俣莉里香(営3)ペアは決勝戦でも終始試合の主導権を握り、圧倒的な強さで優勝。勝俣は連戦の疲れが残る中でもシングルスで堂々の準優勝を遂げた。2年生ペアの伊東佑美(営2)・清水一希(人2)ペアも実力を発揮しベスト4の結果を残した。

IMG 4952 R
安定した試合運びで優勝を手にした宮浦・勝俣ペア

試合結果

シングルス

選手名結果 スコア
勝俣莉里香(営3)  準優勝 2回戦:〇2-0川崎(東情大)3回戦:〇2-0杉田(日体大)4回戦:〇2-0西口(明大)5回戦:〇2-1松岡(早大)6回戦:〇2-1中西(早大)準決勝:〇2-1財津(日体大)決勝:●1-2池内(日体大)
前田悠希(営4) ベスト16  2回戦:〇2-0石井(専大)3回戦:〇2-0岩崎(早大)4回戦:〇2-0工藤(日体大)5回戦:●0-2池内(日体大)
東久留望(法2) ベスト16  2回戦:〇2-0甲斐(東情大)3回戦:〇2-0藤田(青学大)4回戦:〇2-0瀬川(明大)5回戦:●1-2吾妻(早大)
今野聡子(人1)  ベスト16  2回戦:〇2-1縄田(青学大)3回戦:〇2-0飯村(東女体大)4回戦:〇2-0鈴木(明大)5回戦:●0-2中村(早大)
宮浦玲奈(国4) ベスト32 1回戦:〇2-0相馬(東女体大) 2回戦:〇2-0日野(作大) 3回戦:〇2-0吉森(専大)4回戦●1-2松本(早大)
伊東佑美(営2) ベスト32 2回戦:〇2-1谷澤(専大) 3回戦:〇2-0長谷部(日大) 4回戦:●0-2中村(早大)
岡部天(国1) ベスト32 2回戦:〇2-0林(作大) 3回戦:〇2-0神(神大)4回戦:●0-2松岡(早大) 
工藤ひな子(人3) 3回戦敗退 2回戦:〇2-0河野(東女体大) 3回戦:●0-2森(専大) 
清水一希(人2) 2回戦敗退 2回戦:●1-2仁平(明大)
鈴木優香(国2) 2回戦敗退  2回戦:●0-2勝(日体大)
中静日向子(営1) 2回戦敗退 1回戦:〇2-0池澤(専大) 2回戦:●1-2池内(日体大)
清水詩織(デ工4) 1回戦敗退 1回戦:●0-2濱田(東情大)
甲斐妃美子(人3) 1回戦棄権

ダブルス

選手名結果スコア
宮浦・勝俣  優勝  2回戦:〇2-0太田・平野(日体大)3回戦:〇2-0中村・桃井(早大)4回戦:〇2-1渡辺・仁平(明大)5回戦:〇2-0中村・山森(日体大)準決勝:〇2-0桶田・谷澤(専大)決勝:〇2-0加藤・森(専大)
 伊東・清水 ベスト4 2回戦:〇2-0粂谷・勝(日体大)3回戦:〇2-1寺田・縄田(青学大)4回戦:〇2-0長野・石原(専大)5回戦:〇2-0瀬川・村上(明大)準決勝:●1-2加藤・森(専大)
前田・工藤  ベスト16 2回戦:〇2-0関町・柳瀬(東女体大) 3回戦:〇2-0池澤・森(専大)4回戦:●0-2中西・吾妻(早大)
東・岡部 ベスト16 2回戦:〇2-1平田・友水(帝大) 3回戦:〇2-1西浦・川崎(東情大)4回戦:●0-2桶田・谷澤(専大)
中静・今野 ベスト16 2回戦:〇2-0神・新妻(神大) 3回戦:〇2-0安在・榎本(専大) 4回戦:●0-2瀬川・村上(明大)
甲斐・鈴木 2回戦敗退 1回戦:〇2-0小平・大北(日大) 2回戦:●0-2加藤・森(専大)

