バスケットボール
 

【バスケ】第62回関東大学バスケ選手権 対早稲田大 無念の敗退

第62回関東大学バスケ選手権
2013年5月8日(火)
大田区総合体育館

 2戦目は、昨年と同じ早稲田大学との対戦。今年も激しく競り合う展開が多く見られたものの、後半に突き放され無念の敗退となった。

気を引き締めて臨んだが・・・

試合結果

トータル試合結果

60
法政大学
18 1Q 14 80
早稲田大学
9 2Q 17
17 3Q 21
16 4Q 28

戦評

 第1Qの序盤は、チーム目標の「走るバスケ」を体現するかのような速攻の連発で#0高田、#16沼田らが12点を先制。しかし後半は18-14と4点差に追い上げられる。
 第2Qの前半では、山岸に代わって#67佐藤が投入される。ドライブを中心とした積極的な攻撃で相手のファウルを誘う。その後は高田を休ませ#14大塚誠を起用。佐藤とともにディフェンスに徹する。しかし相手の攻撃を防ぎきれず、31-27と逆転される形となった。 第3Qでは#5松澤、沼田、#24加藤のインサイドが躍動。沼田はオフェンスファウルをとり、フリースローをしっかり決めて得点に貢献。松澤も積極的にレイアップでかけあがる。後半には加藤がバスケットカウント。点差をつめる。しかしマンツーマンディフェンスがうまく機能せず44-52と第3Qの2倍の点差に。
 第4Qでは早稲田のディフェンスに遮られてシュートのチャンス自体が生まれない展開。このQだけで26点を決められる。後半1:00から沼田、加藤がドライブで得点するも、60-78と18点差をつけられ、手痛い敗戦となった。明日からベスト16のなかの順位決定戦へ挑む。(川﨑亮祐)

 

コメント

今井一夫監督

―今日の試合を振り返っていかがですか
 
残念の一言。

―前半の入りは良かったと思いますが
 
本来やってきたことがはじめと最後の数分間だけできたかな。なんで途中できなかったのかな、って言ったら、早稲田さんはゆっくりゆっくり、しっかりボールを回して、ギャップを見つけて時間をつけながらプレーを作っていった。そこでディフェンスの時間が長すぎて足が止まっちゃったのかな。っていうふうには思うよね。

―佐藤選手がけがをした時、休ませるのに藤井選手を起用したことについて
 ちょっと外からのシュート入らなかったんで、あいつにシュートを打たせて、起爆剤になるかな、と。思ってやったので。いいタイミングであいつにボールがいかなかった、ってので彼も本来のプレーができなかったよね。(高田)歳也なんかも、自分よりは人を、っていう意識が高かったんだけど、うまいこといかなくなると、やっぱ自分で、ってところがちょっと垣間見えたかな。

―3Pが少なかったように思いますが
 無かったね。打ってないよね、まずね。3Pをね。シュートをいいタイミングで放ってないから、結果、入らなくて。まあ打たなきゃ入らないからさ。

―明日からの順位決定戦への意気込みをお願いします。
 一応、ベスト16のブロックのトップ(9位)になれるよう、頑張りますよ。

高田歳也(営4)

―今日の試合を振り返っていかがですか。
 やっぱり走れてなかったんで、足も止まってましたし、自分たちのペースに持ち込む事ができず相手のペースでやっていたんでこれが敗因の原因だと思います。

―ゾーンとマンツーを切り替えるタイミングはどのようなときですか
 流れを変えたいなぁって時に一回ディフェンスを変えてみて、って感じだったんで。

―相手にインサイドを厳しくチェックされていたが攻撃の組立はどのように考えていたのか
 
やっぱり走ってないんで、セットプレーになってしまって相手に捕まってから始める感じだったので、ディナイはられて自分たちに動きできなくオフェンスの足も止まってたんで全部単発のシュートで終わってしまいました。

 ―今日の試合を終えてみたチームの今の課題というのはありますか 
 相手とかを意識しないで自分達のプレーをやることがいちばん大事なんで、今日も自分達のプレーができてればこんな大差で負けることはなかったと思うのでどんな試合でも自分達のバスケットをしっかりとやって行きたいです。

三角智生(国4)

―今日の試合振り返っていかがですか。
 最初は自分たちのペースでできてたからいいと思うんですけど、相手のリズムに乗せられたというか、自分達のペースで出来なかったていうのが一番の負けた原因かなと思います。

―最初リードを奪って逆転された時チームにどのような声をかけましたか
 ゲーム内容的にはこうなるだろうって感じだったのでまあ大丈夫、ゆっくりいこうと。

フォトギャラリー

  • 20130508気を引き締めて臨んだが・・・
  • 20130508-3激しい当たりに対応する#14大塚誠
  • 20130508-2相手の高さに屈しない#24加藤
  • 20130508-4スタメンで登場した#35山岸
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み