バスケットボール
 

法政 vs 慶應義塾大学1回戦(10/23)

2010/10/23
青学大相模原キャンパス体育館

 

20101023-01
#11 長谷川選手

試合結果

トータル試合結果

79 21 1Q 23 96
22 2Q 31
18 3Q 21
法政大学 18 4Q 21 慶應義塾大学

第1ピリオド、慶大#7岩下がゴール下からシュートを決めると、負けじと#11長谷川、#21加藤らが後を追い掛ける。法大は#3鈴木はスティールからチャンスを作り出し、#41谷口はバスケットカウント(以下バスカン)も決め15-12と一時リードを奪う。しかし慶大は#14家治や#5酒井らが得点を挙げるなど両者一進一退の打ち合いとなり21‐23で第1ピリオド終了。

第2ピリオド、開始早々慶大#5酒井のファールから#41谷口がフリースローをきっちり収め同点に。#11金子の活躍で点差が開くが#11長谷川が3Pを決めるなど法大も一歩も退かない。しかし、慶大の堅いディフェンスの前にシュートが入らなくなると、#14家治、#7岩下らの活躍で残り4:01秒、10点差をつけられてしまう。法大はタイムアウトを取り、#41谷口がバスカン、インサイドで粘りを見せ追い上げるも、慶大#18蛯名、#5酒井らのスピードあるプレーに点差を広げられ、43-51で後半へ。

第3ピリオド、シュートも入らずリバウンドの取れなくなった法大は慶大#5酒井の3Pシュート、#7岩下のゴール下での活躍で一気に19点差にされる。悪い流れのまま残り6:38秒、#11長谷川がこのピリオド法大初の得点をあげるも慶大ディフェンスの前に厳しい状態が続く。終盤#6陳、#21加藤らがインサイドからシュートを決め、法大はディフェンス面でも慶大に対して必死にチェックに入り粘るが61-75とリードされたまま第3ピリオド終了。

第4ピリオド、#11長谷川、#0高田らの活躍で残り7:30秒、69-79と10点差まで追い上げるが、シュートが入らなくなってしまう。#0高田や#3鈴木のスティールから速攻するも惜しいシュートが続き得点に結びつかない。#3鈴木の3Pシュート、#21加藤で反撃に出るも、慶大#7岩下のゴール下、#6金岡が順調に得点し法大を確実に突き放した。残り0.5秒、フリースロー3ショットをもらった長谷川が得点するも、79-96で18点差で試合終了となった。

監督・選手のコメント

#11 長谷川選手

―今日の試合を振り返って
最初はついていけたんですけど、相手のトランジションのゲームに後半からついていけなくなっちゃって、足も疲れて、調子も全部あっちが上だったから…悔しいですね。

―酒井選手とやってみて
あの人は体もすごい強いし、堅実なプレーヤーだと思うので、尊敬しているところはあるんですけど、負けたくないって気持ちがあって、最初から結構アタックとかしてたんですけど…でも良いところですごい3ポイント入れられて、やっぱ上だったって感じですね。勝てないです。

―今日の試合で通用した部分は
みんなで頑張るってところがリーグ戦が後半になるにつれてだんだん出てきたと思うんで、最後まで継続できれば良い試合ができると思います。

―逆に及ばなかったところは
やっぱリバウンドの部分で、良いところいったときに取られてセカンドチャンス・サードチャンスやられた部分もありましたし、あとは向こうのトランジションの切り替えの展開で走り負けていたから、わかっていたところなんですけど、やっぱりやられましたね。明日もそういう展開になると思うんですけど、逆にその走る試合をやらせなければ、セットプレーセットプレーでやれば、逆に良い感じになってくると思うんで、明日はそれでいきたいと思います。

―慶大戦で意識したことは
チームプレーで、チーム一丸となってやってくるチームなので、そこはやられたくないなって思いました。

―入れ替え戦が決まった今、重視していること
みんなで頑張るということしかできないので、これから個々のレベルも上がるわけではないですし、チーム一丸となってひとつひとつやっていければ、もっと良いチームになれると思うので、あと一カ月弱あるんで。

―その一カ月弱、具体的にやりたいことは
戦術とかの面ではセットプレーとかも増やして、ナンバープレーやらなんやら増やしていけば相手も逆にやりづらくなりますし、あとはディフェンスのコミュニケーションとかみんなで守るということを意識づけて、とにかく声を出すということをもっと意識すればもうワンランク上のゲームができると思います。

―明日に向けて
一試合目が良い試合できていても、二試合目がついていけていないゲームが多かったので、明日は…というか入れ替え戦も二連ちゃんとかなってくると思うので、一試合目良くても二日目がダメだったら終わりだと思うので、もう短期集中ですね。その二日間しっかり集中して、今日より良い試合ができればなと思います。

 

フォトギャラリー

  • 20101023-01#11 長谷川選手


最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み