バスケットボール
 

法政 vs 日本大学2回戦(10/17)

2010/10/17
代々木第二体育館

 

20101017-01
#10 山越主将

試合結果

トータル試合結果

65 12 1Q 28 84
16 2Q 8
17 3Q 25
法政大学 20 4Q 23 日本大学

第1ピリオド、お互いロースタートとなったなか、日大♯29金城にシュートを許すと♯15熊澤、♯14森川らの活躍で一気に離されてしまう。法大はパスが通らないなどミスが目立ち、♯11長谷川の3Pシュートや、♯21加藤がインサイドから得点するも、シュートが入らなくなってからは完全に日大ペースに。12-28と16点差で第1ピリオド終了。

第2ピリオド、♯11長谷川がシュートを収めると、明大のバイオレーションやミスから、♯6陳、♯21加藤らインサイド陣も続く。シュートミスが多く出ると明大♯29金城らに点差を付けられるが、♯3鈴木の3Pシュートで再び流れを得る。スティールからチャンスを作り、またディフェンス面でも粘りを見せ、このピリオドは28-36と点差を一桁にし後半へ。

第3ピリオド、立ち上がりわずか1分で♯4篠山、♯24熊に7点も奪われてしまい、法大はたまらずタイムアウト。パスミスやチャンスのシュートが入らず、ファールも増えていく。しかし残り6:45秒、鈴木の3Pシュートが決まると♯11長谷川、♯21加藤らも続き、41-51と点差を10点差に。その後♯41谷口が得点していくも、明大は♯15熊澤らが順調にシュートを収め法大を再度突き放した。45-61と二桁離されたまま第3ピリオドを終える。

第4ピリオド、法大は♯11長谷川の3Pシュートで少し点差を詰めると、その後は両チームシュートが入らない。♯21加藤、リバウンドやカットインも目立った♯6陳が活躍するも、ミスが出始めると明大♯14森川のフィジカルの強いゴール下でのプレー、♯4篠山のスピードあるプレーの前にディフェンスがカバーしきれなくなった。反撃しきれず得点も伸びないまま65-84と最終的に約20点差で試合終了となった。

監督・選手のコメント

#10 山越主将

―今日の試合を振り返って
昨日1点差という結果で負けたので、勝ちにいったんですが、残念です。でも試合 中に集中力が切れずにやっていることは成長だと思います。

―昨日、惜しい試合をして今日意識したことは 
惜しい試合をしただけじゃダメだし、勝たなきゃ意味がないので、今日は勝ちに こだわってやりました。

―イージーミスやファールの多さについては
ファールは一生懸命やった結果のものですし、インサイドを担っているのが3年生 ということもあって熱くなってしまうからですかね。イージーミスはやっぱり経 験を積んで練習していけば直ることだと思うので、全力で練習して改善していき たいと思います。

―入れ替え戦が正式に決まりましたが 
できれば行きたくなかったですね。でも決まる前から視野には入れていたので。 勝てば笑顔で終わることができるので、何をするべきなのかしっかり考えて挑み ます。

―来週から今季増えた分の試合に入りますが
そんなに影響はないです。スタメン5人の体力はありますし、恵二や長谷川は経験 が豊富なので。今季用の調整もしています。日曜はキツいかもしれませんが、特に問題はないです。

―ご自身のプレータイムが増えたことについては
特に……チャンスをもらえていると思って、頑張っています。少しでも役に立てれば良いと思っていますし、1分でも多く出たいと思います。

―岸選手がスタメン起用されるようになりましたが 
4年生がベンチにこれから入ることは考えていなくて、より下級生に経験を積んで 意識を高めてもらいたいと思っています。なので今週から外された選手もいますし、意識が高い人に出てもらっています。その分期待されているということでもあるので、思い切ってやってほしいですね。

―来週、慶大戦に向けて 
慶応は自分たちの代で新人でも当たったこともありますし、相性も悪くないと思います。勝てないとも思わないので、全力で頑張っていきたいです

#21 加藤選手

―今日の試合を振り返って
簡単には勝たせてくれませんでした。

―チーム内でミスが目立つ場面もありましたが
ディフェンスがきつくて、引いてしまったところがありました。

―今年から、リーグ戦が9週間になって試合数が増えましたが体力的には
試合までの一週間でケアをしてやっています。

―精神面での調整は
1勝もできてなくて…リーグ戦よりも、入れ替え戦に向けてプラスになるように次を見据えて頑張りたいです。

―次の慶応との試合への意気込みを
岩下選手につかれると思うんで…身長差がすごくて、インサイドはきついので外から仕掛けてスピードで勝負したいです。

 

フォトギャラリー

  • 20101017-01#10 山越主将
  • 20101017-02#21 加藤選手


最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み