バスケットボール

【バスケ】第64回関東大学バスケットボール選手権  対山学大  勝利するもチームの勢いは見えず

第64回関東大学バスケットボール選手権大会  対山学大
2015年5月4日(月)
明治大学和泉キャンパス

今年もシーズン開幕となる大会がやってきた。前年度では12位に終わった法大だが、今年度の目標はベスト4入り。1部の実力を見せつけたいところだ。 初戦の相手は山梨学院大。実力差のある相手にどのように勝つかがポイントとなってくる。

1
誰よりも安定感のある沼田

試合結果

トータル試合結果

89
法政大学
24 1Q 16 69
山梨学院大学
14 2Q 9
25 3Q 33
26 4Q 11

 

法政大学スターティングメンバー

選手名学年学部身長ポジション出身校
#67 佐藤 翔耶 3 184 PG 宇都宮工
#7 藤井 裕太 3 175 SG 厚木東
CAP #35 山岸 玲太 4 経営 179 福島商
#24 加藤 寿一 4 192 法政ニ
#16 沼田 凌 4 190 湘南工科大附

法政大学交代選手

選手名

学年

学部身長ポジション出身校
#2 田勢 陸 3 170 PG 法政二
#8 新沢 亮太 3 経済 182 SG 新潟商
#10 和田 直也 2 187 SF 幕張総合
#11 中野 広大 3 182 土浦日大
#12 柳川 知之 2 192 PF 明成
#14 植村 哲也 2 175 明成
#34 萩原 陵太 3 経営 190 宇都宮工
#91 竹内 悠貴 1 195 西武文理
 

戦評

 第1Q。今シーズン最初の公式戦は主力の4年生3人を含む安定のメンバーでスタート。幸先よく藤井が3Pで先制点を奪い、山岸も2連続得点で後に続く。開始5分には同点にされてしまう瞬間もあったが佐藤がすぐに取り返し、その後は着実に積み重ね引き離した。最後は加藤や中野が相手との3Pの打ち合いを繰り広げ、24-16で第1Q終了。

 第2Q。一定のリードは保ちつつも、攻守ともにリバウンドが取れずチャンスにつなげることが出来ない。また、ミドルシュートが多くリングに嫌われてしまう場面も見られた。そんな中でも沼田のロングパスを佐藤がつなぎ、植村が3Pを決めてベンチや観客を沸かすなど連携も見せ、38-25で前半を折り返した。

 第3Q。早々に連続で2本の3Pを許し、完全に山学大のペースにされてしまう。開始3分ほどで2点差にまで追い込まれたが、沼田の4本のシュートや藤井、中野の3Pなどでなんとか持ちこたえ、一時は10点の差をつけた。しかし、相手のロングシュートがよく当たるようになると再びじわじわと詰め寄られてしまう。最後は山学大の勢いを表すようにブザービート3Pを決められ63-58で最終Qへ。

 第4Q。佐藤、植村、山岸、中野、加藤というスモールラインナップでスタート。すぐに2点差に戻されてしまうが、この試合で5本も決めた中野の3Pが流れを生み出す。激しいディフェンスで相手を封じると、加藤の3Pやガード陣が力強いドライブで切り込み決めるなど中外問わず得点を量産し、格上の貫録を見せつけ89-69で快勝。初戦を大差で突破した。

 次の対戦相手は今季すでに六大学、京王電鉄杯と2度も対戦している早大。戦績は1勝1敗と厳しい試合になることが予想されるが、チームの目標はその先の「最低限ベスト4、目指すは頂点」。新生ウィザーズの快進撃を期待したい。(向井知優)

試合後の監督・選手のコメント

 今井一夫監督

―スクリーンへの対応については
あれは基本的に選手が対応しなきゃいけないものですよね。(チームの決まりは)
決まりはないですよ。今日みたいなチームはスイッチアップしていけば良かったんだけど、それを自然にできる選手がいなかったというか、それができなかったのは、一生懸命「個」を守ろうとしてる真面目さもあったと思います。
 
―タイムアウトでは
4Qの最後のタイムアウトでやっとそのスクリーンのやり方を指示していましたね。最後はスイッチアップできてたでしょ。そういう風にやるっていうのはコーチたちが指示していました。俺もいつするのかなと思ってたんですけど(笑)それまではイージーにシュート打たれてましたが、それがやっとできたから、最後の点差に繋がりました。あれをもっと早く本人らで気付けば、もっと楽にできただろうに。今メンバー見てわかるように、常に出ているメンバーじゃなくて、組み合わせを変えて出してるじゃないですか。そこの意思疎通もできていなかった。「阿吽の呼吸」はなかったですよね。
 
―盛り上がりに欠けるような気もしますが
それは今、やり方が変わってるじゃない。それに対応するのにいっぱいいっぱいなんじゃないですかね。ここに来るまでに5対5とかやってないから、そういう部分はマッチしてないんだと思います。時間的にも早いですし。去年は5月の末だったけど、今年はゴールデンウィークだし、コーチ2人が正式に来てからも1ヶ月しか経ってないし。
 
―去年はこの大会で12位でしたが、今年はベスト4以上を狙うということで
(ベスト4)いきたいけど、そういった練習しかしてないからそのへんはなかなかどうなるか、という感じですね。今できることを精一杯やっていく、って言うしかないんじゃないでしょうか。
 
 

