バドミントン

【バドミントン】第68回全日本学生選手権 団体戦 女子 宿敵筑波にまたも敗戦…無念のベスト8で散る

第68回全日本学生選手権大会
2017年10月21日(土)
一宮市総合体育館

ここまで2年連続ベスト8と悔しい結果が続いている女子。雪辱を晴らすため1.2回戦はストレートで勝ち進むも、3回戦は筑波大に3-1と悔しい敗戦。秋季リーグでは勝利を収めたものの、今大会では勝利を挙げることはできずベスト8で姿を消すこととなった。

IMG 1082 R
敗戦が決まり方を落とす宮浦・勝俣ペア

試合結果

詳細結果

試合対戦校試合詳細(後者が対戦相手)
1回戦 札大 S1東久留美2-0花田麻由(21-13,21-5),S2前田悠希2-0高澤麗華(21-11,21-18),D1伊東佑美・清水一希2-0花田優依・中村汐里(21-12,21-17)
2回戦 関学大 S1前田悠希2-0上田麻美(21-13,21-11),S2岡部天2-0蘭沙也可(21-18,21-17),D1宮浦玲奈・勝俣莉里香2-0結城咲也子・佐々木絢子(21-13,21-11)
準々決勝 筑波大 S1勝俣2-0安田美空(21-18,21-18),S2前田2-0香山未帆(21-17,14-21,20-22),D1伊東・清水0-2柏原みき・加藤美幸(8-21,10-21),D2宮浦・勝俣0-2安田・香山(18-21,13-21)

 

戦評

 昨年のインカレでベスト8という悔しい結果に終わった法大。今年も全国制覇に向けた熱い戦いが開幕した。 

 1回戦、2回戦をともに3-0のストレートで札大、関学大に勝利した法大は準々決勝で筑波大と対峙した。
 第1シングルスに出場したのは勝俣莉里香(営3)だ。一点、一点を争うシーソーゲームが続いたが、終盤になると気迫のこもったプレーで相手を突き放し第1ゲームを21-18で奪った。一方、続く第2ゲームは、相手に連続ポイントを与え、相手にリードを許す苦しい状況が続いた。しかし、勝俣の強烈なスマシュが決まり始め、相手の点差をひっくり返し21-18のストレート勝利を収めた。 
 第2シングルスでは前田悠希(営4)を起用。ショットの配球の良さや、ヘアピンが光り、最高学年らしい貫禄あるプレーで第1ゲームを制した。しかし、第2ゲームに入ると一転。相手の巧みなショットについていくことができず、このゲームを落とした。運命のファイナルゲーム。相手に先にマッチポイントを握られるも、意地のスマッシュで20-20に追いつく。しかし、反撃虚しく2点先取されゲームセット。第2シングルスを落とした。 
 セットカウント1-1で迎えた第1ダブルスには伊東佑美(営2)、清水一希(人2)が出場。相手エースの加藤、柏原ペアと対戦した。しかし、序盤から相手の勢いのある攻撃 に圧倒され、細かいミスが重なり8-21、10-21で全く歯が立たないまま敗戦した。 
 後がない状況で迎えた第2ダブルスにはエースの宮浦玲奈(国4)、勝俣が登場した。積極的に攻めの姿勢を見せ、果敢に攻め込んでいくものの、相手にレシーブを奥まで返される状況が続き、中々本領を発揮することができない。また、ショートサーブとロングサーブを上手く使い分けるも、相手にしっかりと対応されてチャンスを掴み出せず、18-21で第1ゲームを奪われた。第2ゲームも第1ゲームの悪い流れを払拭できず、焦りからかミスが目立ち始める。それでも、13-13まで必死に食らいつきシーソーゲームを続けたが、その後8連続失点により13-21でゲームセット。法大の敗北が確定した。 

IMG 1100 R
敗戦後肩を落とす選手たち。この敗戦が必ず彼女たちを強くする

 この試合を宮浦は「みんなが一丸となって頑張った試合だと思う」と振り返った。チーム全体が団体戦全国制覇という一つの目標に向けて、歩んできただけに準々決勝敗退は非常に悔しい結果となった。この結果をバネに個人戦で各々の選手が実力を発揮してくれることを期待したい。(杉本ひかり) 

監督・選手インタビュー

宮康二 監督

ー今日の試合を振り返って
結果的には完敗という感じですね。中味は紙一重なのですが、やはり団体戦なので1つの試合に勝つか負けるかで大きく流れが変わってきますね。そういう意味でいうと、(準々決勝の)第2シングルの前田の試合がキーポイントだったかなと思いますね。

ーその前田選手の試合については
内容的に悪い試合ではなくて、今彼女が持っている力を出した結果、ちょっとだけ足りなかっただけなので、負けたのですが中味としてはそんなに悪くないなと思いますね。

ー宮浦勝俣のダブルスについて
やっぱりそれは流れなんですよね。それが逆になっていれば、例えばうちの1ダブがもっと相手の1ダブを苦しめてとかもあったと思うのですが。やはり団体戦というは前までの試合の流れがいい方に出ていれば良いですし、悪い方に出るとああ言う風になってしまいますね。向こうは1年生と2年生のペアで良い流れで押せ押せできていたので、しょうがないかなと思いますね。

