バスケットボール
 

新人戦、全員出場で快勝スタート!

第52回関東大学バスケットボール新人戦大会 対専大
2012年5月11日(月)
会場:とどろきアリーナ

各大学の1、2年生で行われる関東大学バスケットボール新人戦大会の本選が開催された。1回戦の相手は専大、今年も#24田代を筆頭に能力の高い選手を集めている。法大はフロントコートは文句なしだが、3年の#0高田がフル出場する場合が多いため、経験の浅いバックコートの出来に期待がかかる。

0611-01
#24加藤寿、攻守で活躍し勝利に貢献した

試合結果

トータルの試合結果

88 22 1Q 8 64
13 2Q 20
23 3Q 13
法政大学 30 4Q 23 専修大学

戦評

 第1ピリオド、PG#35山岸、SG#19田宮、SF#24加藤寿、PF#16沼田、C#5松澤のスタート。開始2分間はシュートが入らず苦しんだ。しかし好守で相手のオフェンスをしのぎ、#24加藤寿がジャンパーを決めると勢いに乗り連続得点。#19沼田、#5松澤らも続き専大を攻めたてる。法大は高確率でシュートを決め、相手が攻めあぐねているうちに22点を奪う。失点も1桁に抑えて、22-8で第2ピリオドへ。
 第2ピリオド、リードを得たことで集中力を欠いてしまったのか、オフェンスリバウンドやルーズボールを奪われ、徐々に点差を詰められる。リードが1桁になったところでたまらずタイムアウトをとる。#16沼田がローポストから連続得点を挙げるが、オフェンスはなかなかかみ合わず、結局35-28で前半終了。リードが半減してしまう。
 再び気持ちを入れなおした第3ピリオド、#35山岸、#17小山のツーガードにすることでボール回しが安定する。このバックコートが奮起、3Pを決めて相手ディフェンスを広げると、今度はドライブ、2人の活躍で得点を重ねる。190㎝台3枚のゾーンは専大のインサイドを封じ込めディフェンスも活性化、58-41と十分なリードを得て第4ピリオドに。
 最終ピリオド、今度は大量リードにも集中力を失わずさらにリードを広げる。ベンチからもすべての選手が出場し、88-64と完勝で1回戦突破を決めた。
 この試合では#24加藤寿が、専大の得点源#24田代を封じ込め、優秀なストッパーであることも示した。また終盤のみの出場となった#1神津陵平も、抜群の運動能力から生まれるバスケットカウントやダブルクラッチで試合を盛り上げ、スケールの大きさを感じさせた。

試合後の監督のコメント

今井監督

ー今日は楽勝でしたか
いやいや、楽勝という言葉はないよ。最終的に点差はついていたけど、試合途中では、点差がついたところメンバーを入れ替えてみたら、集中力を失っていたよね。ああいうことだとなかなか安心できないよ。だから楽勝ではなかったね。

ー#24加藤選手は専大の#24田代選手に対して見事なディフェンスを見せました
まあ同い年だからね。ただ、寿一は体が大きいけどスピードがある。(ディフェンスでの)勘もいいし、それに今日は相手よりも大きかったしね。いいディフェンスをやってた。

ーオフェンスがうまく回らない時間がありましたが
沼田と松澤がポジショニングがかぶったりしていたよね。ああいうのはうまくできないようなら、気づいたほうが言ってあげないといけない。(ーベンチから出場している選手たちの動きは)そうだね、田宮や、あと(#57安達)和貴なんかもいいプレーをしていたと思う。彼らをSFにおける時間があることで、松澤と沼田を交互に休ませられる場面があるから助かるよ。

ーハーフタイムで加藤選手と沼田選手に言葉をかけていましたが
ああ、あれはね、寿一にはオフェンスのときすぐ自分が動いてしまっていることを教えてたんだ。パスするにしてもシュートするにしても、ボールを受けたらすぐだったから、ずっとそれだと相手に読まれてしまう。だからしっかりゴールに正対してからプレーすることを伝えておいたんだ。(ー沼田選手には)オフェンスのことだよ。スペーシングのこともあったけど、もっと仕掛けていってほしかった。

ー神津選手は終盤のみの出場でしたがさすがにすごいプレーを見せましたね
ほんとはもっと早く試合に出したかった。でも今日は相手が小さかったから、スピードのギャップが出てしまうからなかなか使えなかったね。でも出てみたらやっぱりすごいものを持ってるよね。後ろに戻りながらブロックに飛んでいた場面があったけど、あんな動きはふつうできるものじゃない。戻れてもジャンプはできる体勢じゃなかったよ。

ー水曜日には青学大との対戦ということですが、青学大の下級生は上級生に比べれば格が落ちるかなという印象です
そうだね、彼らは強いけど、フルメンバーで戦う時よりは勝算があると思うよ。それにやっぱりこうして代々木に行けることになったんだから、どうせなら最終日まで残っていたいしね。

 

フォトギャラリー

  • 0611-01#24加藤寿、攻守で活躍し勝利に貢献した
  • 0611-02長身ながらシュート力とハンドリングのレベルも高い。期待のスウィングマン
  • 0611-03#35山岸、得点力は十分。あとは試合をコントロールできるか
  • 0611-04#1神津陵平、日本人離れした運動能力で大器の片りんを見せた
  • 0611-05#5松澤は得点力アップで安定した活躍を見せるようになった
  • 0611-06#17小山、積極的なオフェンスで役割を果たした
  • 0611-07#57安達和、ベンチからの出場も及第点の活躍
  • 0611-08#16沼田は力強いプレーでインサイドを支配した

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み