バスケットボール

【バスケ】第92回関東大学バスケットボールリーグ戦 対大東大 終始硬さ取れず完敗

【バスケ】第92回関東大学バスケットボールリーグ戦 対大東大
2016年10月9日(日)
日本体育大学世田谷キャンパス

前日の国士大戦では惜敗するも、好ゲームを繰り広げた法大。続くこの試合の相手は、ここまで無敗でリーグ戦を戦っている大東大だ。
長身の外国人選手を擁する相手に翻弄され序盤から大きなビハインドを背負うと、前日の疲れもあるのか動きが硬くなってしまう。最後までこの硬さがとれることはなく敗戦した。
1 R
リバウンドで体を張る戸堀

試合結果

トータル試合結果

52
法政大学
9 1Q 19 74
大東文化大学
11 2Q 24
14 3Q 14
18 4Q 17

 

法政大学スターティングメンバー

選手名身長/体重ポジション出身校得点リバウンドアシスト
#14 植村哲也(文3) 175/74 PG 明成 11 1 2
#57 玉城啓太(法2) 175/65 PG 京北 9 4 5
#11 中野広大(法4) 182/77 SF 土浦日大 5 3 1
#23 戸堀勇吾(文3) 190/79 PF 國學院久我山 9 12 0
#12 柳川知之(法3) 192/82  C 明成  4 2 0

法政大学交代選手 

選手名身長/体重ポジション出身校得点リバウンドアシスト
#1 米山滉人(営1) 194/83 PF 湘南工科大附 8 5 0
#13 鈴木蓮(現3) 180/69 G 東北学院 4 2 1
#24 鈴木悠介(法1) 197/92 C 洛南  0  0
#31 金剛鉉(文2) 187/78 F 報徳学園 0 0 0

戦評

第1Q。まずは柳川がフリースローを獲得。沈めたのは1本に留まったものの、先制点を挙げた。だが、両者ともに動きが硬く、シュートもことごとくリングに跳ね返されてしまう。そんな重苦しい展開の中でも戸堀がタップシュートを沈め法大の流れに持ち込めるかと思われた4分。法大ディフェンスを上手くかわし、パスを中と外でつないでゴール下の外国人選手がフィニッシュに持って行く大東大の武器ともいえる形がきれいに決まるとそこから同じ形で何度も得点を許し、気付けば残り3分で10点差がついた。一方の法大は調子が上がらない中で焦りだけが見え、パスミスなどからシュートまで辿り着くことすらままならなくなってしまう。塚本HCからも「いい加減なパスをするな」との檄が飛ぶ。植村のフローターや最後に獲得した鈴木蓮のフリースローなどで食い下がるも、9-19で第1Qを終えた。
 
第2Q。スタートのオフェンスでターンオーバーとなりそのまま大東大の園田健太に3Pシュートを決められてしまう最悪の入り。着実に得点を重ねていく大東大とは対照的に硬さの取れない法大は、オールコートプレスをかけディフェンスからこの状況を打破しようと試みるも、オフェンスになると足が止まってしまう。このQ終盤には玉城がペネトレイトから中野の3Pをアシストする好プレーなどもあったが、20-43と点差を倍に広げられ後半に向かう。
 
第3Q。またしても開始早々に得点をたたみかけられ3分で一気に30点近い差をつけられてしまう。ここで練習中だというゾーンディフェンスに切り替えるとこれが功を奏す。この間、オフェンスでは中に切り込むことができず、アウトサイドシュートばかり放つ状況になるが、それでも玉城が2本、戸堀が1本の3Pを決め、20点差にまで戻した。終盤にはガードを中心に徐々にスピードを上げて展開したが、逆転の一手は見つからないまま34-57で最終Qへ。
 
第4Q。米山のミドルが決まるが、すかさずこの試合4本を沈めている小川直樹が3Pを沈め追い上げを許さない。法大はオールプレスやゾーンでこれ以上点差を広げられないよう健闘するが、大東大も同じく厳しいオールプレスをかけてきたことでさらに苦戦を強いられてしまう。フリースローで得点を重ねるも、最後までオフェンスの迷いや硬さが取れることなく52-74で敗れた。
 
体格で劣るチームとの連戦は選手たちにとって大きな負担となったことを感じさせた。一方で新たに取り組むゾーンディフェンスが機能したことは希望となるだろう。
塚本HC体制も2年目と、慣れに伴い互いのことが見えなくなってしまうこともある時期だろう。改革の代償といえど戦うステージを落とすことは、この1年半の意味がなくなってしまうことと同等だ。崖っぷちの今、ここからの6試合は改めて互いの存在を見つめ直し、選手、スタッフ、それぞれの「覚悟」を見せてほしい。(向井知優)

 

コーチ・選手コメント

塚本清彦 ヘッドコーチ

―今日の試合を振り返って
先週と一緒で、土曜日に動いたあとどう日曜に動けるかというのがテーマだね。2試合連続であることは変わらない訳だから、こんな動きをしていたらだめですよね。今日はオールコートプレスをかけるとかこっちが動かなきゃいけない状況を作らないと動かなかったからね。
 
―ゾーンディフェンスの場面も多く見られましたが
そろそろゾーンも試合でやっていく時期ですね。練習していかないとだめですから。昨日の国士大戦でも練習しているんだけど、悪くはないかなという感じですね。
 
―中大戦に向けて
ここからの6試合は大事ですね。結果に関わってくる時期ですから。頑張ります。
 
 

植村哲也

ー今日の試合を振り返っていかがですか
2連戦目で、先週はなんか土曜良くて日曜ダメで、悪い流れがあったんで、今日は出だしからハードにやることを目標にしてたんですけど、もう少しディフェンスで戦えたかなっていうのがあって、それが前半の点数につながっちゃったのかなと思いますね。
 
ー試合中、塚本コーチから直接指示を受ける場面が何度かありましたが、どのような内容だったのですか
主にオフェンスでの構築というか、その時の時間と、お互いの点数を見て、次にどういうオフェンスを組み立てるかっていう...。あと、残り時間の考え方で、何点差までに終わるとか、ディフェンスがんばって、自分たちが1本決めてそのクオーター終わろうとか...やっぱりオフェンスの話でしたね。
 
ー今日の試合ではパスが回ってない印象だったのですがいかがですか
多分、相手に留学生もいて...まぁ留学生が中で待ち構えて他の選手がそこを出ないで張ったり、ディフェンスでプレッシャーをかけてくるチームだったので...僕たちもパス回そうとしすぎて横ばっかり見てしまったっていうのも原因なんで...。まぁ今日みたいな相手はドライブでもって割って、ディフェンスを収縮させることが必要なのかと思いますね。
 
ー残り6試合はどのように臨まれますか
今までの12試合戦って、経験は十分してるんで、一巡目でやった試合と同じミス繰り返さないようにって。後半に離されて大差で負けるっていう試合が多いんで、そこはやっぱ今までやったディフェンスからしっかり見つめ直して、全員で活力持って頑張りたいと思います。
 

フォトギャラリー

  • 1 Rリバウンドで体を張る戸堀
  • 2 R行き詰まるチームの流れを変える玉城
  • 3 Rインサイドの貴重な得点源となる米山
  • 4 Rこのゲームでは組み立てに苦しんだ植村
  • 5 R選手たちには前日の疲れも見えた(柳川)
  • 6 R思い切りの良い攻めが持ち味の鈴木蓮
  • 7 R最上級生として気持ちのこもったプレーを見せる中野
  • 8 R1年生インサイドの爆発が待たれる(鈴木悠)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み