加藤寿一

―今日の試合を振り返って
OFはそんなに練習してないですけどDFは練習してきたので、それを出すんだという気持ちでやろうと思ってたんですけど…今日の相手は手こずる相手じゃないので。DFはまあみんな意識はしてたんですけど、コミュニケーションなどの部分がダメでしたね。声出してれば防げたと思いますが。なぜかノーマークができてたりしたので、それを明日は修正したいなと思います。これから練習もあるので。
 
―練習があるのですか
はい。これから二高でやります。試合出てない人は練習で、出た人は個人でシューティングとかですね。(前はありませんでしたよね)そうですね、塚本さんが来てからです。どっちにしろ今日はこのままじゃ終われないですね。
 
―今日はスクリーンの対応がうまくいってなかった印象を受けました
最初からスイッチにすれば良かったんですけど、頑張ってファイトオーバーでつこうとしてる人もいて。1人はスイッチで、1人はファイトオーバーにしようとしていて、そこの意思疎通がうまくいかなかったですね。
 
―試合中、加藤選手から「集合しろ」とチームに声を掛ける場面もありましたね
だって、手こずる相手じゃないですよ、こんな点差で。みんな絶対集中してないと思って。やられても「あーやられた」みたいな感じでしたし。実力差があるとわかってる相手とやるときって、自分たちが勝ってるものがあるじゃないですか。それを表に出しすぎたと思います。本当に強いところは自分たちより実力差のある相手には圧倒しなきゃいけないのに、今日は「勝てるっしょ」みたいな雰囲気がありました。法政はそういう部分があるので、声を掛けたりして士気を高めました。結局は勝てて良かったです。安心しました。てこのままだと勝てないなと思います。
 
―京王電鉄杯3日目にしても今日にしても盛り上がりに欠ける部分があると思いますが
それはやっぱり、淡々とやってるのがダメですね。練習中は塚本さんに「元気元気」とか言われるんですけど、全然元気出してないですね。今日みたいに淡々とやったら勝てる試合も勝てないかもしれないです。もっと声を出していかないと。明日も相手は早稲田で勝てるか勝てないか瀬戸際のところなので…。このままじゃダメですね。明日はみんなでチームを盛り上げていきたいなと思います。
 
―明日勝てばベスト8ですが
自分が1年生のとき(ベスト8に)入った以来、入れてないので、目指すべきところはそこじゃないですが、ベスト8とベスト16は全然違うので絶対入りたいです。自分たちの代というのもありますし。頑張ります。勝ちます。
 
 

佐藤翔耶

―今日の試合はいかがでしたか
立ち上がりの悪さから相手を突き放すことが出来ず、接戦になってしまい、あまり内容の良くない試合でした。

―相手のスクリーンプレイへの対応は
今練習しているもの(ディフェンス)と少し違うものをいきなりやったので対応が遅れてしまい、得点を許してしまったのでしっかり反省をして今後直していきたいと思います。

―今年度の目標を教えてください
成績を考えるより自分が出来ることを精一杯やろうと思います。そうすれば必ず結果もついてくると思います。

―明日の早稲田戦に向けて
明日は早稲田なのでお互い何回もやり合ってるんですが、法政がリードをして勢いに乗って試合を進められたらいいなと思います。あと写真にいっぱい写ります(笑)

 

柳川知之

―今日の試合を振り返って
良いところでシュートが打てたので良かったと思います。

―試合を外から見て
チームに足りないところが見えたので、自分がそこを埋められる選手になりたいなと思いました。

―足りないところとは
リバウンドとかですね。沼田さんがシュートを打つとリバウンドとる人が居なくなっちゃうので、自分が入っていけたらいいかなと思いました。

―早大戦に向けて
やっぱり、リバウンドで貢献したいですね。

クローズアップ

10個の質問で法大バスケットボール部員の素顔に迫る新企画。バスケや普段の生活について伺います。

※次回の人を指名する制度。※毎回更新できない可能性もあるのでご了承ください。

柳川知之

yanagawa今季スタメン起用も多くなっている柳川

 

①生年月日→1995年7月7日です。

②ニックネーム→ヤナです。

③趣味→ゲームです。テレビゲームが多いですね。

④アルバイト→コンビニでやってます。

⑤オフの過ごし方→基本的にはずっと寝てますね。

⑥学校での過ごし方→一人で授業受けてます。バスケ部の人と居ることもあるんですけど、ほぼ一人です。

⑦なぜ法政に→推薦が来たので。ありがたいですね。

⑧背番号の由来→高校時代つけてた番号です。高校の時は名前のあいうえお順でこの番号がつきました。

⑨独り言が多い理由は(前回の沼田選手の質問より)→自分は忘れっぽいので、自分で自分を戒めるために言ってます(笑)

⑩次の人の指名をお願いしますバスケ部では1番仲が良い和田で。

 
ありがとうございました!

フォトギャラリー

  • 1誰よりも安定感のある沼田
  • 2ここぞという場面で頼りになるのは主将の山岸
  • 64年生の風格を見せた加藤
  • 3中野の3Pも絶好調
  • 8藤井も安定感あるプレーが持ち味の選手のひとり
  • 4今季田勢は昨季に比べ多くの出場機会を得ている
  • DSC 1880京王電鉄杯のけがも癒えスタメン出場の佐藤
  • 5自らも点を取りに行くスタイルが魅力の植村

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み