バドミントン

【バドミントン】第61回東日本学生選手権団体戦 女子 またも立ちふさがった筑波大の壁…

第61回東日本学生選手権大会
2018年9月1日(土)~2日(日)
元気フィールド仙台

2回戦まで圧倒的な強さを見せて勝ち進んだ法大は、準々決勝で宿敵、筑波大と対峙。久しぶりにシングルスとして出場した伊東佑美(営3)をはじめ、全員で奮闘するが、ストレートでまたも敗戦。2日目の準決勝進出とはならずベスト8となった。

DSC 1578 R
敗れたものの、強敵筑波大シングルスから第1ゲームを奪い健闘した伊東

試合結果

詳細結果

試合対戦校試合詳細(後者が対戦相手)
1回戦 仙台大 S1○山口萌2-0徳能(21-12、21-13),S2○岡部天2-0玉手(21-5、21-7),D1○甲斐妃美子・山口2-0松田・徳能(21-14、21-15)
2回戦 日大 S1○東久留望2-0内田(21-11、21-11),S2○山口2-0上村(21-13、21-11),D1○勝俣莉里香・工藤ひな子2-0福島・長谷部(21-12、21-14)
準々決勝 筑波大 S1●伊東佑美1-2安田(21-19、20-22、14-21),S2●勝俣0-2香山(12-21、15-21),D1清水一希・伊東0-2大関・山中(14-21、8-21)

 

戦評

 昨年、無念のベスト8に終わった今大会。今年こそはと選手一丸となって臨んだが、ベスト4進出の夢は宿敵・筑波大の前に砕け散った。

 1回戦、2回戦ではルーキー山口萌(人1)が大活躍した。1年生ながら3試合に出場し、その全てで勝利。見事チームの期待に応えた。他の選手も危なげなく勝利し、3回戦へ駒を進めた。
DSC 1066 R
山口萌選手

 準々決勝の相手は昨年のインカレ王者の筑波大となった。法大にとっては昨年の東日本、全日本でも敗れている宿敵の相手だ。第1シングルスには伊東佑美(営3)が出場。自分のミスを抑え、相手の攻撃には粘り強く対応。1ショットを丁寧にコントロールし、相手のミスを積み重ねて1ゲームを奪取する。しかし疲れが出てきたのか、2ゲーム目では徐々にミスが目立つようになる。デュースを制され、ゲームカウントが1-1に。続く第3ゲームでは、左右に振られて上がったところを打たれたり、動きを予想され返せない所に打たれたりと、相手の攻撃が炸裂。最後まで粘りを見せたが、敗退となった。

DSC 1508 R伊東佑美選手

 第1シングルスと並行して行われた第2シングルスには、勝俣莉里香(営4)が出場。強敵相手に奮闘する第1シングルスの後輩伊東を少しでも楽にしたいところだったが、勝俣も筑波大の実力者シングルスに苦戦。相手の配球の良さにミスショットが誘われる上、ドロップやスマッシュで攻撃を仕掛けてもレシーブで返されなかなか点差が縮まらない。12-21で第1ゲームを奪われ、立て直したい第2ゲームだったが勢いづいた相手を止めることができない。インターバルを奪われると、その流れのまま15-21で敗戦した。

 もう後がない法大は、第1ダブルスに伊東佑美・清水一希(人3)ペアを投入。1度ペアを解散することで、互いに補うべきところを発見した2人は流石のコンビネーションを見せ、伊東が守り、清水がプッシュで決めるという流れでいくつも点を重ねる。しかしミスによる失点も重ね、第1ゲームを14-21で取られてしまう。続く第2ゲームでは相手の攻撃が覚醒。強烈なスマッシュや抜群のコンビネーションに為す術なく、ストレート負けとなった。

