バスケットボール
 

【バスケ】第53回関東大学バスケ新人戦 対日本大 思い知った強さ

第53回関東大学バスケ新人戦
2013年6月14日(金)
江戸川区スポーツセンター

 ベスト4をかけて臨んだ大一番。相手は日本大。選手権で勝利し、今年秋のリーグ戦では同じ2部で戦う相手だ。選手権の勢いで勝利を手にしたいところだが。

(※更新が遅くなり、お詫び申し上げます。)

選手権では勝利したが、改めて元1部の強さを思い知った

試合結果

トータル試合結果

55
法政大学

8 1Q 21 69
日本大学
14 2Q 12
17 3Q 11
16 4Q 25

戦評

 第1Q。序盤、最も警戒していた#24刘に二本連続やられてしまう。法大も#16沼田が瞬発力で相手をかわしシュートを決める。攻めるものの、シュートが決まらないという展開が続き、両チーム共に三分近く得点をあげられない。先に、この流れを抜け出したのは日大だった。今大会ベスト5を獲得した#14高橋が3Pシュート、ドライブインからのシュートを決めチームを勢いづかせる。更に、#15栗原のジャンパーも決まりだし、一気に法大は点差を離されてしまう。法大も沼田が積極的にペイントエリア内で1on1を仕掛けることによって得たFTで何とかつなぐも、8対21と13点ビハインドで1Q終了。
 第2Q。このQから法大はゾーンに変更し苦しい局面の打開を狙う。#1神津の3Pシュートや沼田のインサイドと攻め込む。対する日大はゾーンの攻略に苦戦し、1Q好調だったオフェンスが全く機能しない。ディフェンスからリズムを掴んだ法大は#24加藤のジャンパーが好調で、六連続得点をあげるなどで一気に六点差まで詰め寄る。しかし、日大も選手交代によって徐々にリズムを取り戻す。#21仁平のインサイドや#29上原の得点で再び法大を離しにかかる。最後には高橋に3Pシュートをブザービーターで決められ、22対33で前半終了。
  第3Q。法大は神津の3Pシュートや#24加藤のジャンパーで得点を重ね、徐々に差を縮めることに成功。残り6:56秒で31対36。対する日大もゾーンディフェンスに対応し始め、高橋、栗原の3Pシュートで応戦。しかし、法大の流れは止まることを知らない。沼田のペイントエリア内での仕掛けやFTでじわじわと詰め寄り、ついに#35山岸のファストブレイクでの得点で39対39の同点に追いつく。対する日大も、即座に#6志貫の3Pシュートで対抗。何としても逆転は許さないという気迫のディフェンスを見せ、39対44の五点ビハインドで最終Qへ。
 第4Q。3Qの流れを生かし何としても逆転したい法大だったが、志貫の3Pシュートや栗原に立て続けに得点を挙げられ開始1分で、39対49と再び大きくビハインドを背負う展開になってしまう。流れを切る為、法大はタイムアウト。TO後#67佐藤や沼田で得点を挙げるが、ゾーンの穴を徹底的に付いてくる日大オフェンスを止めることができない。残り3:42秒で44対64と20点ビハインドに。「最後はみんな開き直って打ったら入った」と監督が語るように、#35山岸、#7藤井の3Pシュートが決まりだし反撃ムードに。しかし、序盤についた点差はあまりにも大きすぎ、追いつくことはできない。55対66で法大は敗れ、明日からの順位決定戦に回ることとなった。(山分和紀)
 

コメント

今井一夫監督

ー試合を振り返って
 何かやられた感じはしないよね。今日はチャレンジャーじゃなくなっちゃったかな。ぶつかっていくんだって気持ちが弱かったから出だしで一気にやられちゃった。ここ二試合で出だし躓く癖直ったかと思ったんだけど直ってなかったね(笑)
 
ー同点まで追いつけても逆転までは持ち込めませんでした

 差はあんまなかったと思うんだけどね。やっぱりスタートで10点近く放されちゃうとキツいかな。

ー3Qでは一時同点に追い付き、勝負の4Q。どんな指示をされましたか
 やることはいつもと一緒ってこと位かな。あとディフェンス。相手が大きいからちゃんとボールに対していかないと相手の視野を狭められないじゃん。だからそこは頑張れと。最後は下2人が疲れちゃったね。どうしても下はプレータイム多くなっちゃうからしょうがないんだけどさ。頑張れるようになって欲しいね。

ーここ二試合好調だった#7藤井が得点を重ねられませんでした
 抑えられたってよりは入んなかったね。最後は開き直ったら入りだした。ちょっと遅かったかな。まあ、明日以降に向けて最後良いシュートタッチで終われたのは良かったんじゃない。

ー今大会#67佐藤は自分でシュートに行くというより周りを生かそうというプレーに徹してますね
 うーん、まだ高校との差に戸惑ってんのかな。高校生の時からそういう癖があったんだけどさ。でもこの短い期間で戦力になってるのは本当に大きいよ。この夏でまた一皮向けてくれる事を期待してる。

ー試合後のミーティングではどんな事を
 ベスト8っていう目標に満足しちゃいけないよって事。ベスト4に入ってる拓殖、青山、日大、東海は優勝することを目標にやってきてる。うちらも優勝はちょっと行き過ぎだけど、高い目標を立てて一つ一つ崩してくって形でやっていかなきゃいけないねってのを伝えた。

 

山岸玲太(営2)

―惜しくも敗れてしまいましたが、今日の試合を振り返って
 相手に一回離されて、自分たちのいつもなら入っている外からのシュートが今日は入ってなかったので。点数も50点台ですし、そこが負けた要因かなと思います。

―シュートが入らなかったことに、連戦の疲れは影響していますか
 まだそこまで、大きな疲れは出てないですけど、もうちょっと練習が必要かなと。


―ベスト4まであと一歩のところまで来ましたが、チームに今足りていないものとは
 目標がベスト8だったのでそこでひと満足してしまったという目標の所だと思います。

―残りの順位決定戦に向けて
 自分たちのデイフェンスから走るバスケで勝って終わりたいと思います。

佐藤翔耶(法1)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
 最後まで自分たちの流れを掴むことができなかった試合だと思います。

―途中出場でしたが、監督から指示されていたことは?
 ガードがしっかり作るもの作ってしっかり自分たちのプレーが出来れば負けることはないって言われたんですけど、それすら出来ずに終わってしまったかなって感じで、悔しかったです。

―大学に入り1番のポジションでプレーするようになって、手応えは
 チームの4年生に高田歳也さんっていう凄いプレイヤーがいるので、自分もそうなりたいなという気持ちで今頑張ってます。

―今大会同期の藤井選手の活躍が目立ちますが、刺激にはなりますか
 ポジションは違いますけど、自分より頑張ってる人見るとそれより頑張りたいなという気持ちにもなりますし、刺激になります。

―今アシストランキングで1位ですが(6月13日時点)
 意識してなかったことで嬉しかったですけど、今日の試合がボロボロだってので自分がやるべきことをやろうという気持ちをまず持たなきゃなと思います。

―残りの順位決定戦に向けて
 切り替えて、残り全勝を前提に頑張ります。

フォトギャラリー

  • niti1選手権では勝利したが、改めて元1部の強さを思い知った
  • niti2山岸はこの日も積極的にドライブを仕掛ける
  • niti3佐藤は持ち前のパススキルでチームを牽引
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み