バスケットボール
 

【バスケ】第89回関東大学バスケリーグ戦 対日本体育大 追い上げ届かぬ開幕戦

第89回関東大学バスケリーグ戦
2013年8月31日(土)
東洋大学スポーツセンター

 秋のリーグ戦が始まった。法大は開幕戦、相手は新人戦でも対戦した日本体育大。ベスト8を決めた試合の再現はなるか?

試合結果

トータル試合結果

69 11 1Q 23 76
28 2Q 42
45 3Q 63
 法政大学  69 4Q 76 日本体育大学

戦評

二部リーグ全体での開幕戦でもある初戦。新人戦で勝利している相手だけにここで勝利し弾みをつけたい試合だ。しかし、第1ピリオドの前半から法大は苦戦を強いられる。日体大に先制を許した法大は日体大のディフェンスを崩せずシュートミスが続く。最後に#0高田が3Pを決めるも、11点離されるスタートとなった。第2ピリオドでも日体大ペースに飲まれる展開が続くが4:12でとったタイムアウト後、#松澤がミドルシュートを決めれば、#19田宮の積極的なスティールから#24加藤、#17小山も決める。攻撃のリズムを取り戻してきた。勢いが加速する第3ピリオド。#5松澤が1分間に2連続得点を決めるなど、調子の良さをうかがわせる。最終ピリオドの前半では高田、#67佐藤、#7藤井のスリーガードで攻撃を強める。高田が3Pを決め、佐藤はディフェンスファウルをとってフリースローで得点。藤井もリバウンドをとり、そのままシュートし得点する。後半、高田がバスカンで3点を挙げ、ついに追い付く。しかし、負けじと攻撃の手を強める日体大のリズムを崩すことができず、7点差で惜敗。課題を残す黒星スタートとなった。(川崎亮祐)

コメント

今井一夫監督

―今日は初戦で開幕戦でしたが、振り返っていかがですか。
 残念。(攻撃が良くなるのが)遅いよ。3ピリの感じを最初にきちっとやれればいいのに。

―沼田選手の調子はいかがですか。
 悪くはないね。ただファウルを重ねちゃってたからさ、使わなかったってだけ。

―3-2ディフェンスは初めてですか。
 ちょっと出すの早かったかな。

―タイムアウトではどのような指示を送っていましたか。
 ボールポジションとディフェンスをしっかり、ってことは言ったね。

―明日の試合に向けて一言お願いします。
 きちっと切り替えを早くして、走って結果を出すってことだろうね。

佐藤翔耶(法1

今日はリーグ初戦ということでしたが、試合を振り返っていかがでしたか
1年生で初めてのリーグ戦だったので緊張はしていました。結果は負けてしまいましたが、後半の最後の流れは良かったので、1年生としてやれることはやったという感じです。

後半はボール運びがスムーズで流れを掴めていたと思いますが、何か意識したことはありますか
日体大は選手の交代が少なく、後半疲れているだろうと思ったので、早い展開に持ち込んでやろうとガードの高田さん(#0)と話していて、そこを意識しました。

明日からの試合に向けて、意気込みをお願いします
 今日はシュートがネックになっていたので、1回1回自分のリズムで打っていくことを意識していきたいです。あとは周りをよく見て、ガードとしてもしっかりやっていきたいと思います。

松澤晃大(法3)

ー開幕戦を終えて、振り返ってみていかがでしたか
初戦だったので、一番最初に白星を付けたかったんですけど日体と比べて向かっていく必死さが足りなかったのかなと思いました。

ー試合全体としてはいかがでしたか
向こうにリバウンドを獲られすぎていたので、そこが敗因かなと思いました。

ー個人としてはいかがですか
外からの単発のシュートが多かったので、自分がもっと中でやればよかったのかなと思いました。

ー今日の調子は
入っていたのもあったんですけど、外したのも半々くりだったんで、決めておきたいところで決めなきゃいけないシュートを外していたので普通くらいですね。

ー決めておきたい場面とは
ディフェンスで相手のオフェンスを止めて、ここから流れを持っていきたいという時にシュートを決めておきたかったです。

ー後半の追い上げは素晴らしかったですね
あそこまで追いつけるとうことは、最初からあのような形で取り組めれば勝てる試合だったのかなと思います。

ー明日に向けて
今日の反省を生かして、ディフェンス、リバウンドから流れを作って勝ちたいと思います。



フォトギャラリー

  • DSC 6613
  • DSC 6544
  • DSC 6567
  • DSC 6563
  • DSC 6577
  • DSC 6587
  • 09011
  • DSC 6648
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み