DSC 1690 R

 試合後、宮監督が課題に挙げたのは「球の軽さ」。パワーをつけてもっと球に重みを持たせなければ、球が決まってこないという。昨年の東日本、全日本に引き続きまたも立ちはだかった筑波大の壁。この壁を越えなければ、悲願の『団体戦でタイトル獲得』は難しくなるだろう。宿敵、筑波大を攻略するためにも。試練の秋が始まる。(村井美咲・大平佳奈)

監督・選手インタビュー

宮康二 監督

ー東日本の団体戦を振り返って
最後は残念な形になりましたが、1、2回戦は1年生の山口がある程度力を出してくれて、この後のリーグ戦やインカレの戦力になりそうだなという印象がつかめました。そういう面では少し収穫もあったのですが、最後が少し残念でした。(筑波大戦の)シングルは仕方ないかなと思うところもあるのですが、ダブルスは2番手同士のダブルなので、あそこで勝って1番手のダブルス同士でも戦って、第3シングルスまで勝負をしたかったですね。

ー山口選手を多く起用した理由は
大学に入った4月当初と比べると、だいぶ力をつけてきたので、今後リーグ戦やインカレに出した時にどれくらい外の選手と戦えるのかなというのがあって起用しました。勝俣の時もそうで、勝俣を1年生の時からある程度試合に出しながら、ある程度のところまで持っていったというのがあったので。山口も1年生であれだけ力がある選手なので、経験させることと強化の一環として起用しました。

ー筑波大戦でシングルスとして伊東選手を起用した理由は
岡部が少し、あまり調子が良くないというのがありまして。伊東も練習ではそこそこ結果を出していますし、本人も頑張っていて、最近シングルスで起用していなかったので、少し期待をして出しました。伊東がどれくらいできるのかというので、この後のリーグ戦やインカレについても考えたいなというのもあったので。第1ゲームはある程度頑張れたのですが、最後は力尽きたという感じですかね。

ー筑波大戦では、伊東清水ペアが久しぶりにペアを組んでいましたが
色々春からペアの調整をしていたのですが、本人たちとも話をしていく中で、彼女達の希望として「2人でやっていきたい」というのがあったので、関選が終わったくらいの時に、またペアを戻しました。この先ペアを変えるつもりはないですが、リーグ戦などは他のペアとの競争なので、今回の様な試合内容を見ていると、今後また彼女達が出るというのは相当頑張らないと厳しいのかなという風には監督としては思っています。

ー課題として
筑波大は本当にすごく練習しているなという印象がありますね。それに負けないようにうちも練習しなくてはいけないなと。それと、4年生は最後なので頑張っていくだけなのですが、3年生以下の選手はトレーニングをしてパワーをつけないと球が決まらないという印象があるので、そこを強化しないといけないなという印象がありました。

ー個人戦の目標としては
希望としては、みんなインカレに出場する権利(ベスト32以上)は取ってもらいたいというのが最低条件です。その上が狙える選手、勝俣だったりはベスト4、優勝を目指して頑張ってもらいたいですね。

ー今後のリーグ戦や全日本に向けて
リーグ戦やインカレにつなげるためにも、この後の個人戦で結果を残してほしいですね。その結果がいい選手がリーグ戦やインカレに出て、結果を残してくれると思うので、まずは個人戦を頑張ってもらいたいなと思います。

勝俣莉里香

ー東日本を振り返って
筑波大戦までいくとは思っていたし、筑波大が勝負どころだなと思っていたので、0-3で負けて、ずっと勝てていないので悔しいですけど、実際こんなものなのかなというのはあります。

ー筑波大戦について
筑波大には強い選手が2人いて、そこに1つでも勝てたら流れも変わったし勝てたと思うのですが、私のシングルがまずだめでしたし、伊東もすごく頑張っていたと思うのですが(負けてしまって)、流れが悪くてダブルスも負けてしまいました。私からつくった悪い流れなのですが、流れが悪かったのかなと思います。

