バスケットボール
 

法政 vs 明治大学1回戦(10/2)

2010/10/02
つくばカピオ

 

試合結果

トータル試合結果

69 16 1Q 22 83
17 2Q 15
14 3Q 24
法政大学 22 4Q 22 明治大学

第1ピリオド、序盤からファールの多い法大。フリースローを含む#14金丸の連続得点を許し、明大にリードを譲る。#3鈴木、#11長谷川が得点し追い上げを図るも、終盤に再び#14金丸の3Pシュートを連続で決められ、22-16で第2ピリオドへ。

第2ピリオド、#41谷口が中から攻めると#6陳や#3鈴木も外からのシュートを決め、27-29と2点差まで埋める。しかし、明大もリードを譲らない。最後まで攻撃を仕掛け粘るも、あと一歩及ばず、37-33でリードを許したまま前半終了。

第3ピリオド、序盤に#14金丸の連続3Pシュートを決められると明大の流れとなり、一気に54-34と20点差に広がる。法大も#11長谷川の3Pシュートで序々に流れを掴み、#3鈴木や#6陳が3Pシュートで続くが、終盤にまたしても明大の連続得点を許し、61-47で最終ピリオドへ。

第4ピリオド、明大の3Pシュートが次々決まる中、法大はなかなか得点を重ねることができず、すぐに74-54と再び20点差に。タイムアウト後#3鈴木、#6陳の奮闘で点差は徐々に埋まり、#21加藤の連続得点で13点差となる。試合終了間際、果敢にシュートを打つも、決定率に欠け83-69でまたしても無念の黒星となった。

 
※事情により今節の写真は掲載できません。申し訳ございません。

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み