ー秋リーグで勝利した筑波大に敗戦となりました
1人筑波は怪我をして秋リーグに出ていない子がいたので、その子が治って出てきたことによってまた筑波が強くなっていますね。でも、紙一重ですね。場合によっては勝ってもおかしくないと思っています。

ー不調だった伊東・清水ペアの出場について
相手が格上と思われる選手だったのですが、思い切ってやっていたと思います。ポイントともかく、球的にはいい球もありました。けど結局は力がまだ足りないので、ポイント的にはまだまだですね。

ー4年生にとっては最後の団体戦となりましたが
4年間面倒を見てきた選手なので、本当に勝たせてあげたかったです。目標が優勝だったのでね。お疲れ様ということと、まだ個人戦があって、終わったわけではないので、宮浦勝俣は去年チャンピョンになっていますし。今年も狙っていってもらって、周りの子にも一つでも上の順位を目指して頑張ってもらいたいです。

ー団体戦の総括をお願いします
できることは全部やったつもりです。選手たちも力は出してくれたのですが一歩及ばなかったので、そこは私も反省して、来年以降勝てるように練習するしかないですね。

宮浦玲奈 主将

ー今日試合を振り返って
みんなが一丸となって頑張った試合だと思うので、負けて悔しいですが、下級生は前を見て進んでいて良い試合だったと思います。

ー4年生にとって最後のインカレ団体戦ですが
監督の宮さんやコーチの吉岡さんに勝たせてあげたかったですし、清水(詩織)は見守る立場の側で前田は今年のバドミントンがラストだったので、そういうことを考えたら私がしっかり繋げればもう少しチャンスがあったかなと思うので、私は少し後悔があります。

ー秋リーグからどのようにチームを引っ張ってきましたか
下級生に今までにないくらい厳しいことを言ってきて、パートナーの勝俣はそんなに感じてないと言ってくれていますが、きつく当たってしまったので、そこでも自分がピリピリして勝俣が嫌だなと思う部分もあったと思います。それでも厳しくやってみんなを一つにできたかなと思います。

ー後がない状態でのダブルスでしたが
団体はそういう場面がたくさんある中で、自分たちの流れに持っていけずに、相手のペースに流されっぱなしで負けてしまった感じがします。

ー個人戦に向けて
今日はしっかり反省をして、明日また切り替えて、個人戦に向けてやっていきたいと思います。

前田悠希

ー今日の試合を振り返って
自分たち4年生は最後の大会で、ここ最近ベスト8でずっと止まっているので、優勝して監督とコーチ、そして優勝を経験していない後輩たちに優勝というのを味わって欲しかったです。そのために誰かがじゃなくて自分が勝って、チームを優勝に導きたいという気持ちでやっていました。チームの雰囲気としては、ここ1週間でみんなでいい雰囲気でやれていたと思います。

ー筑波大戦を振り返って
相手は1年生ですが、結構勢いのある相手でした。勝俣が隣でやって勝っていたので、私が勝てばチームの流れとしては完ぺきだったと思います。でも私が落としたので、その後のダブルスと第3シングルスの岡部にはプレッシャーになったかなと思います。秋リーグは私が勝ったのでチームに貢献をできたのですが、今回の筑波大戦は私が先手を切れなかったなと思います。

ー4年生にとっては最後の団体戦となりました
高校時代は団体戦で勝ち進めるような強い学校ではなかったので、私が1年生の時に全国でベスト4になったことは、自分の中ではいい経験になりました。なので、それを次の世代に伝えたいなと思っていました。試合に負けたり、レギュラーから落とされたりと波があって、苦しい時もあったのですが、4年生になって結構チームを助けられたかなと思います。やっぱり自分が勝って、チームも勝ったら気持ちいいなという団体戦の楽しさが分かりました。

ー下級生に伝えたいことは
私も高校時代や大学に入っても、結構下から始まっていて。自分はシングルなのですが、上にはシングルの先輩がたくさんいてレギュラーとして出られる力もなかったです。だけど練習の量というより質を高めて、考えて練習することによって、自分も力が付いてきたかなと思います。強い先輩をみて、いい部分はしっかり真似をして、いいプレーをたくさん見て強くなって、優勝して欲しいなと思います!

ー個人戦に向けて
気持ち的にはベスト8に入って、(全日本)総合に出たいなと思っているのですが、相手も相手で勝ちたいという気持ちは変わらないと思うので、一戦一戦頑張って、一つでも多く試合ができるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 1082 R敗戦が決まり方を落とす宮浦・勝俣ペア
  • IMG 0207 R第1試合では相手を圧倒した東
  • IMG 0836 Rチームの精神的支柱である前田
  • IMG 0943 R秋季リーグでは不調が続いていたが第2ゲームではストレート勝利を収めた
  • IMG 0995 Rエースダブルスとして第3試合では悔しさの残る敗戦となった
  • IMG 0875 R秋季リーグを終え、シングルスに力を入れているという勝俣
  • IMG 0981 R新体制のチームでは2人の力は必要不可欠だ(清水(東)・伊東)
  • IMG 0612 R成長を続ける期待のルーキー・岡部
 

最近の記事