ー東日本を通してチーム状況は
筑波大は絶対負ける相手でもないと思うので悔しいですが、雰囲気としては全然悪くないです。これから個人戦もはじまるので、まずはそこでそれぞれが結果を残していければいいかなと思います。

ー夏はどんな練習を
試合は多くやりましたし、合宿でも走り込みをしていました。なので今日は体力的な問題、足が動かなくてということではなく本当に気持ちの面だったり、ミスが多かったりというところだと思います。練習ではみんなできているのに、大会ではできないというのは本当に気持ちの面だったりというところかなと思います。

ー課題は
とりあえず私が単複とも出ているので、そこで2つ落とすとチームも勝てないので、個人的には絶対に勝たなくてはいけないということです。チームだと、筑波大戦では(山口)萌ちゃんや(岡部)天は出ていなかったですが、十分試合に出られるレベルなので、今後の団体戦で誰が出るのか分からない状態です。その分もっとみんなで奪い合いというか、もう少しバチバチしてもいいのかなと思います。

ー個人戦の目標は
みんなとりあえずインカレの出場権を得ること。個人的にはまだ東日本で優勝したことがないので、できれば単複とも、だめでもどちらかは優勝して何かしら持って帰りたいなと思います!

伊東佑美

ー今日のシングルスとダブルスを振り返って
伊東:シングルスは(相手が)春リーグで全勝してて、格上だと思ったので、思いっきりやろうと思っていました。初めからスピードを出してやれていたのは良かったのですが、ファイナルでは相手のスピードに追いつくことができず、気持ちの面でも負けてしまっていたので、もう少し気持ちを強く持たないといけないなと思いました。
ダブルスでは、いつもは入っている球が足が動いていないせいで入らなくて、迷惑をかけてしまったのと、相手の攻めを(自分たちの)攻めに変えることが出来なかったので、課題が残る試合だったと思います。

ーシングルスとダブルスに続けて出場したが、体力はどうだったか
伊東:確かに体力はきつかったのですが、シングルスとダブルスで気持ちの切り替えはできていました。ただ体がついてきてなくて、気持ちだけ前に前にとなってしまいました。足がついてきてなかったため、手打ちになってしまい、ミスが増えてしまったなと思います。

ー久しぶりに伊東・清水ペアが復活した経緯は
伊東:お互い違う人と組んで、今まで気づかなかった部分を見つけ、また組み始めたらカバーし合って高めていけると思ったので、自分達から提案しました。ただ、今日はこのような不甲斐ない試合になってしまったので、そこが1番悔しいです。

ーダブルスでは何か戦略を立てたか
伊東:相手がラリー型の人だと受け身になってスロースターターになってしまうので、そこを注意するのと、シャトルがあまり飛ばなかったので、上げすぎず攻めていこうと言っていました。ただ相手の球も速くて、なかなか上手く行きませんでした。

ー個人戦の目標は
去年はシングルスのインカレの権利を取れなかったので、まずは一つ一つの試合をこなして、シングルスでもダブルスでも、インカレの権利を取れるように頑張りたいと思います。また、上級生なのでベスト4以上に残れるように、気持ちを強く持っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 1578 R敗れたものの、強敵筑波大シングルスから第1ゲームを奪い健闘した伊東
  • DSC 1452 R筑波大のシングルスに完敗となった勝俣
  • DSC 1649 R約1年ぶりに復活した伊東(左)・清水ペアは苦戦を強いられた
  • DSC 1063 R仙台大戦で圧倒的勝利を収めた岡部
  • DSC 1098 R2番手ダブルス候補の甲斐(奥)・山口ペア
  • DSC 1344 R日大戦に出場した東は、安定感を見せた
  • DSC 1385 R4年生ダブルスがチームの勝利には重要な1本となる(勝俣(左)・工藤)
  • DSC 1066 R単複とも勝利を収めたルーキー山口は、宮監督の期待も大きい
 
 
 
 
 
 

最近の記事