 

戦評

 ベスト16までシングルスに4選手、ダブルスには5ペアが勝ち上がった。

 しかしシングルスは5回戦までで前田悠希(営4)、東久留望(法2)、今野聡子(人1)が敗戦。特に前田は春リーグでもシングルス全勝を成し遂げていただけに悔しい結果となった。5回戦を突破し、6回戦の早大主将を倒して勝ち上がった勝俣莉里香(営2)が唯一ベスト4進出を決めた。  
 ダブルスでは前田・工藤ひな子(人3)ペア、東・岡部天(国1)ペア、今野・中静日向子(営1)が実力者たちを前に悔しい敗戦となったものの、順当に勝ち上がった宮浦玲奈(国4)・勝俣ペア、昨年のインカレ準優勝ペアを撃破した伊東佑美(営2)・清水一希(人2)がベスト4に駒を進めた。

 準決勝に出場した伊東佑美(営2)・清水一希(人2)ペアは序盤こそリードしていたものの、8-6から8連続ポイントを許してしまう。ここで生まれた点差を最後まで埋められず、13-21で第1ゲームを奪われた。
 第2ゲームは息の合った攻めの姿勢で、清水のスマッシュや伊東のプッシュで徐々に点差を広げていく。ゲーム後半には相手のミスも誘われて21-13でゲームを振り出しに戻した。 勝負を懸けた第3ゲーム。「攻めてこない相手に合わせてしまった」とインターバルの時点で、3-11の大差をつけられる。その後もスマッシュが決まったのは清水のわずか2回に留まり、攻めのプレーを見せることができなかった。12-21でこのゲームを落とし、決勝進出とはならなかった。

 準決勝に進んだ勝俣は安定したプレーを見せる。1ゲーム目は前半からドロップで前に落とし、相手を引き離してリードを保ち続けた。このまま勝利かと思われたが、相手も譲らず第2ゲーム目を奪われる。しかし最終ゲームは体力の奪われた相手選手のミスを誘い、確実に点を重ね、決勝進出を決めた。 
 決勝では単複で1日4連戦の疲れが見え始める。1ゲーム目前半は力強いショットでリードするも相手選手のプレーが安定すると差を縮められる。なんとか食らいつくも19-21でこのゲームを落とす。
 第2ゲームも点の奪い合いとなる。中盤に連続得点を何度か奪い、ゲームを優位に進め、ゲームを奪い返した。
 運命の最終ゲームは6連続失点を喫し厳しい展開に。それでも諦めずにプレーする勝俣。強打をみせ、追いすがる。しかし反撃は及ばず19-21と接戦1-2で敗戦。力を出し切ったものの一歩及ばず準優勝となった。    

 ダブルスの準決勝に進んだ宮浦・勝俣ペアはインカレ王者らしいプレーを見せる。開始から宮浦の強烈なスマッシュが相手コートに突き刺さる。相手に思うようなプレーさせることなく21-9とした。続く2ゲーム目は失点も見られたが、ラリーを支配し流れを失うことなくストレートで勝利した。  
 決勝も強さを見せつける。連戦で疲れの残る勝俣をフォローするため「自分が後衛で球を抑えた」と宮浦が語ったように強打で攻め続ける。あっとういう間に点を重ね、簡単に1ゲームを奪い優勝に王手をかける。このペースのまま序盤から6連続得点と流れをつかむも、相手も意地を見せる。コンビネーション豊かなプレーで同点とされるが、インカレ王者は狼狽えない。自分たちらしいプレーを続け勝ち越しに成功する。最後も積極的に攻め、優勝を果たした。  

