バスケットボール
 

【バスケ】第29回京王電鉄杯1日目 対専修大 因縁の相手と再戦

第29回京王電鉄杯 10大学バスケットボール・チャリティマッチ
2013年4月27日(土)
トヨタ府中スポーツセンター

 京王電鉄杯2戦目は昨年の関東大学バスケ選手権で5位決定戦を戦った専修大との対戦。まさに、因縁の対決となったこの試合。再戦の行方は。

昨季の専修大戦を経験した#0高田、#5松澤、#16沼田、#24加藤と、今季好調の#35山岸でスタート。

試合結果

トータル試合結果

64
法政大学
13 1Q 23 84
専修大学
10 2Q 26
14 3Q 13
27 4Q 22

戦評

 昨年リーグ1部で3位の強豪専修大。得点王の実績を持つ宇都直樹をどう止めるかに注目が置かれた。
 第1ピリオド。序盤は最近練習に時間を割いているという2―3ゾーンディフェンスが機能し、拮抗した試合展開に持ち込む。しかしながら#24加藤が2Fで一度ベンチに下がりマンツーディフェンスに切り替えると試合内容は一変、専大オフェンスに対応出来なくなる。焦りからかオフェンスでも難しい状態からのシュートを選択してしまい停滞。14-23で9点ビハインドのスタート。
 第2ピリオド。このまま離されたくない法大、反撃を試みるがシュートがなかなか入らない。ルーキー#31中野など積極的な交代策で流れを掴みにいくが不発に終わってしまう。ディフェンスもPGのようにプレーする宇都の一対一を止められず点差を広げ23-49で前半を終える。
 第3ピリオド。後半今大会チームが掲げる「走り勝つバスケ」で逆襲を狙うが、バスが回らず連動した動きが見られない。そのなかでも#35山岸が何本かドライブから効果的なシュートを放ち孤軍奮闘調子の良さがうかがえた。
 第4ピリオド。チームとしてのディフェンスのリズムは最後まで取り戻せず64-84で試合終了となる。それでも途中交代で入った#67佐藤がドライブ、積極的なロングパスで、#7藤井が限られた出場時間の中からシュートを決めるなど随所に良さを見せる。#16沼田は試合を通して攻守のリバンドでチームを盛り上げるなど一部強豪相手に通用するところを見せたのは各選手にとっても収穫になったはずだ。(安藤岳)

コメント

今井一夫監督

―今日全体を振り返っていかがですか
思ってることができなかった、っていうのが印象ですね。今年練習でやっていたのは、走りきること。全員が走りきること。で、一人目、二人目、三人目、っていう風に走っていく。ことを目指してやってたの。それが、今日は走りきる前に終わってしまった、みたいな感じじゃないの。ちょっと欲求不満?(笑)

―拓大戦で

―#5松澤選手についてはいかがですか
ちょっとあいつ、練習の時に軽くひねって足痛いんだよね。それでちょっとバランスを崩していたな、っていうのだと思うけど。去年よりも積極的なプレーをしてくれてるので、すごい期待はしています。

―第3ピリオドから第4ピリオドの間にはどのような指示を出されたのですか
これといった指示は出してないんだけど。(選手が)思いっきり、開き直ってシュートを打ってたんじゃないかな。

―ガードで、#0高田選手と#35山岸選手のペアが多く見られましたが、今後もこの組み合わせを多く使っていくつもりでしょうか
山岸はよく、走り切ってくれるから。そういった意味では全体引っ張ってくれるかな。今日は、ちょっと高校以来のスターティングメンバ―でちょっと上がってたんだよね…

―2-3ディフェンスとゾーンディフェンスをどのように使い分けていますか
リズムが悪くなってきたら、切り替える感じ。あとメンバーによるんだよね。出てるメンバーで使い分けてるかな。

―専大戦で

―専大の速攻についてはいかがですか
結局、シュートの終わり方が悪いからああいう形になっちゃうんだよね。適切なシュートタイミングで打てればああいう形にはならないんだよね。だから悪いとこ、悪いとこ、が重なった結果じゃないかな。

―第3ピリオドで神津選手がベンチに戻った時、どのような声掛けをしていましたか
言ったのは、シュートカット狙いにいったでしょ。初めから。ボールを止めようではなくて。全員でゴールを守る、って形じゃなくて自分でゴールを守る、って形でやっていたんで、ボールが来ることに対して、止める努力をしろ。ってことだね。

―次の試合に向けて一言お願いします
今日の、悪かったことを繰り返さないように。っていう話はした。最後に。

沼田凌(法2)

ー専大戦を振り返って
2試合目だったので何となくの流れで試合に入っちゃいました。その結果がこの点差になって表れたと思います。流れがいい時みたいに走りきるバスケを明日はやりたいですね。

ーこの試合シュート、リバウンド共に好調でした
まあ、自分の求められているところはそこなので、自分の仕事をしたまでです。今日はそれより自分のミスで相手にターンオーバーを与えてしまうシーンが多かったので駄目でした。

ー明日に向けて
とりあえず予選リーグで一回でも勝って、少しでも良い順位で終えたいと思います。選手権ももう迫って来てるので良い状態で臨めるようにしたいです。

山岸玲太(営2)

―今日の試合振り返っていかがでしたか
最初試合の入りの所で、集中出来なくて一気に離されてしまってまずはそこをしっかり、今まで練習試合しかして来なかったのでその形の感じで入っちゃったので…明日は修正したいです。

―1部強豪の専修をどう攻めようとしましたか。
いつも通り走って走りきって勝って、後はしっかりパス回して動いていこうって感じです。

―今大会走り勝つという姿勢は見受けられるのですが、それがこの試合出来なかった理由はどうしてですか
…楽しもうっていう気持ちがどっかにあったと思います。その気持ちがあったから走りきれずに途中で走りを止めてたんだと思います。

―ドライブが効いていたが調子の方はいかがですか
外が入んなかったんでドライブで近いところからシュート打とうと、って感じです。

―ドライブ中にも落ち着いて周りが見えてるように思うのですが
集中できてると思います。広い視野でプレーできてると感じます。

―去年よりドライブの意識は高いのですか。
去年あまり攻めることができなかったので今年は攻める気持ちでいこうと思ってます。

―明日の試合に向けて一言お願いします。
明日は青学なんで、今日の反省を活かして最初の試合の入りから勝つ気持ちで行きた いです。

フォトギャラリー

フォトギャラリー

  • IMG 7964 R昨季の専修大戦を経験した#0高田、#5松澤、#16沼田、#24加藤と、今季好調の#35山岸でスタート
  • IMG 8004 R自分の仕事をしたまでです、と語る沼田
  • IMG 8001 R広い視野でプレーできてる、と自身を評価する山岸
  • IMG 8045 Rガードの#14大塚誠主将は競り合いでも冷静
  • IMG 8026 R物怖じしないルーキー、ガードの#67佐藤
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み