 試合後、宮浦は「できる限りのことをやってくれた」、勝俣は「助けられた」と互いに相手への感謝の言葉を口にした。インカレ王者としては当然かもしれないこの結果。しかしコンディションのすぐれいなかでも力を発揮し、優勝を遂げたという自信は2人をさらなる高みへと導いてくれるはずだ。勝俣はシングルの結果について悔しさを口にした。しかし並みいる強豪を撃破しつかんだこの結果が勝俣をまた一回り大きく成長させてくれるだろう。
 また、伊東・清水ペアはベスト4で今大会を終えた。試合後「自分たちらしいプレーができなかった」と悔しさを語り、決勝進出への思いも口にした。だが、2年生コンビとしては上々の結果だろう。それでも「もっと上を目指したい」とさらなる飛躍を誓った。勝俣はシングルスで悔しさを味わっただけにこれからもっと強くなっていくはずだ。インカレ制覇に向けて、視界良好だ。(本間美来・大平佳奈・石川大悟)

選手インタビュー

宮浦玲奈

ー優勝という結果について
この大会は優勝しなきゃいけないと思ってやっていた大会なので、しっかりそれができたことが嬉しいです。  

ー試合内容については
勝俣が4試合目でとてもキツい中での試合だったと思うんですけど、最後までしっかり動いて自分の今できる限りの事をやってくれたので、感謝しています。自分もしっかり勝俣のフォローはできたかなと思っています。それを自分が後ろで勝俣が前衛で動く範囲を狭くできるように自分が後衛で球を抑えて、トップアンドバックのかたちから変わらないような感じにすることを気にしながらやっていきました。  

ーどの試合も比較的余裕があったように思えましたが気持ちの面ではいかがでしたか
正直自信がなかった部分があるんです。それでも試合に入ってみたら自分たちのプレーを最初から貫き通すことができました。心の余裕は全然なかったんですけど、いい入り方ができたのがそういう結果につながったのかなと思います。

 ー春リーグが終わってから調整されてきたことは
今のプレー以外にも違う対応ができるようにとか、レシーブの場面になっても守りすぎずにしっかり攻めたりできるような展開にもっていったり、バックのレシーブの時に食い込まれてしまうことがあるので、そこをしっかり意識しながら練習してきたのが、今回結構よかったのかなと思います。  

ー主将として今大会の法大勢の結果はいかがですか
団体で勝てた選手が取りこぼしてしまう試合がいくつかありました。法政の第一は団体戦にしっかり勝ちたいという気持ちがあって、そのなかでもしっかりまた個人戦も勝てるようになれたらそれが一番チームの強みになると思うので、団体戦も個人戦も勝てる選手をしっかり全員で目指していきたいと思います。  

ー秋季リーグに向けて
前回春は2番で終わってしまって、私と勝俣が東日本インカレに出られない状況での秋リーグなので、そこでしっかりまた一位を取れるようにやっていきたいと思います。

勝俣莉里香

ー今日のダブルス優勝については
助けられましたね。自分は最後の試合は全然足が動かなかったので、普通にやればもっと楽に勝てたと思うんですが、そういう状態のなかで勝てたのはよかったなと思います。  

ーシングルスの準優勝ついては
今日の試合はどっちもファイナルで、1試合目は内容的には悪くなかったんですが、2ゲーム目で勝たなければいけなかった試合だと思いますし、最後の試合も負けたんですけど、勝ってもおかしくなかったと思います。相手は今日の最初の試合を楽に勝てたからその分体力がありましたし、私はシングルスではファイナルゲームまで、それからダブルスにも出て…そういうことがなければどうなるかはわかりませんでしたが、自分のなかでは悔しいですね。  

ー相手選手と同じような体力面の状態で当たっていればやはりここまで厳しい試合展開にはならなかったのでしょうか
体的にはなかったと思います。それがなかったら勝てたというわけではありませんが、もっと楽にできたのかなと思います。  

ーシングルスは昨年のベスト16から大躍進だと思います
シングルスは正直自信がなかったんですよね。いっぱい強い相手と当たって、気楽だったというか負けてもいいや、ではないですが、相手が強いということをわかっていて試合をしていたので楽しかったですね。  

ー自信がないというのは
自信がないというかダブルスは優勝するのが当たり前みたいな感じだったので、ダブルスに気持ちがいってしまっていました。シングルスはダブルスよりは意識していなかったぶん、やりやすかったということがあります。  

ーシングルス、ダブルスの2冠という目標はやはりありましたか
ありました(笑)。  

ー秋リーグに向けて
春はちょっとの差で負けてしまったので、自分が勝てばよかった試合もいっぱいありましたし、誰ももうそんな悔しい思いはしたくないです。チームは優勝できる力があるので、誰がどう出るかわかりませんが、チームみんなで高め合って頑張っていきたいなと思います。

伊東佑美・清水一希ペア

ー今日の試合を振り返って
伊東:今日はそんなに打つことがない長いラリーになることが多くて、自分たちが中途半端に上げたりとか、全体的には課題の残る試合でした。
清水:一昨日勝って、今日の試合に繋がったのですが、今日は一昨日みたいな試合ができなくて自分たちのプレーができなかったですね。  

ー専大はリーグ戦で対戦することがないですが、やりづらさなどはありますか
伊東:去年は1部にいたのでやったことがあったのですが、相手は身長が大きかったり、リーチの部分で普段自分たちが入れられるところを背が高いから、取られてしまってそういうやりづらさはありましたね。  

ー自分たちのプレーができなかった要因としては
清水:あまり攻めてこないダブルスだったのですが、それに対して自分たちも合わせてしまいました。もっと攻めた方がいいのに攻められなくて、相手に合わせないプレーをしないといけない。これからの課題です。
伊東:前で決めきれなくて、押してもまた上げてしまったり、攻めの部分で攻め切れなかったり、というのが多かったので、もう少し前衛で止められる力が付けばいいなと思います。  

ー勝てば勝俣・宮浦ペアとの同校対決になりましたが
清水:公式戦では戦ったことがなかったので、やってみたかったですね。  

ー瀬川・村上ペアとの試合を振り返って
伊東:自分たちは結構出だしが悪いと言われるのですが、その試合は自分たちの形に持っていこうということで、ミスをしないプレーができました。1ゲーム目を取れたことが、2ゲーム目のスタートも良かったことに繋がったかなと思います。  

ー春季リーグ終えてから修正した点など
清水:お互いに話し合って、ゲーム中に修正できることが増えてきたなと思います。  

ー今日の試合中に2人で何か話したことはありますか
清水:守りに入ってることが多かったので、とりあえず攻めようということと、前に突くということですね。
伊東:あと、ハーフを無理に触らなくていいよと言ったけど、結構触っちゃいました。  

ーベスト4で終えましたが、収穫や課題など
伊東:去年のインカレ準優勝のペアに勝てたということは、自分たちの自信にもなりましたし、もっと上を目指していけるのかなと思えたので、そこは前向きに捉えて、東日本、秋リーグに向けて、もっと上を目指していきたいです。課題としては、良い時と悪い時の波が激しいところがあるので、安定したプレーができるようにどんなタイプの相手でも自分たちのプレーができるようにしていかなければなと思います。
清水:第1シードの瀬川さんと村上さんに勝ったのは、すごく自信になったし、東日本では宮浦さんと勝俣さんがいないのでダブルスの枠が増えて、その分を補わなければならならないので、そこは自信になりました。

東久留望・岡部天ペア

ー今日の試合を振り返って
東:どっちもシングルスプレイヤーで、ダブルスのような動きができないので粘ることを意識したんですけど、相手が強くて粘る前に攻め切られてしまいました。
岡部:シングルスプレイヤーなので普段はあまりダブルスは練習しないのですが、シングルでやっていることを生かしてラリーを続けるというのが目標だったんですけど、相手の攻めに負けて今日はあまり点数が取れなかったです。  

ーペアを組んでみてお互いの印象は
東:私は前衛ができないので後ろからしか打てないんですけど、私が打った球が少し甘くなったら天ちゃんが決めてくれるのですごく助かってます。
岡部:私は東さんに後ろから攻撃してもらうためにしっかり前に入ってやっているので、(東さんの)力強い攻撃がすごいと思います。  

ー岡部選手は大学初の公式戦出場となりました
岡部:シングルは2回勝って結局早稲田の人に負けてしまいましたが、緊張していた中でいい試合ができたと思います。  

ー東選手はシングルスでもベスト16の成績を収めました
東:終盤でサーブミスをしてしまったのがすごく痛くて、そこで最後に集中力が切れてしまったところがダメだったなと思います。でも、16決めの相手が去年の関選で負けた相手だったので、そこで勝てたのはすごく大きなことだったなと思いました。  

ー今大会を振り返って
東:去年はシングルは64でダブルは一回も勝てなくて、でも今回はシングルもダブルも16に入ることができたので、これをバネに東日本インカレでもっといい成績が出せるように練習を頑張りたいです。
岡部:初めての試合だったので、大学の雰囲気に慣れることとこの大会もインカレにつながるのでそれを意識してやったんですけど、ダメでした。  

ー今後に向けての意気込みを
東:東日本インカレではエースダブルスの宮浦さんと勝俣さんがいないので、その分今まで出られなかった人がやらなきゃいけないと思うので、自分も出られるように頑張りたいです。個人戦では、インカレのベスト32までは確実に行ってそこから自分が行けるところまで行きたいなと思います。
岡部:次は東日本インカレで、インカレに出られるようにシングルもダブルも力を入れて、団体戦に自分が出られるようにしっかり頑張ります。

今野聡子・中静日向子ペア

ーダブルスの試合を振り返って
中静:相手は左利きと右利きのペアなんですが、法政にいないタイプのプレーヤーで、どこに打っていいのかわからなくなってしまいました。対処が全然だめだったなと思います。
今野:速い展開が2人とも苦手なので、その速い展開でやられてしまったということと、まだ全然練習が足りないなと思います。  

ーベスト16という結果については
中静:まだまだ全然だなって感じです(笑)。  

ーペアを組んだ印象は
中静:今野がスマッシュを打ってくれて球がいいので、自分は前で頑張って処理しています。自分が後ろの時はなるべくミスをしないで、今野が後ろにいけるような球づくりのかたちをつくれたらいいなと思っています。
今野:技術があって、背が高くて、(球の)角度があるので、前に入ってもらって二段階攻撃できるようなダブルスにしたいなと思っていました。  

ーそれぞれ今大会のシングルスについても振り返っていただけますか
中静:この人が勝つだろうと思っていた人も番狂わせがあって、みんなそれぞれ能力が上がっているんだなと思いました。
今野:私は山が良くて上がれたんですけど、勝てるところまでは勝てたかなと思います。今日の試合は今までの3回戦よりも全然レベルが違ったので、自分の力の無さを痛感しました。  

ー今大会が初の公式戦だと思いますが、緊張などされませんでしたか
今野:シングルスのときはしたんですが、ダブルスのときは一緒にやっていたので大丈夫でした。  

ーお2人それぞれの強みについて
今野:スマッシュです。高校の時からスマッシュしか練習してなかったですね(笑)。
中静:自分は背が高いので、それを生かした角度とか頑張って強化しています。  

ー今年1年間の抱負を
今野:個人ではシングルスダブルス両方インカレに出て、団体ではインカレで優勝したいです。
中静:シングルスダブルスどっちもインカレに出て、団体では優勝もしたいですし、自分がそのポイントになれるようなプレーができるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 4952 R安定した試合運びで優勝を手にした宮浦・勝俣ペア
  • IMG 4964 R理想的な攻撃を展開しガッツポーズを見せる
  • IMG 4868 R勝俣は疲れの残る中でもシングルスで準優勝を収めた
  • IMG 4685 R強敵を撃破しベスト4と結果を残した伊東(右)・清水ペア
  • IMGP7291 Rシングルスプレイヤー同士のペアとなった東(左)・岡部ペア
  • IMGP7268 R前田(左)・工藤ペアは惜しくも難敵の前に敗れた
  • IMG 4226 R1年生ペアながらベスト16まで駒を進めた中静(左)・今野ペア
  • IMG 4999 R法大勢が単複で上位に入賞する結果となった